渡辺誠弥の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 渡辺誠弥(わたなべのぶや)|講師派遣・講演依頼はおまかせ!エスエンタープライズ

    渡辺誠弥(わたなべのぶや) 氏名 渡辺誠弥(わたなべのぶや) ジャンル 歴史 文化 現職 伽藍洞店主 経歴 昭和39年NHKに入局。札幌,松江,東京等でアナウンサーとして主に報道番組を担当。48歳のとき退局,飛鳥に住み奥飛鳥古社の宮守となる。古民家と里山に囲まれた,棚田風景の美しい飛鳥の村里の美「さとび」文化を守る目的で,平成7年「飛鳥藍染織館」を開館。今年1月,和暦の里開設準備室「伽藍洞」オープンのため旧室生村に転居。
    引用元: 渡辺誠弥(わたなべのぶや)|講師派遣・講演依頼はおまかせ!エスエンタープライズ

  • 東日本大震災復興チャリティー・講演会 [大阪] - ローミン

    渡辺 誠弥(元NHKアナウンサー) 講演会 ~ 東日本大震災復興チャリティー・講演会 ~ 平成23年6月29日(水) 14時 開演 予約電話番号:06-6386-5121(定員50名) 入場料 2,500円 ●講演 荘厳なる宇宙 ●会場 えさかギャラリー ●主催 東日本大震災復興チャリティー委員会 ●共催 一般社団法人 MOAインターナショナル 収益は「東日本大震災」被災地復興の義援金として 「社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団」を通じ送らせていただきます
    引用元: 東日本大震災復興チャリティー・講演会 [大阪] - ローミン

  • 展示作品のご案内|SUI-TA(スイータ)—吹田市地域情報総合ポータルサイト

    渡辺 誠弥(元NHKアナウンサー)講演会 〜 東日本大震災復興チャリティー・講演会 〜 平成23年6月29日(水) 14時 開演 予約電話番号:06-6386-5121(定員50名) 入場料 2,500円 ●講演 荘厳なる宇宙 ●会場 えさかギャラリー ●主催 東日本大震災復興チャリティー委員会 ●共催 一般社団法人 MOAインターナショナル 収益は「東日本大震災」被災地復興の義援金として 「社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団」を通じ送らせていただきます
    引用元: 展示作品のご案内|SUI-TA(スイータ)—吹田市地域情報総合ポータルサイト

  • 東日本大震災復興チャリティー・講演会 - 展示作品のご案内 〜 無料 〜

    渡辺 誠弥(元NHKアナウンサー)講演会 〜 東日本大震災復興チャリティー・講演会 〜 平成23年6月29日(水) 14時 開演 予約電話番号:06-6386-5121(定員50名) 入場料 2,500円 ●講演 荘厳なる宇宙 ●会場 えさかギャラリー ●主催 東日本大震災復興チャリティー委員会 ●共催 一般社団法人 MOAインターナショナル 収益は「東日本大震災」被災地復興の義援金として 「社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団」を通じ送らせていただきます
    引用元: 東日本大震災復興チャリティー・講演会 - 展示作品のご案内 〜 無料 〜

  • 東日本大震災復興チャリティー・講演会:地域情報発信基地 街can!

    渡辺 誠弥 講演会 元NHKアナウンサー ~ 東日本大震災復興チャリティー・講演会 ~ 平成23年6月29日(水) 14時 開演 予約番号:06-6386-5121(定員50名) 入場料 2,500円 ●講演 荘厳なる宇宙 ●会場 えさかギャラリー ●主催 東日本大震災復興チャリティー委員会 ●共催 一般社団法人 MOAインターナショナル 収益は「東日本大震災」被災地復興の義援金として 「社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団」を通じ送らせていただきます
    引用元: 東日本大震災復興チャリティー・講演会:地域情報発信基地 街can!

  • 市民夏季大学1回

    渡辺 誠弥氏の プロフィール 元NHKアナウンサーとして活躍 されてた頃、出雲の藍染の大夜 具に一目ぼれをしてからは、全 国各地に赴き藍染作品の収集 に奔走され、1995年に奈良県明 日香で開館されました。藍染木 綿の作品を約1000点展示、訪 れた人達の多くが「ほっとする」 と言葉を残す場所として人気を 集めています。 大好評を博した昨年度を 上回る受講応募者数は 今年度110名となりました。 急遽、会場を大会議室から 講堂に移しての講演となりま した。 渡辺氏の講話に 聞き入る聴講の皆さん 第一回目のお話の内容は 神域に漂う聖性と性について 笑いあり、感心あり、と2時間 の講話は時間の経つのを忘 れてしまいました。
    引用元: 市民夏季大学1回

  • 渡辺 誠弥

    渡辺 誠弥 奈良の明日香村「飛鳥藍染織館」の館長のブログです。 コンタクト メールアドレス: ウェブサイト: http://www7b.biglobe.ne.jp/~aizome/index.html 1行紹介 奈良の明日香村「飛鳥藍染織館」の館長のブログです。 紹介文 飛鳥藍染織館の館長、渡辺誠弥です。蕎麦を打ちながら、藍染めと土鈴を展示する民芸館を営んでおります。 ■渡辺誠弥のプロフィール■ 48歳でNHKのアナウンサーをやめ、飛鳥に住み、宮司となる。 また、「飛鳥藍染織館」をつくり、大和作りの古民家と里山に囲まれた棚田の風景の美しい村里の飛鳥で、京の「みやび」に対置される「さとび」の文化を守る。 「さとび」とは、田園風景が広がる飛鳥の地のごとく、田舎で気のはることなく生活を送り、ほっと息のつける生活文化。 将来の思いは、地上は万葉集、地下は日本書紀といわれている飛鳥の地に飛鳥...
    引用元: 渡辺 誠弥

  • 飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り

    飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り 最近の記事 志津川 藍の古布。 飛鳥土鈴館ができてしまった話。 「味爽の涼気」の中で~感性と技術を込めた漆椀 イザナミの聖ライン(紀州熊野から出雲までの道) 飛鳥藍染織館ことはじめ 飛鳥藍染織館への行き方 カテゴリー アクセス 連絡先 ウェブログ 伝統 神話・パワースポット 藍染館について アーカイブ 2011年3 月 2008年8 月 フィードを購読 Powered by TypePad ブログのURL このブログのURLをメールで送信 2011年3 月17日 (木) 志津川 3月11日朝、奈良新聞の文化欄に掲載された辺見庸さんの『水の透視画法』を読んでいた。辺見さんは、中東や北アフリカの雪崩のような出来事を前に、「近年、世界はわたしが投影する像をとっくにこえて疾走し、わたしを置きざりに...
    引用元: 飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り

  • 飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り

    飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り 最近の記事 志津川 藍の古布。 飛鳥土鈴館ができてしまった話。 「味爽の涼気」の中で~感性と技術を込めた漆椀 イザナミの聖ライン(紀州熊野から出雲までの道) 飛鳥藍染織館ことはじめ 飛鳥藍染織館への行き方 カテゴリー アクセス 連絡先 ウェブログ 伝統 神話・パワースポット 藍染館について アーカイブ 2011年3 月 2008年8 月 フィードを購読 Powered by TypePad ブログのURL このブログのURLをメールで送信 2011年3 月17日 (木) 志津川 3月11日朝、奈良新聞の文化欄に掲載された辺見庸さんの『水の透視画法』を読んでいた。辺見さんは、中東や北アフリカの雪崩のような出来事を前に、「近年、世界はわたしが投影する像をとっくにこえて疾走し、わたしを置きざりに...
    引用元: 飛鳥藍染織館~館長・渡辺誠弥からの季節の便り

  • 関西発ラジオ深夜便 - Wikipedia

    渡辺誠弥 (1995年4月 - 1996年3月) 高梨敬一郎 (1996年4月 - 1998年3月 1997年4月から第1, 3金曜日担当に) 峯尾武男 (1997年4月 - 2010年3月 1998年度のみ第5金曜日、それ以外は第2金曜日担当) 西橋正泰 (1998年4月 - 現在 第1, 3金曜日担当) 中村宏 (2010年4月- 第2金曜日を担当。 大阪局 アナウンサー 但し2010年4・5月は 奈良 局アナウンサーとしての出向出演)
    引用元: 関西発ラジオ深夜便 - Wikipedia

  • 草木塔

    草木塔ネットワーク編集の本「いのちをいただく」に、渡辺誠弥氏が「草木塔雑記」を寄せられており、その中で草笛和尚こと横山祖道師を紹介しています。 記述によれば、渡辺さんが NHK アナウンサー現職だった昭和五十年の夏、懐古園に祖道師を訪ねたそうです。 渡辺さんは 「マイクを向けられるとしゃべりにくい」と言っていた師から、故郷(現 在の宮城県登米市)のことなどを話題にする中で、草笛の草についてとか道元の四摂法についてなど、ある種の根幹的な言葉を引き出されています。
    引用元: 草木塔

  • 月〜金曜日 20時54分〜21時00分

    飛鳥散策の楽しみ 放送 11月10日(金) 石舞台に近い明日香村中心部に築150年の大和棟の造り酒屋だった民家が、今は「飛鳥藍染織館(あすかあいせんしょくかん)」となっている。 館長の渡辺誠弥氏の藍染コレクション約1000点と民俗学者・鈴木正彦氏の土鈴のコレクション約1万3000点、写真家のシノ・イサム氏万葉の飛鳥の写真約1000点がが所狭しと展示されている。元NHKアナウンサーの渡辺氏は松江放送局勤務の時、一枚の藍染の布に出会って藍染に魅せられ、藍染の布を集めるようになった。 (写真は 飛鳥藍染織館) 松江地方では「藍染は嫁入り道具を中心にした女の一生の装い」と言われている。嫁ぐ娘に油単(ゆたん)、夜具、夜着、祝い風呂敷、鏡掛け、提灯袋、傘袋まで、藍で染めて持たせたそうだ。やがて嫁いだ娘に子供が生まれると今度は産衣、おむつ、子負い帯、湯上げ、足拭きを...
    引用元: 月〜金曜日 20時54分〜21時00分

  • 不思議な縁の糸 - 米子の町の美味しいコーヒー屋さんが綴る『珈琲屋 吹野 物語』

    奈良県明日香村の石舞台近くに「飛鳥藍染織館」はあります。 以前「アラフォー」で紹介させて戴いた渡辺誠弥氏が 1995年に、それまでに収集された藍染の布の魅力を 多くの方に知って貰いたいと開かれた展示館です。 元は造り酒屋だったというその大和棟の館はとても趣があり、 明日香の風景に溶け込み、訪れた人を優しく迎えてくれます。 この藍染館を知るきっかけとなったのは、 NHKのTV「鶴瓶の家族に乾杯」という番組でした! 遡ること6~7年前 明日香村を旅するさだまさしさんが、たまたま訪れた先が この「飛鳥藍染織館」でした!! 150年前、幕末天保年間に建てられたという 歴史を感じさせるその建物の雰囲気と「珈琲」という文字に 惹かれるようにさださんが足を踏み入れ、珈琲を注文された時、 奥から暖簾をかき分け登場されたのが、 長身の何やら徒者ではない風態の渡辺氏!! でした。 珈琲を飲みながらの歓談を聴い...
    引用元: 不思議な縁の糸 - 米子の町の美味しいコーヒー屋さんが綴る『珈琲屋 吹野 物語』

  • 東日本大震災のブログと東日本大震災のyoutube

    渡辺 誠弥(元NHKアナウンサー)講演会〜 東日本大震災復興チャリティー・講演会 〜 平成23年6月29日(水) 14時 開演 予約電話番号:06-6386-5121(定員50名) 入場料 2,500円 ●講演... えさかギャラリー さん 展示作品のご案内 〜 無料 〜 [アート]
    引用元: 東日本大震災のブログと東日本大震災のyoutube

  • 奈良県明日香村で暮らすことを選んだ人達のインタビュー記事。明日香不動産

    大和の国奈良だからこそできた今昔の融合! 渡辺誠弥さん 60代 150年前に建てられた造り酒屋を改装し、「飛鳥藍染織館」を営む渡辺さんは、20年ほど前、藍染に魅せられ奈良に移り住んできた。 ほどなく明日香村民となり、「飛鳥藍染織館」を開業。藍染や土鈴のコレクション、藍染体験、いろりを囲んでの食事が人気を呼び、今では明日香村の有名スポットだ。 館内は、大和造りのふと太とした梁や、趣のある品々で溢れ、まるでタイムスリップしたかのよう。 歴史ある明日香村だからこそかなえられる夢が、ここにある。
    引用元: 奈良県明日香村で暮らすことを選んだ人達のインタビュー記事。明日香不動産

  • ギャラリー、ミュージアムを訪ねてvol.10

    飛鳥藍染織館 約150年前、天保年間に建てられたという造り酒屋の建物をそのまま生かした藍染めを展示するミュージアム。元NHKアナウンサーだった渡辺誠弥館長が、全国を転勤する間に収集した藍染めの数々と国文学者鈴木正彦さんの土鈴コレクションが、どっしりとした大和造りの町家に並んでいます。藍染めも土鈴も人々の普段の暮らしを支えてきたもの。素朴で力強く、美しい布には人々の祈りが込められていて、胸に迫ります。藍染め体験、旧暦のひなまつりには菱餅作り体験も企画するそうです。 高市郡明日香村岡1223 tel.0744-54-2003 ゴマ、クルミ、ズンダなど餅料理は1000〜2500円コーヒーは500円。 予約すれば、そば御膳(昼3500円、夜8500円)がいただけます。開館10時〜4時。 入館料500円
    引用元: ギャラリー、ミュージアムを訪ねてvol.10

  • ギャラリー、ミュージアムを訪ねて

    飛鳥藍染織館 約150年前、天保年間に建てられたという造り酒屋の建物をそのまま生かした藍染めを展示するミュージアム。元NHKアナウンサーだった渡辺誠弥館長が、全国を転勤する間に収集した藍染めの数々と国文学者鈴木正彦さんの土鈴コレクションが、どっしりとした大和造りの町家に並んでいます。藍染めも土鈴も人々の普段の暮らしを支えてきたもの。素朴で力強く、美しい布には人々の祈りが込められていて、胸に迫ります。藍染め体験、旧暦のひなまつりには菱餅作り体験も企画するそうです。 高市郡明日香村岡1223 tel.0744-54-2003 ゴマ、クルミ、ズンダなど餅料理は1000〜2500円コーヒーは500円。 予約すれば、そば御膳(昼3500円、夜8500円)がいただけます。開館10時〜4時。 入館料500円
    引用元: ギャラリー、ミュージアムを訪ねて

  • 万葉ものがたり 03.7.19 明日香村・飛鳥藍染織館

    飛鳥藍染織館 館長の渡辺誠弥さん 館内には見事な染め物 土鈴のコレクションも見事 ビッグヒットのきんつば 明日香村にあります人気スポット、石舞台古墳のすぐ近くにある、 飛鳥藍染織館の館長の渡辺誠弥(のぶや)さんは、 NHKの元アナウンサーです。 以前から藍染に魅せられていた渡辺さんは、20年ぐらい前に、 奈良に転勤を希望され、3年ほど勤めた後、退職して、 明日香村に住み始めました。 そして、飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社(あすか・かわかみにいます・ うすたきひめのみこと・じんじゃ)の宮守(みやもり)をしながら、 12年前に、この藍染館を始められました。 ここでは、藍染のコレクションと、土鈴のコレクションが 展示されている上、藍染や土鈴の絵つけの体験もできます。 さらに、飛鳥の写真の展示もあり、また、おそばを中心とする 田舎料理がいただけて、これが大人...
    引用元: 万葉ものがたり 03.7.19 明日香村・飛鳥藍染織館

  • 「アナラポス」 - 米子の町の美味しいコーヒー屋さんが綴る『珈琲屋 吹野 物語』

    4月22日夕刻、何の前触れも無く 鈴木昭男さんがいらっしゃいました!! 鈴木さんは網野町在住のアーティストです。 この方も、桂まめださん同様、明日香村の渡辺誠弥氏のご紹介で、 2004年2月に珈琲屋吹野で「音」を奏でて戴きました。 丁度その日、お客様と鈴木さんのお話をしていたので、 まさにその当人ご登場に驚きを隠せない私でした。 トレードマークの帽子、いつもの優しい笑顔で、 私をびっくりさせようと、何も知らせず、 突然のご来訪だったようです。 前日ロンドンからお帰りになったばかり、にも拘らず、 網野町で親しくしている「kanabun」さんに誘われ、 フラ~ッと山陰の旅にいらしたとか!! いかにも鈴木さんらしい~と笑ってしまいます。 持参のカバンの中には、5年前に吹野で「音」を響かせて下さった 自作の楽器「アナラポス」がありました。 他にも、石笛や、古代の笛の音を幻想的に聴かせて戴いた あの...
    引用元: 「アナラポス」 - 米子の町の美味しいコーヒー屋さんが綴る『珈琲屋 吹野 物語』

  • NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細

    リポートにっぽん せまくなる漁場 1987年7月7日 教育 渡辺誠弥 遠洋漁業のうち北太平洋、オホーツク海、ベーリング海を漁場とする北洋 漁業はアメリカ、ソビエト、カナダなど、各国の200海里規制や母川国 主義によって、漁場がせまくなっている。北洋漁業の基地で、日本一の水 揚げのある釧路を訪ね、そこで働く人たちに実情を聞く。 http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10001200998707070130104/
    引用元: NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細

  • [ 蕎麦めちゃうま!@飛鳥藍染織館] by 関西おいしいもの

    さて、今日のお昼ご飯は、いつもの大好きな「ひょうひょう」さんをちょっとお休みして、お蕎麦ですw 石舞台古墳のすぐ近くにある「飛鳥藍染織館」の館長の渡辺誠弥さんは、NHKの元アナウンサーで、藍染と明日香に魅せられ、20年ぐらい前に退職して明日香村に住み始め、11年前に「飛鳥藍染織館」をオープン。 今では、手打ち蕎麦を中心とした田舎そば御膳や、色々なめずらしい金つばもいただけて好評なんですw ↑お店の入口
    引用元: [ 蕎麦めちゃうま!@飛鳥藍染織館] by 関西おいしいもの

  • [ 蕎麦めちゃうま!@飛鳥藍染織館] by 関西おいしいもの

    さて、今日のお昼ご飯は、いつもの大好きな「ひょうひょう」さんをちょっとお休みして、お蕎麦ですw 石舞台古墳のすぐ近くにある「飛鳥藍染織館」の館長の渡辺誠弥さんは、NHKの元アナウンサーで、藍染と明日香に魅せられ、20年ぐらい前に退職して明日香村に住み始め、11年前に「飛鳥藍染織館」をオープン。 今では、手打ち蕎麦を中心とした田舎そば御膳や、色々なめずらしい金つばもいただけて好評なんですw ↑お店の入口
    引用元: [ 蕎麦めちゃうま!@飛鳥藍染織館] by 関西おいしいもの

  • mayumiの一言メモメモ: 花蓮陀の本 慈を見て

    « 天地寿 | メイン | 満開 » 2008年5月22日 (木) 花蓮陀の本 慈を見て 先日に続き佐藤勝彦さんの本が届きました。 花蓮陀の本 慈 序 渡辺 誠弥 詩 横田 武 画 佐藤 勝彦 投稿時刻 18:11 今日の1枚 | 個別ページ トラックバック このページのトラックバックURL: http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347869/15589122 花蓮陀の本 慈を見て を参照しているブログ: コメント いいですね、こんな感じの絵。ホッとします。やっぱり水墨が好きだからかな? 投稿: 一休 | 2008年5月23日 (金) 12:15 やっぱりホッとする絵が一番ですね。ほっこり ほっと一息 投稿: mayumi | 2008年5月23日 (金) 19:44 コメントを投稿 名前: メールアドレス: (ウェブ上には掲載しません) URL...
    引用元: mayumiの一言メモメモ: 花蓮陀の本 慈を見て

  • 大阪の地域トピックス - ローミン

    東日本大震災復興チャリティー・講演会 [その他] [イベント・体験教室] 更新:11年06月21日 13時02分 (投稿:11年06月21日 13時02分) 渡辺誠弥(元NHKアナウンサー)講演会東日本大震災復興チャリティー・講演会平成23年6月29日(水)14時開演予約電話番号:0663865121(定員50名)入場料2,500円講演荘厳なる宇宙…
    引用元: 大阪の地域トピックス - ローミン

渡辺誠弥 の相関図を読込中

渡辺誠弥(わたなべのぶや) 氏名 渡辺誠弥(わたなべのぶや) ジャンル 歴史 文化 現職 伽藍洞店主 経歴 昭和39年NHKに入局。札幌,松江,東京等でアナウンサーとして主に報道番組を担当。48歳の

スポンサードリンク