正岡子規の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 正岡子規 - Wikipedia

    正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家である。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。
    引用元: 正岡子規 - Wikipedia

  • ラジオデイズ : アーティストプロフィール | 正岡子規

    正岡子規 (まさおかしき) 俳人・歌人 1867~1902年 俳人・歌人 愛媛県松山市生まれ。本名は正岡常規(つねのり)。松山中学時代から友人たちと詩作や雑誌作り、演説に熱中する。1983年に中学を退学して上京。翌年、東京大学予備門に入学し、85年頃から俳句を作り始める。20歳の時、肺病で初めて喀血。この時期はベースボールと寄席に夢中だった。翌年、同級生の夏目漱石と親しくなる一方、結核の診断を受け、子規の号を使い始める。90年、帝国大学文学部に入学。92年より新聞「日本」紙上で俳句論を展開、俳句革命を起こす。ほどなく日本新聞社に入社し、大学を退学。上根岸の現「子規庵」に引越し新聞「小日本」の責任編集者となる。95年中国での日清戦争取材の帰路、船中で病状が悪化。帰国後松山で52日間を漱石とともに過ごす。翌年、脊椎カリエスと診断される。97年、俳句雑誌「ほととぎす」を創刊。翌年、『歌よみに与う...
    引用元: ラジオデイズ : アーティストプロフィール | 正岡子規

  • 正岡子規

    正岡子規は慶応3年(1867)9月17日(陽暦で10月14日)松山に生まれ、本名常規 つねのり 、幼名処之助 ところのすけ 、のち升 のぼる と改める。 はじめ政治家を志し、16歳で上京、第一高等中学校を経て、文科大学哲学科に入学。 明治22年の喀血後、子規と号し俳句に熱中、24年には国文科に転科、翌25年母妹も上京させ、冬より陸羯南 くがかつなん の日本新聞社に入社、俳句革新に乗り出す。 26年 芭蕉 を慕って東北に旅行し、27年「小日本」の編集主任となる。 日清開戦に際し従軍記者を希望、旅順に渡る。 帰還船中で大喀血し、新聞記者としての活動は挫折した。 30年松山で発刊された「ほととぎす」を31年東京に移し、全面的に関与すると共に「歌よみに与ふる書」を「日本」に連載し、短歌の革新もはじめる。 その間病状が進み、カリエスとなって病苦も加わったが、句会、歌会、写生文の会も開き、 中村不折 ...
    引用元: 正岡子規

  • 正岡子規 概要

    正岡子規を俳聖と絶賛したいが、残念ながら学生時代までは劣等生だった。現代でいえば東京大学文学部を中退したので、優等生だったはずだと思いたいが、たぶんよほど運が良くて入学できたのだろう。 おとなになってから書かれた随筆を読んでも、「さすが!」とうなりたくなる鋭い冴えは見せていない。子規は、才能といえるものなど持たずに生まれた。その代わり、空恐ろしいほどの努力家だった。 創造する人間は、すでに作られた体系に馴染めないわけであり、自分で新たな価値体系を作ろうとする。子規は、マンネリに陥っていた定型詩の世界をみて、 誰かが立て直すべきだ。 などと評論家さながらの無責任な発言などしないで、おれがやるのだと決意してそのとおりに実行した。明治31年、 『歌よみに与ふる書』 を発表して、和歌の改革運動を始めた。 和歌の改革運動こそ、子規の最大の功績である。だからこの話を詳しく紹介するのが筋だろう。でも...
    引用元: 正岡子規 概要

  • 文人:正岡子規[佐川印刷株式会社]

    正岡子規は、松山市新玉町(現花園町電車通り西側)に生まれた。明治6年に末広学校(のち智環学校と改称)に入学後、勝山学校(のちの番町小学校)に転校した。 明治16年5月、松山中学校(現松山東高)を中途退学して上京、帝国大学文科で夏目漱石と知り合う。 明治25年8月中旬、子規を訪ねて松山に来たことのある漱石は、明治28年4月9日、愛媛県尋常中学校(松山中学校)の英語の教師として赴任。きどや旅館に泊り、城山山裾の「愛松亭」に6月下旬までいた後、二番町横丁の上野義方氏の離れに転居して、「愚陀仏庵」と称し、自らを「愚陀仏」と号した。 この年、子規は、従軍記者として日清戦争へ赴いた帰りの船中で大喀血をして、5月23日より神戸で療養後、8月松山へ養生に帰り、この漱石の仮寓におしかけ、50日間ここに滞在した。この間、地元「松風会」の句会が子規を指導者として「愚陀仏庵」で連日行われ、漱石も誘われて俳句に熱中...
    引用元: 文人:正岡子規[佐川印刷株式会社]

  • 正岡子規 | 近代日本人の肖像

    正岡子規 まさおか しき 慶応3年9月17日〜明治35年9月19日(1867〜1902) 写真1:明治文学研究2正岡子規 白黒 ; 7.4×6.6cm 写真2:漱石の思ひ出 白黒 ; 9.1×6.0cm 愛媛生まれ。俳人、歌人。父は松山藩士。帝国大学文科大学中退。明治25年(1892)日本新聞社に入社、「日本」紙上を中心に文学活動を行い、俳句、短歌の革新運動を進め写生論を提唱した。日清戦争従軍後に喀血し病床生活を送るなか、『俳諧大要』(1895〜連載、1899刊)を著し、俳誌「ホトトギス」を指導。31年(1898)には「歌よみに与ふる書」を連載して短歌革新に着手し、根岸短歌会を主宰。著作に句集『寒山落木』(1924)、歌集『竹の里歌』(1904)などがある。門下に高浜虚子、伊藤左千夫らがいる。 キーワード 文学者 号・別称等 獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅ...
    引用元: 正岡子規 | 近代日本人の肖像

  • 正岡子規 / 「坂の上の雲」人物列伝

    正岡子規とは 1867年(慶応3年)、伊予松山藩士正岡隼太の長男として生まれる。幼名は升(のぼる)。 父隼太は早世するが、母は藩儒大原観山の長女で、文学的芸術的な系統を受けて、5歳にして素読を学び、11歳で絵を学び、その時代には既に異色のある児童として認められていた。 勝山学校時代には竹馬の友・秋山真之と出会う。 松山中学在学中に、自由民権運動の影響を受けて政治家を志すが、好奇心と探究心が旺盛な子規にとって、松山という田舎では満足せず、1883年(明治16年)に松山中学を中退して上京。 秋山真之と共に東京大学予備門に合格するために英語を習った共立学校では高橋是清に教えを受ける。 それでも子規は英語は苦手のままであったが、運良く大学予備門に受かり、そこで生涯の友・夏目漱石と知り合う。快適な書生生活であったが、とつぜん秋山真之がひとり大学予備門を退学し、海軍の道へとすすんでゆく。今生の別れを...
    引用元: 正岡子規 / 「坂の上の雲」人物列伝

  • 會津八一記念館 | 會津八一の交流

    正岡子規 (まさおかしき) | 1867~1902 略歴・解説 俳人、歌人、随筆家。愛媛県松山市生まれ。本名常規。俳句、短歌の改革を実行し、近代文学に多大な影響を与えました。代表作に俳論『俳諧大要』、歌論『歌よみに与ふる書』、随筆『墨汁一滴』など。 八一との関係 歌人、俳人として尊敬。東京・根岸の子規の庵にも訪れて、良寛の歌を紹介しています。 八一の言葉 正岡子規子等の作歌に接する機会もしばしばなるにつれて、忽ちその主張流風に傾倒し、俳句のかたわら歌をも作り始めたり。(「鹿鳴集」後記より) 代表的作品 「あかつきの 起きのすさみに 筆とりて 描きし花の 藍薄かりき」 1900年(明治33)6月、根岸の子規庵を訪問した際に譲られた短冊。その時の出来事は歌集『鹿鳴集』「後記」で記されています。 正岡子規 あかつきの 起きのすさみに 筆取りて ゑかきし花の 藍薄かりき
    引用元: 會津八一記念館 | 會津八一の交流

  • オンライン書店ビーケーワン:正岡子規 言葉と生きる 岩波新書 新赤版 1283

    正岡子規 岩波新書 新赤版 言葉と生きる 坪内 稔典著 税込価格:¥756(本体 : ¥720) bk1ポイント倶楽部 : 7 ポイント(1%進呈) 出版 : 岩波書店 サイズ : 18cm / 210,2p ISBN : 978-4-00-431283-3 発行年月 : 2010.12 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 5 日本語の古典 海炭市叙景 日本語教室 本は、これから 2 / 5 こころに響いた、あのひと言 正岡子規 ホームレス歌人のいた冬 二畳で豊かに住む 3 / 5 江戸の紀行文...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:正岡子規 言葉と生きる 岩波新書 新赤版 1283

  • 正岡子規

    正岡子規 [まさおか・しき](1867〜1902) 俳人・歌人。1867年(慶応3年)松山市生まれ。写実・写生を重んじ、俳句雑誌「ホトトギス」によって写生による新しい俳句を指導し、『歌よみに与ふる書』を著して万葉調を重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章革新を試みるなど、日本文学史に重大な足跡を残した。1893年(明治26年)、奥羽への長旅をしたときの紀行文『はて知らずの記』は新聞「日本」に連載され、多くの短歌・俳句を残した。また野球を日本に紹介した人としても有名である。
    引用元: 正岡子規

  • 正岡子規 - Yahoo!百科事典

    正岡子規(まさおかしき) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (全2件) (1867―1902) 俳人・歌人。慶応(けいおう)3年旧暦 9月 17日(陽暦 10月 14日) 伊予国 温泉郡藤原新町(松山市新玉町)に生まれる。本名常規(つねのり)、幼名処之助、また升(のぼる)。別号獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)、竹の里人。父隼太(はやた)は松山藩の下級武士。政治家を志し、松山中学校を中退して、1883年(明治16)17歳のとき、叔父の加藤拓川(たくせん)を頼って上京した。やがて 一ツ橋 大学予備門(旧制一高の前身)に入学し、 夏目漱石 (そうせき)を知る。この前後に和歌や俳句をつくり始め、また 人情本 に親しみ 落語 なども好んだが、当時はやりだしたベースボールにも熱中した。一時、哲学者になろうとしたが、一方、古 俳諧 (はいかい)の研究を進め、友人と句作に励んだ。1889年に...
    引用元: 正岡子規 - Yahoo!百科事典

  • 正岡子規と司馬遼太郎「坂の上の雲」エピソード NHK大河ドラマ

    〔正岡子規と父、忠三郎〕 〔 根岸子規庵 〕 子規は、東京・根岸(現東京都台東区)に住み、日本新聞社の社員として生計を立て乍ら 俳句や短歌などを短誌型文学の革新、写生文の創始など文芸の近代化を次々に手がけた。 三十五年の短い生涯を文学に費やした子規は、子供は望まなかったが、後継者を欲した。 正岡家では、子規の看病につきっきりだった妹、「 正岡 律 」にも子がなかった。 家系を絶やさないためにも養子が必要になり、白羽の矢が立ったのが子規の従兄弟に当る 父、「 正岡忠三郎 」だった。 忠三郎は、養子になった後も実父の「 加藤拓川 」の家で過ごし、中学校も加藤家から通った。 その後京大経済学部に進学。京大卒業後は現在の阪急電鉄に入社し、世界的な指揮者と 知られる「 朝比奈隆 」氏と車掌と運転士のコンビを組んでいる。 不思議なほど「才能人」との出会いが多く、評論家の小林秀雄...
    引用元: 正岡子規と司馬遼太郎「坂の上の雲」エピソード NHK大河ドラマ

  • 松本市美術館ホームページ 【作品紹介】

    正岡子規(まさおか・しき) 生没年 1867〜1902年 【作家紹介】 〜池上コレクションについて〜 池上喜作によって蒐集されたコレクション。主として正岡子規及びその門人に関係した文芸資料が集められていますが、文人らしい絵画・工芸蒐集作品の中にもみるべきものが多く含まれています。 池上喜作(明治23年(1890年)〜昭和53年(1978年))は、長野県松本市の、当時としては有数の富裕な商家に生まれました。国の重要美術品である『兎玉集』、また法隆寺の百万塔・陀羅尼経等の優れた文化財を蒐集伝世するような家庭環境のもとで、物を見る目、芸術を尊ぶ心が養われていきました。旧制中学校時代、正岡子規の俳句革新運動を知り 心ひかれるようになります。松本が、俳句革新の県内拠点となっていた時期でもありました。家業にいそしむ傍ら歌作・句作を続けますが、子規の「大津絵」を入手したことをきっかけに、以後...
    引用元: 松本市美術館ホームページ 【作品紹介】

  • 正岡子規と野球 / 「坂の上の雲」人物列伝

    正岡子規と野球 2004年(平成16年)春の選抜高校野球は愛媛県代表「済美高校」が、創部2年目で初優勝という快挙を成し遂げました。さらに、その年の夏も準優勝と、久しぶりに野球王国"愛媛"の復活を見ることができました。 かくいう子規も東京大学予備門時代にはアメリカから伝わったベースボールに夢中になります。 余談ですが、高校時代に先生から「野球」という言葉の語源は、子規の幼名である「升(のぼる)」をもじって、「野球(の・ボール)」となったと教わりました。 しかし、どうやらこの説は真実ではないそうです。(残念) 記録には鹿児島出身の中馬庚(ちゅうまかのえ)が英語のbaseballを「野球」と訳したといわれています。 ちなみに、中馬は明治21年に東京大学予備門に入校しており、子規の後輩にあたります。 野球に夢中になった子規は、自らのペンネームを「野球」と名乗り、 「恋知らぬ 猫のふり也 球あそび...
    引用元: 正岡子規と野球 / 「坂の上の雲」人物列伝

  • 子規・漱石文学散歩

    わが郷土,松山の生んだ俳聖正岡子規は,慶応三年九月十七日,松山藩士正岡常尚の長男として,松山市新玉町(現花園町電車通り西側)に生まれた。 幼名を升(のぼる)といい,明治6年に末広学校(のち智環学校と改称)に入学,まもなく開校した勝山学校に転校した。勝山学校は幾多の変遷を経て,明治20年代に松山第一尋常小学校となり,つづいて現在の番町小学校となったのである。その場所は旧藩校明教館(現NTT)にあった。 明治25年5月勝山学校隣に 松山高等小学校 が開設された。明治16年5月, 松山中学校 (現松山東高)を中途退学して上京,大学予備校に入り,帝国大学文科に進み,ここでのち無二の親友となった漱石と知り合う。 明治25年8月中旬,子規を訪ねて松山に来たことのある漱石は,明治28年4月9日, 愛媛県尋常中学校(松山中学校) の英語の教師として赴任。月給80円。(校長住田昇は,60円) きどや旅...
    引用元: 子規・漱石文学散歩

  • 子規記念博物館

    正岡子規[まさおか・しき] 俳人、歌人。本名、正岡常規(つねのり)。幼名、升(のぼる)。 慶応3年10月14日(旧暦9月17日)~明治35年9月19日。 現在の愛媛県松山市花園町に生まれる。 明治16年、上京。当時は政治家志望であったが、やがて文学者志望に転ずる。 明治25年、俳句論「獺祭書屋俳話」の連載を開始し、注目を浴びる。明治28年、日清戦争従軍後、帰国途中に喀血。 以後、永い病床生活に入るも、文学上の仕事は活発化し、翌29年には三千以上の俳句を残す。 明治31年、「歌よみに与ふる書」を発表し、短歌革新にものりだす。 芭薫や古今和歌集についての自説を展開して、それらの全国的な再評価を喚起した。 明治35年9月19日、脊椎カリエスにより死去。享年34歳。 その凄絶な闘病生活は、随筆「病牀六尺」(明治35)などに詳しい。代表作は「獺祭書屋俳話」、「歌よみに与ふる書」、「病牀六尺」、「竹乃...
    引用元: 子規記念博物館

  • 正岡子規が少年時代にどのような教育を受けていたか知りたい ...

    回答プロセス (1) 正岡子規の評伝の中から、子規の少年時代について詳しいものを紹介。 (2) 子規が通った学校がある地域の地域史に関する資料をあたる。 (3) 子規が通った学校を前身とする小学校の創立記念誌などの資料をあたる。 (4) 明治時代の松山における教育史・事情に関する本も紹介する。 事前調査事項 四国地方 (218:) 幼児.初等.中等教育 (376:) 参考資料 【資料1】『少年正岡子規-人間形成と学校教育』影山 昇/著 (青葉図書・1978)|L911.36/カ 【資料2】『末広町史』(末広町公民館・1985)|L218.3/ス 【資料3】『番町校史』(松山市立番町小学校教育後援会・PTA・1967)|L376.2/ハ 【資料4】『番町-創立百周年記念誌』(番町小学校創立百周年実行委員会・1986)|L376...
    引用元: 正岡子規が少年時代にどのような教育を受けていたか知りたい ...

  • 岩波新書 正岡子規

    正岡子規 言葉と生きる 坪内稔典著 (新赤版1283) 濃くはつらつと生きた34年 新しくなろうとする近代日本の言葉とともに ネンテンさんこと坪内先生の岩波新書はこの本で3冊目になりますが、どの新書にもアイディアマンという先生の特長が遺憾なく発揮されています。 1冊目の 『俳人漱石』 は、なんと架空対談で1冊を構成されたのです。漱石の俳句100首を選び、それをめぐって漱石・子規・稔典の3者が架空の対談をしながら、滑稽、ユーモア、言葉あそびにあふれる漱石の俳句世界を紹介したものでした。 つづく2冊目の 『季語集』 では、まったく新しい季語が登場しました。季節感の変化などの理由から、それまでの季語の常識では考えられなかった「バレンタインデー」「あんパン」「原爆忌」などを季語として堂々と掲載したのです。それらを含め300の季語を選んで解説され...
    引用元: 岩波新書 正岡子規

  • 正岡子規

    夏目漱石と正岡子規が52日間同居した庵を萬翠荘の裏手に復元したもので落ち着きのあるただずまい。 1828年に11代藩主松平定道によって綱紀粛正のために開校された藩政時代の教育の場。秋山好古、加藤恒忠、内藤鳴雪などが卒業した。 正宗寺(しょうじょうじ)内に俳人・正岡子規が17歳まで過ごした邸宅を模して建てられた木造平屋建の建物。子規が使っていた机や遺墨や遺品、写真など約100点を展示している。 正岡子規の世界を通して松山の伝統文化や歴史について理解を深め、新しい文化の創造に役立てることを目的とした博物館。
    引用元: 正岡子規

  • 正岡子規 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    正岡子規 - Wikipedia 正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9 月19日)は、日本の俳人・歌人・国語学研究家である。名は常規(つねのり)。幼名は処 之助(ところのすけ)で、のちに升... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B2%A1%E5%AD%90%E8%A6%8F 正岡子規 / 「坂の上の雲」人物列伝 司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の主人公となった俳人・ 正岡子規 の人物紹介. http://www.sakanouenokumo.jp/shiki/ 作家別作品リスト:正岡 子規 作家名:, 正岡 子規. 作家名読み:, まさおか しき. ローマ字表記:, Masaoka, Shiki . 生年:, 1867-10-14. 没年:, 1902-09-19. 人物に...
    引用元: 正岡子規 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 満喫!「坂の上の雲」現地リポート 正岡子規

    正岡 子規(1867〜1902) 1867年、松山藩士・正岡常尚の長男として伊予国温泉郡藤原新町(現・愛媛県松山市花園町)に出生。名は常規(つねのり)。幼名、処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改める。 俳句や短歌の革新運動、新体詩・小説・評論・随筆など多方面に渡り創作活動を行い、日本の近代文学の発展に多くの足跡を残した明治時代を代表する文学者の一人である。 また、松山に初めて野球を紹介した。 秋山真之とは松山在住時からの友人であり、秋山とはその後の上京時に共立学校にて共に受験勉強に勤しんだ。 代表句「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」など。 代表歌 「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる 」など。
    引用元: 満喫!「坂の上の雲」現地リポート 正岡子規

  • 正岡子規 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    正岡子規 (歴史上の人物 日本史) 正岡子規 と 葬儀 で検索した結果 アダルトフィルタ:オン JavaScriptの設定を有効にしていただくと、さらに情報をご覧いただけます。 ※JavaScriptの設定を有効にする方法は こちら Yahoo!ブログ検索 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規 ~「意志の... 2011年6月9日 21時49分 ... 葬儀 の席で、お父上がこのように語られました。 「私たち両親が先に旅立った後、この子がどう生きていくのか心配で心配で。 ... 御礼申し上げます 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規 *********** 「意志の力 愛の実力 ... http://blog.livedoor.jp/hmoriwaki/archives/518486... 縄文塾通信 11年 5月-5号(517号) 2011年5月20日 18時18分 ... 葬儀...
    引用元: 正岡子規 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 明治28年 正岡子規 奈良の旅 「柿くへば・・・」

    正岡子規 肖像 日本料理 天平倶楽部(正岡子規ゆかりの對山樓跡) ■日程: 日帰り ■出発日時: 2010年10月01日 13:00 ■到着日時: 2010年10月01日 14:12 ■総走行距離: 36.1km ■総走行時間: 1時間12分 ■総所要時間: 1時間12分 ルート全体地図 交差点: 表示 非表示 事故多発地点: 表示 非表示 子規は明治28年10月26日、大阪より奈良へ到着。市街、興福寺、若草山遠望、東大寺、手向山遠望、春日大社を訪ね對山樓(たいざんろう)角定に宿泊。翌27日には奈良坂、般若寺興福寺、東大寺周辺を散策。28日には法華寺、西大寺、垂仁天皇陵、薬師寺、唐招提寺、興福寺を訪ね、29日に法隆寺、竜田川を訪れています。当ドライブコースでは子規の奈良での行程をピックアップしてドライブコースにして紹介します。 子規が宿泊した...
    引用元: 明治28年 正岡子規 奈良の旅 「柿くへば・・・」

  • 「正岡子規と『野球』」へ

    【正岡子規と野球】 実はそれよりももう少し早く「野球」という言葉を用いたといわれる人物がいる。慶応三年( 1867 年)、伊予松山に生まれた俳人正岡子規その人である。 子規がベースボールに興味をもちはじめたのは明治 18 年( 1885 年)の頃かららしい。 19 年の大学予備門の寄宿舎報には「赤組は正岡常規と岩岡保作氏と交互にピッチとキャッチになられ」とあるが、これが子規のベースボール熱を伝える最初の記事であるともいわれる。 この年 9 月に大学予備門の名称が改められて第一高等中学となったが、彼はその予科第二級に進んだ。 彼のベースボールに対する熱の入れようは柴田宵曲の「評伝正岡子規」(原題「子規居士」)に次のように記されている。
    引用元: 「正岡子規と『野球』」へ

  • 正岡子規記念球場 - Wikipedia

    正岡子規記念球場 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 正岡子規記念球場 (まさおかしききねんきゅうじょう)は、 東京都 台東区 上野恩賜公園 内にある 球場 で、 プロ野球 や 大学野球 などの リーグ戦 や公式戦を行われる球場ではなく 草野球 などが行なえる 東京都 が管理する レクリエーション 施設で使用する際は予約が必要になる。 正式名は 上野恩賜公園正岡子規記念球場 。グラウンドは、 内野 は 土 、 外野 は 天然芝 を施してある。 [ 編集 ] 概要 この球場の名前を冠している 正岡子規 は、明治初期に日本に 野球 が紹介されて間もない頃の愛好者であり、 1886年 (明治19年)~ 1890年 (明治23年)頃、この球場がある上野公園内で野球を楽しんでいたという。 その証拠に子規の 随筆 「筆まかせ」の中に、明治23年 3月...
    引用元: 正岡子規記念球場 - Wikipedia

  • 特集|ネットステラ

    6 秋山兄弟と正岡子規 関連年表 そのとき、歴史はどう動いていたのか。 主人公である秋山真之、秋山好古、正岡子規の 3人の人生を中心に、世の中の動きを紹介していこう。 西暦・元号 秋山兄弟・正岡子規に関する出来事 世の中の動き 1859 安政6年 秋山好古、松山で誕生 安政の大獄 1860 万延元年 桜田門外の変 1867 慶応3年 正岡子規、松山で誕生 大政奉還 1868 明治元年 秋山真之、松山で誕生 戊辰戦争 1871 明治4年 廃藩置県実施 1875 明治8年 好古、大阪師範学校合格 1877 明治10年 好古、陸軍士官学校に入学 西南戦争 1879 明治12年 好古、陸軍少尉に任官 ドイツ・オーストリア同盟締結 真之、松山中学校に入学 1883 明治16年 好古、陸軍大学校に入学 岩倉具視没 真之・子...
    引用元: 特集|ネットステラ

  • 正岡子規/坂の上の雲

    俳句革新「正岡子規」 坂の上の雲 > 人物 > 主人公 > 正岡子規 正岡子規 (1867〜1902) 本名は常規。俳人。有名な、「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」という句の作者。東大退学後、日本新聞社に入社。写生句を特徴とする日本派俳句を確立し、雑誌「ホトトギス」を創刊。また写生主義と万葉調を主唱して根岸短歌会を結成し、短歌革新運動を行った。 年表、写真集、逸話集 正岡子規 年表 子規の生涯を略年譜形式で紹介しています。 正岡子規 写真画集 子規の写真や直筆の絵画などを掲載。 正岡子規 逸話集 子規の様々なエピソードを紹介しています。 正岡子規とその家族 八重と律 病床の子規を支え続けた母と妹。 加藤恒忠 上京を支援してくれた子規の叔父。 正岡子規ゆかりの地 生誕地、旧居跡 子規の生家跡、上京するまでの旧居跡。 愚陀仏...
    引用元: 正岡子規/坂の上の雲

  • 正岡子規を紙芝居で紹介 - 動画検索サイト Woopie

    正岡子規を紙芝居で紹介 この動画は掲載元サイトへジャンプして再生されます Add Check 再生中の動画が違反動画である場合は掲載元サイトへご連絡をお願いいたします。この動画の掲載元 » vision.chobirich.com | 違反に関する報告はこちら おすすめゲーム 他にも楽しいゲームがいっぱい! myRoom カイブツライフ ビジネスライフ 釣りにゃんタウン 恋するペット ' + video.title.$t + ' ';}function render(videos){if(videos==undefined || videos=='undefined' || videos=='') return;var html = ' あなたへのおすすめ ';for(var i=0,len=videos.length; i ';document.write(html);}var ...
    引用元: 正岡子規を紙芝居で紹介 - 動画検索サイト Woopie

  • 正岡子規 まわりの人物(1)

    明治7年愛媛県生まれ。明治24年、17歳で正岡子規に入門し、俳句を教わることにした。しかし子規もまだ24歳で、俳句などわかっていない。そのくせ子規が偉そうに教えるから、虚子は以前よりも下手くそになった。 明治31年、東京に出て「ホトトギス」を引き継いで編集する。創刊当時はたいした雑誌ではなくて、虚子はこんなことを書いている。 『反省雑誌』−−『中央公論』の前身はその頃1500出して2、300返品があったそうですが、『ホトトギス』は東京で初号を出したとき1500刷って売り切れました。 初号は売れるものだということで1500出したのですが、2号は1200、3号は1000部、それから少しずつ部数が増加して来ました。 虚子はもとからの知人だった漱石に、気分転換のために『猫』を書かせるが、猫連載中は8000部ほどに増加した。 そのあと虚子は俳句から遠ざかったりする。昭和3年、俳句創作の姿勢...
    引用元: 正岡子規 まわりの人物(1)

  • 送料無料|本|正岡子規/高浜虚子|正岡子規/高浜虚子 ...

    本 > 新書・文庫 > 文庫 > 日本文学 > 一般文庫その他 近代浪漫派文庫 7 正岡子規/高浜虚子 著者 : 正岡子規 (著) : 高浜虚子 (著) 出版社名 : 新学社 発行年月 : 2006年 09月 ISBNコード : 9784786800658 ページ数 : 380P 定価 : ¥1,430(税込) boox storeポイント : 40 pt 発送可能日 : 当日~3日で発送 ( 発送可能日について ) 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について 目次 正岡子規(正岡子規句抄/正岡子規歌抄/歌よみに与ふる書/小園の記/死後/九月十四日の朝)/高浜虚子(自選 虚...
    引用元: 送料無料|本|正岡子規/高浜虚子|正岡子規/高浜虚子 ...

  • 正岡子規と仲間たち|四国松山はいいとこぞなもし【佐川印刷】

    正岡子規は松山市の生まれです。帝国大学に学びますが結核のため中退。その後、新聞「日本」で俳句の革新を叫んで日本派俳句を確立します。病の床についても文学への情熱が衰えることはなく、短歌革新や日本語の散文を作り上げ、日本を近代文学の世界に導きました。 詳しく知りたい方は >>>「文学の散歩道:正岡子規編」
    引用元: 正岡子規と仲間たち|四国松山はいいとこぞなもし【佐川印刷】

  • 松山と正岡子規

    正岡子規は慶応3年(1867年)10月14日、伊予国温泉郡藤原新町(現・松山市花園町3ー5)で生まれた。本名・常規(つねのり)、幼名・処之助(ところのすけ)後、升(のぼる)。同じ年に夏目漱石、尾崎紅葉、幸田露伴が生まれている。
    引用元: 松山と正岡子規

  • 松山市ホームページ>ようこそ松山市立子規記念博物館へ

    松山市立子規記念博物館は、正岡子規の世界をとおして、より多くの人びとが短詩型文学(俳句や短歌など)や松山の歴史・文化に親しんでいただくことができるよう、開設された文学系博物館です。 博物館では現在およそ6万点の実物資料や書籍を収蔵しており、正岡子規の一生を紹介する常設展示のほか、年2〜3回の特別展・特別企画展、また各種のイベントを開催しています。 ◆病床で執筆に励む子規(明治31年撮影) そのほか博物館についての詳しい情報は、以下の各ページをご参照ください。
    引用元: 松山市ホームページ>ようこそ松山市立子規記念博物館へ

  • 偉人 正岡子規 Shiki Masaokaの名言<ポストカードで販売>

    商品のご紹介 正岡子規・ポストカード ポストカードのご購入は一番下より QRコードに表示される「人間のえらさに尺度がいくつもあるが、 最小の報酬でもっとも多く はたらく人ほど えらいひとぞな。 一の報酬で 十の働きを するひとは、 百の報酬で 百の働きをする人より えらいぞな 」の解説 明治を代表する俳句会の新星・正岡子規。彼は短命であったが、その間、多くの人に愛され、そして慕われた。弟子が上京してきて、就職先に悩み、子規に相談したことがある。一方は月給が高く、一方はもっともひくい。「考えるまでもないがの。低い方ににおし」と子規はいった。その理由が、ふるっていた。「人間のえらさに尺度がいくつもあるが、最小の報酬でもっとも多くはたらく人ほどえらいひとぞな。一の報酬で十の働きをするひとは、百の報酬で百の働きをする人よりえらいぞな」さらに子規は… more 人物紹介 正岡子規 Shiki Mas...
    引用元: 偉人 正岡子規 Shiki Masaokaの名言<ポストカードで販売>

  • 愛媛の偉人・賢人の紹介

    歌人。 周布郡新屋敷村(現西条市小松町)出身。本名は義良。20歳で上京し国学院で学ぶかたわら、『心の花』編集人の石榑千亦の紹介で正岡子規に短歌を学び根岸短歌会に入門、愛媛出身で唯一人の子規門の歌人となる。高浜虚子らと病床の子規の看護当番を引き受けた。伊藤左千夫と歌誌『馬酔木』を創刊する。短歌は万葉調で恋歌、時事歌に優れている。 略歴 明治14(1881)年4月6日 周布郡新屋敷村(現西条市小松町)に生まれる。 明治28(1895)年 松山中学校(現松山東高等学校)に入学。俳句を始める。 明治31(1898)年 万葉集を筆写した。『心の花』に短歌を投じた。 明治33(1900)年 上京。国学院と国語伝習所に学ぶ。子規を訪ねる。根岸短歌会に出て、伊藤左千夫を知る。 明治35(1902)年 全日本歌学会の幹事となる。子規の看護当番を引き受ける。 明...
    引用元: 愛媛の偉人・賢人の紹介

  • 正岡子規の経歴(年譜) / 「坂の上の雲」人物列伝

    正岡子規の経歴 HOME 「正岡子規」人物評伝 「正岡子規」の経歴 正岡子規の経歴(年譜) 西暦 年号 月日 出来事 齢 1867年 慶応3年 9月17日 松山藩士正岡隼太常尚の長男として誕生 1869年 明治2年 藤原新町より湊町新町に転居(年末全焼する) 3 1870年 明治3年 10月1日 妹・ 律 が誕生 4 1871年 明治4年 11月15日 七五三の祝で肩衣袴を着する儀式をする 5 金巾の紋付を新調 肩衣袴と大小の刀は貰いものですませる 1872年 明治5年 1月 父・恒尚(隼太)隠居し、家督を相続する 5 3月7日 父・恒尚死去 1873年 明治6年 末広学校(智環学校)に入校 7 ...
    引用元: 正岡子規の経歴(年譜) / 「坂の上の雲」人物列伝

  • 正岡子規 子規庵

    以下は保存会が平成4年7月に作成した『子規庵の歩み』という一枚紙の資料を参考にする。 子規庵は正岡子規が生きていた頃そのままではなく、子規の勤務先でもあった日本新聞の記者、寒川鼠骨(さむかわそこつ)が再建した。鼠骨について、子規は次のように評価した。 鼠骨と話していると、いやな時でも、いつも笑ってしまう。彼は話上手で、いろんな事に話の糸口をみつけ、滑稽さがあるので、つまらないことでも面白く聞かせてくれる。彼はこまかに観察して記憶力も良くて、人が話したことをうまく受けてくれる。(『仰臥漫録』102ページ) 原文をかなり書き換えた。鼠骨は、よほど人柄が良かったのだろう。その一方で、明治33年4月、子規は鼠骨について、次のような短歌をつくった。 天地に 恥ぢせぬ罪を犯したる 君麻縄につながれにけり 人屋なる 君を思へば真昼餉の 肴の上に涙落ちけり 天地:あめつち。人屋(ひとや):牢屋。真昼餉(ま...
    引用元: 正岡子規 子規庵

  • 正岡子規(1867-1902)の生涯、俳句と朗読

    正岡子規 (1867-1902) 生涯、作品と朗読 ● 正岡子規 (1867-1902) の年号暗記述 ………結核よ 願い一夜の空(いちやのむな) [1867] しさを 一句も鬼 [1902] となりぬべし (……誰が、暗記するんだ?) ● 正岡子規 (1867-1902) の生涯 ………俳諧の発句を「俳句」の名称に定着させたとされる正岡子規。彼は伊予の国にうまれた。現在の 愛媛県松山市花園町 である。そこの松山藩士、正岡常尚と、儒学者であった 大原観山 の娘である八重のあいだに生まれた長男で、幼名は処之助(ところのすけ)、後に升(のぼる)、さらに 常規(つねのり) と改めたが、その一方で百を越える雅号(がごう・ようするにペンネームくらいのところで)を使用していた。子規(しき)もその一つである。 1872年 、父が幼いうちに亡くなってしまったで、後見人を建てて家を相続、一方で大原観山の私...
    引用元: 正岡子規(1867-1902)の生涯、俳句と朗読

  • 正岡子規

    <お脈拝見-4> 正岡子規 (まさおかしき) 今月は正岡子規さんのお脉を拝見する。 子規の生涯は36年という短いものであった。しかし、子規の生き様は壮絶そのものであり、見事に燃焼した一生であったと私は心底そう思っている。 子規の墓は田端の大竜寺にある。そこに、子規自身が生前に書いた墓誌が添えられている。これは、子規没後33回忌となる昭和9年に建てられたものである。 『正岡常規マタノ名ハ処之助マタノ名ハ昇マタノ名ハ子規マタノ名ハダツ祭書屋主人マタノ名ハ竹ノ里人。伊予松山ニ生レ東京根岸ニ住ス。父隼太松山藩御馬廻加番タリ。卒ス。母大原氏ニ養ハル。日本新聞社員タリ。明治3□年□月□日没ス。享年3□。月給40円。』 子規の一生はほぼこの墓誌の中に尽くされているように思う。 子規。本名を正岡常規といい慶応3(1867)年に四国・松山で生れる。翌年に明治と改元された。少年期に漢詩...
    引用元: 正岡子規

  • 正岡子規1

    正岡子規の新派俳壇結成史(百) 完 平成1 2年3月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九九) 平成1 2年2月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九八) 平成1 2年1月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九七) 平成1 1年12月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九六) 平成1 1年11月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九五) 平成1 1年10月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九四) 平成1 1年9月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九三) 平成1 1年8月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九二) 平成1 1年7月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九一) 平成1 1年6月号 正岡子規の新派俳壇結成史(九十) 平成1 1年5月号 正岡子規の新派俳壇結成史(八九) 平成1 1年4月号 正岡子規の新派俳壇結成史(八八) 平成1 1...
    引用元: 正岡子規1

正岡子規 の相関図を読込中

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家である。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところの

スポンサードリンク