梅若玄祥の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 梅若玄祥 - Wikipedia

    梅若玄祥(うめわかげんしょう)は、シテ方観世流の一派で能楽師、梅若家の名跡。 初世 - 梅若九郎右衛門玄祥。江戸時代初期に活躍し、梅若家中興の祖とされる。 二世 - 五十六世梅若六郎を参照。
    引用元: 梅若玄祥 - Wikipedia

  • 梅若六郎家の芸と現代能楽界|朝日カルチャーセンター|新宿教室|講座詳細

    梅若 玄祥(ウメワカ ゲンショウ) 観世流シテ方 梅若家当主 56世梅若六郎 二代梅若 玄祥 。1948年生。79年梅若六郎家当主継承。86年重要無形文化財総合指定(能楽)。88年56世梅若六郎を襲名。2006年紫綬褒章受章。08年二代梅若 玄祥に改名。観世寿夫記念法政大学能楽賞、讀賣演劇大賞優秀賞、日本芸術員賞ほか受賞多数。芸術院会員。 現在、人気、実力ともに第一人者として活躍。廃絶された能の復曲、新作能の上演も積極的に携わり、様々な演出を試みるなど、今日に生きる古典芸能としての能を支えているとともに、海外への能の紹介にも意欲的で、海外初の能面・装束の展覧会を開いたほか、アメリカ、フランス、オランダ、ロシアでも公演。ホール能の先駆者的存在でもある。また、能楽界のみならず国内外の様々な分野の芸術家達に、「幸運にも今、我々が目にすることができる人類の宝」の一人として崇拝され常に注目されている...
    引用元: 梅若六郎家の芸と現代能楽界|朝日カルチャーセンター|新宿教室|講座詳細

  • <島熊山能面祭>

    梅若玄祥・大槻文蔵・山本博通 赤松禎英・山崎正道・武富康之 小笠原�� 搬入時の梱包は、 「通い面箱」をご利用ください 通い面箱は こちら を 面袋は こちら を 島熊山能面祭 は、 後世に残る優れた新作面の発掘と将来的に魅力ある新作面が生み出されることを期待し、能と能面の発展を願い開催致しております。 又、能舞台で使われる機会を提供し、優秀作品の表彰とあわせ、能楽師の応募作品に対するコメント、受賞作品を使った仕舞、参加者相互の交流等を通じて「舞台で使える能面・狂言面」をめざす多くの作家を支援させていただきたく企画致しました。 島熊山能面祭実行委員会 電話:090-3823-6387 (鳥畑) 【賞】 大賞・特別賞・優秀賞・奨励賞 【新人賞】 面打ち経験5年以内 【応募受付】 2011年7月9日(土)〜 2011年7月19日(火)まで 豊中不動尊寺紫苑閣能舞台 ←戻る...
    引用元: <島熊山能面祭>

  • 北ケーブルネットワーク|北ケーブルTVからのお知らせ

    野村万作・梅若玄祥出演! 飛鳥山薪能に6 組12名様ご招待! (S席:1組2名様/B席:5組10名様) ■イベント概要 第八回 飛鳥山薪能 ○狂言「鐘の音」野村万作 他 ○能「清経」梅若玄祥、梅若善博、松山 隆之 他 【公演日時】 2010年10月5日(火)午後6時開場/午後7時開演/午後9時頃終演予定 【会場】 飛鳥山公園内野外舞台(JR京浜東北線 王子駅下車 徒歩5分) ※雨天時:北とぴあ さくらホール 【ご招待人数】S席 1組2名様、B席 5組10名様 お問合せ: 飛鳥山薪能実行委員会事務局 TEL03-3821-3378(受付時間:午前10時〜午後5時) FAX03-3821-5023 ■応募方法 ハガキまたは こちら から、ご希望の席の種類(S席かB席)と氏名・住所・電話番号・年齢・北ケーブルTVへのご意見やご感想を明記のうえ、下記宛にお送りください。 ■宛先 〒114...
    引用元: 北ケーブルネットワーク|北ケーブルTVからのお知らせ

  • 梅靖 - エキサイト キーワード

    ブログ 梅若会出演者(シテ)紹介 梅若玄祥(ウメワカゲンショウ)重要無形文化総合指定保持者。昭和23年55世梅若六郎の嫡男として生まれる26年「鞍馬天狗」にて初舞台54年観世流梅若六郎家当主を継承63年56世梅若六郎を襲名55年芸術祭優秀賞62年芸術選奨文部大臣賞平成 8 … 2010年12月17日 17時46分 2010:1月~6月 ■1月1日(金)午前7時から8時NHK教育テレビ新春能・狂言能八島弓流素働梅若玄祥・梅若晋矢■1月1日(金)午後1時開演靖国神社能楽堂靖国神社奉納舞囃子難波富田雅子■1月3日(日)午後2時開演大槻能楽堂2010年大槻能楽堂自主公演新春公演翁梅若玄祥■1月6… 2010年11月02日 14時18分 スケジュール ■色の印は、(財)梅若会でチケットをうけたわまっております。私の名前が出ていない会は地謡その他にて出演しています。*梅若会定式能は例年通り、1、4、6...
    引用元: 梅靖 - エキサイト キーワード

  • 阪南大学 | 2009年新着一覧 | 日本芸術院会員の能楽師 梅若玄祥氏 ...

    日本芸術院会員の能楽師 梅若玄祥氏 観光芸能論で登壇 2009.05.11 【 国際コミュニケーション学部 】 5月7日(木)、「観光芸能論」の講義に、紫綬褒章受章者で日本芸術院会員の能楽師梅若玄祥氏(六郎改め)にお越しいただき、能の見方や魅力についての講演を行っていただきました。同講義を担当されておられる現役のプロデューサーでもある西尾智子先生。その西尾先生が梅若玄祥氏の舞台プロデュースを手掛けてこられたご縁から、梅若氏は忙しい舞台の合間を縫い、3年続けて同講義にゲストとして出演されています。 今回の講義は、西尾智子先生・梅若玄祥氏・国際コミュニケーション学部の松本典昭教授の鼎談形式で進められました。20世紀を代表するプリマドンナであるマイヤ・プリセツカヤとのボレロでの共演、ロンドンやパリでの海外公演など、映像資料を見ながら能楽や芸能の真髄に迫る話がたくさん飛び出しました。梅若氏の大ファ...
    引用元: 阪南大学 | 2009年新着一覧 | 日本芸術院会員の能楽師 梅若玄祥氏 ...

  • asahi.com(朝日新聞社):観世流・梅若玄祥が追善能 先達への感謝 ...

    観世流・梅若玄祥が追善能 先達への感謝伝えたい 2009年6月28日 「能は深い芸能」と玄祥=米原写す 明治期に能楽復興に尽くした観世流の初世梅若実(1828〜1909)と二世実を追善する能楽会「初代梅若実百年祭・二代梅若実五十年祭」が7月3日、東京の国立能楽堂で上演される。主催する直系の能楽師、梅若玄祥は「私の今の課題曲を通じ、初世、二世への感謝の思いを伝えたい」と話す。 能楽は江戸時代、武家の式楽として保護されていた。明治に入って衰退の兆しがみえると、初世実は岩倉具視らの協力を得て、もり立てたという。宝生九郎、桜間伴馬(さくらま・ばんば)とともに明治3名人と称された。二世はその息子、玄祥はひ孫にあたる。 「初世による多くの伝書が残っていて、演能の参考になる。初世は商家出身で能の家に養子に入ったので、人一倍努力したからだろう。二世は私の祖父で、一からけいこをつけてくれた」 玄祥は世阿弥作...
    引用元: asahi.com(朝日新聞社):観世流・梅若玄祥が追善能 先達への感謝 ...

  • 和助のプロフィール

    こんにちは、はじめまして。故能楽師・観世流(梅若会・当主梅若玄祥)〇〇和助の孫です。現在廃業・(泣)和助の影響により観世流の能が好きな変わり者の日本郵便(郵便事業会社)勤務。俗に言う(郵便局員)です。独身です。(笑) 年中無休交代勤務の本局(支店)にいます。千葉県内某支店郵便課所属(笑) 出没地は、月に1~2回。 能楽堂及び薪能会場に出没します。 現在・能観世流の師匠のもとで稽古(謡)しています。 プロフィールの写真は稽古で使用します謡本と扇子です。よろしくお願いします。
    引用元: 和助のプロフィール

  • 「二世梅若玄祥」 【人物情報】 - NAVERテーマ検索

    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/20081201et02.htm 二世梅若玄祥 にせいうめわかげんしょう 本名 梅若善政 生年月日 1948年2月16日 職種 能楽師 性別 男 星座 みずがめ座 出身 東京(日本 ) 現所属 梅若能楽学院 (学院長) 二世梅若玄祥との関連検索 同じ年生まれの人物 同じ職種の人物 同じ出身の人物 同じ星座の人物 今、話題の人物 もっと見る 三浦知良 欧州組と食事会 福徳秀介 福徳秀介、石井あみと交際 菊池麻衣子 元夫逮捕を受け、ブログ更新 人物ファインダー 職種などによる絞り込み検索
    引用元: 「二世梅若玄祥」 【人物情報】 - NAVERテーマ検索

  • 梅若雅俊 - エキサイト キーワード

    梅若会出演者(シテ)紹介 梅若玄祥(ウメワカゲンショウ)重要無形文化総合指定保持者。昭和23年55世梅若六郎の嫡男として生まれる26年「鞍馬天狗」にて初舞台54年観世流梅若六郎家当主を継承63年56世梅若六郎を襲名55年芸術祭優秀賞62年芸術選奨文部大臣賞平成 8 … 2010年12月17日 17時46分
    引用元: 梅若雅俊 - エキサイト キーワード

  • 梅若能楽学院会館 : 梅若会出演者(シテ)紹介

    梅若 玄祥(ウメワカ ゲンショウ) 重要無形文化総合指定保持者。 昭和23年 55世梅若六郎の嫡男として生まれる 26年 「鞍馬天狗」にて初舞台 54年 観世流梅若六郎家当主を継承 63年 56世梅若六郎を襲名 55年 芸術祭優秀賞 62年 芸術選奨文部大臣賞 平成 8 年 観世寿夫記念法政大学能楽賞 11年 讀賣演劇大賞優秀賞、日本芸術院賞 ほか受賞多数 18年 紫綬褒章受章 19年 芸術院会員就任 橘会主宰 平成20年12月8日、二代梅若玄祥に改名 土田 晏士(ツチダ キヨシ) 昭和11年7月10日 山形市生れ。 先代梅若六郎に師事。 昭和15年 4歳 初舞台「七騎落」子方。 6歳 初シテ 吉野天人 昭和27年 緑清会発足(高校在学中に) 高校卒業後 55世六郎の内弟子として入門 昭和36年9月 独立 昭和43年6月 親善使節団に参加(メキシコオリンピックの際の能楽部門) 昭和49年 ...
    引用元: 梅若能楽学院会館 : 梅若会出演者(シテ)紹介

  • 能 梅若六郎 (平凡社ライブラリーoffシリーズ) エキサイト ブックス

    [12月17日] 梅若会出演者(シテ)紹介 [ 梅若能楽学院会館 ] at 17:46:29 梅若玄祥(ウメワカゲンショウ)重要無形文化総合指定保持者。昭和23年55世梅若六郎の嫡男として生まれる26年「鞍馬天狗」にて初舞台54年観世流梅若六郎家当主を継承63年56世梅若六郎を襲名55年芸術祭優秀賞62年芸術選奨文部大臣賞平成 8 年観世寿夫記念法政大学能楽賞11年讀賣演劇大賞優秀賞、日本芸術院賞ほか受賞多数18年紫綬褒章受章19年芸術院会員就任橘会主宰平成20年12月8日、二代梅若玄祥に改名土田�...
    引用元: 能 梅若六郎 (平凡社ライブラリーoffシリーズ) エキサイト ブックス

  • 梅若会出演者(シテ)紹介 : 梅若能楽学院会館

    e x citeブログ マイページ ブログトップ エキサイト 梅若能楽学院会館 梅若会出演者(シテ)紹介 2010年12月24日 0:00 梅若 玄祥(ウメワカ ゲンショウ) 重要無形文化総合指定保持者。 昭和23年 55世梅若六郎の嫡男として生まれる 26年 「鞍馬天狗」にて初舞台 54年 観世流梅若六郎家当主を継承 63年 56世梅若六郎を襲名 55年 芸術祭優秀賞 62年 芸術選奨文部大臣賞 平成 8 年 観世寿夫記念法政大学能楽賞 11年 讀賣演劇大賞優秀賞、日本芸術院賞 ほか受賞多数 18年 紫綬褒章受章 19年 芸術院会員就任 橘会主宰 平成20年12月8日、二代梅若玄祥に改名 土田 晏士(ツチダ キヨシ) 昭和11年7月10日 山形市生れ。 先代梅若六郎に師事。 昭和15年 4歳 初舞台「七騎落」子方。 6歳 初シテ 吉野天人 昭和27年 緑清会発...
    引用元: 梅若会出演者(シテ)紹介 : 梅若能楽学院会館

  • 梅若玄祥出演の番組 テレビ番組表:@nifty

    検索条件:「出演者名」から「梅若玄祥」を含む番組を検索 検索結果 0件中 0件を表示 前の20件 次の20件 日付 放送時間 放送局 番組名 すべての放送局で該当する番組は見つかりませんでした。 前の20件 次の20件 再度検索する 番組名検索 出演者名検索 キーワード検索 再放送のみ 新番組 初放送 最終回 再放送 天気予報 ニュース 出演 ゲスト 司会 声の出演 解説 監督 脚本 原作 語り 実況 演出 ステレオ Bモード 多重音声 文字放送 データ放送 双方向放送 字幕スーパー ノーカット放送 二ヶ国語放送 吹き替え マルチビューテレビ おすすめDVDご紹介
    引用元: 梅若玄祥出演の番組 テレビ番組表:@nifty

  • 梅若会 定式能 新年小謡「光」の大合唱を聴いて ホオジロのさえずり ...

    昨日、梅若能学院会館の舞台において観世流梅若玄祥氏(56世梅若六郎)ご一門による平成22年1月度の梅若会定式能が開催されました。 演目は梅若靖記氏のシテによる能「翁」と川口晃平氏、梅若晋矢氏のシテ双之舞による「猩々乱」並びに三宅右近氏他による狂言「鍋八撥」、その他仕舞3曲でありました。 能「翁」を終えて15分間の休憩の後に平成22年新年御題「光」の小謡のご紹介がありました。 梅若玄祥氏を筆頭にしてご一門一同が裃を着け扇子を持ち正座、勢揃いしてこの新作の謡の大合唱がありましたが、能楽鑑賞好きの私は大きな感銘をうけました。 まずなによりもこの小謡の煌めくような洗練された美しい言葉とその意味と力強い流れるような旋律に心うたれました。是非みなさまにここでご紹介させていただきたいと思います。 ************************ 新年御題「光」 謹作 水原 紫苑 謹曲 梅若 玄祥 ひさか...
    引用元: 梅若会 定式能 新年小謡「光」の大合唱を聴いて ホオジロのさえずり ...

  • 財団法人 梅若会さんのページ - SNS / I think I can !

    名前 財団法人 梅若会 自己紹介 梅若 玄祥(梅若六郎改メ)は現在、能楽会で人気、実力ともに第一人者として活躍。能楽界のみならず様々な分野、そして海外の芸術家達に常に注目されている。最近では世界のプリマ、マイヤ・プリセツカヤとのコラボレーションなどメタカルチャ-の創造活動にも貢献している。 初代梅若実(52世梅若六郎)は明治維新の混乱期、能楽が衰退する中、能楽堂の建設や自宅の敷舞台での演能、それまで非公開だった能を一般に有料で公開するなどした。明治期の能楽復興の功労者。16世宝生九郎、桜間伴馬とともに明治三名人と謳われる。 2代目梅若実(54世梅若六郎)は初代実の三男。兄万三郎とともに名声富に高く万六銕の黄金時代を築いて時の能楽界を風靡した。今は一般化した薪能、大衆能、劇場能、婦人能など先駆ける。晩年は孫善政(梅若玄祥)の教育に過ごした。 梅若家の歴史 丹波猿楽梅若家旧墓所・屋...
    引用元: 財団法人 梅若会さんのページ - SNS / I think I can !

  • 梅若能楽学院会館

    e x citeブログ マイページ ブログトップ エキサイト 梅若能楽学院会館 ● 2010年12月 16件 梅若能楽学院 学院長 56世 2代 梅若 玄祥(うめわか・げんしょう) 観世流シテ方 梅若家当主 56.. (2010/12/30 0:00) 豪華A2版 & 卓上カレンダー発売 至高の華 五拾六世梅若玄祥 豪華A2版カレンダー 発売 消費税込価格 2,70.. (2010/12/28 12:00) 学院案内 入学 随時入学 本 科:謡、仕舞の基礎を学び、修業年限は1〜3年。 初級、.. (2010/12/27 0:00) 梅若家の歴史 丹波猿楽 猿楽とは、現在の能楽の元祖となるもので、丹波地方は猿楽の.. (2010/12/26 0:00) 梅若能楽学院会館・能楽堂を使用されたい方へ 能公演はもちろん、発...
    引用元: 梅若能楽学院会館

梅若玄祥 の相関図を読込中

梅若玄祥(うめわかげんしょう)は、シテ方観世流の一派で能楽師、梅若家の名跡。 初世 - 梅若九郎右衛門玄祥。江戸時代初期に活躍し、梅若家中興の祖とされる。 二世 - 五十六世梅若六郎を参照。

スポンサードリンク