片岡八郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 王寺町ホームページ 片岡八郎物語

    その後の片岡八郎 明治14年(1881年),花折塚の碑を建立することがきまり,同15年10月25日に建設工事が完成した記念の式典が開かれ,多くの人々が参列して,山間の地にしては盛大な催しでした。 大正4年(1915年)11月10日,国から片岡八郎(利一)の,忠義な行動に対して「正五位」が贈られました。片岡八郎が十津川で討死して580年以上もたっていますが,世の中の乱れを治めるために功績を残したことを認めたものです。 片岡八郎の墓(達磨寺)
    引用元: 王寺町ホームページ 片岡八郎物語

  • 片岡八郎 とは - コトバンク

    kotobank > 片岡八郎とは 片岡八郎 【かたおか-はちろう】 1件の用語解説(片岡八郎で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 片岡八郎 かたおか-はちろう &nbsp ?-1332 鎌倉時代の 武士 。 大和(奈良県)の人。元徳3= 元弘 (げんこう) 元年 (1331)護良(もりよし) 親王 が 京都 をのがれて 十津川 に 潜伏 したとき,赤松則祐(のりすけ)らとともに 随従 する。さらに親王にしたがって 吉野 方面 にむかおうとして玉置 荘司 の盛高の 襲撃 にあい,親王を 護衛 して 抗戦 したが,正慶(しょうきょう)元=元弘2年 戦死 した。名は利一。 片岡物産公式オンラインSHOP モンカフェ・トワイニング等、5250円以上お買い上げで≪送料無料≫ select-foods.com 片岡大特集 買えば貯...
    引用元: 片岡八郎 とは - コトバンク

  • 花折塚 - 全国旅そうだん

    (ハナオリヅカ) 史跡 奈良県 | 吉野郡十津川村 元弘2年(1332年)、熊野別当定遍の軍勢と戦い討死した、大塔宮護良親王の忠臣片岡八郎の墓所です。後年道行く人々が、花を折って供えたところから折花塚(おりはなづか)と呼ばれ、後に花折塚と称せられるようになりました。 時代 元弘(1331〜1334) 所在地 〒647-1581 奈良県吉野郡十津川村神下 交通アクセス ●大和八木駅からバスで240分 => 折立からタクシーで40分 ●五条駅からバスで180分 => 折立からタクシーで40分 ●新宮駅からバスで130分 => 十津川温泉からタクシーで40分 見学・所要時間 20分 問合せ先 十津川村教育委員会 〒637-1333 奈良県吉野郡十津川村大字小原225-1 TEL 0746-62-0003 , FAX 0746-62-0522 , MAIL kyouik...
    引用元: 花折塚 - 全国旅そうだん

  • 掛声喫茶晴瑠屋

    ◆ 二代目、当代「紀尾井町」と「天王寺屋」 ++ トムヤムクン yukiさん今晩は!今回「矢車会」の「勧進帳」で当代(松緑)が片岡八郎を演じたのですが、天王寺屋さんが弁慶役でクライマックス「飛び六法」で引っ込むまでの入魂の踊りを続けている間、それを後ろから見ながら当代が涙を流して泣いていました。 まだ若いうちに二代目、三代目と後ろ盾を無くしてしまい、一番心細く寂しかった時期に、時には厳しく時にはやさしく化粧の仕方の細かい所から始まって、一番親身になって面倒を見てくれたのは他の誰でもない天王寺屋さんでした。 当代も「おじさん、おじさん」と慕っているので、足の状態も決して万全でなく「傘寿」を迎えた年齢で奮闘している姿を見て、きっと大好きだった二代目と重ね合わせて見てしまい、感極まってしまったのでしょう。 多分、心の中で「天王寺屋!」と声を掛け続けていたのではないかと勝手に想...
    引用元: 掛声喫茶晴瑠屋

  • 片岡常春 - Wikipedia

    『 義経記 』では、 片岡経春 (片岡八郎)が義経の都落ちに従い、文治5年( 1189年 ) 閏 4月 に 平泉 で自害した義経に殉じたとしている。兄弟とみられる弘経は都を落ちる義経に同行しているが、常春が都落ち後の義経に従っていたかどうかは不明。平泉付近には、彼が討ち死にした場所に植えられたという「片岡の松」が保存されている。
    引用元: 片岡常春 - Wikipedia

  • 片岡常春 - 百科事典ディスマス

    『 義経記 』では、 片岡経春 (片岡八郎)が義経の都落ちに従い、文治5年( 1189年 ) 閏 4月 に 平泉 で自害した義経に殉じたとしている。兄弟とみられる弘経は都を落ちる義経に同行しているが、常春が都落ち後の義経に従っていたかどうかは不明。平泉付近には、彼が討ち死にした場所に植えられたという「片岡の松」が保存されている。
    引用元: 片岡常春 - 百科事典ディスマス

  • 四天王 - 市川猿三郎 二輪草紙 - Yahoo!ブログ

    私が今月の『熊谷陣屋』においてのお役 片岡八郎。 先月の『吉野山』の早見藤太のセリフでもございました。 「亀井.片岡.伊勢.駿河」 亀井六郎 片岡八郎 伊勢三郎 駿河次郎。 これらの名前は云うまでもなく 義経の四天王ですが、『義経千本桜』では 鳥居前 渡海屋 船矢倉 大物浦 と登場いたします。 そして 四の切では そのうちの亀井六郎と駿河次郎の二人 そして大詰め 花矢倉でまた 四人と大活躍です。 そして すし屋の場面では 別に梶原の四天王が登場します。 他にも 源頼光の四天王は 渡辺綱 (わたなべのつな) 坂田金時(さかたのきんとき 有名な金太郎さんです) 卜部季武(うらべすえたけ) 碓井貞光(うすいさだみつ) 等。 (『茨木』に登場するのは渡辺の綱 4人では『土蜘蛛』や『酒天童子』の折に 登場いたしますね。) この源頼光の四天王が主役の『四天王楓江戸粧』(してんのうもみじのえどくま) と...
    引用元: 四天王 - 市川猿三郎 二輪草紙 - Yahoo!ブログ

  • 歴史りんく。

    検索 八郎 で検索…11件のサイトが見つかりました。 サイト 1 - 11 (全11件) つわものどもが夢の跡 (2010/10/10) [ パーソナル追加 ][ 変更 ] 源九郎義経そして郎党の片岡八郎について少々調べています。 ブログ「昔むかしへ散歩道」 (2010/6/1) [ パーソナル追加 ][ 変更 ] 日本人の多くは坂本龍馬になれる! ちょっぴり悪いことがしたいの (2010/4/24) [ パーソナル追加 ][ 変更 ] 箱館戦争、226事件メイン。女性向けというより男性向け色が強いです。 結びかりがね (2005/12/25) [ パーソナル追加 ][ 変更 ] 真田信幸メインに家臣団・史跡・関連書籍・イラスト等々を紹介しております。幕末(伊庭八郎・二本松)も扱ってます☆。 三國商店(人形劇三国志大百科通販HP) (2004/12/27) [ ...
    引用元: 歴史りんく。

  • 花折塚

    本文 花折塚 元弘2年(1332)、熊野別当定遍の軍勢と戦い討死した、大塔宮護良親王の忠臣片岡八郎の墓所です。後年道行く人々が、花を折って供えたところから折華塚(おりはなづか)、後に花折塚と称せられるようになりました。 お問い合わせ 十津川村役場 観光振興課 電話:0746-62-0004(直)・0746-62-0001(代) Fax:0746-62-0210 E-mail: kankou@vill.totsukawa.lg.jp
    引用元: 花折塚

  • 『二代目中村錦之助』人物情報 - NAVER人物検索

    テレビ 『 塚原卜伝 』 (2011年10月) 出演 卜部吉川覚賢役 映画 『熊谷陣屋』 出演 片岡八郎役 (2011年10月) 公演 『身替座禅』 出演 山陰右京役 (2010年07月03日) 公演 『時今也桔梗旗揚』 出演 (2009年09月02日) 経歴 「二代目中村錦之助」 襲名 (2007年04月) 公演 『鬼一法眼三略巻-菊畑』 出演 (2007年04月) 公演 『双蝶々曲輪日記-角力場』 出演 放駒長吉役 (2007年04月) デビュー 『宮島のだんまり』 初舞台 「中村信二郎」名義 (1964年07月) 公演 『宮島のだんまり』 出演 梢役 (1964年07月) 公演 『金閣寺』 出演 鬼藤太役 公演 『二蓋笠柳生実記』 出演 歌五郎役 公演 『義経千本桜』 出演 主馬小金吾役 公演 『大石最後の一日』...
    引用元: 『二代目中村錦之助』人物情報 - NAVER人物検索

  • 商品一覧|あなたの本をお届けします|ブックサービス

    1. うつスポ-ツ テニス・卓球・バドミントン 山本邦夫 監修 / 片岡八郎 文 / フォ-ト・キシモト 写真 岩崎書店 1990年03月 単行本 9784265040025 2,415円 取り寄せ不能
    引用元: 商品一覧|あなたの本をお届けします|ブックサービス

  • 王寺町ホームページ 伝説・昔話

    伝説・昔ばなし 王寺町の長い歴史のなかで いろいろな伝説・昔ばなしが 語り継がれています。 そんな珠玉の物語を ご紹介します。 | HOME | BACK | ○ 飢人伝説 ○ 片岡八郎物語 ○町内に残る伝説 あしたの原 弁慶の7つの石 送迎 雪丸 法隆寺まで続く穴 夫婦岩 ナモデ踊り
    引用元: 王寺町ホームページ 伝説・昔話

  • 刺青・タトゥーブログ//関東城南彫初代彫武【東京都大田区】

    奥州高館合戦自衣白龍昇天 義経 片岡八郎 この二体は歌川派風に仕上げました。 仕上がりが楽しみです☆ Posted at 2010年08月31日 19時35分18秒 / コメント( 0 ) / トラックバック( 0 )
    引用元: 刺青・タトゥーブログ//関東城南彫初代彫武【東京都大田区】

  • 勧進帳 120周年記念 2007.5.8 W184

    勧進帳 120周年記念 2007.5.8 W184 3日に歌舞伎座「團菊祭」の昼の部をみてきました。 主な配役 弁慶 團十郎 富樫 菊五郎 義経 梅玉 亀井六郎 友右衛門 片岡八郎 家橘 駿河次郎 右之助 常陸坊海尊 團蔵 「勧進帳」のあらすじは こちら です。 明治20年に、麻布鳥居坂の外務大臣井上馨邸で初めて行われた天覧歌舞伎から今年で120年。今月は歌舞伎にとって重要な意味を持つこの公演を記念して、当時も上演された「勧進帳」が上演されました。 当時は弁慶を團十郎、富樫を初代左團次、義経を五代目歌右衛門というメンバーで上演。4月26日から4日間に渡って行われたこの催しの演目は、「勧進帳」の他、九代目團十郎の「高時」、五代目菊五郎の「操り三番叟」、舞踊劇「漁夫の月見」「元禄踊」、天皇御所望の「山姥」「夜討曽我」、「寺子屋」などだったと、河竹登志夫氏が筋書...
    引用元: 勧進帳 120周年記念 2007.5.8 W184

  • esasi-24.html

    源平盛衰記に登場する片岡常春と片岡為春の兄弟は、平家物語で「かたおかのたろうつねはる」義経記では「片岡八郎経春」として語られている。片岡兄弟を探して吾妻鏡を読んでみると、またまた謎が生まれてくる。
    引用元: esasi-24.html

  • 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「八代目坂東三津五郎」

    (左)二代目嵐みんし【亀井六郎】、(中央後)市川市十郎【片岡八郎】、(中央手前)二代目坂東吉弥【伊勢三郎】、(右)八代目坂東三津五郎【武蔵坊弁慶】 昭和32年4月 中座
    引用元: 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「八代目坂東三津五郎」

  • 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「二代目坂東吉弥」

    (左)二代目嵐みんし【亀井六郎】、(中央後)市川市十郎【片岡八郎】、(中央手前)二代目坂東吉弥【伊勢三郎】、(右)八代目坂東三津五郎【武蔵坊弁慶】 昭和32年4月 中座
    引用元: 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「二代目坂東吉弥」

  • 21世紀の森 紀伊半島森林植物公園[スポット詳細]-じゃらん観光ガイド

    観光エリア : 奈良 > 吉野・奥吉野 花折塚 21世紀の森 紀伊半島森林植物公園から約3.3km 元弘2年(1332年)、熊野別当定遍の軍勢と戦い討死した、大塔宮護良親王の忠臣片岡八郎の墓所です。後年道行く人々が、花を折って供えたところから折花塚(おりはなづか)と呼ばれ、後に花折塚と称せられるようになりました。 奈良県吉野郡十津川村神下 【アクセス】 大和八木駅からバスで、折立からタクシーで、徒歩で/五条駅からバスで、折立からタクシーで、徒歩で/新宮駅からバスで、十津…
    引用元: 21世紀の森 紀伊半島森林植物公園[スポット詳細]-じゃらん観光ガイド

  • 達磨寺 (だるまじ)~続・大和七福八宝巡り【2010年12月奈良 ...

    聖徳太子御遺跡第十九番札所 。 臨済宗南禅寺 達磨寺(だるまじ) 山号は片岡山。 これまで、達磨寺にまつわるおはなしを紹介してきました。 だるまと聖徳太子の不思議な、ふしぎなおはなし。 忠義の人 片岡八郎利一 【太平記「大塔宮熊野落ち」より】 戦国の梟雄・松永久秀の墓 すこし達磨寺についてご紹介しましょう。 達磨寺、JR西日本・王寺駅から、国道168号を南にくだったところにあります。 左手が国道168号線。駐車場は広く、普通車で10台以上。 観光バスが3台、停車することができます。 この看板が目印ですね。 達磨寺は、それほどひろくありません。 本堂をぐるりと囲むように、 一夜竹、雪丸のお墓 、 片岡八郎利一 、 戦国の梟雄・松永久秀の墓 とみどころ(?)がいっぱいです。 境内には達磨寺1号墳・2号墳・3号墳と、3基の古墳が存在します。 祠がある1号古墳。 こんもりもりあがりをみせる2号古墳...
    引用元: 達磨寺 (だるまじ)~続・大和七福八宝巡り【2010年12月奈良 ...

  • 観光MAP-じゃらんnet

    花折塚 元弘2年(1332年)、熊野別当定遍の軍勢と戦い討死した、大塔宮護良親王の忠臣片岡八郎の墓所です。後年道行く人々が、花を折って供えたところから折花塚(おりはなづか)と呼ばれ、後に花折塚と称せられるようになりました。 地図で位置を確認
    引用元: 観光MAP-じゃらんnet

  • townweb.e-okayamacity.jp/asahi-r/<b>...</b>

    朝日八幡宮 (あさひはちまんぐう) 東片岡の宮の尾地区の妹岡山にある神社(もと村社)で、祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后の三柱である。片岡八郎経春の子経明が1186年8月(また他の説では1199年8月)片岡氏の氏神として、山城の国男山八幡宮(石清水八幡宮)を勧請して祀ったのがはじまりという説と、1827年に書かれた「東片岡村八幡宮通夜物語」によれば、源義経の家臣、片岡経春は源平合戦の忠勤により当国を賜って、大附城(大着城)に居城した。当時この地を入賀村と言っていたが、その守護神として八幡宮を勧請という説が残っている。延慶年間「1308〜1311年」に入賀村は片岡村と改名される。祭日は10月12日であるが近年はそれに近い日曜日に行う。御輿は地区当番でかついでいる。1687年、1738年、1791年の三枚の棟札が残っている。
    引用元: townweb.e-okayamacity.jp/asahi-r/<b>...</b>

片岡八郎 の相関図を読込中

その後の片岡八郎 明治14年(1881年),花折塚の碑を建立することがきまり,同15年10月25日に建設工事が完成した記念の式典が開かれ,多くの人々が参列して,山間の地にしては盛大な催しでした。

スポンサードリンク