松田尚久の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 【研究者データ】松田尚久(独立行政法人国立がん研究センター その他) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

    「松田尚久+独立行政法人国立がん研究センター」でGoogle検索する 松田尚久 ツイートマツダ タカヒサ / , 研究者情報研究者番号 30508049 引用元: 所属機関 独立行政法人国立がん研究センター 役職 その他 ※このページの情報は科学研究費助成事業データベースに記載された情報を元に生成されています。 必ずしも最新の情報を示しているとは限りません。
    引用元: 【研究者データ】松田尚久(独立行政法人国立がん研究センター その他) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

  • http://ameblo.jp/matsuda1000knocks/archive1-200809.html

    2008年09月29日(月)0441 6人の松田尚久テーマ:その他姓名判断―運勢を開く/文屋 圭雲ネットで活躍ぶりが確認できる松田尚久は私を含め6人。微妙な数である。まず第一人者ともいえそうなのはこのお方 である。国立がんセンター所属。内視鏡治療系医学の権威っぽい人だ。私も胃腸が弱った際には是非ともこの松田尚久に内視鏡で検査してもらいたいものである。続いてはこのお方 。四葉建設の社長さんである。社長かー、すげえな。でも賄賂はいけません。そりゃ逮捕されるってやばいって。松田尚久の名においてそういうのはちょっと困る。次はこのお方 。広島防衛施設局の課長さんだ。なんだか妙にお固い感じのお仕事してる人が多いよな松田尚久。私もどちらかというと真面目なタイプだと自分では思っているのだが、このような粛々としたメンツがそろうと自分がなんだかチャラい人生を送っているような気がしてくるのが不思議である。これぞ...
    引用元: http://ameblo.jp/matsuda1000knocks/archive1-200809.html

  • http://toshibabookplace.booklive.jp/product/index/title_id/40001957/vol_no/006

    欧米における早期大腸癌に対する治療方針作者名:AkikoOno / AdolfoParra-Blanco / 松田尚久ジャンル:医学系専門誌 / 医学全般出版社:メディカルレビュー社ページ数:4ページ販売開始日:2013年04月17日 Tweet パソコン Android DB50作品内容早期大腸癌のうち、粘膜内癌(M癌)は転移リスクがなく、内視鏡治療の絶対適応とされているのに対し、粘膜下層へ浸潤した癌(SM癌)は全体で約10%のリンパ節転移の危険性があるため、その治療方針決定には慎重を要する。日本では、大腸癌研究会プロジェクト委員会において、他施設から集積された外科切除大腸SM癌症例856例を対象として、SM浸潤度判定を含めた臨床病理学的因子とリンパ節転移との関係が検討された。非有茎性SM癌では、SM浸潤距離1,000μm未満、有茎性SM癌では、脈管侵襲陰性であるhead invasio...
    引用元: http://toshibabookplace.booklive.jp/product/index/title_id/40001957/vol_no/006

  • http://jges145t.umin.jp/index.html

    国立がんセンター中央病院 松田尚久 先生シンポジウム:「胃癌の範囲診断」(VTR可)ワークショップ:「小腸疾患の診断と治療」VTRミニパネルディスカッション:「大腸ESDの処置具の進歩」内視鏡専門医をめざす先生方のプレナリーセッション一般演題【演題募集期間】2010年4月1日~4月27日 5月11日 正午までの期間募集を締め切りました。演題募集は締め切らせていただきました。多数のご応募をいただき、ありがとうございます。当方の予想をはるかに上回る演題をいただき、重ねて感謝を申し上げます。 つきましては、皆様の御協力を得て、会当日は盛会にできますよう気を引き締めて、今後の準備を進めてまいりたいと存じます。それでは山形にてお会いしたいと存じます。よろしくお願いします。特殊光観察や拡大観察をはじめとする機器の進歩に加え、色素あるいは酢酸撒布法などによる範囲診断法も一般臨床の場ですでに導入されていま...
    引用元: http://jges145t.umin.jp/index.html

松田尚久 の相関図を読込中

「松田尚久+独立行政法人国立がん研究センター」でGoogle検索する 松田尚久 ツイートマツダ タカヒサ / , 研究者情報研究者番号 30508049 引用元: 所属機関 独立行政法人国立がん研究セ

スポンサードリンク