比田井天来の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 比田井天来 - Wikipedia

    比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日(明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、長野県出身の書道家。「現代書道の父」と呼ばれる。長野県北佐久郡協和村(現・佐久市)出身。本名・鴻。雅号は天来、別号の画沙(かくさ)、大朴(たいぼく)も用いる。古碑法帖を多角的に研究し、古典臨書の新分野を開拓し、その集大成として『学書筌蹄』がある。俯仰法の解明をし、剛毛筆を使用し古典を分解再構築し、新しい造形世界を展開したその活動は、近代日本の書道界において新境地であったとされる。
    引用元: 比田井天来 - Wikipedia

  • 比田井天来 - BIGLOBE百科事典

    比田井天来 (ひだい てんらい、 1872年 (明治5年)1月23日(旧暦)- 1939年 1月4日 )は、 長野県 出身の 書道家 。 「 現代書道の父 」と呼ばれる。 長野県 北佐久郡 協和村 (現・ 佐久市 望月)出身。本名・ 鴻 。その活動は近代日本の 書道界 において新境地であったとされる。 目次 1 略歴 2 家族 3 主な門下生 4 軌跡 5 関連項目 略歴 1872年 長野県北佐久郡協和村片倉に生まれる。幼名、常太郎。 1887年 協和小学校を卒業。 1892年 上京。 小石川哲学館 で 漢学 を学び、 日下部鳴鶴 に師事。 1898年 二松学舎 に転学し漢籍、 金石文 を学ぶ。 1900年 鴻と改名。 1901年 田中元子(のちの小琴)と 結婚 。 東京陸軍地方幼年学校 習字科教授嘱託 1902年 私塾を開く。 19...
    引用元: 比田井天来 - BIGLOBE百科事典

  • 比田井天来 - Wikipedia

    比田井天来 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 比田井天来 (ひだい てんらい、 1872年 (明治5年)1月23日(旧暦)- 1939年 1月4日 )は、 長野県 出身の 書道家 。 「 現代書道の父 」と呼ばれる。 長野県 北佐久郡 協和村 (現・ 佐久市 望月)出身。本名・ 鴻 。その活動は近代日本の 書道界 において新境地であったとされる。 目次 1 略歴 2 家族 3 主な門下生 4 軌跡 5 関連項目 [ 編集 ] 略歴 1872年 長野県北佐久郡協和村片倉に生まれる。幼名、常太郎。 1887年 協和小学校を卒業。 1892年 上京。 小石川哲学館 で 漢学 を学び、 日下部鳴鶴 に師事。 1898年 二松学舎 に転学し漢籍、 金石文 を学ぶ。 1900年 鴻と改名。 1901年...
    引用元: 比田井天来 - Wikipedia

  • 良心書道教室

    現代書の父 比田井天来書作品(良峯所蔵 ) 寒巌一樹松 比田井天来先生 略年譜 良心書道教室に飾ってあります(教室のオタカラです) (天来先生53歳の書です サイズ:143×36センチ) この作品は2001年1月に鎌倉の「ギャラリ-雪の下」で出合い、ひと目ぼれ。 これまで毎年、必ず長野県望月町の天来記念館を訪れては肉筆を 拝見し、書法を目習いしてきました。今回、特に小生の大好きな 隷書作品が入手出来て大いに喜んでおります。 この年譜は「比田井天来作品集」天来先生遺墨展実行委員会の資料によります。 年号 西暦 年令 摘要 明治5 1872 1 正月23日、長野県に生まれる。幼名は常太郎。 明治2 1887 16 協和小学校恩習科卒業後野沢町有隣義塾に入り漢字を修める。 明治30 1897 26 5 月上京、小石川の哲学館に入り漢学をおさめる...
    引用元: 良心書道教室

  • 良心書道教室

    現代書の父 比田井天来書作品(良峯所蔵 ) 寒巌一樹松 比田井天来先生 略年譜 良心書道教室に飾ってあります(教室のオタカラです) (天来先生53歳の書です サイズ:143×36センチ) この作品は2001年1月に鎌倉の 「ギャラリ-雪の下」 で出合い、ひと目ぼれ。 これまで毎年、必ず長野県望月町の天来記念館を訪れては肉筆を 拝見し、書法を目習いしてきました。今回、特に小生の大好きな 隷書作品が入手出来て大いに喜んでおります。 この年譜は「比田井天来作品集」天来先生遺墨展実行委員会の資料によります。 年号 西暦 年令 摘要 明治5 1872 1 正月23日、長野県に生まれる。幼名は常太郎。 明治2 1887 16 協和小学校恩習科卒業後野沢町有隣義塾に入り漢字を修める。 明治30 1897 26 5 月上京、小石川の哲学館に入り漢学をおさ...
    引用元: 良心書道教室

  • 比田井天来の生涯一冊に 佐久出身の「現代書道の父」 | トピックス ...

    比田井天来の生涯と作品をまとめた本「現代書道の父 比田井天来」 比田井和子さん 「現代書道の父」とされる佐久市協和出身の書道家、比田井(ひだい)天来(てんらい)(1872~1939年)の生涯と作品をコンパクトにまとめた本「現代書道の父 比田井天来」を孫娘で天来書院社長の比田井和子さん(59)=川崎市=が出版した。天来が残した書簡や原稿、写真、新聞記事などを調べ、新たな資料も掲載した。和子さんは「天来の生涯はいろんな書籍で触れられているが、全容が分かるものは初めて」としている。 26歳で上京して書家の日下部鳴鶴(めいかく)に入門した歩みや総理大臣・松方正義との交流、書道研究機関「書学院」を建設したことなどを四十数項目にまとめた。各項目は1~2ページで記述。天来の作品は約40点を取り上げ、年代順に掲載することで年齢とともに変わる作風をたどれるようにした。初めて紹介される天来の写真も多い。 天来...
    引用元: 比田井天来の生涯一冊に 佐久出身の「現代書道の父」 | トピックス ...

  • 現代書道の父比田井天来: 紀伊國屋書店BookWeb

    比田井和子 [ヒダイカズコ] 比田井天来の次男である比田井南谷の長女。学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了。卒業後、伏見冲敬編『書道大字典』(角川書店)編集に参画。出版社勤務を経て株式会社天来書院を創設。書道書籍の発行と、ビデオやDVDのプロデュース、講演などによって、書の芸術性と真の姿を広く紹介している。2000年から二年間、佐久市立(当時は望月町立)天来記念館の館長をつとめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 現代書道の父比田井天来: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 比田井天来 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    比田井天来 - Wikipedia 比田井天来 (ひだい てんらい、1872年 (明治5年)1月23日(旧暦)- 1939年1月4日)は 、長野県出身の書道家。 「現代書道の父」と呼ばれる。長野県北佐久郡協和村(現・ 佐久市望月)出身。本名・鴻。その活動... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E7%94%B0%E4%BA%95%E5%A4%A9%E6%9D%A5 天来書院/現代書道の父 比田井天来 現代書道の父. 比田井天来 . 現代書道の黎明期に「書は芸術である」と主張し、新たな 世界を拓いた書人の業績。 略歴 · 作品 · 古典の臨書 · 思想 · 年代早見表. 掲載記事. 天来が... http://www.shodo.co.jp/tenrai/tenrai/tenrai00.html 書道|書道書籍|手本|天来書院 比田井天来 展. 2...
    引用元: 比田井天来 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 比田井天来: ミツヒラ

    比田井天来は明治5年(1872年)現在の佐久市協和片倉に生まれ、昭和14年(1939年)68歳で亡くなっています。 上京して日下部鳴鶴に師事しています。 先生の逸話では鳴鶴が長鋒による「廻腕法」による書法を良くしたが、中国古典の中では「廻腕法」では書けない字に気づき「府仰法」を取り入れ臨書したとされています。 弟子に対しては古典を臨書する事で自ら学ぶ事を指導し、自分の字を真似ないよう手本を書かなかったと伝えられています。 更に面白いのは「習うより慣れろ」という言葉がありますが、「慣れる」という事は心のこもらないものと言って「慣れるより習え」と言っていたそうです。 いたんですね古典を先生が臨書してその手本で習字する事を否定した先生が。 門下は上田桑鳩、金子鴎亭、手島右卿、石橋犀水、桑原江南の先生方と思います。 「慣れるより習え」も良くわかります。先生は古典を習ってその「意」を汲み取り自分のも...
    引用元: 比田井天来: ミツヒラ

  • kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイト - 「現代 ...

    比田井天来略歴 作者は明治5年、佐久市生まれ。 26歳で上京して日下部鳴鶴に師事する傍ら、二松学舎で漢籍、金石学を学んだ。 大正5年、単身鎌倉建長寺の正統庵に移り住んで古典の書法探求に専念。 ついに「俯仰法」の筆法を解明するとともに、独自の書風を発見して書壇に新風を吹き込んだ。 その成果を示すべく、同10年からは代表的著作となった全臨集「学書筌蹄」の刊行にも着手。 昭和5年、代々木に書学院を設立し、法帖類の刊行に乗り出した。 同12年には大日本書道院を創設して「単独審査」による同院展をスタートさせた。 同年にはまた、尾上柴舟とともに書道界初の帝国芸術院会員に推された。 同14年、68歳で没した。
    引用元: kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイト - 「現代 ...

  • 天来の生涯

    比田井天来の出身は、僕が今すんでいるこの町、長野県の望月町だ。ぼくはこの町に来て初めて 「天来記念館 」 の存在を知った。展示されているのは、比田井天来の作品、、そして妻の比田井小琴、 天来の門流作家の作品である。最初に制作した書道のビデオは「桑原翠邦の世界」だった。天来は 桑原翠邦の師匠である。現在の書壇には多くの天来門下生がいる。それほどに慕われた大人物だった。 ビデオのロケーションは、かつて天来が遊歴したあとを訪ね北は北海道、南は隠岐の島まで多くの土地 を回った。飛行機などない時代、書に対する情熱だけで、これだけ移動した事は、それだけで驚きであった。 実際に会った人も何人か存命で、お話を伺う事ができた。皆、口をそろえるのは、「風貌も、書きぶりも、 あれほどの人物には生涯会った事がない」だった。天来は戦前の昭和14年に逝去しているから、ビデオを 制作した比田井和子さんも、ぼくも、天...
    引用元: 天来の生涯

  • 比田井天来 - Yahoo!百科事典

    比田井天来(ひだいてんらい) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1872―1939) 書家。名は象之、字(あざな)は万象、子漸、天来は号で、江鳥と通称し、鴻(こう)と署名した。長野県北佐久郡の人。早くから上京、二松(にしょう)学舎で 漢学 を学んだ。やがて書を 日下部鳴鶴 (くさかべめいかく)に師事、その感化によって碑 法帖 (ほうじょう)多数を収蔵し、深い造詣(ぞうけい)があった。 古典 臨書 の研究を重ねて、新しい書の 理念 、独自の書風を確立、書壇に革新の風を吹き込んだ。彼の書道芸術社には彼を信奉する多くの若者が集まり、上田桑鳩(そうきゅう)、桑原翠邦(すいほう)、手島右卿(ゆうけい)ら、以後の書壇を牽引(けんいん)する逸材が巣立った。また、書学院を創立、法帖類の刊行は書道界に大きく貢献するものであった。東京高等 師範学校 講師、 文部省 習字 科 検定 委員を歴任。仮名の ...
    引用元: 比田井天来 - Yahoo!百科事典

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 現代書道の父比田井 ...

    ショッピング > 書籍 > 芸術 > 書道 > 日本の書 現代書道の父比田井天来 お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 比田井和子/著 出版社名 天来書院 発行年月 2009年10月 サイズ 125,4P 21c 販売価格 1,575円 ポイント 15ポイント *ポイントについて 発送時期 当日~2日で発送 発送時期について ラッピング 対象品 商品をフォローする 友達にメールで教える Twitter Facebook mixi 商品をフォローします。 下記の商品でよろしければ、「追加する」ボタンを押してください。 商品名: 販売価格: 円 「 」をフォローしました。 [ フォローしている商品一覧へ | 商品詳細ページへ ] ...
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 現代書道の父比田井 ...

  • 途上 〜 書の道 〜:比田井天来・小琴染筆抹茶茶碗揃その1 ...

    比田井天来・小琴染筆抹茶茶碗揃その1 沙炎先生宅の茶室「雋永居」でのお茶会は、本当に楽しゅうございました。 そこで使用したお茶碗をご紹介いたします。 まず、天来翁染筆のもの。 昭和11年に島根を訪れた天来夫妻は、松江の袖師焼きの窯元でこの茶碗に揮毫されたのでした。 天来が作品頒布会で世話になった山本権七に与えたもので、権七への手紙とともに松江市内のお城の側の山本骨董店にありました。 松江に居たのは1日ほどで、すぐに隠岐の島に向かったようです。 松江は私の実家がありますが、この茶碗は東京に出てから後、帰省の折に購入いたしました。 「思無邪」という本文もさることながら、款記の素晴らしさは私の目を釘付けにしたものです。 横長の画像は、茶碗を分割撮影し繋げたものです。緑色の部分は影で、気になったので下に白い皿を敷いて撮影したら影が無くなりました。 それが、款記の部分の画像です。 小琴の茶碗もその方...
    引用元: 途上 〜 書の道 〜:比田井天来・小琴染筆抹茶茶碗揃その1 ...

  • 比田井天来とは - Weblio辞書

    比田井天来 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/31 13:37 UTC 版) 比田井天来 (ひだい てんらい、 1872年 (明治5年)1月23日(旧暦)- 1939年 1月4日 )は、 長野県 出身の 書道家 。 [ 続きの解説 ] 「比田井天来」の続きの解説一覧 1 比田井天来とは 2 比田井天来の概要 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー
    引用元: 比田井天来とは - Weblio辞書

  • 信毎おでかけガイド|天来の弟子、前衛的な書風 佐久で初公開含む59点 ...

    佐久市望月の市天来記念館は、同市協和出身の書家、比田井天来(1872-1939年)の弟子らの作品を紹介する「比田井天来門流展」を開いている。初公開の約20点を含む前衛的な作品など59点を前後半に分け展示する。 天来は弟子に手本を書かず、自分の字をまねしないように指導したという。弟子は独自の書風を確立し、抽象的な前衛書や詩を交えた詩文書を生み出した。こうした弟子らの書風を感じてもらおうと今回の展示を計画した。 初めて展示する茂木良作の作品は、抽象画のような縦の線と点で「幽玄」の文字を表現してある。甲骨文字を使った大津童州の作品「千里眼」は、眼の「目」の部分を本物の目のように鋭く表現してあるのが印象的だ。 会場を訪れた近くの佐藤栄一さん(75)は「どれも特徴があって芸術作品として楽しめる」と、じっくり観賞していた。 11月11日まで。9月30日までは漢字作品、それ以降はかな作品を中心に展示する...
    引用元: 信毎おでかけガイド|天来の弟子、前衛的な書風 佐久で初公開含む59点 ...

  • 比田井天来|春日井市

    更新日 平成20年1月25日 比田井天来 明治5(1872)~昭和14(1939) 長野県生れ。名は象之。通称鴻。 日下部鳴鶴(くさべめいかく)に師事。東京美術学校等講師、文部省習字科検定試験委員を務め、芸術院会員となる。古碑法帖を研究し俯仰法(ふぎょうほう)を解明。著書に『学書筌蹄(がくしょせんてい)』等。 与結其新知 不若敦旧好 与(とも)に其の新知を結ぶこと 旧好を敦(あつ)くするに若(し)かず お問い合わせ先 文化スポーツ部道風記念館 電話:0568-82-6110 メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。 このページの先頭に戻る
    引用元: 比田井天来|春日井市

  • 比田井天来

    新市発足五周年記念特別企画展 現代書道の父 比田井天来 佐久市立近代美術館では、新市発足5周年を記念して特別企画展《現代書道の父・比田井天来》を開催いたします。長野県北佐久郡協和村(現佐久市望月)出身の書家、比田井天来(明治5年〜昭和14年) は、現代書道の黎明期に「書は芸術である」と主張し、学書の方法論を一新して現書壇の礎を築きました。本展では上京前の作品から年代を追って作風の変遷を紹介します。特に専門家の間で評価の高い60歳以降の作品が充実しています。また郷里に残された作品をはじめ、今回初めて紹介される名品も多数展示される大回顧展です。 □会期 □開館時間 □会期中の休館 □会場 □観覧料 ■平成22年10月2日(土)〜12月5日(日) ■午前9時30分〜午後5時 ■11月8日(月)・15日(月)・29日(月) ■佐久市立近代美術館 ■ 一 般 600円 (500) 高校・大...
    引用元: 比田井天来

  • オンライン書店ビーケーワン:現代書道の父比田井天来

    現代書道の父比田井天来 この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、手配できない場合がございます 比田井 和子著 税込価格: ¥1,575(本体 : ¥1,500) bk1ポイント倶楽部 : 15 ポイント(1%進呈) 国内送料無料 出版:天来書院 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 21cm / 125,4p 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 2 書道テキスト 第11巻 近現代名家の書 2011年教科書シリーズ 紫禁城の西洋人画家 インド美術史 2 / 2 インド照覧 この機能について Powerd by TEAM☆LAB Inc. 内容説明...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:現代書道の父比田井天来

  • 天来書院/比田井天来 略歴

    現代書道の父 比田井天来 略歴 作品 古典の臨書 思想 略 歴 明治5年(1872・1歳) 長野県北佐久郡協和村片倉(現在の佐久市協和)に生まれる。幼名は常太郎(つねたろう)。生家は徳川時代から長く名主をつとめ、醤油の醸造を家業とし、天来の少年時代には製糸工場を営んでいた。幼い頃は人一倍腕白だったという。そばを通る中山道は宿場町として栄え、文人墨客の絶えることがなかった。 明治20年(1887・16歳) 協和小学校温恭課卒業後、野沢町の有隣義塾に入り漢学を修め、かたわら古碑帖により書を独習する。 明治25年(1892・21歳) 有隣義塾の助教となり、書は独習で、すでに楷書・行書・草書・篆書・隷書の各体に通じ、当時有名だった巌谷一六、日下部鳴鶴の用筆を、東京の筆匠、温恭堂から取り寄せたりしていた。 明治30年(1897・26歳) 前山村(現在の佐久市)にある曹洞宗の名刹、貞祥寺へ行き、住職の...
    引用元: 天来書院/比田井天来 略歴

  • 「現代書道の父比田井天来」 佐久で未発表作品50点余展示 | トピックス ...

    佐久市近代美術館は2日から、特別企画展「現代書道の父比田井天来」を開く。同市協和出身の天来(1872~1939年)の未発表作品50点余を含め、びょうぶや掛け軸など約250点を展示。生涯と作風の変遷をたどる。1日は内覧会があり、天来の孫比田井和子さん(60)=川崎市=が、作品所有者や書道関係者ら85人を前に解説した。 天来は明治後半に上京、中国の古典に学び新たな筆法を編み出し、現代の書の礎を築いたとされる。今回は、上京前から、筆法を見いだすころ、病床でも書き続けたという晩年まで、年代を追って作品を展示。書約130点のほか、落款印や愛用した筆などもあり、和子さんによると、これだけまとまった天来作品の展示は約40年ぶりという。 人の背丈ほどのびょうぶ作品「龍跳」は未発表で、「俯仰法」という筆法を見いだした直後に書かれた。「喜びと自信にあふれている」と和子さん。びょうぶを注文して天来を経済的に支え...
    引用元: 「現代書道の父比田井天来」 佐久で未発表作品50点余展示 | トピックス ...

  • 比田井天来記念館へ (長野県望月) CASABLANCA in the ...

    比田井天来記念館へ (長野県望月) << 作成日時 : 2010/05/14 00:12 >> ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0 「現代書道の父」比田井天来(1872-1939) 天来記念館 佐久市望月 皇太子殿下皇太子妃殿下 御来館記念 昭和55年8月21日 GWが終わった先週末、ヘルパーさん付独り暮らしの母に会うため、長野の実家へ帰った。今回は、久しぶりにどうしても行きたいところがあった。 先月このブログでも4年前に書いた記事にコメントを下さったかたがいて驚いたが、その同じ名所、町の生んだ偉人・比田井天来の作品を展示した 天来記念館へ10年ぶりに行った のだった。この4月より、元小学校の校長先生をされていた、いとこのご主人がここの館長さんになったと聞いて、びっくり、そのこともあって見学した。それにしても、私が富山で書道を始めて、3年ほどで中断したままいまだ再開...
    引用元: 比田井天来記念館へ (長野県望月) CASABLANCA in the ...

  • 知られざる比田井天来

    比田井天来の妻、小琴は「 たびかがみ 」という旅日記を残しました。その中に昭和11年の北海道旅行の際、 オタモイへ行ったという記録 があります。( たびかがみ の 70回 から78回までと 88回 ) 今回ご紹介するのは、招待者側の貴重な証言です。 "第24回 オタモイの船遊び 宇野静山" つづき
    引用元: 知られざる比田井天来

  • 比田井南谷 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    比田井南谷 - Wikipedia 比田井 南谷(ひだい なんこく、明治45年(1912年)2月1日 - 平成11年(1999年)10月 15日)は書家。本名は漸(すすむ)。 ... 比田井天来、小琴の次男として生まれ、天来 没後は書道研究機関「書学院」を継承... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E7%94%B0%E4%BA%95%E5%8D%97%E8%B0%B7 書家 比田井南谷 1945心線作品第一電のヴァリエーション. 南谷の軌跡. http://www.shodo.co.jp/nankoku/ 比田井南谷 - 酔中夢書 2008年10月15日 ... 電のヴァリエーションs.jpg 今日は、 比田井南谷 の命日です。です ... http://www.shodo.co.jp/blog/hidai/2008/10/post-210.h...
    引用元: 比田井南谷 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 書家 比田井天来 [ひだいてんらい] Artis Japan ...

    『比田井天来伝』 著者名:中西慶爾 出版社:水耳社 発行年:1986(昭和61)年03月 言語:日本語 “近代書道の父”天来翁の全書業! 深く古法に沈潜して書の深奥を窮め、近代書道の真実の在り方を生涯追求し続けた天来道人の超人的な足跡を、資料の許す限り博捜して活写し、人物像、書業、近代書道確立への至情、その影響等々について余す処なく整理結集した伝記である。 ハードカバー: 271ページ 『比田井天来の書碑』 出版社:天来書院 発行年:2001(平成13)年03月 言語:日本語 『天来先生戊寅帖』 副題名:比田井天来、最晩年の傑作集 著者名:比田井天来 出版社:天来書院 発行年:2002(平成14)年08月 言語:日本語 重きこと崩雲のごとく、軽きこと蝉翼のごとし。一作毎に面貌を異にし、真に見る者を驚嘆させる書作品114点を収録。書学院出版部昭和46年...
    引用元: 書家 比田井天来 [ひだいてんらい] Artis Japan ...

  • 比田井南谷 - Wikipedia

    比田井天来 、 小琴 の次男として生まれ、天来没後は書道研究機関「書学院」を継承し、 碑帖 の管理や出版部の再開に努める。書学院長・毎日書道展名誉会員・書宗院顧問・独立書入団客員などを歴任し、 プリンストン大学 ・ オックスフォード大学 など、約20の大学で 書道史 を講演する。
    引用元: 比田井南谷 - Wikipedia

  • 現代書道の父 比田井天来/比田井和子 本 - TSUTAYA online

    商品一覧(1件) 現代書道の父 比田井天来 商品一覧(1件) 現代書道の父 比田井天来 解説 - 現代書道の父 比田井天来 解説 比田井天来は、現代書道の黎明期に、東洋独自の芸術として、書の力をいきいきとよみがえらせ、現代に続く展開へと導きました。門下からは、文化勲章受章者など戦後書壇の指導者を輩出。その指導の様子も紹介します。代表作や日本全国に建てられた書碑を網羅。 現代書道の父 比田井天来の 解説 レビュー - 現代書道の父 比田井天来 まだレビューはありません。1番乗りのチャンスです! 芸術 > 書道・水墨画 > 書道 > 書道一般 この2次元バーコード(QRコード)をケータイ(※)で撮るだけで、今見ている作品ページをケータイで見ることができます! ※記載内容は商品によって異なる場合があります。
    引用元: 現代書道の父 比田井天来/比田井和子 本 - TSUTAYA online

  • 4「墨」54号特集比田井天来 五島美術館の名宝 - Yahoo!オークション

    ■ 商品詳細 ●4「墨」54号特集比田井天来 五島美術館の名宝 芸術新聞社 1985/5号 ■ 状態 古本です。並、経年。 ■ 注意・コメント ○迅速にご連絡及びご入金戴ける方のみご入札下さい。 ○評価の悪い方のご入札はご遠慮下さい。 (評価の悪い方がご入札の場合は一方的に取り消す場合があります。) ○ノークレームノーリターンでおねがいします ○送料 冊子小包 450円 宅急便の場合は自己紹介欄をご覧下さい。 ○切手、図書券の支払いは不可です ○支払い方法 ゆうちょ銀行ぱるる) イーバンク銀行 四国銀行 Yahooかんたん決済 ■ その他 ○梱包はビニール袋に入れてプチプチもしくは厚紙で包み 封筒もしくはクラフト紙でお送りします。 ○ご質問はオークション終了1日前までにお願いします (ご質問内容によって、お答え出来ない場合...
    引用元: 4「墨」54号特集比田井天来 五島美術館の名宝 - Yahoo!オークション

比田井天来 の相関図を読込中

比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日(明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、長野県出身の書道家。「現代書道の父」と呼ばれる。長野県北佐久郡協和村(現・佐久市)出身。本名・鴻。雅

スポンサードリンク