漆原次郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 漆原 次郎 - 株式会社洋泉社 雑誌、新書、ムックなどの出版物に関する案内。

    漆原 次郎名前 漆原 次郎 カナ ウルシハラ ジロウ プロフィール1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書などを編集したあと,フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに環境 エネルギー分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。早稲田大学大学院科学技術ジャーナリスト養成プログラム修士課程修了。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。このページのトップへ
    引用元: 漆原 次郎 - 株式会社洋泉社 雑誌、新書、ムックなどの出版物に関する案内。

  • 福島の土壌はこうすれば生き返る|食の安全|JBpress

    漆原 次郎 Jiro Urushibara 1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。早稲田大学大学院科学技術ジャーナリスト養成プログラム修了。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。 食の安全 食の安全に対して国民の関心が高まっている。国民が健康を意識しているのはもちろんだが、今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。このコラムでは、日本や世界における食の安全への取り組みを様々な角度から取り上げていく。 >>最新記事一覧へ
    引用元: 福島の土壌はこうすれば生き返る|食の安全|JBpress

  • 植物工場の野菜が甘く巨大に育つ理由|食の安全|JBpress

    漆原 次郎 Jiro Urushibara 1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。早稲田大学大学院科学技術ジャーナリスト養成プログラム修了。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。 農業改革 就業者の高齢化と減少、国際競争力の欠如など、様々な問題を抱える日本の農業。農業改革が遅々として進まないのはなぜか。農業を覆う問題の構造を明らかにし、あらゆる方面から日本の農業を立ち直らせる方策を探る。 >>最新記事一覧へ
    引用元: 植物工場の野菜が甘く巨大に育つ理由|食の安全|JBpress

  • オンライン書店ビーケーワン:図解次世代エネルギーの基本からカラクリまで ...

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、手配できない場合がございます 漆原 次郎著 税込価格: ¥1,260(本体 : ¥1,200) bk1ポイント倶楽部 : 12 ポイント(1%進呈) 出版:洋泉社 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 21cm / 183p 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 1 ISO50001の基本と仕組みがよ〜くわかる本 ビル・工場のための地球温暖化対策マニュアル 次世代環境ビジネス この機能について Powerd by TEAM☆LAB Inc. 内容説明 エネルギーの基礎知識をまとめるとともに、注目の次世代エネルギー技術を多面的に紹介。さ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:図解次世代エネルギーの基本からカラクリまで ...

  • 原発と次世代エネルギーの未来がわかる本 洋泉社mook【Books ...

    Check Tweet 漆原次郎監修 原発と次世代エネルギーの未来がわかる本 洋泉社mook レビューを書いてみませんか? 通常価格(税込) : ¥1,260 出荷目安について : 在庫あり - 通常24時間以内に出荷します ポイントについて : 100円に付き1ポイント 商品の詳細 ジャンル : 科学技術・工学 カタログNo : 9784862487490 フォーマット : Books 出版社 : 洋泉社 発行年月 : 2011年06月 発売国 : 日本 %%header%% %%message%% 特典情報/トピックス 追加情報 21cm,239p HMV レビュー 未来のエネルギーはどうあるべきか。岐路にたつ原子力発電の現状を紹介し、次世代エネルギーのしくみ、業界、政策、そして未来をわかりやすく解説す...
    引用元: 原発と次世代エネルギーの未来がわかる本 洋泉社mook【Books ...

  • 科学技術のアネクドート

    プロフィール 漆原次郎 1975年、神奈川県生まれ。大学の英会話部所属時代から、尊厳死、サマータイム制、地震防災、発癌性食品など、科学技術関連のスピーチ原稿を作る。大学卒業後、数研出版一般書編集部で科学の分野を中心に8年間書籍を編集して退社。2006年春から、執筆、編集、デザインの仕事をしながら、早稲田大学大学院科学技術ジャーナリスト養成プログラム(MAJESTy)で科学技術ジャーナリズムを研究中。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。 お仕事、募集中 執筆、編集、デザインなどご用命のある方、雇ってみようかという奇特な方、お気軽に下記メールアドレスまで、ご連絡をよろしくお願いします! アドレス:jdc6451@a1.mnx.ne.jp(←@を半角にしてください) 執筆歴 ●「毛利衛 本との出会い」 『果てしない宇宙のなかで思う未来のこと』 (毛利衛・林公代著)の中のページ ●「『第2の緑の革...
    引用元: 科学技術のアネクドート

  • 『生物と無生物のあいだ』〜福岡伸一著(評:漆原次郎)読破時間5:31 ...

    漆原 次郎(うるしはら・じろう) 1975年生まれ。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、物書きに。小難しいけれど魅力的な科学技術の世界を伝える方法を研究している。小話ブログ「 科学技術のアネクドート 」日々更新中。
    引用元: 『生物と無生物のあいだ』〜福岡伸一著(評:漆原次郎)読破時間5:31 ...

  • 読本「命のリング」 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    文・漆原次郎 黒岩 常祥 くろいわ・つねひさ 昭和16年(1941年)12月13日生まれ。細胞(さいぼう)が分裂(ぶんれつ)するときに細胞の中で繰(く)り広(ひろ)げられる現象(げんしょう)を観察(かんさつ)してきた。中でも、他の研究者がほとんど注目してこなかった葉緑体(ようりょくたい)(色素体(しきそたい))やミトコンドリアの分裂(ぶんれつ)や遺伝(いでん)に目を向け、そのしくみを明らかにする研究(けんきゆう)をしてきた。研究を進めるために、みずから顕微鏡(けんびきょう)を作ることもある。いまは、これらのしくみを分子レベルで解くために、植物の全設計図(せつけいず)であるゲノム(DNA)の全遺伝情報(じょうほう)を読み解く研究もしている。 植物や動物には、生き物として共通する基本的(きほんてき)なしくみがあるはずだ。黒岩常祥さんは、すべての植物のみどりのもとである葉緑体が分裂・増殖(ぞうし...
    引用元: 読本「命のリング」 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • 読本「命のみなもと」 杉浦 昌弘:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    文・漆原次郎 杉浦 昌弘 すぎうら・まさひろ 昭和11年(1936年)9月25日生まれ。留学先のアメリカ、広島大学、京都大学、国立遺伝学研究所、名古屋大学などで、生命のしくみを設計図(遺伝子)から探る研究をしてきた。いまは、名古屋大学の名誉教授、名古屋市立大学の名誉教授、椙山女学園の客員研究員として、植物のみどりがもっている自然の力を人間のくらしにいかすための研究をつづけている。 木かげから空を見上げると、日の光で明るくなった葉っぱが目に入ってくる。自然のみどりは、見ているだけでも心を気もちよくさせてくれる。でも、みどりから受ける自然のめぐみはそれだけではない。その色は、私たちに生きる力をあたえてくれる、命のみなもとの色でもあるのだ。 杉浦昌弘さんは、草木のみどりの色のもとであり、栄養や酸素を生みだしてくれる「葉緑体」のつくりを、生き物のとても小さな「設計図」を読むことで調べた。 親友との...
    引用元: 読本「命のみなもと」 杉浦 昌弘:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • 『失楽園』の「ベキ法則」とは?〜『非線形科学』<br>蔵本由紀著(評 ...

    漆原 次郎(うるしはら・じろう) 1975年生まれ。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、物書きに。小難しいけれど魅力的な科学技術の世界を伝える方法を研究している。小話ブログ「 科学技術のアネクドート 」日々更新中。
    引用元: 『失楽園』の「ベキ法則」とは?〜『非線形科学』<br>蔵本由紀著(評 ...

  • 身を守る科学知識/国内の放射線の基準値はどのように決まるのか(週刊東洋 ...

    Webページを検索 漆原次郎/広島・長崎「原爆被爆者」 WHO IAEA 日本学術会議・唐木英明 国際放射線防護委員会(ICRP) 国立がん研究センター 甲状腺がん他 エキサイトブログを検索 漆原次郎/広島・長崎「原爆被爆者」 WHO IAEA 日本学術会議・唐木英明 国際放射線防護委員会(ICRP) 国立がん研究センター 甲状腺がん他
    引用元: 身を守る科学知識/国内の放射線の基準値はどのように決まるのか(週刊東洋 ...

  • 読本「命をつたえる」 矢原 徹一:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    文・漆原次郎 矢原 徹一 やはら・てつかず 昭和29年(1954年)5月1日生まれ。福岡県の野山で植物の採集(さいしゅう)をして少年時代をすごしたあと、京都大学へ入学した。京都大学では、いろいろな植物が次の世代をどのようにつくるかを調べた。その後、植物の花と昆虫 の関わりあいについて調べるなど、分野をこえた研究も行ってきた。いまは、生物の多様性(たようせい)を保つための研究や活動にも取り組んでいる。 私たちの住んでいる地球は「みどりの星」ともいわれる。それだけ、私たちは植物の豊かなみどりのなかで暮らしているということだ。その、みどりの葉をつける植物には、ほんとうにさまざまな種類があり、それぞれが形や特徴(とくちょう)をもっている。矢原徹一さんが、植物の研究者になる人生を選んだのも、植物の種類の豊富さに魅力(みりょく)を感じたからだった。 「やりたかったことに取り組んでみよう」 矢原さんは、...
    引用元: 読本「命をつたえる」 矢原 徹一:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • [詳細表示]

    分類 501.6 書名 ズカイ ジセダイ エネルギ- ノ キホン カラ カラクリ マデ ワカル ホン 図解次世代エネルギーの基本からカラクリまでわかる本 叢書名 ヨウセンシヤ ムツク 洋泉社MOOK 著者名1 ウルシハラ ジロウ 漆原 次郎/著 出版者 ヨウセンシヤ 洋泉社 件名 エネルギ- 件名 エネルギー 出版年 201001 ページ 183p サイズ 21cm ISBN 4-86248-485-7 内容紹介 エネルギーの基礎知識をまとめるとともに、注目の次世代エネルギー技術を多面的に紹介。さらに、次世代エネルギー資源を普及させるための政策・計画・法律なども取り上げる。 著者紹介 〈漆原次郎〉1975年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学大学院科学技術ジャーナリスト養成プログラム修士課程修了。フリーラン...
    引用元: [詳細表示]

漆原次郎 の相関図を読込中

漆原 次郎名前 漆原 次郎 カナ ウルシハラ ジロウ プロフィール1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書などを編集したあと,フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに環境 エネルギ

スポンサードリンク