森健彦の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 森 健彦

    氏名 もり たけひこ 森 健彦 所属 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機 高分子物質専攻 准教授 所属先住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 ホームページ http://www.op.titech.ac.jp/lab/mori/index.html ReaD & Researchmap [ReaD & Researchmapページへ] 研究職歴 東京工業大学助教授 (1994-) 岡崎国立共同研究機構分子科学研 研究キーワード 有機超伝導, Organic Superconduct, 超伝導, Superconductivity, 結晶構造, Crystal Structure, 結晶構造, Crystal Structure, 輸送現象, Transport Properties 所属学会 団体 日本化学会 日本物理学会
    引用元: 森 健彦

  • 研究者プロフィール

    氏名 森 健彦 よみがな モリ タケヒコ 職名 教授 所属(本務) 大学院理工学研究科/有機・高分子物質専攻 所属(協力) 生年月 1957年 09月 連絡先番号 03-5734-2427 ホームページのURL http://www.op.titech.ac.jp/lab/mori/index.html E-mailアドレス takehiko\0739\o.cc.titech.ac.jp メールアドレスは自動収集を避けるため,正しく表記しておりません。 ご面倒ですが,「\」から「\」までの記号及び数字を「@」に書き換えてメールをお送りください。 研究テーマ 有機超伝導体の合成、構造、物性、理論 学歴 東京大学理学研究科化学修士課程修了(1982) 東京大学理学部化学卒業(1980) 職歴 東京工業大学助教授 (1...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 森健彦 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

    ヘルプ 森健彦 研究者情報 研究者情報 研究業績一覧 姓 森 MORI 名 健彦 TAKEHIKO 所属組織 東京工業大学 大学院理工学研究科 物質科学専攻 Tokyo Institute of Technology Graduate School of Science and Engineering Department of Chemistry and Materials Science 専門分野 機能物質化学 (物性物理化学) 教員プロフィール 講義ノート TokyoTech Open Course Ware 学位論文 Electrical Properties and Electronic Structures of One-Dimensional and Organic Conductors , 理学博士, 東京大学, 19...
    引用元: 森健彦 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

  • 森 健彦(青山学院大学文学部卒)|新入社員研修の感想|採用情報|フジアール

    ホーム > 採用情報 > 新入社員研修の感想 > 森 健彦(青山学院大学文学部卒) 森 健彦(青山学院大学文学部卒) 二年間の研修の中で、フジアールという会社にはいくつもの顔があることを学び、それぞれの現場でたくさんの刺激を受け、勉強させてもらいました。右も左も分からなかった私は、様々な人と出会い、支えてもらいながら今日まで歩んで来ることができました。 研修で私が強く感じたのは、「人とのつながり」の大切さです。どんな現場も自分ひとりだけではどうすることもできません。たくさんの協力会社の方々の助けがあってこそ、様々な困難を乗り越えることができるのです。色々な場面で各セクションの方々にお世話になってきましたが、その人たちとの出会いこそが、私がこの研修で得た最も大切な宝物だと思います。 仕事を進めていくにあたって、大切なものの中にコミュニケーションがあると思い...
    引用元: 森 健彦(青山学院大学文学部卒)|新入社員研修の感想|採用情報|フジアール

  • 教員情報 - TOKYO TECH OCW

    923 33 English ? ホーム > 教員情報 教員情報 : 森 健彦 (mori takehiko) 所属部局 所属部局(大分類) 所属部局(小分類) 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 担当講義一覧 ●概要・シラバス・講義ノート ◎概要・シラバス 全て表示 9 0 公開 状況 No 講義名 学科・専攻名 開講年度 (推奨学期) 公開・ 更新日 アクセス指標 1 物理化学(材)第一 金属工学科 H23年度 前期(3) 2011/6/27 2 グローバルCOE化学・特別講義 物質科学専攻 H23年度 前期 2011/5/19 3 物理化学(材)第一 金属工学科 H22年度 前期(3) 2010/7/26 ...
    引用元: 教員情報 - TOKYO TECH OCW

  • 詳細情報 (図書)

    タイトル ブツリ カガク エンシュウ 物理化学演習 カガク ニュウモン コース エンシュウ 化学入門コース/演習 人名 モリ タケヒコ 森 健彦/著 セキ カズヒコ 関 一彦/著 タケウチ ヨシト 竹内 敬人/編 オオノ コウイチ 大野 公一/編 出版者 イワナミショテン 東京:岩波書店 出版年月 2000年05月 ページ数,サイズ,価格 178p,22cm,¥3000 ISBN 4-00-006711-7 分類(NDC) 431 件名 物理化学 注記等 内容紹介: 物理化学の基本事項の理解と実力の養成に役立つ、大学理工系1〜3年生のための化学の演習書。解説・例題・演習問題という構成により、一歩一歩着実に学習できる。 著者紹介: 〈森〉1957年生まれ。現在、東京工業大学大学院理工学研究...
    引用元: 詳細情報 (図書)

  • オンライン書店ビーケーワン:物理化学演習 化学入門コース/演習 1

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、手配できない場合がございます 森 健彦著 関 一彦著 大野 公一編 竹内 敬人編 税込価格: ¥3,150(本体 : ¥3,000) bk1ポイント倶楽部 : 30 ポイント(1%進呈) 国内送料無料 出版:岩波書店 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 22cm / 178p 4-00-006711-7 2000.5 大学生・院生 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 1 基礎化学 化学の魅力 太陽は23歳!? DNA 上 二重らせんの発見からヒトゲノム計画まで この機能について Powerd by TEAM☆LAB Inc. 内容説明 ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:物理化学演習 化学入門コース/演習 1

  • 有機トランジスタ材料の評価と応用 2 - セブンネットショッピング

    著者情報 森 健彦(モリ タケヒコ) 東京工業大学大学院理工学研究科物質科学専攻教授 長谷川 達生(ハセガワ タツオ) (独)産業技術総合研究所光技術研究部門研究グループ長 ※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
    引用元: 有機トランジスタ材料の評価と応用 2 - セブンネットショッピング

  • 物理化学演習/森健彦/著 関一彦/著本 : オンライン書店e-hon

    物理化学演習 化学入門コース/演習 1 森健彦/著 関一彦/著 出版社名 : 岩波書店 出版年月 : 2000年5月 ISBNコード : 978-4-00-006711-9 ( 4-00-006711-7 ) 税込価格 : 3,150円 頁数・縦 : 178P 22cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します 商品の返品について 同じ著者名で検索した本 物理化学 関一彦/著 岩波書店 有機トランジスタ材料の評価と応用 2 森健彦/監修 長谷川達生/監修 シーエムシー出版 このジャンルの本 世界で一番美しい元素図鑑 セオドア・グレイ/著 ニック・マン/写真 若林文高/監修 武... これでわかる水処理技術 吉村二三隆/著 栗田工業(株)/監修 高分子添加剤ハンドブック 春名徹/編著 ...
    引用元: 物理化学演習/森健彦/著 関一彦/著本 : オンライン書店e-hon

  • 有機トランジスタ材料の評価と応用 2: 紀伊國屋書店BookWeb

    ユウキトランジスタザイリョウノヒョウカトオウヨウ 2 エレクトロニクスシリーズ エレクトロニクスシリーズ 有機トランジスタ材料の評価と応用〈2〉 森 健彦 長谷川 達生【監修】 シーエムシー出版 (2008/07/31 出版) 233p / 26cm / B5判 ISBN: 9784781300269 NDC分類: 549.6 価格: ¥68,250 (税込) ポイント: 650 pt ? ポイントについて 在庫がありません。お取り寄せになります。 (品切絶版等により入手できない場合もあります。予めご了承願います。) この商品は、国内送料 無料 でお届けします。 ※在庫情報は、前日の営業終了時のものです。 ? 在庫と納期について 震災の影響により、福島県の一部地域では、ヤマト運輸営業所でのお引渡しとなります。 *最新の詳細情報は ヤマト運輸のホームページ を参照下さい。 詳細 ...
    引用元: 有機トランジスタ材料の評価と応用 2: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 東工大クロニクル-No.422

    東工大クロニクル June.2007 新入生セミナー 2類新入生セミナー 2類主任 森 健彦 2類の新入生セミナーは入学式翌日の4月6日(金)から1泊2日で湯河原へ。新入生の N 君は,初めての通勤電車にとまどいながらも,朝9時の集合時間にどうにかたどりつく。好天にめぐまれたものの,やや肌寒い日で,桜も見納めに近い感じ。学生88名と先生12名が3台のバスに分乗して出発。クラス担任は1組 河村憲一先生(金属工学科),2組 扇澤敏明先生(有機材料工学科),3組 篠崎和夫先生(無機材料工学科)。昨日の入学式直後の類別オリでは,2類の先生方があいさつした。大勢でとても覚えられなかったが,さすがにクラス担任の顔は分かるようになった。 バスはすずかけ台キャンパスの脇を通り,「あれが S 社のエレベーターのある建物です」で盛り上がる。小田原に近づくと富士山が見えたが,富士山をあ...
    引用元: 東工大クロニクル-No.422

  • 大学院理工学研究科(理学系・工学系)物質科学専攻 - TOKYO ...

    グローバルCOE化学・特別講義 森 健彦 / 腰原 伸也 / 原 正彦 H23年度前期 2011/5/19 セラミックプロセッシング特論 篠崎 和夫 / 櫻井 修 / 脇谷 尚樹 / 木口 賢紀 H23年度前期 2011/4/15 有機材料物理特論 森 健彦 / 石川 謙 H23年度前期 2011/3/25 グローバルCOE化学・特別講義 森 健彦 / 腰原 伸也 / 原 正彦 H22年度前期 2010/7/9 セラミックプロセッシング特論 篠崎 和夫 / 櫻井 修 / 脇谷 尚樹 / 木口 賢紀 H22年度前期 2010/6/11 有機材料物理特論 森 健彦 / 石川 謙 H22年度前期 2010/4/8 セラミックスプロセッシング特論 田中 順三 / 篠崎 和...
    引用元: 大学院理工学研究科(理学系・工学系)物質科学専攻 - TOKYO ...

  • NPO法人日本火山学会 火山目次

    草津白根火山白根火砕丘の地震反射断面一擬似反射記録法による反射断面の推定一 [論説] 筒井智樹・鬼澤真也・森健彦・野上健治・平林順一・小川康雄・高木憲朗・鈴木敦生・及川純・中道治久・吉川慎・松島健 1-14 阿蘇火山中岳1988〜1995年活動期における噴火様式の変化 [論説] 池辺伸一郎・渡辺一徳・宮縁育夫 15-33 CMG40T地震計の傾斜応答に関する簡易試験 [論説] 青山裕 35-46 鎌田浩毅著「火山噴火一予知と減災を考える」について [書評] 宮城磯治 47-47 鎌田浩毅監修「火山の大研究」にっいて [書評] 宮城磯治 49-49 第5回火山都市国際会議島原大会 [学会記事] 第5回火山都市国際会議実行委員会 51-62 日本の火山活動概況(2007年11月〜12月) [ニュース] 63-64 その他のニュース...
    引用元: NPO法人日本火山学会 火山目次

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 物理化学演習 ...

    お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 森健彦/著 関一彦/著 出版社名 岩波書店 ( 岩波書店 ) 発行年月 2000年05月 販売価格 3,150円 ポイント 30ポイント *ポイントについて 発送時期 当日~2日で発送 発送時期について ラッピング 対象品 商品をフォローする 友達にメールで教える
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 物理化学演習 ...

  • ゴルフ会員権-売買基礎知識-東亜ゴルフ

    経営会社 : 山陽開発(株) 資本金 : 2000万円 代表者名 : 森健彦 経営母体 : 系列コース : 加盟団体 : JGA・GUK
    引用元: ゴルフ会員権-売買基礎知識-東亜ゴルフ

  • 東京工業大学COE21:2004年度の業績:森 健彦

    材料系COE 森 健彦 2004年度の研究成果 テトラチアフルバレン(TTF)を含む有機半導体の薄膜でオリゴチオフェン系に匹敵する移動度を示す有機FETを実現した [4, 8, 19, 20]。 インコメンシュレート構造をもつ有機伝導体(MDT-TS)(AuI2)0.441において反強磁性絶縁相に隣接した超伝導相を発見した[14, 18]。 TTFが3分子つながったTTPY系有機伝導体を開発し、その結晶構造を決定し、金属を含まない単一成分有機伝導体としてはこれまでで最高の伝導度を示すことを明らかにした [1, 6]。 フェリ磁性を示す交互積層型電荷移動錯体を解析して、「一次元型」と「NaCl型」の2種類のタイプのネットワークに分類できることを明らかにした[15]。 金属マレオニオトリルジチオラート錯体[M(mnt)2]を用いて、新しいスピンラダー錯体[11]、フェリ...
    引用元: 東京工業大学COE21:2004年度の業績:森 健彦

  • JAIRO | 物理化学演習

    このアイテムのアクセス数: 回 ( ) http://jairo.nii.ac.jp/0083/00052276 書誌情報 物理化学演習 物理化学演習 物理化学演習 "/森健彦/" 森健彦 , "/関一彦/" 関一彦 岩波化学入門コース演習 岩波化学入門コース演習 2000 , 岩波化学入門コース演習 このアイテムの詳細を見る http://t2r2.star.titech.ac.jp/cgi-bin/publicationinfo.cgi?q_publication_content_number=CTT100439814 この情報は東京工業大学の http://irdb.nii.ac.jp/analysis/file/image/logo/81.jpg 東京工業大学リサーチリポジトリ によって作成されています。 書き出し: Refer/BibIX形式 BibTex形式 TSV形...
    引用元: JAIRO | 物理化学演習

  • CiNii Article - Three-Fold Charge ...

    三角格子上の三倍周期電荷整列(最近の研究から) Three-Fold Charge Order on a Triangular Lattice(Current Topic) 森 健彦 Mori Takehiko 東京工業大学大学院理工学研究科 参考文献: 38件 本文を読む/探す CiNii 論文PDF - オープンアクセス Webcat Plus刊行物・所蔵情報 NDL-OPAC 抄録 最近,有機導体θ型BEDT-TTF塩において巨大非線形伝導と,それに伴った負性抵抗を利用した有機サイリスタが報告された.このような現象は2つの電荷整列相の競合に由来しているが,これはθ相が近似的に三角格子となっており,3倍周期相と呼ばれる電荷整列が安定になることに関係している.三角格子上のパターンといった観点から,最近のθ相の電荷整列に関する研究を紹介する. Recently,...
    引用元: CiNii Article - Three-Fold Charge ...

  • 東京工業大学COE21:Activity Report

    物質科学専攻(有機・高分子物質専攻兼担) 森 健彦 1.今年度の主な成果概要 (1) 有機伝導体の巨大非線形伝導と、それを利用した有機サイリスタ 有機電荷移動錯体の巨大非線形伝導とそれによる電流振動現象を不均一に生じた電荷整列の競合によって解明した[16-19]。最初にこのような現象が発見されたθ相の有機導体以外に、 (TSM-TTP)(I 3 ) 5/3 、(EDT-TSF) 2 GaCl 4 (1-1)、(MDT-TS)(I 2 Br) 0.420 、β-(meso-DMBEDT-TTF) 2 PF 6 などといっ有機導体で相次いで同様の巨大非線形伝導を見出し、それぞれの特徴から非線形伝導の起こる機構について議論した。 (1-1) 有機電荷移動錯体(EDT-TSF) 2 GaCl 4 において、非線形伝導により金属的伝導が回復する電流誘起金属状態を見出した[11]。この種の現象は低温に...
    引用元: 東京工業大学COE21:Activity Report

  • NPO法人日本火山学会 火山目次

    微小な火山噴出物・実験生成物試料の浸透率測定のための透気試験装置 [論説] 竹内晋吾・中嶋悟 1-8 人工地震探査より推定した草津白根火山白根火砕丘表層のP波速度構造 [寄書] 鬼澤真也・森健彦・筒井智樹・平林順一・野上健治・小川康雄・松島健・鈴木敦生 9-16 高温熱量測定実験のマグマ学への応用 [解説紹介] 菅原透 17-23 IAVCEI2004年総会参加報告 [解説紹介] 中田節也・古川竜太・中道治久・市原美恵・森俊哉・金子克哉・石塚吉浩・萬年一剛・柵山徹也・嶋野岳人 25-30 日本の火山活動概況(2004年11月-12月) [ニュース] 31-35 その他のニュース [ニュース] 35-38
    引用元: NPO法人日本火山学会 火山目次

  • フジアール・EVENT作品紹介詳細

    ■イベント名 YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 09 ■主催者 株式会社幕張メッセ・ニッポン放送 ■制作会社 吉本興業 ■アートプロデューサー 窪田 将宏・小林 大輔・森 健彦 ■デザイナー 別所 晃吉・飯塚 洋行 ■開催地 幕張メッセ 国際展示場4~8ホール ■開催日 2009-07-18~2009-07-20 ■概要 圧倒的スケールの中での漫才、コント、ネタをはじめ、歌企画、トーク企画、そして吉本新喜劇などお笑いの端から端までを完全網羅した史上最大の笑いの祭典!!
    引用元: フジアール・EVENT作品紹介詳細

  • 諏訪之瀬島火山におけるブルカノ式〜ストロンボリ式噴火の研究

    諏訪之瀬島火山の小規模噴火地震に伴う 長周期パルスについて 井口 正人・為栗 健・高山 鉄朗(京都大学防災研究所) 八木原 寛・平野 舟一郎(鹿児島大学理学部) 森 健彦・大倉 敬宏・吉川 慎(京都大学大学院理学研究科) 2004年地球惑星科学関連合同大会
    引用元: 諏訪之瀬島火山におけるブルカノ式〜ストロンボリ式噴火の研究

  • KAGAKUDOJIN BOOKS ELL

    2006年2月号 ▲ ▼ 【解 説】 アセチレンを閉じこめる ──多孔性配位高分子の開発 ●松田 亮太郎・北川 進 有機エレクトロニクス材料の新しい展開 ──有機サイリスタの発見とその原理 ●森 初果・寺崎一郎・森 健彦 人と環境にやさしい顔料をめざして ──環境調和型の無機顔料の最新研究 ●増井敏行・今中信人・梁 宗範・三原宗三 【時評】 ナノマテリアルのリスクにどう向きあうか!? ──ナノテクノロジーが真に社会の役に立つために ●阿多誠文 【やさしい化学統計力学講座】 最も確からしい配置(微視的状態)の重み ●田中一義 【他分野でいま何が話題?】 “噴火予知”に注がれる熱い視線と火山学の醍醐味 ●鎌田浩毅 【化学漫遊記】 石川 百万石と黄金 ●齋藤勝裕 【超★英語勉強術】 意識しなければ無意識...
    引用元: KAGAKUDOJIN BOOKS ELL

森健彦 の相関図を読込中

氏名 もり たけひこ 森 健彦 所属 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機 高分子物質専攻 准教授 所属先住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 ホームページ http:/

スポンサードリンク