松浦祐司の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 新生銀行|役員履歴 松浦 祐司

    松浦 祐司役員履歴 執行役員 市場営業本部長 松浦 祐司(まつうら ゆうじ) (昭和37年6月25日生) 昭和60年4月 株式会社第一勧業銀行(現 株式会社みずほ銀行および株式会社 みずほコーポレート銀行) 入行 平成3年11月 同行 香港支店 資金為替課 シニアマネージャー 平成8年4月 同行 国際資金為替部 チーフディーラー 平成11年4月 メリルリンチキャピタルマーケッツバンク 東京支店 ...
    引用元: 新生銀行|役員履歴 松浦 祐司

  • http://www.riec.tohoku.ac.jp/activity/research/research2009/re1/index_091222.html

    伝送工学研究会の御案内東北大学電気通信研究所工学研究分科会 伝送工学研究会主査 松浦祐司下記のとおり第524回伝送工学研究会を開催しますので,多数ご来聴下さいますよう,ご案内申し上げます. 日 時 : 2009年12月22日(火) 13:00〜14:00 場 所 : 東北大学 電気 情報系103会議室 演 題 :  1. 二波長レーザ同時照射による硬組織蒸散の高効率化     ○渡邊智紀,松浦祐司(東北大学大学院医工学研究科) 2. Si細線ブラッググレーティングフィルターの特性制御     ○北智洋,石川亮太,大寺康夫,山田博仁(東北大学大学院工学研究科) 発表される方は発表資料をA4版で50部作成し,発表当日に研究会会場までご持参下さい.問い合わせ先片桐崇史(松浦研究室)TEL:022-795-7107 E-mail:katagiri(at)ecei.tohoku.ac.jp工学研究会...
    引用元: http://www.riec.tohoku.ac.jp/activity/research/research2009/re1/index_091222.html

  • http://www.riec.tohoku.ac.jp/activity/research/research2009/re1/index_090924.html

    伝送工学研究会の御案内東北大学電気通信研究所工学研究分科会 伝送工学研究会主査 松浦祐司下記のとおり第521回伝送工学研究会を開催しますので、多数ご来聴下さいますよう、ご案内申し上げます。 日 時 : 2009年9月24日(木) 13:00〜15:30 場 所 : 東北大学 電気 情報系451 453会議室 演 題 :  1. 中空光ファイバ型ガスセルを用いたラマン分光計測     ○沖田佳也,片桐崇史,松浦祐司(東北大学大学院医工学研究科) 2. Estimation of Current Distribution of Multiple Coherent Sources by Using Improved SPM Method     ○チャカロタイ ジェドヴィスノプ,井上智博,甄源,陳強,澤谷邦男(東北大学大学院工学研究科) 3. 自己クローニング型フォトニック結晶による波長選択フィ...
    引用元: http://www.riec.tohoku.ac.jp/activity/research/research2009/re1/index_090924.html

  • http://www.jst.go.jp/pr/info/info194/hyoka.html

    課題名 「歯科用2波長レーザ治療装置」 研究者 宮城光信、松浦祐司、加藤祐次 所有者 仙台電波工業高等専門学校長 東北大学名誉教授 宮城光信 東北大学大学院工学研究科 助教授 松浦祐司 北海道大学大学院情報科学研究科 助手 加藤祐次 株式会社モリタ製作所 委託企業 株式会社モリタ製作所 開発費 221,416,632円 開発期間 平成13年3月〜平成17年3月 評価  本新技術は、2μm帯と3μm帯の2波長を同時に効率よく伝送できる誘電体内装の可撓性に富む中空ファイバを用い、歯や骨などの硬組織の切削や、歯肉等の軟組織の切開と止血、殺菌等を、レーザ波長を切り換えることにより一台の装置で行える歯科用2波長レーザ治療装置に関するものである。  本開発では、波長2μm帯と3μm帯のレーザを同時に伝送できる中空ファイバの製作技術の確立、2波長レーザの発振器、導波路、照射装置の最適接続条件の確...
    引用元: http://www.jst.go.jp/pr/info/info194/hyoka.html

  • http://medical-today.seesaa.net/article/31646587.html

    東北大大学院工学研究科の松浦祐司助教授(光伝送工学)らの研究グループは17日までに、光ファイバーの改良で、従来の「レーザーメス」より切れ味が鋭い泌尿器科用の内視鏡レーザー治療装置を開発した。大幅な低出力化も実現し、小型で安価な装置の実用化や、患者の負担を減らす治療法の確立などが期待される。結石破砕など泌尿器科のレーザー治療は一般外科の内視鏡手術に比べ、尿管など細部への挿入が必要。現在主流のホルミウムヤグレーザー装置は、レーザー伝送に直径1ミリほどの光ファイバーを使っている。光ファイバーの主成分である石英ガラスは、切開能力が最も高い波長(3ミクロン)のレーザーを伝送できない。限界値の2ミクロンでは切れ味が鈍い上、10―20ワットのパワーが必要で、装置は大型で高価だった。グループは以前から研究していた管状の「中空光ファイバー」を改良し、直径0.5―1ミリの極細ファイバーの空洞部分を銀とポリマー...
    引用元: http://medical-today.seesaa.net/article/31646587.html

松浦祐司 の相関図を読込中

松浦 祐司役員履歴 執行役員 市場営業本部長 松浦 祐司(まつうら ゆうじ) (昭和37年6月25日生) 昭和60年4月 株式会社第一勧業銀行(現 株式会社みずほ銀行および株式会社 みずほコーポレ

スポンサードリンク