河合季信の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 河合季信 - Wikipedia

    河合 季信(かわい としのぶ、1967年12月19日 - )は、愛知県名古屋市出身のショートトラックスピードスケート選手。1985年瑞陵高校2年の時に世界選手権で個人総合優勝、1986年アジア冬季競技大会500m銀メダル、その後筑波大学体育専門学群に進学し、1987年には二度目の個人総合優勝を果たすなど、日本のショートトラックの黄金期を支えたスケーターである。1988年カルガリーオリンピック(公開競技)ではメダルを期待されたが、500m8位が最高だった。1991年冬季ユニバーシアードでは1000m、1500mで銅メダルを獲得、1992年アルベールビルオリンピック5000mリレーで銅メダルを獲得しこの年限りで競技から引退。現在は母校筑波大学で教職に就いている。
    引用元: 河合季信 - Wikipedia

  • 河合季信 - Wikipedia

    河合 季信 (かわい としのぶ、 1967年 12月19日 - )は、 愛知県 名古屋市 出身の ショートトラックスピードスケート 選手。 1985年 瑞陵高校 2年の時に 世界選手権 で個人総合優勝、その後 筑波大学 体育専門学群に進学し、 1987年 には二度目の個人総合優勝を果たすなど、日本のショートトラックの黄金期を支えたスケーターである。 1988年 カルガリーオリンピック (公開競技)ではメダルを期待されたが、500m8位が最高だった。 1992年 アルベールビルオリンピック 5000mリレーで銅メダルを獲得し競技から引退、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科で 准教授 を勤める。
    引用元: 河合季信 - Wikipedia

  • 教員紹介 河合季信

    氏名 : 河合季信 (かわいとしのぶ) 学位 : 体育学修士 担当 : 個別理論/個人スポーツ論 種目 : スケート 学会 : 日本体育学会 日本スポーツ運動学会 日本スポーツ方法学会 Mail : kawai@taiiku.tsukuba.ac.jp ■主な研究テーマ スピードスケートおよびショートトラックの技術、戦術、トレーニング法について、バイオメカニクスおよび体力科学の方法を用いて分析している。また、日本の国際競技力向上に必要な課題を明らかにし、それをどのような対象に、どのようなタイミングで、どのような方法で伝え、目標を達成していくかという情報戦略の分野にも関心を向け、その研究法の確立に向け取り組んでいる。 ■最近の研究業績 �@河合季信,伊藤静夫,結城匡啓,湯田 淳:レース後の血中乳酸濃度...
    引用元: 教員紹介 河合季信

  • 研究者プロフィール

    人間総合科学研究科 最終更新日 2011/05/24 准教授 カワイ トシノブ 河合 季信 Kawai Toshinobu 男 ■研究分野 ■ 研究分野一覧 ■研究分野キーワード スポーツ科学、コーチング学、スポーツ情報 ■職歴 2009/12- 筑波大学大学院人間総合科学研究科・准教授 ■研究経歴 大学院修了後は、主としてスピードスケートの競技力向上を目的として、生理学的およびバイオメカニクス的な手法を用いてトレーニング手段の評価とレースの分析を行ってきた。近年は、国内オリンピック委員会などの競技統括団体の競技力向上を目的としたパフォーマンス分析について研究を行っている。 ■学歴 1990年 筑波大学体育専門学群 1993...
    引用元: 研究者プロフィール

河合季信 の相関図を読込中

河合 季信(かわい としのぶ、1967年12月19日 - )は、愛知県名古屋市出身のショートトラックスピードスケート選手。1985年瑞陵高校2年の時に世界選手権で個人総合優勝、1986年アジア冬季競技

スポンサードリンク