梅棹忠夫の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 梅棹忠夫 - Wikipedia

    梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授。 理学博士(京都大学、1961年)。従三位勲一等瑞宝章。
    引用元: 梅棹忠夫 - Wikipedia

  • 梅棹忠夫 - Yahoo!百科事典

    梅棹忠夫(うめさおただお) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1920―2010) 民族 学者、比較文明学者。京都府生まれ。1943年(昭和18)京都 帝国大学 理学部 動物 学科を卒業。 メダカ の行動生態を研究した。1944年モンゴルで遊牧民の調査を行い、1949年 大阪市立大学 理学部助教授。1955年 京都大学 総合学術調査隊( カラコルム 、ヒンドゥー・クシ学術探検隊)に 参加 し、 アフガニスタン で モゴール 人の調査を行い、1956年記録『モゴール探検記』を発表して ベストセラー となる。1965年京都大学人文科学研究所助教授、 東南アジア 、 アフリカ のおもに遊牧民の実態調査を行い、1967年『文明の生態史観』を発表、自然の 生態系 に応じた「文明の生態史観」という文明論を展開し、その視野の広さ、柔軟さ、先見性が高く評価された。1969年京都大学教授。 国立民族...
    引用元: 梅棹忠夫 - Yahoo!百科事典

  • セブンネットショッピング - 書籍 - 文明の生態史観はいま - 梅棹忠夫/編

    梅棹 忠夫(ウメサオ タダオ) 1920(大正9)年、京都市に生まれる。1943年、京都大学理学部卒業。理学博士。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長をへて、現在は同館顧問、名誉教授。専攻は民族学、比較文明学。1994年、文化勲章を受章する。著書は『文明の生態史観』『東南アジア紀行』『サバンナの記録』『知的生産の技術』『地球時代の日本人』『日本とは何か』『情報の文明学』など多数。いずれも『梅棹忠夫著作集』(全22巻 別巻1)に収録。近著に『行為と妄想』『近代世界における日本文明』がある
    引用元: セブンネットショッピング - 書籍 - 文明の生態史観はいま - 梅棹忠夫/編

  • 知的生産の技術/梅棹 忠夫 本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 梅棹 忠夫 1920年京都市に生まれる。1943年京都大学理学部卒業。京都大学人文科学研究所教授を経て、現在、国立民族学博物館名誉教授・顧問。専攻は民族学、比較文明論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 地球時代の文明学 2 梅棹忠夫/監修 比較文明学会関西支部/編 京都通信社 裏がえしの自伝 梅棹忠夫/著 中央公論新社 梅棹忠夫のことば wisdom for the future 梅棹忠夫/著 小長谷有紀/編著 河出書房新社 梅棹忠夫語る 梅棹忠夫/語り手 小山修三/聞き手 日本経済新聞出版社 山をたのしむ 梅棹忠夫/著 山と渓谷社 このジャンルの本 日本人の誇り 藤原正彦/著 失敗の...
    引用元: 知的生産の技術/梅棹 忠夫 本 : オンライン書店e-hon

  • 国立民族学博物館 友の会

    梅棹忠夫(UMESAO, Tadao) 1920年6月13日 京都市生まれ 理学博士 国立民族学博物館 初代館長 財団法人千里文化財団 初代会長 専攻:民族学、比較文明学 大学では主として動物学を専攻したが、内蒙古の学術調査を通じて民族学に転じ、アフガニスタン、東南アジア、ヨーロッパなどでフィールド・ワークを精力的におこなう。1957年に発表した「文明の生態史観」で、西欧文明と日本文明は、ほぼ同じ歩みで進化したという「平行進化説」をうちだす。国立民族学博物館の創設に努力し、1974年から1993年まで初代館長、その後は顧問となる。1988年に朝日賞、1991年に文化功労者、1994年に文化勲章、1999年に勲一等瑞宝章を受章。主な著書は 下記 のとおり。「梅棹忠夫著作集」(全22巻 別巻1)がある。
    引用元: 国立民族学博物館 友の会

  • 行為と妄想 わたしの履歴書 (文庫) | 梅棹忠夫 | イーブックオフ

    わたしの履歴書 中公文庫 梅棹忠夫 中央公論新社発行年月:2002年04月25日 予約締切日:2002年04月18日 ページ数:343p サイズ:文庫 ISBN:9784122040069 梅棹忠夫(ウメサオタダオ)大正9年(1920)、京都市に生まれる。昭和18年、京都大学理学部卒業。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検隊以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上各地にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長をへて、現在は同館顧問・名誉教授。専攻、民族学、比較文明学。理学博士。平成6年、文化勲章を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 幼年のころ/山への目ざめ/探検隊の見習士官/モンゴル行/戦後の生活/比較文明論への旅だち/アジアからアフリカへ/京都大学にかえる/ヨーロッパと万国博/博物館づくり/公私多忙/文化開発のプランニング/世界体...
    引用元: 行為と妄想 わたしの履歴書 (文庫) | 梅棹忠夫 | イーブックオフ

  • tennnennkozi 's Diary

    梅棹忠夫さん・・・ 今日、民族学者の梅棹忠夫さんが 7月3日に亡くなったとのニュースがありました。 梅棹さんは、京都府の出身で京都大学の教授から、 国立民族博物館の初代館長を勤められた方で、 1994年には文化勲章を受賞しています。 その著「文明の生態史観」は、 日本の文明論に大きな影響を与えた画期的な著作だと思います。 しかし、それ以上に梅棹さんの本で忘れられないのが、 岩波新書の「知的生産の技術」です。 フィールドワークや京大人文研究所などの経験から、 情報の処理方式として、B6判のカードを使う事を提唱されました。 現在も市販されているかも知れませんが、 「京大式カード」の商品名で販売されていました。 学生時代、このカードを僕も使っていました。 カードは立派でも、内容は大した事ありませんでしたが^^ 先ほどから考えていたのですが、 このカードを使っていた事による情報処理方法などは、...
    引用元: tennnennkozi 's Diary

  • 梅棹 忠夫 — うめさお ただお |日本経済新聞出版社

    梅棹 忠夫 (うめさお ただお) 民族学者、比較文明学者。1920年京都府生まれ。1943年京大理学部卒。京大人文科学研究所教授、国立民族学博物館初代館長(現顧問)などを歴任。生態学、情報論、文明論など研究領域は広範にわたる。 ※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。 表示順 発行日 書名 著者名 ISBN 昇順・降順 昇順 降順 表示件数 20件 30件 50件 再表示 該当書誌 3 件のうち、 1-3 件目を表示 日経プレミアシリーズ 梅棹忠夫 語る 小山修三 聞き手/ 梅棹忠夫 語り手 893円 (税込) ISBN:978-4-532-26097-2 権威をかざす学者・評論家、世に跋扈する“似非インテリ”たちにガツンとひとこと言ってやろう。「あんたは自分で確かめたのか?」――「知の探検家」梅棹忠夫が自由奔放にその哲学を語った最後のメッセージ。 日...
    引用元: 梅棹 忠夫 — うめさお ただお |日本経済新聞出版社

  • 行為と妄想: 紀伊國屋書店BookWeb

    梅棹忠夫 [ウメサオタダオ] 大正9年(1920)、京都市に生まれる。昭和18年、京都大学理学部卒業。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検隊以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上各地にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長をへて、現在は同館顧問・名誉教授。専攻、民族学、比較文明学。理学博士。平成6年、文化勲章を受賞する
    引用元: 行為と妄想: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 梅棹忠夫&辻静雄*監修/土井勝*辰巳浜子他/豪華本日本の料理6冊組 ...

    梅棹忠夫&辻静雄*監修/土井勝*河野貞子他/豪華本日本の料理6冊組 商品紹介: ・日本の生態学者、民族学者である 梅棹忠夫氏 と、 現・辻調グループ校創設者 辻静雄氏 が企画・監修をした、 貴重な日本食の料理本です。 ・編集委員には、土井勝料理学校創立者の 土居勝 氏、 辰巳芳子氏のご母堂で日本の料理研究家としては草分け的存在の 辰巳浜子 氏、 料理研究家として50年以上の経験者・ 河野貞子 氏などが携わり、 季節別の料理4巻、調理法1巻、材料の事典1巻、索引1巻 と、 これを見れば日本の伝統的な料理から、家庭で作られてきた料理のすべてを網羅 できると言っても過言ではないと思います。 ・会席料理などで出される料理も多く掲載されていますが、即席漬けや天ぷら、かき揚げ、 けんちん、お寿司、トンカツなど、家庭でなじみの料理も数多く収められています。 ・写真などは昭和の...
    引用元: 梅棹忠夫&辻静雄*監修/土井勝*辰巳浜子他/豪華本日本の料理6冊組 ...

  • 梅棹忠夫 - goo ニュース

    梅棹忠夫 梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授。 理学博士(京都大学、1961年)。 >>Wikipedia検索へ >>ウェブ検索へ 「梅棹忠夫」に関連するブログ 「柳田国男と梅棹忠夫」伊藤幹治著…日経新聞6月26日21面より (文明のターンテーブル) 捨てられるもの残されるもの (日本語作文練習帳) ひよこ、襟足、グスコーブドリ (倦怠ビール) >>もっと「梅棹忠夫」に関するブログを読む 注目のトップニュース B型肝炎和解金の財源は所得税? ラオックス、中国大手の子会社に 水からヨウ素を除去?「RO膜」 人身売買 最低基準満たさぬ日本 人を「使い捨て」する原発へ志願 震災で配偶者「見直した」8割超 広告縮小のTV業界、弱...
    引用元: 梅棹忠夫 - goo ニュース

  • 梅棹忠夫 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    梅棹忠夫 - Wikipedia 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者 。国立民族学博物館名誉教授、総合研究... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E6%A3%B9%E5%BF%A0%E5%A4%AB Amazon.co.jp: 知的生産の技術 (岩波新書): 梅棹 忠夫: 本 Amazon.co.jp: 知的生産の技術 (岩波新書): 梅棹 忠夫: 本. http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E7%9A%84%E7%94%9F%E7%94%A3%E3%81%AE%E6%8A%8... 国立民族学博物館|名誉教授・初代館長 梅棹忠夫 梅棹忠夫 UMESAO T...
    引用元: 梅棹忠夫 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 梅棹忠夫さんのいい言葉

    【梅棹忠夫さんについて】 1920年、京都生まれ。1943年、京都大学理学部卒業。学生時代の登山、探検の足跡は広いようです。日本における文化人類学のパイオニアであり、梅棹文明学とも称されるユニークな文明論を展開し、多方面に多くの影響を与えている方です。理学博士。著書には「知的生産の技術」「情報の文明学」などがあります。 価値の体系 shu ( 2010年12月16日 15:51) | 個別ページ | | 一つの文化は、 一つの価値の体系ですから、 その立場からは、 他の価値の体系は理解することができない。 あるいは容認することができない。 他の文化に対しては、つねに不信の眼を もってみるというのが、通例であります。 ( 地球時代の日本人 、梅棹忠夫) 理解できないものについては、 だいたいにおいて、 疑いの目をもって見てしまうのが人間。 それでも、じっと見ていれば、 なんだか分かってくる...
    引用元: 梅棹忠夫さんのいい言葉

  • 水谷哲也 読書日記: 梅棹忠夫

    【書 名】文明の生態史観 【著 者】梅棹忠夫 【発行所】中公文庫 【発行日】1974/9/10 【ISBN 】4-12-200135-8 【価 格】563円 学生時代に確か読んだ記憶があるのですが、久しぶりに読み返しました。 1995年5月に大阪のロイヤルホテルで行われた梅棹忠夫先生文化勲章受賞祝賀会でヨーゼフ・クライナーというドイツー日本研究所長が絶賛していたスピーチを聞いてからもう一度読まなければと思っておりました。 これも息が長い本ですね。1996年で20版となっておりました。 中洋の考え方など面白い視点です。しかも1956年に書かれた論文です。(私が生まれるまだ前だ)トインビーの「歴史の研究」に刺激を受けて誕生した論文だったとは知りませんでした。
    引用元: 水谷哲也 読書日記: 梅棹忠夫

  • 梅棹忠夫 とは - コトバンク

    梅棹忠夫 【うめさお-ただお】 3件の用語解説(梅棹忠夫で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 梅棹忠夫 うめさお-ただお &nbsp 1920-2010 昭和 後期 - 平成 時代 の 民族 学者 。 大正 9年6月13日生まれ。はじめ動物学を 専攻 ,今西錦司ひきいる京大 旅行 部で 海外 学術 探検 をおこなう。昭和30年京大 カラコルム ・ヒンズークシ学術探検隊に 参加 。32年「 文明 の 生態 史観 序説 」を発表し 反響 をよぶ。大阪市立大 助教授 ,京大人文科学研究所 教授 などを 歴任 。 国立民族学博物館 の 設立 に 尽力 ,49年 初代 館長 。平成3年文化功労者,6年文化勲章。平成22年7月3日 死去 。90歳。 京都 出身 。京都帝大卒。 著作 はほかに「モゴール族探検記」「 知的 生産の 技術 」など。 梅棹...
    引用元: 梅棹忠夫 とは - コトバンク

  • 梅棹忠夫とは - はてなキーワード

    梅棹忠夫 うめさおただお ( 読書 ) 編集 注目の求人情報 [求人] ライフサイエンス出版株式会社への正社員転職 募集内容:【編集スタッフ】定着率抜群の環境で専門知識を身に付ける [求人] 尾張交通株式会社への正社員転職 募集内容:【被災者のための求人】タクシードライバー 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週の言及数: 3 件 (26,193位) 今週のPV: 119 (47,463位) グラフで詳しく見る 目次 梅棹忠夫とは 読書界への影響 主な著作 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード AQUOS 鈴木清順 PPC しまなみ海道 DLNA VIERA タニタ もっと見る 1920年 京都 生まれ。無給講師の 今西錦司 ( 登山家 、探検家としてむしろ著名だった)に弟子入りする...
    引用元: 梅棹忠夫とは - はてなキーワード

  • 梅棹忠夫・編「日本文明77の鍵」即決 - Yahoo!オークション

    梅棹忠夫・編 「日本文明77の鍵」 創元社 1989年刊 ハードカバー 並本です。 クロネコメール便は160円です。 クロネコメール便で発送の場合、未着・破損の際の補償はご容赦願います。 補償が必要な場合はゆうパックによる発送をご指定ください。 → ゆうパック料金 (60サイズ。表の料金から持込割引で100円引きとなります) その他の振込先銀行はりそな・新生です。 同時出品物は当方の 全出品リスト をご覧いただくか キーワードに「☆♪」(ほし おんぷ でそれぞれ変換できます)を追加して検索してください。 例えば「オークション>本>雑誌>人文、社会>歴史」のページから「☆♪」を検索すれば当方の歴史関係の出品が検索できます。 旅行等で当方よりの連絡・発送が滞る場合などは 自己紹介欄 に記載してお知らせしますので入札前に必ずご参照ください。 84 こちらのオークションは、おまかせ君を利用して出...
    引用元: 梅棹忠夫・編「日本文明77の鍵」即決 - Yahoo!オークション

  • 梅棹忠夫|文春写真館 あのとき、この一枚|文藝春秋

    梅棹忠夫は大正九年(一九二〇年)生まれ。今西錦司らの薫陶を受け、文化人類学のパイオニアとされる。また、昭和四十五年(一九七〇年)の大阪万博の基本理念である「人類の進歩と調和」を起草したとされる。 昭和五十二年、千里の万博跡地に建てられた国立民族学博物館の初代館長に就任。 〈民博の起源は氏も仕掛人の一人であった七〇年の万国博覧会である。万博の成果を生かすべく、千里の跡地に民博をと、政治家や官僚にはたらきかけ、実現にまでこぎつけた。情熱家であり、かつまた学者らしからぬ「やり手」なのだ〉(「文藝春秋」昭和五十五年十二月号) この民博には、渋沢栄一の孫で民族学に造詣が深かった敬三のコレクション「アチック・ミューゼアム」が多大なる貢献をしている。 梅棹の著書「文明の生態史観」「知的生産の技術」は大ベストセラーとなるが、晩年、失明。ただ、その旺盛な著作意欲は亡くなるまで衰えなかった。平成二十二年(二...
    引用元: 梅棹忠夫|文春写真館 あのとき、この一枚|文藝春秋

  • 【レビュー・書評】梅棹忠夫 語る [著]梅棹忠夫 [聞き手]小山修三 ...

    梅棹忠夫 語る [著]梅棹忠夫 [聞き手]小山修三 [掲載]2010年10月31日 [評者]横尾忠則(美術家) ■自前の目と足で、思想も「遊び」 生前、今西錦司さんと対談した際、「あんたは学者と違うさかいに今日は遺言のつもりで何でもしゃべるでえ」と言って今西弁の放談が始まったが、本書を読みながら梅棹さんと今西さんがダブってならなかった。というのはこの書が出る前に梅棹さんが亡くなられたので、最後の言葉が現在の日本人に対する遺言に聞こえるのだった。だとすれば心して拝聴せなあかん。 梅棹さんの底の抜け方は今西さん同様、尋常ではない。痛快の一言につきる。冒頭から全編、日本のインテリに対する批判が炸裂(さくれつ)する。「インテリというものはサムライの後継者」で「オレたちが知識人だ」と町人民衆をバカにしていると――。 例えばこんな調子だ。「こんなあほらしいもん、ただのマルクスの亜流やないか、……何...
    引用元: 【レビュー・書評】梅棹忠夫 語る [著]梅棹忠夫 [聞き手]小山修三 ...

  • 知的生産の技術梅棹 忠夫 - Yahoo!オークション

    ◆知的生産の技術◆ 〜梅棹 忠夫〜 ★★★商品説明★★★ 始めまして、この商品の出品者です。 このページに来てくださりありがとうございます。 あなたのご訪問を嬉しく感じております。 本棚の整理のためにこの書籍を 格安にてご提供させていただきます。 事前にこの書籍の中古価格相場を調べ、 それよりも安く値段設定をさせていただいております。 定価で購入するよりも断然お安くなっているのは言うまでもありません。 ぜひ、この機会にこの良書を格安にて手に入れてはいかがでしょうか。 本当にためになる良い本です。 オススメです! ★★★定価★★★ 定価¥798円 ★★★本の紹介★★★ ▼内容(「BOOK」データベースより) 学校では知識は教えるけれど知識の獲得のしかたはあまり教えてくれない。メモのとり方、カードの利用法、原稿の書き方など基本的技術の訓練不足が研...
    引用元: 知的生産の技術梅棹 忠夫 - Yahoo!オークション

  • 梅棹忠夫 - Living, Loving, Thinking

    ■ 梅棹忠夫 『 毎日新聞 』の記事; 訃報: 梅棹忠夫 さん90歳= 文化人類学 「文明の生態 史観 」 「文明の生態 史観 」などの独創的な著作で知られ、日本の 民族学 ・ 文化人類学 研究をリードしてきた 国立民族学博物館 (民博)顧問で初代館長の 梅棹忠夫 (うめさお・ただお)さんが3日、老衰のため亡くなった。90歳。連絡先は 大阪府 吹田市 千里 万博公園 10の1、民博気付。 1920年 京都市 生まれ。 京都 大 理学部 動物学科卒。同大学院特別 研究生 、 蒙古 善隣協会西北研究所 嘱託 を経て、49年 大阪市 立大 理工学部 助教授 。65年 京大 人文科学 研究所 助教授 。同教授を経て74年、 日本万国博 (70年)跡地に創設された民博の館長に就任した。93年に退任後、名誉教授・顧問。91年 文化功労者 。94年 文化勲章 。 理学 博士。 京大 名誉教授。 京都...
    引用元: 梅棹忠夫 - Living, Loving, Thinking

  • 梅棹忠夫と森毅 - 三色スミレの成長日記〜LA PENSEE SAUVAGE

    ■ [ 本 ] 梅棹忠夫 と 森毅 2010-10-04 - 塗籠日記その弐 を読み大いに触発される。 梅棹先生がお語りになられて生まれた書物を最近読み、(お亡くなりになられた時にはエントリを書けなかったが)想い出の一冊を。 タイトルの二人の巨人(かつ奇人?)の「私宛ての贈り物」はこれからも、まだまだ、まだまだある。 お二人については書こうと思って書けず、想い出の書物だけでも。 梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ) 作者: 小山修三 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2010/09/16 メディア: 新書 購入 : 2人 クリック : 29回 この商品を含むブログ (24件) を見る 梅棹先生 行為と妄想―わたしの履歴書 作者: 梅棹忠夫 出版社/メーカー: 日本経済新聞社 発売日: 1997/06 メディア: ハードカバー ...
    引用元: 梅棹忠夫と森毅 - 三色スミレの成長日記〜LA PENSEE SAUVAGE

  • オンライン書店ビーケーワン:書評ポータル

    梅棹忠夫語る ★★★★★ 塩津計/売れる本には、わけがある!!!!!!!!!!!!!!!!!! 梅棹忠夫といえば『文明の生態史観』である。父の勧めでこの本を読んだ私はほとんど驚倒した。その発想の天才ぶりに衝撃を受けた。本書は、その梅棹忠夫が最晩年に弟子の小山修三との対談をまとめたものである。梅棹忠夫が天下の大秀才であったことは、彼が旧制京都府立一中(現京都府立洛北高校)を四年で修了し旧制第三高等学校に入学した、いわゆる四修組であったことからも見て取ることが出来る。私の父は旧制東京府立三中(現
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:書評ポータル

  • 梅棹忠夫に挑む: 紀伊國屋書店BookWeb

    ウメサオタダオニイドム 梅棹忠夫に挑む 石毛 直道 小山 修三【編】 中央公論新社 (2008/12/10 出版) 229p / 19cm / B6判 ISBN: 9784120039959 NDC分類: 289.1 価格: ¥1,890 (税込) ポイント: 18 pt ? ポイントについて 在庫がございます。通常1-3日以内に発送致します。 この商品は、国内送料 無料 でお届けします。 ※在庫情報は、前日の営業終了時のものです。 ? 在庫と納期について 震災の影響により、福島県の一部地域では、ヤマト運輸営業所でのお引渡しとなります。 *最新の詳細情報は ヤマト運輸のホームページ を参照下さい。 詳細 自分の足で歩き、自分の眼でみて、自分の頭で考える姿勢を貫く比較文明学者・梅棹忠夫は、「文明の生態史観」「情報産業論」「遊牧の起源」など独自の思想を展開し、現在も版を重ねるベスト...
    引用元: 梅棹忠夫に挑む: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 真があって運の尽き: 世界を股にかける語学超人・梅棹忠夫

    梅棹忠夫氏は言語学者ではなく民俗学者です。1920年京都市生まれ。現在国立民族学博物館顧問及び名誉教授。京都大学名誉教授でもあります。この経歴を見ると「偉い学者さん」的イメージですが、大学にいるより海外にいる方が長いと言っても良い、フィールドワーク系の学者です。
    引用元: 真があって運の尽き: 世界を股にかける語学超人・梅棹忠夫

  • 梅棹忠夫 | 清水弘文堂

    「梅棹忠夫」のタグが付いている記事 梅棹忠夫さんが亡くなってから…… 2010年8月3日 国立民族学博物館 初代館長の 梅棹忠夫 さんが亡くなってから1か月が経過しました。弊社の前社主・ 礒貝浩 は梅棹忠夫さんとは深いご縁がありました。礒貝浩著『ヨーロッパをヒッチる』(朝日新聞社刊)の序文を書いてくださったのが梅棹さん。それからも、あれやこれやとここでは書ききれないほど、いろいろとお世話になったようです。 そのご縁もあり、小生も何度か梅棹さんにご挨拶をさせていただき、いろいろなお話を伺いました。ひとつひとつ、いまでも鮮明に思い出すことができます。 あらためて先生のご冥福をお祈り申し上げます。 タグ: みんぱく , 梅棹忠夫 , 礒貝浩 カテゴリー: 清水弘文堂書房のその日、その月 国立民族学博物館 2009年3月6日 先日、大阪府吹田市千里 万博公園 内にある 国立民族学博物館(みんぱく)...
    引用元: 梅棹忠夫 | 清水弘文堂

  • 【国立民族学博物館】 「梅棹忠夫先生をしのぶ会」のおしらせ(H22 ...

    【国立民族学博物館】 「梅棹忠夫先生をしのぶ会」のおしらせ(H22.10.20) 「梅棹忠夫先生をしのぶ会」を下記のとおり執り行いますので、お知らせいたします。 【日 時】 平成22年10月20日(水) 13時30分~16時30分 【場 所】 国立民族学博物館 詳細情報(みんぱくのサイト) カテゴリ : お知らせ カテゴリ お知らせ システム情報 統合検索 nihuONE 時空間解析 ネットワーク 採用情報 研究・教育系(常勤) 事務・技術系(常勤) 研究・教育系(非常勤) 事務・技術系(非常勤) ぶんかの香り 刊行物 調達情報 受賞報告 国立国語研究所 国立民族学博物館 研究公募 国立国語研究所 国立民族学博物館 最近の機構ニュース 『人間文化』Vol.13 「ことばの類型と多様性」 【研...
    引用元: 【国立民族学博物館】 「梅棹忠夫先生をしのぶ会」のおしらせ(H22 ...

  • 資料展示ニュースを読む「追悼・梅棹忠夫」:山口県立山口図書館

    ニュースを読む「追悼・梅棹忠夫」 公開日:2010年7月8日、更新日:2010年7月9日 民族学者で、 『文明の生態史観』 や 『知的生産の技術』 などの著作で知られる梅棹忠夫さんが、2010年7月3日、亡くなられました。90歳でした。 今回は、梅棹さんを追悼して、当館の所蔵資料の中から、梅棹さんの著作を中心に関係する本を展示・紹介します。 本は全て貸出できます。書名をクリックすると、本の詳しい情報がわかります。 2010年は「国民読書年」です。
    引用元: 資料展示ニュースを読む「追悼・梅棹忠夫」:山口県立山口図書館

  • 本のご紹介: 梅棹忠夫著 『山をたのしむ』 千里ニュータウン+万博×小山 ...

    本のご紹介: 梅棹忠夫著 『山をたのしむ』 << 作成日時 : 2009/06/27 12:08 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1 梅棹忠夫『山をたのしむ』(山と渓谷社) が上梓された。ここ15年ほどの間に書かれたエッセイを中心とした本である。 おそるべき知的生産力。米寿の記念シンポジウムがあったのが、ちょうど1年前。それをまとめた『梅棹忠夫に挑む』が、半年後の年末に出て、そのスピードに感心したが、この本はそれからまた半年である。民博の館長時代、次々と本が出て「月刊ウメサオ」と言われたそうだが、90才を目前にして(ご本人はまだ80代だと威張っていらっしゃるとか)、なお年2回刊とは・・・ この本では、「山が原点」という熱い思いがほとばしる、ビールじゃないけれどキレがあるのにコクがある(=わかりやすいのに味わい深い)文章でつづられている。 ところが、そんな中に、...
    引用元: 本のご紹介: 梅棹忠夫著 『山をたのしむ』 千里ニュータウン+万博×小山 ...

  • 梅棹忠夫さんが亡くなってから. | 清水弘文堂書房のその日、その月 ...

    梅棹忠夫さんが亡くなってから…… 2010年8月3日 国立民族学博物館 初代館長の 梅棹忠夫 さんが亡くなってから1か月が経過しました。弊社の前社主・ 礒貝浩 は梅棹忠夫さんとは深いご縁がありました。礒貝浩著『ヨーロッパをヒッチる』(朝日新聞社刊)の序文を書いてくださったのが梅棹さん。それからも、あれやこれやとここでは書ききれないほど、いろいろとお世話になったようです。 そのご縁もあり、小生も何度か梅棹さんにご挨拶をさせていただき、いろいろなお話を伺いました。ひとつひとつ、いまでも鮮明に思い出すことができます。 あらためて先生のご冥福をお祈り申し上げます。 . Tweet Check Share | ありがとうございます!RT @ chubbhill @shimizukobundo 楽しく、くるくるしてみました! 1 week ago 公式サイト書籍一覧ページ http://j.m...
    引用元: 梅棹忠夫さんが亡くなってから. | 清水弘文堂書房のその日、その月 ...

  • オンライン書店ビーケーワン:行為と妄想 わたしの履歴書 中公文庫「日本 ...

    行為と妄想 中公文庫 わたしの履歴書 梅棹 忠夫著 税込価格:¥860(本体 : ¥819) bk1ポイント倶楽部 : 8 ポイント(1%進呈) 出版 : 中央公論新社 サイズ : 16cm / 343p ISBN : 4-12-204006-X 発行年月 : 2002.4 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 ソーシャルブックマーク JavaScriptがオフの場合にはご利用いただけません。 (SBMって?) コメント・書評 日本経済新聞連載の「私の履歴書」を大幅に加筆修正した梅棹の自伝 塩津計 2011/06/17 10:18:17 評価 ( ★ マーク ) ★★★★★ ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:行為と妄想 わたしの履歴書 中公文庫「日本 ...

  • 梅棹忠夫 - Wikipedia

    梅棹忠夫 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 梅棹 忠夫 (うめさお ただお、 1920年 6月13日 - 2010年 7月3日 )は、日本の生態学者、民族学者。 国立民族学博物館 名誉教授 、 総合研究大学院大学 名誉教授、 京都大学 名誉教授。 理学博士 (京都大学、1961年)。 目次 1 人物 2 経歴・学問 3 評論・評伝 4 略歴 5 受賞歴・叙勲歴 6 系譜 7 著作 8 関連項目・人物 9 脚注 10 出典 11 外部リンク [ 編集 ] 人物 日本における 文化人類学 のパイオニアであり、梅棹文明学とも称されるユニークな文明論を展開し、多方面に多くの影響を与えている人物。京大では 今西錦司 門下の一人。 生態学 が出発点であったが、動物社会学を経て 民族学 ( 文化人類学 ...
    引用元: 梅棹忠夫 - Wikipedia

  • 【コラム】「モノ語りづくり」から始まるネット社会の未来 (2) 梅棹忠夫 ...

    【コラム】 「モノ語りづくり」から始まるネット社会の未来 2 梅棹忠夫が発案した、"日本発"の言葉「情報社会」 2008/05/29 奥野卓司 IT 「情報社会」と聞くと、それがすでに始まっていると考えるか、これからが本番と考えるかはともかくとして、ほとんどの人が過去のことではなく近未来のこと、つまり今日までの「工業社会」の次に来る社会だと考えている。だが、本当にそうなのか? 今回と次回は「情報社会」という言葉の起源から、そのことについて考えてみたい。 ダニエル・ベルが指摘した「知識」中心の「脱工業社会」 わが国では、ITに関係する術語のほとんどが、英語を日本語に訳したり、日本流に略したりしたものがほとんどなので、「情報社会」という言葉も、「Information Society」の訳語だと思っている方が多いのではないだろうか。だが、「情報社会」という言葉を最初に発案したの...
    引用元: 【コラム】「モノ語りづくり」から始まるネット社会の未来 (2) 梅棹忠夫 ...

  • 国立民族学博物館|名誉教授・初代館長 梅棹忠夫

    研究スタッフ うめさお ただお 梅棹忠夫 UMESAO Tadao 顧問・名誉教授・初代館長 [2010年7月3日 死去] 略歴 1943 京都大学理学部卒業 1949 大阪市立大学理工学部助教授 1965 京都大学人文科学研究所助教授 1969 京都大学人文科学研究所教授 1974 民博初代館長 1983 財団法人千里文化財団会長 1993 民博顧問、同名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授 1996 京都大学名誉教授 学位 1961 理学博士 専門分野 民族学・比較文明学 主要業績 2009 『山をたのしむ』 山と渓谷社 2005 『京都の精神』 角川書店(1987年8月刊行の角川選書の文庫化) 2004 『梅棹忠夫の京都案内』 角川書店(1987年5月刊行の角川選書の文庫化) 2004 『山の世界』梅棹忠夫・山本紀夫編 岩波書店 2004 『日本語の将来 ─ ローマ字表記で国際化を...
    引用元: 国立民族学博物館|名誉教授・初代館長 梅棹忠夫

  • 梅棹 忠夫

    > HOME > WHO 梅棹 忠夫 うめさお・ただお last update:20110512 このHP経由で購入すると寄付されます 1920年京都市生まれ。生態学者、民族学者。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授。 理学博士(京都大学、1961年)。2010年7月3日大阪府吹田市の自宅で老衰により没した。90歳没。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E6%A3%B9%E5%BF%A0%E5%A4%AB ■著書、論文等 ◆1959a 「妻無用論」、『婦人公論』1959-6→上野編[1982a:191-206],梅原[1988],梅原[1991] ◆1959b 「母という名の切り札」、『婦人公論』1959-9→上野編[1982a:207-220],梅原[1988],梅原[1991] ◆19690721 ...
    引用元: 梅棹 忠夫

  • 【企画展】 民族学者 梅棹忠夫の眼 - イベント情報|人間文化研究機構(NIHU)

    【企画展】 民族学者 梅棹忠夫の眼 【会 期】 2011年3月3日(木)〜6月14日(火) 【場 所】 国立民族学博物館 チラシを見る 梅棹忠夫は、世界各地で自身が撮影した写真のなかから自ら46点を選び、写真展「民族学者 梅棹忠夫の眼」を1982 年から2010年にかけて国内各地で開催しました。 特別展「ウメサオ タダオ展」 の開催にあわせ、企画展としてその写真展を再現します。日本写真家協会会員でもあった民族学者・梅棹忠夫が、カメラ・レンズを通して「眼」をこらした世界をあらためてご覧ください。 詳細情報(みんぱくのサイト) カテゴリ : 企画展示 , 国立民族学博物館 カテゴリ 人間文化研究機構 シンポジウム 連携研究 連携展示 情報資源の共有化 日本関連在外資料の調査研究 地域研究 イスラーム地域研究 現代中国地域研究 現代インド地域研究 ...
    引用元: 【企画展】 民族学者 梅棹忠夫の眼 - イベント情報|人間文化研究機構(NIHU)

  • 梅棹忠夫とは - Weblio辞書

    梅棹忠夫とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | ニュース | 動画 | 本・雑誌 | 文献 | 商品 | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 教育関係者 > 教育関係者 > 京都大学の教員 > 梅棹忠夫 の意味・解説 ウィキペディア 梅棹忠夫 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/21 22:38 UTC 版) 梅棹 忠夫 (うめさお ただお、 1920年 6月13日 - 2010年 7月3日 )は、日本の生態学者、民族学者。 国立民族学博物館 名誉教授 、 総合研究大学院大学 名誉教授、 京都大学 名誉教授。 理学博士 (京都...
    引用元: 梅棹忠夫とは - Weblio辞書

  • 行為と妄想 私の履歴書 梅棹忠夫 - Yahoo!オークション

    商品画像 行為と妄想 私の履歴書 梅棹忠夫のページトップに戻る 商品説明 日本経済新聞社 1997年6月 定価1700円 ゆうメール290円 メール便は取り扱いできません。 発送方法 料金その他のご案内 ゆうメール 150gまで 180円 250gまで 210円 500gまで 290円 1kgまで 340円 2kgまで 450円 3kgまで 590円 以上です。大概単行本一冊は250gを超えます。最低290円位と考えて頂ければと思います。。旧冊子小包と同じ条件です。 ヤマトメール便 縦+横+厚さの合計が70cm以内、厚さは2cm以内、 最長辺40cm以内、重量1kg以内です。 A4サイズ厚さ1cm80円、A4サイズ厚さ2cm160円・B4サイズ厚さ1cm160円、B4サイズ厚さ2cm240円 取次店により厚みを厳格に規定する場合があります。緩衝材は付きません。書...
    引用元: 行為と妄想 私の履歴書 梅棹忠夫 - Yahoo!オークション

  • 梅棹エリオ - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 梅棹 エリオ(うめさお えりお、1948年 - )は京都府出身の元冒険家。梅棹忠夫の長男。平安高等学校の規則の厳しさに反撥して同校を3ヶ月で自主退学し、翌年、京都府立鴨沂高等学校に入学。同校では山岳部に所属。同校2年生のとき成績不良で落第し、2度目の2年生の夏... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 梅棹エリオ - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

梅棹忠夫 の相関図を読込中

梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授。 理学博士(京都大学、

スポンサードリンク