橋本和仁の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 橋本和仁 - Wikipedia

    橋本 和仁(はしもと かずひと、1955年6月23日 - )は日本の化学者。東京大学先端科学技術研究センター及び工学系研究科応用化学専攻教授。光触媒、太陽電池、人工光合成など、光エネルギーの変換研究に幅広く取り組んでいる。
    引用元: 橋本和仁 - Wikipedia

  • 橋本和仁 - Wikipedia

    橋本和仁 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 橋本 和仁 (はしもと かずひと、 1955年 - )は日本の 化学者 。 東京大学 先端科学技術研究センター及び 工学系研究科 応用化学専攻 教授 。 光触媒 、 太陽電池 、人工 光合成 など、光エネルギーの変換研究に幅広く取り組んでいる。 [ 編集 ] 経歴 1978年 東京大学卒業 1984年 分子科学研究所 助手 1985年 博士号取得(東京大学工学系大学院) 1989年 東京大学工学部応用化学科 助手 1991年 同 助教授 1997年 同 教授、先端科学技術研究センター教授を兼任 2004年-2007年 同センター長 [ 編集 ] 研究 光触媒 など、光による機能性材料の開発が大きなテーマ。 大越慎一 らとの共同研究による磁性材料でも大きな成果を挙げて...
    引用元: 橋本和仁 - Wikipedia

  • 室内対応型光触媒への挑戦 技術革新が実現する世界/橋本和仁/著 入江寛 ...

    橋本 和仁(ハシモト カズヒト) 東京大学先端研所長・同大学院工学系研究科教授。1980年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1985年理学博士。1980年分子科学研究所技官、1984年助手。1989年東京大学工学部応用化学科講師、1991年助教授を経て、1997年東京大学先端研教授、2003年東京大学大学院工学系研究科教授(併任)、2004年東京大学先端研所長、現在に至る。専門分野は光化学、分子磁性学、環境科学 入江 寛(イリエ ヒロシ) 1994年東京工業大学大学院理工学研究科無機材料工学修士課程修了。1994年住友金属工業(株)入社。2000年東京大学工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了、学術博士。神奈川科学技術アカデミー研究員を経て、2001年東京大学先端研助手、2004年同大学院工学系研究科助手、現在に至る。専門分野は材料工学、機能材料 砂田 香矢乃(スナダ ...
    引用元: 室内対応型光触媒への挑戦 技術革新が実現する世界/橋本和仁/著 入江寛 ...

  • 微生物が田んぼを電池に変える(4) | WIRED VISION

    研究者プロフィール 橋本和仁(はしもとかずひと) 1955年北海道生まれ。1980年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。分子科学研究所助手、東京大学工学部講師、助教授を経て1997年同大学先端科学技術センター教授。2004年より現職。専門は光触媒、光磁性材料、有機太陽電池など光化学を基礎とする機能材料学。3年ほど前より微生物を使うエネルギー変換の研究を開始。現在JST/ERATO「光エネルギー変換システムプロジェクト」総括責任者。 渡邊一哉(わたなべかずや) 現職:科学技術振興機構ERATO橋本光エネルギー変換システムプロジェクト微生物グループリーダー、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授。1987年東京工業大学理工学研究科を卒業後、東燃株式会社に入社。1997年に海洋バイオテクノロジー研究所に移動、2008年から現職。専門は応用微生物学で、微生物を環境浄化やエネルギー生産に利用...
    引用元: 微生物が田んぼを電池に変える(4) | WIRED VISION

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 光触媒応用技術 ...

    橋本 和仁(ハシモト カズヒト) 1980年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1980年分子科学研究所技官。現在、東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士 坂井 伸行(サカイ ノブユキ) 2002年東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻博士課程修了。1999~2002年日本学術振興会特別研究員。2002~2006年物質・材料研究機構特別研究員。現在、東京大学生産技術研究所助教。博士(工学) 入江 寛(イリエ ヒロシ) 1994年東京工業大学大学院理工学研究科無機材料工学修士課程修了。2000年東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了。2001年東京大学先端科学技術研究センター助手。現在、東京大学大学院工学系研究科講師。博士(学術) 高見 和之(タカミ カズユキ) 1994年京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科卒業。1994年宇部日東化成(株)入社。2005年東京大...
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 光触媒応用技術 ...

  • IBM 日本IBM科学賞ー歴代受賞者一覧 - Japan

    受賞者紹介 橋本 和仁 (はしもと・かずひと) 昭和30年6月23日生まれ 東京大学先端科学技術研究センター 教授 昭和 53年 東京大学理学部化学科卒業 昭和 55年 東京大学大学院理学系研究科 化学専攻修士課程修了 昭和 55年 分子科学研究所・技官 昭和 59年 分子科学研究所・助手 平成 元年 東京大学工学部・講師 平成 3年 東京大学工学部・助教授 平成 5年 神奈川科学技術アカデミー プロジェクトリーダー (兼任:平成11年まで(予定)) 平成 9年 東京大学大学院工学系研究科・教授 平成 9年 東京大学先端科学技術研究センター 教授 専門: 材料科学、光化学、光電気化学 著書: 『光クリーン革命』 (共著、シーエムシー、1997年) 贈賞の理由 光電気化学を基礎とした機能材料の創製 光化学は理論と実験の両面で活発な研究が行われている...
    引用元: IBM 日本IBM科学賞ー歴代受賞者一覧 - Japan

  • 研究者プロフィール | 東京大学 先端科学技術研究センター

    教授 橋本 和仁 Professor HASHIMOTO, Kazuhito インテリジェント材料学 E-mail hashimoto@light.t.u-tokyo.ac.jp Office 4号館4階 FAX 03-5452-5080 Link 橋本研究室のページへ 1978年3月 東京大学理学部化学科卒業 1980年3月 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了 1980年4月 分子科学研究所技官 1984年2月 分子科学研究所助手 1989年9月 東京大学工学部講師 1991年11月 東京大学工学部助教授 1993年10月 神奈川科学技術アカデミープロジェクトリーダー兼任 1997年6月 東京大学大学院工学系研究科教授 1997年7月 東京大学先端科学技術研究センター教授 研究分野: 物理化学を基礎として、新規光応答材料や環境材料、光エネルギー変換材料の設計と合成、さらにそれ...
    引用元: 研究者プロフィール | 東京大学 先端科学技術研究センター

  • オンライン書店ビーケーワン:最新光触媒技術と実用化戦略 可視光利用と環境浄化

    橋本 和仁編著 税込価格:¥67,200(本体 : ¥64,000) bk1ポイント倶楽部 : 640 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : ビーケイシー サイズ : 27cm / 297p ISBN : 4-939051-14-5 発行年月 : 2002.5 利用対象 : 研究者 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、 手配できない場合がございます ◆ 本の贈り物はいかがですか?【ギフトラッピング】承ります → くわしくはこちら お得なお買い物 10,000円以上ご購入キャンペーンで 【 bk1ポイント1,000ポイント 】 を進呈! ※ 【10,000円以上ご購入キャンペーン】 は10,...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:最新光触媒技術と実用化戦略 可視光利用と環境浄化

  • 室内対応型光触媒への挑戦: 紀伊國屋書店BookWeb

    橋本和仁 [ハシモトカズヒト] 東京大学先端研所長・同大学院工学系研究科教授。1980年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1985年理学博士。1980年分子科学研究所技官、1984年助手。1989年東京大学工学部応用化学科講師、1991年助教授を経て、1997年東京大学先端研教授、2003年東京大学大学院工学系研究科教授(併任)、2004年東京大学先端研所長、現在に至る。専門分野は光化学、分子磁性学、環境科学
    引用元: 室内対応型光触媒への挑戦: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 図解光触媒のすべて: 紀伊國屋書店BookWeb

    橋本和仁 [ハシモトカズヒト] 東京大学先端科学技術研究センター・同大学院工学系研究科教授。1980年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1985年理学博士。1980年分子科学研究所技官、1984年助手。1989年東京大学工学部応用化学科講師、1991年助教授を経て、1997年東京大学先端科学技術センター教授、2003年東京大学大学院工学系研究科教授(併任)、現在に至る。専門分野は光化学、分子磁性学、環境科学
    引用元: 図解光触媒のすべて: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 資料1

    1.氏名(現職) 橋本 和仁(はしもと かずひと) (東京大学大学院工学系研究科 教授)51歳 2.略歴 昭和53年 3月 東京大学理学部化学科卒 昭和55年 3月 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了 昭和55年 4月 国立分子科学研究所 技官 昭和59年 2月 〃 助手 昭和60年 3月 博士(理学)(東京大学) 平成 元年 9月 東京大学工学部 講師 平成 3年11月 〃 助教授 平成 9年 6月 東京大学先端科学技術研究センター 教授 平成16年 4月 東京大学大学院工学系研究科 教授 平成16年 4月 東京大学先端科学技術研究センター 所長 この間 平成7年10月〜平成13年3月 神奈川科学技術アカデミー「橋本光機能変換材料プロジェクト」リーダー 平成13年 4月〜平成19年3月(予定) 神奈川科学技術アカデミー 光科学重点研究室 グル...
    引用元: 資料1

  • ナノネットインタビュー : 光触媒の高機能化を目指して 〜フィールドに ...

    橋本 和仁(はしもと かずひと)氏 東京大学 先端科学技術研究センター 所長・教授 大学院工学系研究科応用化学専攻 教授 1978年 東京大学理学部化学科 卒 1980年 東京大学大学院理学系研究科 修士課程修了 1980年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 技官 1984年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 助手 1985年 理学博士 1989年 東京大学 講師(工学部合成化学科) 1991年 東京大学 助教授 1997年 東京大学先端科学技術研究センター 教授 2004年 東京大学大学院教授工学系研究科応用化学専攻(配置換)、 東京大学先端科学技術研究センター所長(兼務) 1994年 ~1999年 神奈川科学技術アカデミープロジェクトリーダー 1998年 ~2003年 科学技術振興事業団地域結集型プロジェクト高度環境浄化のた...
    引用元: ナノネットインタビュー : 光触媒の高機能化を目指して 〜フィールドに ...

  • 橋本 和仁

    はしもと かずひと 橋本 和仁 Hashimoto Kazuhito 東京大学 先端科学技術研究センター 物質デバイス大部門 インテリジェント材料 教授, センター長 〒153-8904 目黒区駒場4-6-1 03-5452-5001 http://www.light.t.u-tokyo.ac.jp/ [ReaDページへ] 1984-1989 分子科学研究所 助手 1989-1991 東京大学 講師 1991-1997 東京大学 助教授 1997- 東京大学 教授 岡崎国立共同研究機構 (財)神奈川科学技術アカデミー 東京大学 光触媒, 光機能材料, 酸化チタン, 磁性材料, 材料化学, 光化学, 表面科学, 環境浄化・改善技術, 薄膜材料 内閣府 総合科学技術会議専門委員 経済産業省 光触媒標準化委員会委員 特許庁 技術動向調...
    引用元: 橋本 和仁

  • 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション ...

    戻る 橋本和仁 所属 大学院工学系研究科応用化学専攻 教授 主な研究分野 Photocatalysis, Bioelectrochemistry, Polymer photochemistry Phone 03-5841-7245 Fax 03-5841-8751 メール URL http://www.light.t.u-tokyo.ac.jp/ 研究紹介 私たちの研究室では革新的なエネルギー獲得、環境浄化のための基礎研究を行っています。例えば微生物は、再生可能なバイオマスを燃料として用い、呼吸によってATPを合成し、そしてその廃棄物質として電子を外部に放出することで生命活動を営んでいます。これにより最先端のナノ材料技術をもってしても成しえていない、自己修復・自己適応・自己増殖能を確立しています。我々は最近、廃棄物である電子を...
    引用元: 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション ...

  • 戦略的創造研究推進事業 ERATO

    研究総括 橋本 和仁 (東京大学大学院工学系研究科 教授) 研究期間 2006年〜2011年 近年のナノテクノロジーの発展は、物質を原子・分子単位で扱うことを可能にし始め、それにより、様々な新規材料がもたらされています。ナノテクノロジーの大きな手法の1つに、ナノスケールで材料を設計することにより新規機能材料の作成を目指す方法があります。この手法により、多くのナノ構造を持った材料が研究されてきましたが、この手法ではナノ構造を作ってからその利用を考えるという方法論が採られることが多く、必ずしも、すべての材料が有効利用されているとはいえません。また、ナノテクノロジーは、エネルギー問題や環境問題の解決策としての期待も大きく、そのためにも、さらなる新規機能材料の研究が望まれています。 本研究領域では、光エネルギーを主としたエネルギー変換材料...
    引用元: 戦略的創造研究推進事業 ERATO

  • 室内対応型光触媒への挑戦−技術革新が実現する世界 K・ブックス 187 ...

    室内対応型光触媒への挑戦-技術革新が実現する世界 K・ブックス 187 橋本 和仁 著 2004年11月 工業調査会 B6判 159頁 1~10日以内発送 価格:1,785円(税込) ☆☆ ISBN:9784769371335 近年、さまざまな分野から注目されている光触媒。日本発のオリジナル技術として、また21世紀のキーテクノロジーとして、その発展が大いに期待されている。中でも、可視光化を含めた室内対応型の光触媒技術が、未来を切りひらく鍵を握っている。本書は、これまでの可視光応答型光触媒開発の歩みから、現状のあらゆる取組みを紹介しながら、今後の室内対応型光触媒の展望を読みやすく、わかりやすく解説した待望の技術書。 橋本 和仁(ハシモト カズヒト) 東京大学先端研所長・同大学院工学系研究科教授。1980年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士...
    引用元: 室内対応型光触媒への挑戦−技術革新が実現する世界 K・ブックス 187 ...

  • 東京図書株式会社 光触媒応用技術

    【2007年7月刊行】 光触媒応用技術 橋本和仁監修/橋本和仁・坂井伸行・入江 寛・高見和之・砂田香矢乃 著 A5判 208頁 定価2940円 <対象:専門、化学> ISBN978-4-489-02014-8 C3043 ■監修・執筆者紹介: 橋本和仁(はしもと かずひと) 1980年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了 1980年 分子科学研究所技官 現 在 東京大学大学院工学系研究科教授 理学博士 坂井伸行(さかい のぶゆき) 2002 年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻博士課程修了 1999〜2002 年 日本学術振興会特別研究員 2002〜2006 年 物質・材料研究機構特別研究員 現 在 東京大学生産技術研究所助教 博士(工学) 入江 寛(いりえ ひろし) 1994 年 東京工業大学大学院理工...
    引用元: 東京図書株式会社 光触媒応用技術

  • プロフィール 橋本 和仁

    ※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2011年4月号に掲載されたものです。 橋本 和仁 (はしもと かずひと) 東京大学大学院 工学系研究科 応用化学専攻 教授 URL: http://www.t.u-tokyo.ac.jp/tpage/ 産学官連携ジャーナルの記事 ◆特集◆社会的課題解決と研究者の役割 2011年4月号 Vol.7 No.4 2011 経済産業省、文部科学省関係のプロジェクトリーダー、審議会委員等 ・平成17年度~ 広域的新事業支援ネットワーク構築事業 クラスターマネジャー(AREC) ・平成18~20年度 若者と中小企業とのネットワーク構築事業 統括コーディネータ(AREC) ・平成18~19年度 経済産業省 ものづくり地域戦略会議 審議委員 ・平成19年度~ 長野県産学官研究開発補助金 審査委員 ・平...
    引用元: プロフィール 橋本 和仁

  • 最新光触媒技術と実用化戦略|BKC 株式会社ビーケイシー

    橋本和仁 東京大学先端科学技術研究センター 宮内雅浩 東陶機器(株) 基礎研究所・東京大学先端科学技術研究センター 橋本研究室 渡部俊也 東京大学先端科学技術研究センター 井原辰彦 近畿大学 工学部化学環境工学科 酒谷能彰 住友化学工業(株) 基礎化学品研究所 奥迫顕仙 住友化学工業(株) 基礎化学品研究所 小池宏信 住友化学工業(株) 基礎化学品研究所 安東博幸 住友化学工業(株) 基礎化学品研究所 森川健志 (株)豊田中央研究所 第一特別研究室 旭良司 (株)豊田中央研究所 第一特別研究室 多賀康訓 (株)豊田中央研究所 第一特別研究室 大崎寿 (財)神奈川科学技術アカデミー 光科学重点研究室 斎木千恵子 (財)神奈川科学技術アカデミー 光科学重点研究室 草野一敬 神奈川県農業総合研究所 農業環境部 野口寛 (株)明電舎 総合研究所 環境研究部・東京大学先端...
    引用元: 最新光触媒技術と実用化戦略|BKC 株式会社ビーケイシー

  • 2005年度 旧新日本石油 | ニュースリリース | JX日鉱日石エネルギー

    記者各位 今般、東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、所長:橋本 和仁、以下東大先端研)と新日本石油株式会社(東京都港区、取締役社長:西尾 進路、以下新日本石油)は、双方の総合力を生かした新しい形態の組織連携を開始いたしました。 東大先端研は、変化する時代的要請を背景に、近時はゆるやかな組織連携を目指す「トライアル連携」を提案しており、本件はその第一号となります。これまでの連携が個別の共同研究を目的としていたことに対して、組織連携の目的は組織交流による「知と技術の流動化」とそれを通じた「研究能力の移転」を図ることにあり、共同研究はこれら目的の結果であると考えている点が最大の特徴です。 この組織連携により、「環境と経済が両立したエネルギーのベストミックス社会」に向けた革新的な技術を共同で研究・開発し、エネルギーと環境が調和したサステナブル(持続可能)社会の実現に寄与することを目指し...
    引用元: 2005年度 旧新日本石油 | ニュースリリース | JX日鉱日石エネルギー

  • オンライン書店ビーケーワン:光触媒 基礎・材料開発・応用

    橋本 和仁編著 大谷 文章編著 工藤 昭彦編著 税込価格:¥65,310(本体 : ¥62,200) bk1ポイント倶楽部 : 622 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : エヌ・ティー・エス サイズ : 27cm / 1064,24p ISBN : 4-86043-084-0 発行年月 : 2005.5 利用対象 : 実務家 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 ◆ 本の贈り物はいかがですか?【ギフトラッピング】承ります → くわしくはこちら お得なお買い物 10,000円以上ご購入キャンペーンで 【 bk1ポイント1,000ポイント 】 を進呈! ※ 【10,000円以上ご購入キャンペーン】 は10,000円...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:光触媒 基礎・材料開発・応用

  • ココが違う!新開発、光触媒セラミックフィルター - 業務用 空気清浄機.jp

    盛和工業株式会社では、東京大学橋本和仁教授、科学技術振興機構との共同研究で、酸化チタン担持セラミックフィルターを開発しました。(平成11年、12年、独創的研究成果育成事業) 日本発のオリジナル技術である光触媒は、酸化チタンに380nm以下の紫外線を照射することによって起こる酸化・還元反応を利用した触媒で、光を利用するためにコストの低減を可能にする21世紀の環境触媒といえます。 光触媒の酸化力はオゾン(O 3 )よりさらに強力で悪臭物質や有害物資を分解します。また、酸化チタンの表面のみで反応が進行するのでオゾンのように人体に影響がなく安全です。高い耐久性と優れた脱臭、除菌効果を持つ新開発の光触媒セラミックフィルター(特許出願中)の活用により、従来の家庭用に使用されている光触媒フィルター方脱臭機に比べ非常に高い効果を発揮できます。 光触媒セラミックフィルターの特徴 フィルター表面が非常...
    引用元: ココが違う!新開発、光触媒セラミックフィルター - 業務用 空気清浄機.jp

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    (26)太陽を利用した環境浄化 〜橋本和仁〜 科学技術のさまざまな分野において最先端を行く科学者たちと、その研究を紹介します。今回は東京大学先端科学技術研究センターの橋本和仁さん。地球の歴史において、現在の我々人類は、非常に異常な時代を生きていると語ります。この人間が汚してきた環境をきれいにする、すなわち浄化することがサイエンティストの義務であるとして毎日研究に邁進する、橋本さんを追いかけます。 橋本和仁 東京大学 先端科学技術研究センター (*)の番組は、都合によりインターネットでは放送できません。 ご了承ください。
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 東京大学先端科学技術研究センターとの連携をスタート - ニュース - 富士電機

    今般、東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、所長:橋本和仁、以下東大先端研)と富士電機システムズ株式会社(東京都品川区、取締役社長:矢内銀次郎、以下富士電機システムズ)は、「エネルギー・環境・生産の分野における次世代技術の早期実現」に向けた新しい形態の組織連携について、6月15日に協定を締結し活動を開始しました。
    引用元: 東京大学先端科学技術研究センターとの連携をスタート - ニュース - 富士電機

  • 酸化チタン光触媒の研究動向 1991−1997/橋本和仁/編集 藤嶋昭 ...

    酸化チタン光触媒の研究動向 1991-1997 CMCテクニカルライブラリー 191 橋本和仁/編集 藤嶋昭/編集 出版社名 : シーエムシー出版 出版年月 : 2005年3月 ISBNコード : 978-4-88231-851-4 ( 4-88231-851-2 ) 税込価格 : 3,990円 頁数・縦 : 370P 21cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します 商品の内容 [要旨] 本書は1997、98年度の神奈川科学技術アカデミー教育講座(光触媒コース)の講義録をもとにして、現段階での光触媒研究の最先端を、抗菌や空気浄化、防汚、超親水性の問題を中心に、直接これらの研究に携わっている研究者、技術者の役に立てるよう解説したものである。 [目次] 第1章 光触媒研究の軌跡;第2章 光触媒反応の基礎;第3章 光触媒材料;第4章 ...
    引用元: 酸化チタン光触媒の研究動向 1991−1997/橋本和仁/編集 藤嶋昭 ...

  • 橋本 和仁 - Webcat Plus

    橋本 和仁 (1955-) 人物名ヨミ ハシモト カズヒト 人物別名 Hashimoto, Kazuhito Hasimoto, Kazuhito 橋本, 和仁 橋本和仁 生年 1955年 没年 - 職業・経歴等 - 書名 著作者等 出版元 刊行年月 光触媒応用技術 橋本和仁 [ほか] 著 東京図書 2007.7 触媒化学,電気化学 日本化学会編 丸善 2006.1 材料概論 岸輝雄, 橋本和仁, 遠山暢之著 岩波書店 2005.2 光触媒 : 基礎・材料開発・応用 橋本和仁, 大谷文章, 工藤昭彦編著 エヌ・ティー・エス 2005.5 酸化チタン光触媒の研究動向 : 1991-1997 橋本和仁, 藤嶋昭編集 シーエムシー出版 2005.3 室内対応型光触媒への挑戦 : 技術革新が実現...
    引用元: 橋本 和仁 - Webcat Plus

橋本和仁 の相関図を読込中

橋本 和仁(はしもと かずひと、1955年6月23日 - )は日本の化学者。東京大学先端科学技術研究センター及び工学系研究科応用化学専攻教授。光触媒、太陽電池、人工光合成など、光エネルギーの変換研究に

スポンサードリンク