淡谷のり子の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 淡谷のり子 - Wikipedia

    淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 - 1999年9月22日)は、青森県青森市出身の女性歌手。本名:淡谷 のり(あわや のり)。日本のシャンソン界の先駆者であり、ブルースと名の付く歌謡曲を何曲も出した由縁から「ブルースの女王」と呼ばれた。叔父は元社会党の代議士・淡谷悠蔵。身長150.3cm。(4尺4寸)
    引用元: 淡谷のり子 - Wikipedia

  • 淡谷のり子プロフィール

    淡谷のり子(あわや のりこ) 誕生日: 1907年8月12日 本名: 淡谷のり子 改名歴: 身長: cm 体重: kg スリーサイズ(B/W/H): // 血液型: 型 出身地: 学歴: 家族(芸能人): 事務所: テイーワイプロモーション コンテスト: グループ: レコード: シングル: アルバム: オーディション歴: 映画: − − ビデオ: テレビ: ラジオ: その他の出演作品: 舞台: 声: 雑誌: CM: デビュー日: 1930年月日 デビュー作品: 「夜の東京」 淡谷のり子さん関連作品他 1999/09 逝去 Goods Free Photo 淡谷のり子 images 空白は未調査、不明です。 MENU あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら・わ行 サイトマップ 全芸能人リ...
    引用元: 淡谷のり子プロフィール

  • 淡谷のり子|Kiraku

    淡谷のり子 戦前・戦中の日本を代表する国民的女性歌手。1907年生まれ。オペラ歌手を目指した将来を嘱望されたソプラノだったが、生活のため流行歌を歌うようになる。29年東洋音楽学校卒業後デビュー、31年「私此頃憂鬱よ」がヒットし注目される。35年にはシャンソン「ドンニャ・マリキータ」がヒット、日本のシャンソン歌手の草分けとなった。 37年には情感をだすためにわざとアルトで歌った「別れのブルース」が大ヒット、一躍スターダムに登りつめた。「雨のブルース」、「東京ブルース」、「想い出のブルース」などを情感を込めて歌い、「ブルースの女王」と呼ばれるようになった。晩年は「ものまね王座決定戦」の名物審査員としてお茶の間でおなじみとなった。99年逝去。
    引用元: 淡谷のり子|Kiraku

  • 淡谷のり子 - Yahoo!百科事典

    淡谷のり子(あわやのりこ) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1907―1999) ポピュラー歌手。青森県に生まれる。東京に出て、1929年(昭和4)東洋 音楽学校 (現東京音楽大学)を卒業、30年レコードにデビュー。シャンソン、タンゴ、 ルンバ などを次々に取り上げ、『暗い日曜日』(1936)、『人の気も知らないで』(1938)、『ルムバ・タムバ』(1939)ほかのヒットを放つ。一方日本の 歌謡曲 『別れのブルース』(1937)、『雨のブルース』(1938)などによって「ブルースの女王」とよばれた。第二次世界大戦中は沈黙を強いられたが、戦後再起。82年、五輪真弓の『恋人よ』にほれこみ、同曲を含む現代曲10曲のLPを出す。海外でも、 ブルガリア などに招かれて活躍したが、93年 12月 、体調不良を理由に「休養宣言」、以後歌手としての活動は行わなかった。1972年紫綬褒章受章。 [...
    引用元: 淡谷のり子 - Yahoo!百科事典

  • 道の駅ゆ~さ浅虫 – 浅ブロ " 第8回淡谷のり子展開催中!

    第8回淡谷のり子展開催中! 前にもブログで 第8回淡谷のり子展 の準備風景は紹介しましたが、 準備が出来てからは紹介していなかったので、 紹介させていただきます\(゜ロ\)(/ロ゜)/ まずはすぐ入口を入りますと左の壁に 淡谷のり子さんの略歴があります! 淡谷のり子さんが何年に生まれて、何年にレコード大賞をとったなどが書かれています ↑そしてこちらは淡谷のり子さんが実際に着ていた衣装や靴などが 展示してあります こちらは淡谷のり子さんが集めていた香水や 装飾品などが飾られています(^◇^) 装飾品はどれもキレイな物ばかりですよ~ こちらは淡谷のり子さんのポスター?壁紙?といえばいいのでしょうかね~ インパクトがあり、とてもキレイです! そしてこちらは1983年に淡谷のり子さんがNHKの番組に出た時のを 放送しています(●^o^●) 正直いいますと、淡谷のり子さんの名前は聞いたことがあるので...
    引用元: 道の駅ゆ~さ浅虫 – 浅ブロ " 第8回淡谷のり子展開催中!

  • 詳細情報 (図書)

    タイトル 淡谷のり子 わが放浪記 人間の記録 人名 淡谷 のり子/著 出版者 東京:日本図書センター 出版年月 1997年02月 ページ数,サイズ,価格 224p,20cm,¥1800 ISBN 4-8205-4255-9 分類(NDC) 767.8 件名 淡谷 のり子 注記等 「わが放浪記」(潮文社 1969年刊)の改題 内容紹介: 青春時代に青森から上京し、苦学して東洋音楽学校声楽科を卒業し、生活のため流行歌手になった経緯、戦時中、ブルースは戦時色にふさわしくないと非難され、弾圧を受けたあの頃、自らの言葉で語る、ブルースの女王の生涯。「わが放浪記」改題。 著者紹介: 〈淡谷のり子〉1907年青森県生まれ。東洋音楽学校声音科卒業。「夜の東京」で流行歌手となり、「別れのブルース」が大ヒット。ブル...
    引用元: 詳細情報 (図書)

  • 淡谷のり子とは - はてなキーワード

    淡谷のり子 あわやのりこ ( 音楽 ) 編集 注目の求人情報 [求人] 株式会社 新和建設への正社員転職 募集内容:東濃檜を使った特徴的な注文住宅の新築営業 [求人] 株式会社ディアロネット Dialonet Co...への正社員転職 募集内容:【被災者のための求人】上流工程から携わる!プロマネ候補 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週のPV: 70 (61,671位) グラフで詳しく見る 目次 淡谷のり子とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード ドアラ ゆとり世代 日本生命 a-nation 開発途上国 館林市 独立リーグ もっと見る (1907-1999) 歌手。 青森県出身 。 母親の勧めで、東洋音楽学校(現・ 東京音楽大学 )に入り、 クラシック の基礎を学ぶ。卒業と同時に クラシッ...
    引用元: 淡谷のり子とは - はてなキーワード

  • 淡谷のり子 とは - コトバンク

    淡谷のり子 【あわや-のりこ】 2件の用語解説(淡谷のり子で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 淡谷のり子 あわや-のりこ &nbsp 1907-1999 昭和 - 平成 時代 の 歌手 。 明治 40年8月12日生まれ。 クラシック 歌手 志望 だったが, 生活 のために流行歌歌手となった。昭和12年の「 別れ の ブルース 」,つづいて「雨のブルース」「 東京 ブルース」の ヒット でブルースの 女王 といわれた。 軍部 ににらまれ 戦時 中は 活動 をはばまれたが, 戦後 再起 し,85歳すぎまで 現役 として 活躍 した。平成11年9月22日 死去 。92歳。青森県 出身 。東洋音楽 学校 (現東京音大)卒。 本名 はのり。 淡谷のり子 CDの購入 昭和の歌手 淡谷のり子 音楽CDの購入はこちらから。 i-kau.net 淡谷 ...
    引用元: 淡谷のり子 とは - コトバンク

  • 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

    淡谷のり子は、<愛の歌>をこよなく愛し、終生自己を貫くために、なにかと闘ってきた歌手でした。青森市の呉服商の長女として生まれますが、3歳の折、青森市の大火により実家が破産します。1923年、16歳のとき、母、妹とともに母の実弟を頼って上京、私立東洋音楽学校(現・東京音楽大学)予科ピアノ科に入学します。これは実家の窮迫状態もあって、母の「のり子を音楽の教師にしたい」という堅実な路線への願いを受け入れたためで、のり子自身の夢は作家かバレリーナになることでした。その後、先生の勧めで声楽科に編入しますが、生活は貧窮をきわめ、妹が栄養失調から失明しかけたため、絵のモデルとなって家計を支えます。画家・田口省吾のアトリエでシャンソン、ジャズ、タンゴと出会い、クラシック一辺倒の世界から、新しい音楽ジャンルへと眼を向ける素地ができあがるのです。 1929年、東洋音楽学校を首席で卒業、長野で教職の試験を受...
    引用元: 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

  • 淡谷のり子 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    淡谷のり子 - Wikipedia 淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 - 1999年9月22日)は、青森県青森市出身 の女性歌手・小説家。 本名:淡谷 のり(あわや のり)。 ... 後にテイチク- コロムビアを経て数々のヒットを飛ばし、淡谷... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B0%B7%E3%81%AE%E3%82%8A%E5%AD%90 YouTube - 別れのブルース 淡谷のり子 2009年1月12日 ... 淡谷のり子 コロムビアレコード 29384 (藤浦洸詩・服部良一作編曲) コロムビアオーケストラ. http://www.youtube.com/watch?v=GXm0mSmj8ks YouTube - 暗い日曜日 淡谷のり子 2009年11月21日 ... 昭和11年発売 作詞:清野協 編曲:...
    引用元: 淡谷のり子 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 8月12日生 <366日への旅 有名人の誕生日・主な出来事編 今日の誕生日>

    1907年 淡谷のり子 (歌手) → 淡谷のり子 - Wikipedia 1956年 東てる美(俳優) → 公式プロフィール 1958年 陣内孝則(俳優) → 陣内孝則 のプロフィール 1960年 角松敏生(歌手) → TOSHIKI KADOMATSU Official Site 1968年 武田久美子(俳優) 1968年 網浜直子(タレント) 1969年 東幹久(俳優) → プロフィール (所属事務所) 1974年 杉崎宏哉(俳優)
    引用元: 8月12日生 <366日への旅 有名人の誕生日・主な出来事編 今日の誕生日>

  • NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人に会いたい

    File No.074 淡谷のり子 (あわや のりこ) 1907〜1999 歌手 「ブルースの女王」と呼ばれた淡谷のり子。東洋音楽学校声楽科を首席で卒業し10年に一人のソプラノと絶賛された美声は流行歌手として花開いた。人生のすべてを歌にかけてきた淡谷。北国青森出身の淡谷がジョッパリのさらに筋金入りという「カラキジ人生」を語る。 初回放送日2006.01.22
    引用元: NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人に会いたい

  • 淡谷のり子とは - Weblio辞書

    淡谷のり子 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/03 08:25 UTC 版) 淡谷 のり子 (あわや のりこ、 1907年 8月12日 - 1999年 9月22日 )は、 青森県 青森市 出身の 女性 歌手 ・ 小説家 。 [ 続きの解説 ] 「淡谷のり子」の続きの解説一覧 1 淡谷のり子とは 2 淡谷のり子の概要 3 賞歴 4 テレビドラマ 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー
    引用元: 淡谷のり子とは - Weblio辞書

  • 道の駅ゆ~さ浅虫 – 浅ブロ " 淡谷のり子展...残り1ヶ月!

    淡谷のり子展…残り1ヶ月! 現在3階美術展示ギャラリーで展示している 「生誕100年記念・淡谷のり子展」 いよいよ展示期間が残り 1ヶ月 になりました そこでっ!今日はチラッと今回の展示内容を紹介しちゃいます! 今回の目玉の一つ、淡谷のり子さんが好きだった 「バービー人形」 これにはエピソードがあり、自分の舞台衣装の布を使って、バービー人形の服を作ったそうです。淡谷さんのかわいい一面がうかがえますね!ちなみに画面中央下に置いてある服がそうです! これは淡谷さん 手作りのレース編 み です 淡谷さんは器用だったんですねぇ。 こういった作品を見ると芸能人の方にも親近感が沸きますよねぇ。 さぁ!展示期間は残り 1ヶ月! 全国の皆さん!普段なかなか見ることのできない「淡谷のり子」さんの遺品! どうぞ、一度ご覧になって下さい! TrackBack URI : http://www.yu-sa.jp/...
    引用元: 道の駅ゆ~さ浅虫 – 浅ブロ " 淡谷のり子展...残り1ヶ月!

  • 淡谷のり子先生との思い出: 美味しく食べたい

    淡谷のり子先生との思い出 今日は“自分が自分じゃないんです”・・・寝てませ~ん。 この歳で徹夜、しかも今夜も眠れないかも・・・久し振りの、纏まった仕事。 編集者冥利に尽きるのだが、キツイと思いつつも、私の最期の大仕事だと頑張り全開!! さて、それとは関係ないのだが、 いま、青森の《近代文学館》で、故・淡谷のり子先生の兄上、故・淡谷悠蔵先生の「生誕110年企画展」が開かれている。 淡谷悠蔵先生は、かつての社会党の名議員だったが、我が父(自民党)にも大先輩として、党派を超えて、親しく教えを下さった方だ。 因みに悠蔵先生の経歴を、ザッとご紹介すると・・・。 1897(明治30)年、青森町寺町(現・青森市)に生まれた。 1918(大正7)年、トルストイの人道主義に共鳴し、新城村(現青森市)で農業を始め、農民運動に深く関わる一方、短歌雑誌「黎明」総合文芸誌「座標」を創刊、多くの小説・評論・戯曲を発表...
    引用元: 淡谷のり子先生との思い出: 美味しく食べたい

  • おんがく日めくり | ヤマハ株式会社

    ブルースの女王と呼ばれた歌手、淡谷のり子没(1907〜1999) 生活のためモデルをつとめた学生時代 60年以上も歌謡界で活躍し、1999年に92歳で天寿をまっとうした淡谷のり子。東京都の護国寺で営まれた音楽葬では、森進一が淡谷の代表曲「別れの ブルース 」を遺影に向かって熱唱し、ファンを含む1000人近い弔問客が最後の別れを惜しんだのでした。 淡谷のり子は1907年に青森市の大きな呉服商の長女として生まれました。裕福な環境で育てられましたが、のちに家業が没落。1923年、放蕩者の父親に見切りをつけた母親と妹と3人で上京します。食べるものに困るほどの貧乏のなか、母はのり子に自立した女性になってほしいと東洋音楽学校(現・東京音楽大学)に進ませました。ぐいぐいとクラシックの声楽にのめり込んでいくのり子。しかし生活が苦しく、休学して画家のヌードモデルをつとめたのは有名なエピソードです。17歳の少...
    引用元: おんがく日めくり | ヤマハ株式会社

  • 青森県立郷土館ニュース : 淡谷のり子生誕100年

    淡谷のり子生誕100年 津軽の遺産 北のミュージアム 第32回 昭和53年『淡谷のり子という女』(緑の笛豆本116 県近代文学館蔵) 貫き通す生き方 『淡谷のり子という女』と題した、手のひらサイズのかわいらしい本がある。著者は、青森県の政治・文学・美術界に大きく貢献した淡谷悠蔵(1897~1995)。のり子の10歳上の叔父である。彼はその中で、のり子の気質のことを「からきず」と言っている。 また、似たようなニュアンスで「じょっぱり」だとも言っている。 悠蔵によると「じょっぱり」は、「正しいと思う自分の判断を言い張るだけでなくて、間違っていたことに気がついても、いったん言ったことはあくまでも言い張る」ことだという。つまり、強情だというのだ。 それに対して「からきず」は「判断以前のもの」、善い悪いと思う前の「カンとくる感情」だという。いやなものはいやなのだという、考える以前の心の反応と...
    引用元: 青森県立郷土館ニュース : 淡谷のり子生誕100年

  • Beats21 - 淡谷のり子が若かった頃は...

    淡谷のり子が若かった頃は… ビクター <1999年9月> この九月に「 ブルース の女王」といわれた淡谷のり子さんが亡くなった(1907〜1999)。淡谷さんは、舞台を別にすれば、テレビでは芸能界のご意見番として後輩を叱る「小言おばあさん」として知られてきた。しかしそのずっと前は、セクシーな歌手として名を馳せた女性だった。 淡谷さんの「 ブルース 」とは、その本家であるアメリカ黒人音楽でいうところの形式・表現ではく、物憂いムードたっぷりの歌を指す。かつて大学で ブルース 専門誌を作っていたぼくとしては、淡谷さんが「 ブルース の女王」と言われるたびに激憤していたことがあった。しかしもう少し大人になって、彼女が生きた時代の歌手たちが見えてくると、むしろ第二次大戦を挟み活躍した人たちの、音楽に対する柔軟性・意気込みが分かって自分の不明を恥じたことがある。 北中正和著『にほんのうた―...
    引用元: Beats21 - 淡谷のり子が若かった頃は...

  • パンツが見える。

    では最後に 淡谷のり子 に関するこんなエピソードを紹介しておきましょう。僕はときどき「 ブルース 」と「 ズロース 」を絡めて、 淡谷のり子 のことを 「ズロースの女王」 と書いたりするんですが、実はこれ、学研の 『中1コース』 で連載していた、 あだちつとむ の 「二軍の星・ありゃまクン」 とかいう漫画で使われていたネタなんですよね。ところが 淡谷のノリピー 自身が 『わが放浪記』 (1969年)という本に、「田舎へ行くと、ブルースとズロースと間違えて、劇場の表に麗々しく 『ズロースの女王、淡谷のり子』 と書かれたりしたこともあった。」という回顧文を残しているんだそうでありまして。事実は小説よりも奇なり。それにしても 淡谷のり子のズロース姿 は…、あまり想像したくありませんなぁ。。。
    引用元: パンツが見える。

  • まるごと青森 : 生誕100年 淡谷のり子

    青森県立郷土館 平成19年度企画展 生誕百年記念 淡谷のり子展 郷土館へ。 寒さも一段落し、気温も少し上がったせいか、歩道の雪も溶け出しています。 郷土館では12月1日から開催されている 企画展「淡谷のり子展」 が開催されていました。( 郷土館ニュース ) 青森市に生まれ、昭和歌謡界を代表する歌手となった淡谷のり子。 ↑写真は関野準一郎の多色刷りの版画です。 この企画展では青森市所蔵の資料を中心に、戦時中も自分の歌を歌い続けた力強いその姿を紹介しています。 入口にあったプレートからちょっと抜粋してご紹介すると、 ・・・・・・・・・ 昭和歌謡界を代表する歌手淡谷のり子は、1907(明治40)年、青森市に生まれました。 生家は湯治手広く商売を営んでいた呉服商「大五阿波屋」で、裕福な少女時代をおくりました。 その後、青森大火などたび重なる不運のため、家は衰退、母妹と上京します。 東洋音楽学校(現...
    引用元: まるごと青森 : 生誕100年 淡谷のり子

  • 青森県立郷土館ニュース : 淡谷のり子展始まる

    淡谷のり子展始まる 12月1日(土)から淡谷のり子展が始まりました。特別展示室中央に設けられた、ステージを模した展示台の上には、ミラーボールが取り付けられました。往年の舞台の雰囲気をお楽しみ下さい。 追記:ブログ『 まるごと青森 』(12/7(金)付)でも本展のご紹介を頂きました。ありがとうございました。 Tags: # 企画展 # 先人 # 淡谷のり子 by aomori-kyodokan | 2007-12-01 09:00 | ニュース 次のページ >
    引用元: 青森県立郷土館ニュース : 淡谷のり子展始まる

  • 淡谷のり子-リリース-ORICON STYLE ミュージック

    芸能人事典 淡谷のり子 Fan登録 ダイジェスト プロフィール ニュース・特集 作品 ランキング スケジュール コミュニティ 音楽ランキング シングル デイリー | 週間 | 月間 アルバム デイリー | 週間 | 月間 別れのブルース/ 淡谷のり子 1990年01月21日発売 日本コロムビア CAL-1021 「音楽を語ろう」について 「オリコン会員」に登録 アーティストに対する投稿はコチラ! 収録曲 私此頃憂鬱よ 暗い日曜日 別れのブルース 人の気も知らないで 雨のブルース 想い出のブルース ルンバ・タンバ ポエマ 東京ブルース 夜のタンゴ 聞かせてよ愛の言葉を 待ちましょう 愛の讃歌 ラ・ビ・アン・ローズ 枯葉 アデュー 満足度について このコンテンツを表示するには...
    引用元: 淡谷のり子-リリース-ORICON STYLE ミュージック

  • この人この歌(第2集)/藤山一郎、淡谷のり子、東海林太郎他(LP ...

    この人この歌(第2集)/藤山一郎、淡谷のり子、東海林太郎他(LP) 規格番号 ALS−4576(日本コロムビア) 商品説明 LPレコード、1971年リリース、全12曲入り、盤状態 C、盤キズあります。 ジャケ状態 B、ジャケ下一部セロテープ止めあります。 商品状態表示 A 良い B 普通 C 悪い 若干の誤差は+、−で表示しています。 お届方法 クロネコヤマト・メール便 定形外普通郵便 冊子小包 ゆうパック 支払い方法 郵便振替(ぱるる) ジャパンネットバンク(JNB) 銀行振込(親和銀行) Yahoo!かんたん決済 送料 基本的には、本、CDS、ミュージック・テープ、EPレコード、CD、ビデオ DVDは送料無料(ヤマト運輸の「クロネコヤマト・メール便のみ」)規格外 とセット物と海外は別です。LPレコードは¥290or¥340。LDは¥340...
    引用元: この人この歌(第2集)/藤山一郎、淡谷のり子、東海林太郎他(LP ...

  • 日本コロムビア | 淡谷のり子

    ホーム > アーティスト情報 > 淡谷のり子 淡谷のり子 ALBUM 2010/02/03 Release ブルースの女王 COCP-36035 ¥2,200(税込) ALBUM 2007/11/21 Release 淡谷のり子名曲集 COCA-71152 ¥2,300(税込) ALBUM 2004/07/21 Release 淡谷のり子全曲集 COCA-72122 ¥1,800(税込) ALBUM 2003/04/23 Release コロムビア音得盤 COCA-71005 ¥1,200(税込) 淡谷のり子 ディスコグラフィー プロフィール 一覧へ 一覧へ 一覧へ 一覧へ 一覧へ メルマガ登録(配信)は全て無料! >>ご登録はこちら コロムビア♪ (ミュージック) モバイル コロムビア モバイル コロムビアフ...
    引用元: 日本コロムビア | 淡谷のり子

  • 淡谷のり子 - Wikipedia

    生きること、それは愛すること―人生は琥珀色のブルース ライフ・カレント: 著者:淡谷のり子、PHP研究所、 ISBN 4569211356 、(1983年) 昭和59年度、第4回日本文芸大賞受賞作品 私のいいふりこき人生: 著者:淡谷のり子、海竜社、 ISBN 4759301011 、(1984年) 一に愛嬌二に気転―「頭の悪い女」といわれないために: 著者:淡谷のり子、ごま書房、 ISBN 4341060015 、(1987年) 一に愛嬌二に気転―「頭の悪い女」といわれないために: 著者:淡谷のり子、ごま書房、 ISBN 4341015141 、(1992年) 私の遺言: 著者:淡谷のり子、フジテレビ出版、 ISBN 459401593X 、(1994年) 淡谷のり子―わが放浪記 人間の記録 (16) (わが放浪記 の改題): 著者:淡谷のり子、日本図書センター 、 ISBN 48205...
    引用元: 淡谷のり子 - Wikipedia

  • ビッグショー情報 その1

    出演=淡谷のり子、服部良一、藤山一郎、船村徹、ディック・ミネ、三益愛子(女優)、服部克久 [内容=自らの曲「別れのブルース」からシャンソン「聞かせてよ愛の言葉」など、歌とともに生きた淡谷のり子を紹介。またゲストに服部良一、藤山一郎などを迎えてのトークも交える] 曲=「別れのブルース」「雨のブルース」「君忘れじのブルース」「聞かせてよ愛の言葉」「人の気も知らないで」「リリー・マルレーン」など
    引用元: ビッグショー情報 その1

  • 価格.com - 淡谷のり子(DVDソフト)の検索結果

    淡谷のり子 を検索した結果 2件中1〜2件目を表示 表示方法: リスト表示 カタログ表示 表示件数: 20件 | 40件 | 60件 | 80件 | 表示順序: 価格の安い順 | 価格の高い順 | 発売日順 | 比較したい製品にチェックを入れて"比較"ボタンを押すと、最大5製品の詳細な製品検索ができます。 ※画面を移動するとチェックがすべて外れます。チェックを入れた製品は同一ページ内のみ有効です。 比較する さんまのまんま〜永遠のスター編〜 VOL.4[YRBN-90121][DVD] ¥2,263 〜 ( 全9店舗 ) DVDソフト > お笑いDVD > お笑い 発売日:2010年10月2日 人物名:明石家さんま 淡谷のり子 村田英雄 太地喜和子 ミヤコ蝶々 ディスク種類:DVD 0 件 -- -- 位 比較する さんまのまんま〜永遠のスター編〜 BOX2[YRBX-662/3][DVD...
    引用元: 価格.com - 淡谷のり子(DVDソフト)の検索結果

  • 淡谷のり子:まずはブログというものを。

    淡谷のり子 2009年02月24日 14:43 カテゴリ 淡谷のり子 淡谷のり子が秋元順子と犬猿の仲という噂。 共通テーマ: 最新!芸能ニュース_21 テーマに参加中! 淡谷のり子は今、お年はどのくらいなんでしょうかね〜〜〜。20年くらい前から、既におばあちゃんの域に達していましたから、今は確実に弘毅高齢者になっていることは間違いないと思います。 淡谷のり子の哲学は、どんな感じなのでしょうかね。一生涯歌手という職業を貫き通しているわけですから、それなりに自分のポリシーというのが、確立されていると思います。といか、ポリシーだけで生きているような。。 テレビではめっきり淡谷のり子を見る機会がなくなってしまいましたが、今ではひっそりと余生を楽しんでいるのでしょう。もう十分長生きして、芸能界を見守ってきたと思います。 関連情報: 淡谷のり子 この記事のタグ: 淡谷のり子 写真 ローラ...
    引用元: 淡谷のり子:まずはブログというものを。

  • 淡谷のり子顔-燃える主婦のゴルフ絵blog

    淡谷のり子顔 [2009年03月02日(月)] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ このあいだ ラウンド で はじめて使ったこの ラウンド ポーチ ついに アコーディア・ゴルフ で今日から販売開始 こちら 見てね いまならスーパー特価でGETできるの これ 贔屓目なしですぐれた逸品です だって ラウンド が こんなに も楽しかったかだ (゜ω゜)♪ 。。。。。。。。。。。。。。。。 そんな昨日は タマキッズ練習DAY さてこの4人の子供のリフティング風景 ひとりの子は400回という記録もってて ひとりの子はまだ1回しかできない だから 『A子先生 この1回に合わせて うまくみんなのこと撮ってね』 って言われて A子先生がんばったのよ (゜з゜) と 絵仕事用件で 藤井誠プロ と 打ち合せさせてもらう予定を思い出し 練習場 上の プロのオフィス...
    引用元: 淡谷のり子顔-燃える主婦のゴルフ絵blog

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - CD - 淡谷のり子全曲集

    淡谷のり子全曲集 お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ アーティスト 淡谷のり子 演奏 コロムビア・オーケストラ 作曲 服部良一 レーベル 日本コロムビア ( 日本コロムビア ) 盤種 CD 発売年月日 2004年07月21日 販売価格 1,800円 ポイント 17ポイント *ポイントについて 取扱状況 3~6日で発送 取り扱い表記について ラッピング 対象外 メーカーに在庫確認後、取寄せます。 商品をフォローする 友達にメールで教える Twitter Facebook mixi
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - CD - 淡谷のり子全曲集

  • 淡谷のり子 - goo 音楽

    淡谷のり子(あわやのりこ) Tweet リンクするには ブログパーツ 戦前・戦中・戦後と激動の昭和を駆け抜けた、日本を代表する女性シンガー。29年「夜の東京」で歌手業をスタートさせる。31年の「私此頃憂鬱よ」が好セールスを記録。そして翌32年、「別れのブルース」で大ブレイク、一躍時の人に。以来、「嘆きのブルース」「君忘れじのブルース」など次々にヒットを飛ばしていく。優しさと悲しみとやるせなさを包み込んだヴィブラート・ヴォイスは、すべての日本国民の心を捉えて離さなかった。ゆえに人々は彼女を“ブルースの女王"と呼んだのだ。--ちなみに、ここで云うブルースとは、黒人音楽のソレとは異なり(影響は受けつつも)、悲しみや嘆きをテーマとしたミドル・テンポでマイナー調な外国趣味の楽曲を指す。また戦後は、ルンバ/シャンソン/タンゴ/ジャズとさまざまなスタイルのナンバーに果敢に取り組み、日本歌...
    引用元: 淡谷のり子 - goo 音楽

淡谷のり子 の相関図を読込中

淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 - 1999年9月22日)は、青森県青森市出身の女性歌手。本名:淡谷 のり(あわや のり)。日本のシャンソン界の先駆者であり、ブルースと名の付く歌謡

スポンサードリンク