楊戯の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 楊戯 - Wikipedia

    楊 戯(よう ぎ、 ? - 261年)は、中国三国時代の政治家。犍為郡武陽県の人。字を文然。蜀漢に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。
    引用元: 楊戯 - Wikipedia

  • 楊戯とは - はてなキーワード

    楊戯 ようぎ ( 社会 ) 編集 注目の求人情報 [求人] 大東企業 株式会社への正社員転職 募集内容:お店の中核を担う和服ホールスタッフ(リーダー候補)※日祝休み [求人] 水牛食品株式会社 への正社員転職 募集内容:「美味しい!」を提供し続ける老舗ソース会社の★食品企画営業 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週のPV: 25 (183,458位) グラフで詳しく見る 目次 楊戯とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード 行為 原田芳雄 アウクスブルク 果たして 0120 下流の宴 予算委員会 もっと見る 中国 三国時代 の人物(? -261年 ? )。犍為郡武陽県の人。。字(あざな)は文然。『 三国志 』に伝がある。 郡において名声を得て、 益州 においては程祁 ? や張表 ? らと名声を...
    引用元: 楊戯とは - はてなキーワード

  • 楊戯 <サーチナ・Wikipedia記事>

    楊戯 とは (概略版) 楊戯 【詳細記事】 楊戯(ようぎ、 ? - 261年)は、犍為(けんい)郡 武陽(ぶよう)県の人。字を文然(ぶんぜん)。中国の三国時代 (中国) 三国時代、蜀に仕えた。 「蜀書」、鄧張宗楊伝 - 楊戯伝には、「怠惰で仕事も適当に手を抜く性分ではあったが、一度も他人に取り入る言葉を口にしたり、過度の愛情をもって人に接したりしたことはなかった。」とする記述がある。 20余歳で州の書佐から督軍従事となり、(軍内の)裁判を司どる。 (丞相)府に召され、所属の主簿となる。 諸葛亮の没後、尚書右選部朗に任命されるが、(益州)刺史の蒋エン 蒋琬に請われ治中従事史となる。 蒋琬が大将軍となり役所を開くと、召し寄せられ東曹掾となった。
    引用元: 楊戯 <サーチナ・Wikipedia記事>

  • 楊洪

    楊 戯 (ヨウ・ギ) 文 然 (? 〜 261) 「季漢輔臣賛」の執筆者 〈能力値〉 統率 :43 武力 :31 知力 :71 政治 :63 生年 :205? 寿命 :3 相性 :80 性格 :慎重 義理 :7 野望 :6 〈兵 法〉 保有兵法 :斉射・混乱 得意兵法 :なし 〈武将列伝〉 (プロフィール) 武陽県の人。若い頃から 張表 、程祁( 程畿 の子)らと共に名声があり、20歳過ぎで出仕。諸葛亮らに才能を認められ督軍従事(軍内部の裁判官)として事件の判決にあたり、公平妥当な裁きを行った他、太守や射声校尉などを歴任。怠惰で仕事も手を抜く質だったが、他人に取り入るようなところがなく旧友との友情は大切にしていた。降将・姜維に心服しておらず、酒宴の席などで嘲笑したために257年に上訴されて庶人に落とされた。261年死去。著書「季漢輔臣賛」は蜀将を称揚する内容...
    引用元: 楊洪

  • 楊戯とは - はてなキーワード

    楊戯 とは 【ようぎ】 はてなキーワード 無料辞書 社会 中国 三国時代 の人物(? -261年)。犍為郡武陽県の人。。字(あざな)は文然。『 三国志 』に伝がある。 郡において名声を得て、 益州 においては程祁や張表らと名声を等しくしたという。 楊戯 自身は程祁を第一としていた。 役人として活躍した後、蜀( 蜀漢 )の丞相 諸葛亮 に見込まれて丞相府の役人となった。 諸葛亮 の没後、その後継者として 政権 を担った 大将軍 蒋琬 の下でも活躍し、中央と地方を往復する日々を送った。 蒋琬 の仕事ぶりに不満を示すような態度をとったこともあるが、 蒋琬 は問題にすることはなかった。 257年、 姜維 の北伐に従軍したとき、 姜維 をあなどるような態度を示したため、 姜維 に嫌われて免職となった。261年に没。 人物は公平であったとされる、また、学者譙周の理解者であったともいう。 241年に『季...
    引用元: 楊戯とは - はてなキーワード

  • 楊戯 | web R25

    楊戯 楊戯とは R25のキーワード:楊戯 楊 戯(よう ぎ、 ? - 261年)は、中国の三国時代の政治家。犍為郡武陽県の人。字を文然。蜀(蜀漢)に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。郡において名が知られた存在であり、丞相である諸葛亮にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり... 楊戯についてもっと知る 「楊戯」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年7月20日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。 ページトップへ 今週の彼女 水原希子 人生経験が豊富だと、生き方もカッコいい。男性は25歳からが勝負です! 2011.07.07 瀧本...
    引用元: 楊戯 | web R25

  • 楊戯|キーワード|コブス オンライン

    働く人の仕事&恋愛ポータルサイト HOME > 人気 > キーワード > 楊戯 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 楊戯 楊 戯(よう ぎ、 ? - 261年 )は、?為(けんい)郡 武陽(ぶよう)県の人。字を文然(ぶんぜん)。 中国 の 三国時代 、 蜀 に仕えた。 「 蜀書 」、?張宗楊伝 - 楊戯伝には、「怠惰で仕事も適当に手を抜く性分ではあったが、一度も他人に取り入る言葉を口にしたり、過度の愛情をもって人に接したりしたことはなかった」とする記述がある。 カテゴリー: 三国志の登場人物 261年没 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー...
    引用元: 楊戯|キーワード|コブス オンライン

  • 楊戯のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

    ウェブ検索結果 (最新記事一覧) 1. 楊戯 - Wikipedia 楊 戯 (よう ぎ、 ? - 261年)は、中国の三国時代の政治家。?為郡武陽県の人。字を文 然。蜀(蜀漢)に仕えた。『蜀書』?張宗楊伝に単独の伝がある。 郡において名が知 られた存在であり、丞相である諸葛亮にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍 ... ja.wikipedia.org 2. 楊戯 - 3Pedia 楊戯 Yang Xi. ヨウギ. (?~261) 蜀射声校尉. 字は文然。?為郡武陽県の人。 若いときに巴西郡の程祁、巴郡の楊汰、蜀郡の張表とともに評判となった。 楊戯 は彼らの うち程祁が一番だとしていたが、諸葛亮は 楊戯 を評価していた。 ... www.project-imagine.org 3. 三国志人名事典-蜀志15 若いときに巴西郡の程祁、巴郡の楊汰、蜀郡の張表とともに評判となった。 ...
    引用元: 楊戯のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

  • 楊洪 - 百科事典ディスマス

    楊 戯(よう ぎ、 - 261年 )は、 中国 の 三国時代 の政治家。犍為読みは「けんい」郡武陽読みは「ぶよう」県の人 楊洪 や楊恭と同族である(楊洪伝、 張裔 伝)。 李密 は同郷の後輩。。字を文然読みは「ぶんぜん」。 蜀 (蜀漢)に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。郡において名が知られた存在であり、 丞相 である 諸葛亮 にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり、軍内の裁判を司どる。ある裁判における公正な判断ぶりが評価され、丞相府に召され、主簿に任命される。諸葛亮の没後、尚書右選部郎に任命されるが、 益州 刺史 の 蒋琬 に請われ治中従事史となる。蒋琬が 大将軍 となり役所を開くと、召し寄せられ東曹掾となった。南中郎参軍に昇進し、庲降読みは「ら...
    引用元: 楊洪 - 百科事典ディスマス

  • 動画の上げ方について 動画公開方法

    プロフィール Author:楊戯 FC2ブログへようこそ! 最新記事 動画公開方法 (10/04) 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ 2009/10 (1) カテゴリ 未分類 (1) 検索フォーム RSSリンクの表示 最近記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS リンク 管理画面 このブログをリンクに追加する Powered By FC2ブログ ブロとも申請フォーム この人とブロともになる QRコード
    引用元: 動画の上げ方について 動画公開方法

  • 楊戯 - Wikipedia

    楊戯 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 楊 戯 (よう ぎ、 ? - 261年 )は、 中国 の 三国時代 の政治家。犍為 [1] 郡武陽 [2] 県の人 [3] 。字を 文然 [4] 。 蜀 (蜀漢)に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。 郡において名が知られた存在であり、 丞相 である 諸葛亮 にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり、軍内の裁判を司どる。ある裁判における公正な判断ぶりが評価され、丞相府に召され、主簿に任命される。諸葛亮の没後、尚書右選部郎に任命されるが、 益州 刺史 の 蒋琬 に請われ治中従事史となる。蒋琬が 大将軍 となり役所を開くと、召し寄せられ 東曹掾 となった。 南中郎参軍に昇進し、庲降 [5] 都督 の副将となり 建寧 [6] 太守 を兼任。病気により 成都 に召還され、護軍監軍に...
    引用元: 楊戯 - Wikipedia

  • 楊戯 - Wikipedia

    楊戯 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 楊 戯 (よう ぎ、 ? - 261年 )は、 中国 の 三国時代 の政治家。犍為 [1] 郡武陽 [2] 県の人 [3] 。字を 文然 [4] 。 蜀 (蜀漢)に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。 郡において名が知られた存在であり、 丞相 である 諸葛亮 にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり、軍内の裁判を司どる。ある裁判における公正な判断ぶりが評価され、丞相府に召され、主簿に任命される。諸葛亮の没後、尚書右選部郎に任命されるが、 益州 刺史 の 蒋琬 に請われ治中従事史となる。蒋琬が 大将軍 となり役所を開くと、召し寄せられ 東曹掾 となった。 南中郎参軍に昇進し、庲降 [5] 都督 の副将となり 建寧 [6] 太守 を兼任。病気により 成都 に召還され、護軍監軍に...
    引用元: 楊戯 - Wikipedia

  • 中国史

    三國輔臣賛−SANGUOFUCHENZAN hiroto さんのページ。サイト名の【三國輔臣賛】は、蜀の楊戯の著した「季漢輔臣賛(最後の漢朝である蜀の人物をたたえる文)」に由来しています。三国志の人物紹介の他、年表・地図・辞典があり、三国志系ページでは、最も充実しております。 蜀漢帝国阿斗宮殿 蜀の後主・劉禅ファンのページ。「阿斗の独り言」というコラムの他、三国志の年表や官職表などもございます。 逸聞三國志 NOB さんのページ。 三國志における異説・奇説を取り上げ、 NOB さん がその考察や感想を加えていくページです。
    引用元: 中国史

  • 物わかりがいい人・・・。:気軽に気ままに:So-netブログ

    今日の一言その619 | 楊戯・・・蜀の人物を後世に伝える役割を担.. ブログトップ 物わかりがいい人・・・。 [なんちゃって理論] [編集] 物わかりがいい人とは少ない説明で理解出来る人ではないだろうか。 ”真逆”で考えると物わかりが悪い人は説明に多くの時間を要する人であると思う。 理解力無く説明を噛み砕いてする必要があったり、頑固な考え方の人でなかなか 理解をしようとしない人で納得させるのに時間が掛かったり、説明をするに当たり 変に形式にこだわり説明をする人間に無用な準備を強いたり・・・。 物わかりがいい人とは決してイエスマンではない。相手の話の内容を短時間で キャッチ して、 その不備に気がつきそれを指摘することが出来る人でもある。同じ説明を求められるのでも、 物わかりがいい人と、そうでない人とでは説明する側の気持ちも異なる。物わかりがいい人を 心がけたい。 2011-04-29 1...
    引用元: 物わかりがいい人・・・。:気軽に気ままに:So-netブログ

  • 楊戯 - 百科事典ディスマス

    楊 戯 (よう ぎ、 ? - 261年 )は、 中国 の 三国時代 の政治家。犍為 [1] 郡武陽 [2] 県の人 [3] 。字を 文然 [4] 。 蜀 (蜀漢)に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。 郡において名が知られた存在であり、 丞相 である 諸葛亮 にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり、軍内の裁判を司どる。ある裁判における公正な判断ぶりが評価され、丞相府に召され、主簿に任命される。諸葛亮の没後、尚書右選部郎に任命されるが、 益州 刺史 の 蒋琬 に請われ治中従事史となる。蒋琬が 大将軍 となり役所を開くと、召し寄せられ東曹掾となった。 南中郎参軍に昇進し、庲降 [5] 都督 の副将となり 建寧 [6] 太守 を兼任。病気により 成都 に召還され、護軍監軍に任命される。のちに再び外に出て 梓潼 [7] 太守を担当、また中央に戻り射声 校尉 となる。どの職...
    引用元: 楊戯 - 百科事典ディスマス

  • 韓儼

    巴西出身。楊戯の幼少時代からの友人。持病で廃疾の身となったが、楊戯に生活の一切の面倒を見てもらった。
    引用元: 韓儼

  • 費観 - 3Pedia

    費観 Fei Guan ヒカン (?~?) 蜀江州都督・巴郡太守・揚威将軍・都亭侯 字は賓伯。江夏郡鄳の人《楊戯伝》。劉璋の女婿《楊戯伝》。名は「瓘」とも書かれるが、字との対応から誤りだと考えられている《華陽国志校補図注》。『費禕伝』に見える費伯仁(費仁)と同人であろう。 費観の族姑(おば)は劉焉に嫁いで劉璋を生んだが、劉璋はまた女を費観に嫁がせた《楊戯伝》。族子の費禕が父を亡くすと、費伯仁(費観)が引きとって世話をした。劉璋が使者を出して迎えにくると、費伯仁は遊学のため費禕らをつれて蜀入りした《費禕伝》。 建安十三年(二〇八)、左将軍劉備が益州牧劉璋に攻撃をかけ涪城を占拠した。劉璋は劉璝・冷苞・張任・鄧賢らを派遣して防がせたが、みな敗北して緜竹に立てこもった。劉璋の命により、費観は李厳の参軍として緜竹へ行き、諸将を監督することとなった。しかし費観と李厳は軍勢をつれて劉備に投...
    引用元: 費観 - 3Pedia

  • 季漢輔臣賛 | web R25

    季漢輔臣賛 季漢輔臣賛とは R25のキーワード:季漢輔臣賛 季漢輔臣賛(きかんほしんさん)は、241年(延熙4年)、蜀(蜀漢)の楊戯により著された、蜀漢を支えた人物を讃える書物。『蜀書(三国志)』第15巻「楊戯伝」(「鄧張宗楊伝」)に付随して収録されたため、散逸を免れており、現在でも全文を読むことができる。「季漢」... 季漢輔臣賛についてもっと知る 「季漢輔臣賛」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年7月20日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。 ページトップへ 今週の彼女 水原希子 人生経験が豊富だと、生き方もカッコいい。男性は25歳からが勝負です...
    引用元: 季漢輔臣賛 | web R25

  • 季漢輔臣賛について - Yahoo!知恵袋

    季漢輔臣賛について hidaka1125 さん 季漢輔臣賛について 非常に単純な質問なんですが、季漢輔臣賛に孫乾・簡雍の名が見えないのは何故でしょう?糜竺は記載されてるのに、2人の名前はない…楊戯が季漢輔臣賛を書いた241年には当然2人は亡くなってるし、一応季漢輔臣賛に書かれる条件(?)は満たしてますね?何かあえて書かなかった理由でもあるのでしょうか?それともただ単に楊戯と陳寿のスタンスの違いで、(楊戯から見たら)別に称賛するような人物でもなかったという理由でしょうか?度々細かい質問申し訳ないです。 補足 zigentaishi様の回答を見て疑問に思ったのですが、確かに楊儀や李厳、糜芳や潘濬などはケチョンケチョンに貶していますが、対して魏延は割とソフトというかしっかり功績も称えてますよね?もちろん一流の将軍ではありますが、いささか差があるような気が。この頃には既に魏延への評価に変化があった...
    引用元: 季漢輔臣賛について - Yahoo!知恵袋

  • 汝は人狼なりや?[過去ログ]

    < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > > ◆ 松屋の牛首領 [ 狼 ](マスター) 霊能牛丼 ◆ 楊戯 [村](k) の独り言 牛丼食われるか ◆ 松屋の牛首領 [ 狼 ](マスター) 遺言間に合わなかった・・・ 相方・・・すまんよ・・・ ◆ 楊戯 [村](k) の独り言 食われなくても決め打っていい気がするが・・・ ◆ 登山家 [村](ros) の独り言 ふむ 普通に間違えたようだ そして列伝紹介はまだかね ◆ EXルーミア [ 狼 ](おぼん) (人狼) …… ◆ EXルーミア [ 狼 ](おぼん) (人狼) 牛丼食べて精力つけるのか ◆ 楊戯 [村](k) の独り言 とりあえずギエン吊るか ◆ 松屋の牛首領 [ 狼 ](マスター) やっぱ、登山家ロズか・・・ ◆ 松屋の牛首領 [ 狼 ](マスター) 真占い噛み...
    引用元: 汝は人狼なりや?[過去ログ]

  • "shu han" LAND DRIVE 蜀漢帝國人物記

    二つしかない元ネタのうちの一つは、楊戯(魏延と争った、あの楊儀とは別人。同族でもない)が西暦 241年に著した、『季漢輔臣賛( きかんほしんさん )』という、蜀漢の功臣をたたえた書物である。
    引用元: "shu han" LAND DRIVE 蜀漢帝國人物記

  • 王謀 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 王 謀(おう ぼう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期から三国時代にかけての政治家。蜀漢の政治家。字は元泰。益州漢嘉郡の人。事跡 楊戯の『季漢輔臣賛』では、劉備家臣団の第15位に挙げられる。身を修め慎み深いと評されており、また陳寿からも、立ち居振舞いや... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 王謀 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • トウ方 - Wikipedia

    ^ 楊戯伝のひく『季漢輔臣賛』より。なお、『三国志』蜀書李恢伝は章武1年( 221年 )死去としている。
    引用元: トウ方 - Wikipedia

  • 王甫 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 王 甫(おう ほ、? - 222年)は、中国の後漢時代末期から三国時代にかけての政治家。字は国山。益州広漢郡県の人。王祐の父、王士の従弟。生涯 陳寿が記した三国志では、楊戯伝の「季漢輔臣賛」に記載されている人物。風貌が凛々しく、人物評価や政治手腕に優れてい... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 王甫 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 李邵 - 百科事典ディスマス

    季漢輔臣賛(きかんほしんさん)は、 241年 ( 延熙 4年)、 蜀(蜀漢) の 楊戯 により著された書物。『 蜀書(三国志) 』第15巻『楊戯伝』(『鄧張宗楊伝』)に付随して収録されたため、散逸を免れており、現在でも全文を読むことが出来る。
    引用元: 李邵 - 百科事典ディスマス

  • 張南 <サーチナ・Wikipedia記事>

    張南(ちょうなん、? - 222年)は、三国時代 (中国) 三国時代の蜀の武将。字は文進。呉書の陸遜伝、蜀書の先主伝、楊戯伝(季漢輔臣賛)などに登場する。 劉備が荊州を治めた頃から仕えた家臣。221年、劉備に従って副将として夷陵の戦いに従軍した。しかし翌年、呉 (三国) 呉の陸遜と戦って蜀軍は大敗し、張南は馮習と共に戦死した。 張南(ちょうなん、生没年不詳)は、三国時代 (中国) 三国時代の人物。後漢末 の群雄の一人袁紹の子、袁煕の配下。魏書の武帝紀、袁紹伝に登場する。 袁煕に仕えたが、曹操が敗北した袁尚を追って幽州の袁煕の勢力圏まで攻めてくると主人を裏切って焦触とともに袁兄弟を遼西に追放し曹操に降伏し列侯に封じられた。
    引用元: 張南 <サーチナ・Wikipedia記事>

  • 馮習とは - 三国志小事典 Weblio辞書

    Weblio 辞書 > 人名 > 三国志小事典 > 馮習 の意味・解説 三国志小事典 馮習 Feng Xi フウシュウ ( フウシフ ) (?~ 222 ) 蜀領軍 字は休元。 南郡 の人《 楊戯 伝》。 先主 ( 劉備 )に従って蜀に入る。 章武 元年 (二二一) 七月 、 劉備 は 大軍 を 催し て 西進 し、 呉班 ・馮習に巫の 方面 から呉将 李異 らを 撃破 させ、 巫峡 ・ 建平 から 夷陵 に至るまで数十もの 陣営 を 連ね 、馮習を領軍として諸軍を 統括 させた。しかし馮習は 敵軍 を軽んじたため、 翌年 六月 、猇亭において 陸遜 に 大敗 を喫し、 張南 とともに 討死 した《 楊戯 ・ 陸遜 伝》。 潘璋 の 手の者 が馮習の 首級 を挙げたという《 潘璋 伝》。 『 陸遜 伝』では大督、『 潘璋 伝』では 護軍 、『 楊戯 伝』では領軍にした...
    引用元: 馮習とは - 三国志小事典 Weblio辞書

  • Fu Qianとは - 三国志小事典 Weblio辞書

    Weblio 辞書 > 人名 > 三国志小事典 > Fu Qian の意味・解説 三国志小事典 傅僉 Fu Qian フセン (?~ 263 ) 蜀左 中郎将 ・ 関中 都督 義陽 郡の人。 傅肜 の子、 傅著 ・ 傅募 の父《 楊戯 伝》。 父 傅肜 の 死後 、左 中郎将 を 拝命 、のちに 関中 都督 となる《 楊戯 伝》。 景耀 六年(二 六三 )、魏の 鍾会 が 漢城 ・ 楽城 を 包囲 する とともに 、 胡烈 を 別働隊 として 関口 を 攻撃 させた。このとき傅僉は 蔣舒 とともに 関城 を守っていたが、 蔣舒 が「いま 賊軍 が来た からには 、 出撃 せずに 楯籠る のは 良計 ではない」 と言う ので、傅僉は「ご 命令 の 通り 、城を守ってこそ 手柄 になるのだ。いま 命令 に 反して 出撃 して、もし 軍勢 を失い 国益 を損ねてしまっては死ん...
    引用元: Fu Qianとは - 三国志小事典 Weblio辞書

  • 張表 | web R25

    張 表(ちょう ひょう、生没年不詳)は、三国時代の人物。蜀(蜀漢)の官僚、政治家。字は伯達。張松の子とする記録と、張松の兄張粛の子という記録が存在する(馬忠伝)。蜀郡の人で、若い頃に楊戯達とともに郡で評判が高かった。礼儀正しく、風貌も立派であり、清廉な人柄... 張表についてもっと知る 「張表」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年7月20日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。
    引用元: 張表 | web R25

  • 楊戯 - 3Pedia

    楊戯の性格は怠惰で、仕事でも手を抜いたりしたが、他人に媚びへつらったり必要以上に愛情を注ぐようなことはなかった。また事務上の指示を文書で与えるときも紙一枚を使い果たすことは少なく簡潔であった。旧友に対する情誼は固く、誠意と厚意を貫き通した。子供のときから巴西郡の韓儼や黎韜とは親友同士だったが、のちに韓儼は病気のため廃人同様になってしまい、黎韜は身持ちが悪く人々から見放された。しかし楊戯は彼らに配慮して生活を助けてやったりして友情は昔のままだった。また当時の人々は譙周には才能が無いと考えて尊敬しなかったが、楊戯だけは彼を尊重して「我々の子孫は彼に劣るだろう」と述べていた。
    引用元: 楊戯 - 3Pedia

楊戯 の相関図を読込中

楊 戯(よう ぎ、 ? - 261年)は、中国三国時代の政治家。犍為郡武陽県の人。字を文然。蜀漢に仕えた。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。郡において名が知られていた存在であり、諸葛亮にも注目されて

スポンサードリンク