泉田渉の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 泉田 渉

    氏名 いずみだ わたる 泉田 渉 所属 東北大学 大学院理学研究科 物理学専攻 助教 所属先住所 〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資金獲得の実績主な公開特許保有する主な研究設備,測定機器 装置NEDO,経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ産学連携への思いや産業界へのひとこと著書 共著など 検索経路 大学 独立法人別 東北大学 役職別 助教 担当科目別 データなし ReaD & Researchmap 登録有無別 データなし 研究分野別 データなし 所属学会 団体別 データなし 研究協力可能テーマ名別 データなし 協力形態別 データなし 公開特許題目別 データなし 保有装置名別 データなし 提案テーマ名別 データなし 提案テーマ分野別 データなし アクセス数 0 (0) 読み いずみだわたる 作成者...
    引用元: 泉田 渉

  • Curriculum Vitae

    泉田 渉 980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3 東北大学 大学院理学研究科物理学専攻 物性理論研究室 学 歴 1994/03: 新潟大学理学部物理学科卒業 1996/03: 東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程(前期)修了 1999/03: 東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程(後期)修了, 学位(理学)取得 博士論文題目:量子ドット系における近藤効果 職 歴 1998/04-1999/03: 日本学術振興会 特別研究員-DC (研究指導者: 酒井治助教授(当時),東北大学大学院理学研究科) 1999/04-2000/03: 日本学術振興会 特別研究員-PD (研究指導者: 明楽浩史助教授(当時),北海道大学大学院工学研究科) 2000/04-2003/03: 科学技術振興事業団 -研究員 ERATO(創造科学技術推進事業), 樽茶多体相関場プロジェクト ...
    引用元: Curriculum Vitae

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    泉田 渉 (イズミダ ワタル) - ID:1000020372287 科研費研究者番号 : 20372287 直近の所属(KAKENから) : 東北大学 研究分野(KAKENから) : 物性1/物性I キーワード(KAKENから): カーボンナノチューブ/NEWS/近藤効果/量子ドット/朝永ラッティンジャー流体/NEMS/電子格子相互作用/アハロノフ・ボーム効果/電子相関 http://rns.nii.ac.jp/nr/1000020372287
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • 東北大学理学部物理系同窓会(泉萩会)支部

    東北大学理学部物理系同窓会(泉萩会)支部 支部名、支部長並びに支部員数の一覧 支部名 支部長名 支部員数 物性理論研究室支部 泉田 渉 73 電子物理研究室支部 落合 明 118 ページの先頭へもどる 泉萩会について 会長の挨拶 泉萩会とは 役員 会則 支部 泉萩会の活動 泉萩会総会 森田記念賞 泉萩会奨励賞 インタビュー 活躍する同窓生 研究室訪問記 イベントレポート 理学部物理系のいま 新任教員ニュース 大型研究予算獲得状況と紹介 修士論文・博士論文題目 新博士自己紹介 各専攻へのリンク 物理学専攻ページ 地球物理学専攻ページ 天文学専攻ページ 泉萩会入会について 卒業生の方へ 在学生の方へ(入会無料) 連絡先
    引用元: 東北大学理学部物理系同窓会(泉萩会)支部

  • CiNii Article - Kondo Effect in ...

    量子ドット系における近藤効果 Kondo Effect in Quantum Dot Systems 泉田 渉 Izumida Wataru 北海道大学大学院工学研究科 酒井 治 Sakai Osamu 東京都立大学大学院理学研究科 参考文献: 34件 本文を読む/探す CiNii 論文PDF - オープンアクセス Webcat Plus刊行物・所蔵情報 NDL-OPAC 抄録 量子ドット系においても重要になるとの指摘が以前よりなされていた, ゲート電圧などパラメータを自在に変調できるというドット系の特性と, 近藤温度がパラメータ変化に敏感であるという特徴とが結びついて, 磁性不純物系には見られない多彩な現象が引き起こされることが, 最近の研究により明らかとなった. 本稿では, 微細加工技術を駆使して作成されるドット系でどのような効果が期待されるのか...
    引用元: CiNii Article - Kondo Effect in ...

  • CiNii 論文 - 量子ドット系における近藤効果

    量子ドット系における近藤効果 Kondo Effect in Quantum Dot Systems 泉田 渉 Izumida Wataru 北海道大学大学院工学研究科 酒井 治 Sakai Osamu 東京都立大学大学院理学研究科 参考文献: 34件 本文を読む/探す CiNii 論文PDF - オープンアクセス Webcat Plus刊行物・所蔵情報 NDL-OPAC 抄録 量子ドット系においても重要になるとの指摘が以前よりなされていた, ゲート電圧などパラメータを自在に変調できるというドット系の特性と, 近藤温度がパラメータ変化に敏感であるという特徴とが結びついて, 磁性不純物系には見られない多彩な現象が引き起こされることが, 最近の研究により明らかとなった. 本稿では, 微細加工技術を駆使して作成されるドット系でどのような効果が期待されるのか...
    引用元: CiNii 論文 - 量子ドット系における近藤効果

  • 科学技術振興事業団 戦略的創造事業本部 樽茶多体相関場プロジェクト 1 ...

    リーダー 総括責任者 教授 樽茶 清悟 ・ グループリーダー Michael Stopa ・ 羽田野 剛司 ・ 泉田 渉 ・ 山田 和正 ・ グループリーダー 佐藤 俊彦 ・ 井下 猛 ・ 山口 智弘 ・ 太田 剛 ・ 寺岡 総一郎 ・ フループリーダーTechnic Prof. Leo P. Kouwenhoven ・ "Leonid A. Gurevich, TU Delft" ・ Silvano De Franceschi
    引用元: 科学技術振興事業団 戦略的創造事業本部 樽茶多体相関場プロジェクト 1 ...

  • KAKEN - 泉田 渉(20372287)

    ナノチューブのスピンコヒーレンス 泉田 渉 研究期間 : 2010年度~2011年度 研究分野 : 物性I 研究種目 : 若手研究(B) 研究機関 : 東北大学 量子ドット・カーボンナノチューブの量子輸送現象に関する理論的研究 泉田 渉 研究期間 : 2004年度~2006年度 研究分野 : 物性1 研究種目 : 若手研究(B) 研究機関 : 東北大学
    引用元: KAKEN - 泉田 渉(20372287)

  • 教職員一覧

    研究グループ名 教授 准教授 講師 助教 物性理論(理学部) 川勝年洋 石原純夫 − 泉田渉 − 倉本義夫 柴田尚和 − 内田就也 − 齋藤理一郎 − − 大槻純也 − 早川 美徳(兼) − − 佐藤勝彦 − − − − 中島龍也 − − − − 野村健太郎 − − − − Park Jin Sung − − − − 本堂毅 − − − − 横山寿敏 − − − − 佐藤健太郎
    引用元: 教職員一覧

  • アーカイブ:泉田 渉|NPO法人 natural science

    TOP > natural science メンバー > 泉田 渉 アーカイブ 泉田 渉 水が一瞬で氷になる?! 過冷却水の氷結(第7回「雪の教室」) 2007.02.25 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 スキー場でなにができるのか?科学と計画と事前実験(第7回「雪の教室」の予備実験) 2007.01.20 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 第6回「山の教室」の様子 2006.10.22 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 ▲このページのトップ | NPO法人 natural science トップ ABOUT natural science natural science について 設立趣旨 定款 団体概要 お問い合わせ パブリシティ natural science カレッジ natural science カレッジ とは? ものづくり講...
    引用元: アーカイブ:泉田 渉|NPO法人 natural science

  • アーカイブ:体験型自然科学の教室|NPO法人 natural science

    TOP > natural science メンバー > 泉田 渉 > 体験型自然科学の教室 アーカイブ 体験型自然科学の教室 水が一瞬で氷になる?! 過冷却水の氷結(第7回「雪の教室」) 2007.02.25 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 スキー場でなにができるのか?科学と計画と事前実験(第7回「雪の教室」の予備実験) 2007.01.20 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 第6回「山の教室」の様子 2006.10.22 【泉田 渉| 体験型自然科学の教室 】 ▲このページのトップ | NPO法人 natural science トップ ABOUT natural science natural science について 設立趣旨 定款 団体概要 お問い合わせ パブリシティ natural science カレッジ natural scienc...
    引用元: アーカイブ:体験型自然科学の教室|NPO法人 natural science

  • Tohoku University:Physics:研究室紹介

    固体統計物理学講座 研究グループ名 教 授 助教授 助 手 [物性理論(理学部)] 川勝 年洋 石原 純夫 泉田 渉 倉本 義夫 坂井 徹 内田 就也 齋藤 理一郎 早川 美徳 楠瀬 博明 新関 駒二郎 中島 龍也 本堂 毅 松本 宗久 横山 寿敏 金属物理学講座 (協力講座 II: 金属材料研究所 ) 研究グループ名 教 授 助教授 助 手 [量子物性理論(金研)] 前川 禎通 遠山 貴巳 小山 富男 高橋 三郎 小椎八重 航 [量子輸送理論(金研)] 福山 秀敏
    引用元: Tohoku University:Physics:研究室紹介

  • スキー場でなにができるのか?科学と計画と事前実験(第7回「雪の教室」の予備実験)

    TOP > natural science メンバー > 泉田 渉 > 体験型自然科学の教室 スキー場でなにができるのか?科学と計画と事前実験(第7回「雪の教室」の予備実験) 文責:泉田 渉 (2007年1月20日)カテゴリ: 体験型自然科学の教室(3) 今回の自然科学の教室は2007年2月、真冬です。 仙台近郊、冬の自然科学教室の舞台といえば・・・、 スタッフの脳裏に真っ先に思い浮かんだのは、雪、山、・・・。 ということで、今回は「雪の教室」を開催することになりました。 開催場所はスプリングバレー泉高原スキー場です。 さて、スキー場で何ができるだろうか?いろいろ調べる。考える。試してみる。話し合う。 11月、12月の打ち合わせの結果、以下の3本柱で行うことにしました。 (1)雪のもよう (2)雪上光実験室 (3)水と氷 「 雪のもよう 」では、顕微鏡を用いた雪の結晶の観察や、雪の結晶の作...
    引用元: スキー場でなにができるのか?科学と計画と事前実験(第7回「雪の教室」の予備実験)

泉田渉 の相関図を読込中

氏名 いずみだ わたる 泉田 渉 所属 東北大学 大学院理学研究科 物理学専攻 助教 所属先住所 〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資

スポンサードリンク