湛増の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 湛増 - Wikipedia

    湛増(たんぞう、大治5年(1130年) - 建久9年5月8日(1198年6月14日))は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した熊野三山の社僧(法躰)で、21代熊野別当である。18代別当湛快の次子。源為義の娘である「たつたはらの女房(鳥居禅尼)」は、湛増の妻の母に当たる(『延慶本平家物語』)。「たつたはらの女房」を湛増の実母とし、熊野別当家の中に、ある種の愛憎劇を想定する説があるが、これは考証をともなわない説といえる。武蔵坊弁慶の父とされるが、文学的伝承のみで確証はない。湛増の子は息子が7人、娘が5人であった(「熊野別当代々次第」)。嫡男の湛顕は1155年頃に生まれ、1202年頃に死去したと考えられる。
    引用元: 湛増 - Wikipedia

  • 湛増とは - Weblio辞書

    湛増 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/05/29 01:19 UTC 版) 湛増 (たんぞう、 大治 5年( 1130年 ) - 建久 9年 5月8日 ( 1198年 6月14日 ))は 平安時代 末期から 鎌倉時代 初期にかけて活躍した 熊野三山 の社僧で、21代 熊野別当 である。18代別当 湛快 の次子。 源為義 の娘である「たつたはらの女房( 鳥居禅尼 )」は、湛増の妻の母に当たる。「たつたはらの女房」を湛増の実母とする俗説があるが、これは明らかな間違いである。 武蔵坊弁慶 の父とされるが、文学的伝承のみで確証はない。湛増の子は息子が7人、娘が5人であった。嫡男の湛顕は 1155年 頃に生まれ、 1202年 頃に死去したと考えられる。 [ 続きの解説 ] 「湛増」の続きの解説一覧 1 湛増とは 2 湛増の概要 3 外部リンク ...
    引用元: 湛増とは - Weblio辞書

  • 湛増

    湛増(たんぞう、 大治 5年( 1130年 ) - 建久 9年 5月8日 ( 1198年 6月14日 ))は 平安時代 末期から 鎌倉時代 初期にかけて活躍した 熊野三山 の社僧で、21代 熊野別当 である。18代別当 湛快 の次子。 源為義 の娘である「たつたはらの女房( 鳥居禅尼 )」は、湛増の妻の母に当たる。『 平家物語 』で 武蔵坊弁慶 の父とされるが、文学的伝承のみで確証はない。湛増の子は息子が7人、娘が5人であった。嫡男の 湛顕 は 1155年 頃に生まれ、 1202年 頃に死去したと考えられる。 1 生涯 2 参考文献 3 関連 4 外部リンク 戻る | トップへ スポンサーリンク
    引用元: 湛増

  • 湛増 - Wikipedia

    湛増 (たんぞう、 大治 5年( 1130年 ) - 建久 9年 5月8日 ( 1198年 6月14日 ))は 平安時代 末期から 鎌倉時代 初期にかけて活躍した 熊野三山 の社僧で、21代 熊野別当 である。18代別当 湛快 の次子。 源為義 の娘である「たつたはらの女房( 鳥居禅尼 )」は、湛増の妻の母に当たる。「たつたはらの女房」を湛増の実母とする俗説があるが、これは明らかな間違いである。 武蔵坊弁慶 の父とされるが、文学的伝承のみで確証はない。湛増の子は息子が7人、娘が5人であった。嫡男の 湛顕 は 1155年 頃に生まれ、 1202年 頃に死去したと考えられる。
    引用元: 湛増 - Wikipedia

  • 湛増 - goo Wikipedia

    湛増 (たんぞう、 大治 5年( 1130年 ) - 建久 9年 5月8日 ( 1198年 6月14日 ))は 平安時代 末期から 鎌倉時代 初期にかけて活躍した 熊野三山 の社僧で、21代 熊野別当 である。18代別当 湛快 の次子。 源為義 の娘である「たつたはらの女房( 鳥居禅尼 )」は、湛増の妻の母に当たる。「たつたはらの女房」を湛増の実母とする俗説があるが、これは明らかな間違いである。 武蔵坊弁慶 の父とされるが、文学的伝承のみで確証はない。湛増の子は息子が7人、娘が5人であった。嫡男の 湛顕 は 1155年 頃に生まれ、 1202年 頃に死去したと考えられる。
    引用元: 湛増 - goo Wikipedia

  • ヒノエ (ひのえ)とは【ピクシブ百科事典】

    ヒノエ、本名は藤原湛増。『 遙かなる時空の中で3 』の登場人物。 八葉で天の朱雀である。 概要 熊野水軍 に属している。軟派で女好き。主人公を「神子姫」と呼ぶこともある。八葉の中では二番目に若いが、先の先まで見据える大人びた少年で、冷静に判断を下す。明るく社交的な言動に、時折鋭い皮肉が混ざる。 彼こそが 熊野別当 (神職)と熊野水軍頭領を兼任する者であり、本名は藤原湛増。豊かな情報網と人脈をもち、自ら各地に潜入して情報を探ることもある。 地の朱雀 ・ 武蔵坊弁慶 の甥で、 天の玄武 ・ 平敦盛 とは幼馴染。また 源氏 の姫を母に持つ彼は 源九郎義経 の従兄弟にも当たるが、 平家 にも縁者がいる。その状況下において、源氏にも平家にもつかない言動が多いのは、彼が守るべき 熊野 の安寧を考えた結果の立ち振る舞いである。 運命の迷宮 における彼は、京組の 八葉 の中でも早々に現代に馴染み、高い適応...
    引用元: ヒノエ (ひのえ)とは【ピクシブ百科事典】

  • 読書日記? 2005年08月21日

    今回のメインは、弁慶が熊野別当湛増に源氏軍に付くように要請に行ったところ。 最終的に源氏に付くことは知っていたけれど、そこまでの経緯はよく知らないので、なかなか面白かったですね。実際のところ、どういう経緯で味方することになったのかはわからないけれど。 最後の方の『義経紀行』(だっけ?)で『義経記』では弁慶が湛増の本拠地の田辺の生まれだと言っていましたね。 弁慶は湛増の息子 だという説があるのですが、これは『義経記』のネタだったのか? 私が読んだ弁慶の父=湛増説は、弁慶は湛増が高貴な女性に産ませた子供だったけれど、生まれた時に異相だったために捨てられそうになったところ、哀れに思った湛増の妹が引き取って育てたと書かれていたような。 いろいろな本(二次資料ばかりですが・汗)を読んでいるので、 どの本にどういうエピソードが出ていたか、全然わからなくなってる・・・ 『義経紀行』は、 番組内で扱わなか...
    引用元: 読書日記? 2005年08月21日

  • 月〜金曜日 20時54分〜21時00分

    湛増は熊野水軍200艘の軍船と約2000人の大軍を擁して、屋島の合戦、壇ノ浦の合戦に参戦し源氏に大勝利をもたらした。湛増の源氏への加勢がその後の歴史と義経、弁慶の生涯を決定づけたとも言える。 比叡山西塔で修行を積んでいた弁慶は、京の五条大橋で幼少時代の義経に出会い、戦いを挑んで敗れ終生家来として義経に尽くした。最後には兄・頼朝に追われた義経を守り、奥州・平泉の衣川の地で全身に矢を受けて立ち往生した。義経に従った弁慶の武勇伝は伝説的な部分も多いが、平家物語、義経記、源平盛衰記のほか、歌舞伎、芝居、映画などで紹介されてきた。 (写真は 弁慶産湯の釜)
    引用元: 月〜金曜日 20時54分〜21時00分

  • 武蔵坊弁慶 - 百科事典ディスマス

    熊野別当 湛増 (『 義経記 』では「弁しょう」、『弁慶物語』では弁心)が、二位 大納言 の姫を強奪して生ませたとされる。母の胎内に18ヶ月(『弁慶物語』では3年)いて、生まれたときには2、3歳児の体つきで、髪は肩を隠すほど伸び、奥歯も前歯も生えそろっていたという。父はこれは鬼子だとして殺そうとしたが、叔母に引き取られて 鬼若 と命名され、京で育てられた。
    引用元: 武蔵坊弁慶 - 百科事典ディスマス

  • 2008年07月のブログ|たんどぅのペラペラ日記

    毎年弁慶祭の初日に行われています。 熊野別当湛増の下に待望の男子が誕生します。 しかし、その赤子は母親の体内に十八か月もいて、 生まれた時には髪の毛は肩まで伸びて、 歯も生え揃っていました。 湛増は鬼神の生まれ変わりと思い 『鬼若(おにわか)』と名付けます。 鬼若は京の大納言に育てられますが、 七歳になっても荒々しい行いが治らないので 比叡山の慶俊僧正に預けられます。 しかし比叡山でも喧嘩や争いが絶え間なく続くので、 山を下りる事となります。山を下りる際、僧正様に『武蔵坊弁慶』と 名づけられました。 武蔵坊弁慶は五条の橋で義経と出会い、 主従の関係となり、平家追討を目指します。 一の谷の闘いと、屋島の闘いで平家を破った義経は 舟戦となろう壇ノ浦の闘いに備えて、 当時最強を誇った熊野水軍に加勢を求めるため、 熊野別当湛増のもとへ弁慶を向かわせました。 湛増・弁慶三十年振りの父子対面。 弁慶は...
    引用元: 2008年07月のブログ|たんどぅのペラペラ日記

  • 湛増のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

    記 事 ブロガー 画 像 ウェブ レシピ 湛増 の検索結果 戦国IXA/新規会員登録ページ SQUARE ENIX提供の本格オンラインゲーム。登録はコチラ gameinfo.yahoo.co.jp ウェブ検索結果 (最新記事一覧) 1. 湛増 - Wikipedia 湛増 (たんぞう、大治5年(1130年) - 建久9年5月8日(1198年6月14日))は平安時代 末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した熊野三山の社僧で、21代熊野別当である。18代 別当湛快の次子。源為義の娘である「たつたはらの女房(鳥居禅尼)」は、 湛増 の妻の母 ... ja.wikipedia.org 2. 平家物語11 湛増 、壇ノ浦へ:熊野の説話 2008年12月27日 ... 熊野別当 湛増 (たんぞう)は、平家につくべきか、源氏につくべきかと言って、田辺の新 熊野(※たなべのいまぐまの:...
    引用元: 湛増のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

  • 姫乃のウェブカレ : ウェブカレ - 無料の乙女ゲーム

    ウェブカレ プロフィール 藤原 湛増 と他のウェブカレとの親密度 0% 相葉 駿 ( 時子 のカレ) 0% 草間 ユウ ( 夜咲 桜 のカレ) 0% 鰯水 等 ( すこ のカレ) 0% 鉢屋 三郎 ( ks のカレ) 0% 相葉 駿 ( ゆい のカレ) 0% 鉢屋 三郎 ( risll のカレ) 姫乃のウェブカレ:藤原 湛増 藤原 湛増 の姫乃への愛情度 0% 評判 普通 授業中です ふところ ほっくほく ほっくほく 体力 普通 普通 気力 充実 充実 天気 晴れ 藤原の最近のツツカレ マップ ランダム 姫乃のウェブトモのみ 学校 部屋 タウン 繁華街 人気のドリームイベントTOP3 0 魔性な出会い(… 作成者...
    引用元: 姫乃のウェブカレ : ウェブカレ - 無料の乙女ゲーム

  • 庵のウェブカレ : ウェブカレ - 無料の乙女ゲーム

    ウェブカレ プロフィール 藤原 湛増 と他のウェブカレとの親密度 0% 榛名 モトキ ( ゆう のカレ) 0% 秋丸 恭平 ( たすく のカレ) 0% 相葉 駿 ( たすく のカレ) 0% 入江 正一 ( たすく のカレ) 0% 綾川 司 ( さなえ のカレ) 0% 相葉 翔 ( あかね のカレ) 庵のウェブカレ:藤原 湛増 藤原 湛増 の庵への愛情度 0% 評判 普通 授業中です ふところ あたたかい あたたかい 体力 元気 元気 気力 充実 充実 天気 晴れ 藤原の最近のツツカレ マップ ランダム 庵のウェブトモのみ 学校 部屋 タウン 繁華街 人気のドリームイベントTOP3 0 魔性な出会い(… 作成者: ...
    引用元: 庵のウェブカレ : ウェブカレ - 無料の乙女ゲーム

  • 湛増 - Yahoo!百科事典

    湛増(たんぞう) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] 生没年不詳。平安末期から 鎌倉幕府 成立期にかけて、熊野(くまの)水軍を率いて活躍した熊野新宮 別当 (しんぐうべつとう)。 熊野別当 湛快(たんかい)の子。 平氏政権 下では平氏に加担していたが、 源頼朝 (よりとも)の挙兵後、形勢が源氏に傾くのを察知し、源氏支持に転じた。1181年(養和1) 正月 に湛増の従類が、平氏の拠点の一つとなっていた伊勢志摩(いせしま)に来襲、 伊勢神宮 に乱入し、山田・宇治両郷の人屋を焼失し資財を奪取している。85年(文治1) 2月 、湛増は 源義経 (よしつね)に従って四国に渡り戦功があり、上総(かずさ)国(千葉県)畔蒜荘(あびるのしよう)を与えられている。翌86年 9月 湛増は源頼朝のもとに使者を送り、 法印 に叙せられた礼物として綾(あや)30端を献じようとしたところ、頼朝から、 荘園 などは神...
    引用元: 湛増 - Yahoo!百科事典

湛増 の相関図を読込中

湛増(たんぞう、大治5年(1130年) - 建久9年5月8日(1198年6月14日))は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した熊野三山の社僧(法躰)で、21代熊野別当である。18代別当湛快の次子

スポンサードリンク