田口直人の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 田口直人 - Wikipedia

    田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代十日町市長。新潟県中魚沼郡川西町(現十日町市)大字木落出身。萬歳章(JA新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。
    引用元: 田口直人 - Wikipedia

  • 田口直人 - BIGLOBE百科事典

    田口直人 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意 日本 の政治家 田口直人 たぐち なおと 生年月日 1946年 1月24日 (65歳) 出生地 新潟県 中魚沼郡 川西町 大字木落720 出身校 新潟県立加茂農林高等学校 農業土木科卒業 所属政党 無所属 公式サイト 田口直人公式サイト 十日町市長 当選回数 1回 任期 2005年 5月1日 - 2009年 4月30日 田口 直人 (たぐち なおと、 1946年 1月24日 - ) は 日本 の 政治家 。初代 十日町市 長。 新潟県 中魚沼郡 川西町 (現十日町市)大字木落出身。萬歳章( JA 新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。 目次 1 経歴 2 公約 3 関連項目 4 外部リンク 経歴 19...
    引用元: 田口直人 - BIGLOBE百科事典

  • 田口直人 - Wikipedia

    田口直人 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 日本 の政治家 田口直人 たぐち なおと 生年月日 1946年 1月24日 (65歳) 出生地 新潟県 中魚沼郡 川西町 大字木落720 出身校 新潟県立加茂農林高等学校 農業土木科卒業 所属政党 無所属 公式サイト 田口直人公式サイト 十日町市長 当選回数 1回 任期 2005年 5月1日 - 2009年 4月30日 表 ・ 話 ・ 編 ・ 歴 田口 直人 (たぐち なおと、 1946年 1月24日 - ) は 日本 の 政治家 。初代 十日町市 長。 新潟県 中魚沼郡 川西町 (現十日町市)大字木落出身。 萬歳章 ( JA 新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。 目次 1 経歴 2 公約 3 関連項目 4 外部リンク [...
    引用元: 田口直人 - Wikipedia

  • 田口直人 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    田口直人 - Wikipedia 田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代十日町市長。 新潟県中魚沼郡川西町(現十日町市)大字木落出身。萬歳章(JA新潟中央会会長)とは、 加茂農林高校の同級生。 ... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8F%A3%E7%9B%B4%E4%BA%BA 田口直人 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー] 田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。 http://spysee.jp/%E7%94%B0%E5%8F%A3%E7%9B%B4%E4%BA%BA/1053174/ 田口直人 検定 - けんてーごっこ 田口直人 検定( 田口直人 について、( )に当てはまる語句として最も適当なものを選んで ください。)-Q: 田口直...
    引用元: 田口直人 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 田口直人 - エキサイト キーワード

    田口直人 - 2011-06-30 フリー百科事典 ウィキペディアより 田口直人 田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代十日町市長。 新潟県中魚沼郡川西町(現十日町市)大字木落出身。萬歳章(JA新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。 経歴 1965年(昭和40年) - 新潟県立加茂農林高等学校(… http://ja.wikipedia.org/wiki/田口直人 ウェブサイト 田口直人 - Wikipedia 田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代十日町市長。 新潟県中魚沼郡川西町(現十日町市)大字木落出身。萬歳章(JA新潟中央会会長)とは、 加茂農林高校の同級生。 ... ja.wikipedia.org/wiki/田口直人 田口直人 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー] ...
    引用元: 田口直人 - エキサイト キーワード

  • 田口直人 - 百科事典ディスマス

    田口直人 百科事典 | ウェブ | 画像 | 動画 | 商品 日本 の政治家 田口直人 たぐち なおと 生年月日 1946年 1月24日 (65歳) 出生地 新潟県 中魚沼郡 川西町 大字木落720 出身校 新潟県立加茂農林高等学校 農業土木科卒業 所属政党 無所属 公式サイト 田口直人公式サイト 十日町市長 当選回数 1回 任期 2005年 5月1日 - 2009年 4月30日 田口 直人 (たぐち なおと、 1946年 1月24日 - ) は 日本 の 政治家 。初代 十日町市 長。 新潟県 中魚沼郡 川西町 (現十日町市)大字木落出身。萬歳章( JA 新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。 目次 1 経歴 2 公約 3 関連項目 4 外部リンク 経歴 1965年(昭和40年) - 新潟県立加茂農林高等学校 (農業土...
    引用元: 田口直人 - 百科事典ディスマス

  • 田口直人の徒然日記

    プロフィール 田口直人 Taguchi Naoto 昭和21年(1946) 1月24日生まれ 新潟県十日町市長 最近の記事 新年度のスタートにあたり (04/03) 新年度予算が成立しました (03/19) 十日町事務所開きのご案内 (02/27) 抗議市民集会を開催します (02/26) 第60回十日町雪まつりと信濃川水問題 (02/24) 月別アーカイブ 2009年04月 (1) 2009年03月 (1) 2009年02月 (4) ブロとも申請フォーム この人とブロともになる リンク 田口直人オフィシャルウェブサイト Template Designers ヒヨコ君増殖中 Powered by FC2BLOG FC2Ad FC2ブログ
    引用元: 田口直人の徒然日記

  • 十日町新聞: 2006年09月の記事

    田口直人十日町市長は19日、市役所で定例記者会見を行い、大地の芸術祭の総括、ほくほく線沿線の震災対策、魚沼地域の医療高度化フレーム案を中心に懸案事項についての見解を示した。この中で大地の芸術祭について、期間中の入り込み客は合計で34万8997人に及び、3年前の第2回から70%増、約14万4千人増えたと説明。継続開催を前向きに検討していく姿勢を改めて示した。一方で行政主導での継続開催は難しいとの認識を示した。ほくほく線の震災対策については、理解不足による不利益が生じないよう個々のアドバイスに努めると述べ、訴訟を回避したい意向を示した。魚沼地域の医療問題に関しては、田口市長は県が示した県立病院の再編案について十日町市が明確な意思表示をしなかったことについて「賛成、反対を表明するものではないと思っていた。魚沼、南魚沼の両市が合意したことで、病院建設が早くなる、遅くなるというようなことがあってはな...
    引用元: 十日町新聞: 2006年09月の記事

  • 立正佼成会

    2007年1月26日 田口直人・十日町市長が来会 庭野会長は1月26日、田口直人・十日町市長の訪問を受け、法輪閣で懇談しました。山野井克典理事長、国富敬二時務部長、秀島康郎十日町教会長が同席しました。 懇談では、年頭のあいさつに続き、暖冬の影響で例年より積雪が少ない同市内の状況が紹介され、2月16日からの「第58回十日町雪まつり」の準備などが話題となりました。また、新潟県中越地震の際に、十日町教会道場が近隣住民の避難場所となったことなどが述懐され、田口市長が「十日町教会は、地域に深く溶け込んでくださっている」と語りました。 さらに、「開祖生誕100年」にあたった昨年の「生誕地まつり」の盛会に庭野会長が謝意を表し、田口市長が「生誕地としての誇りを持ちながら、できることをさせて頂きたい」と応えました。 (2007.02.02記載) Back Next page up
    引用元: 立正佼成会

  • 田口直人

    『ザ・選挙』TOPページ TOP > 新潟県 > 十日町市 >政治家情報 十日町市長 田口 直人(タグチ ナオト) 【出身】 【生年】1946年 【党派】無所属 【HP】 【e-mail】 | 動画 | 自己PR | マニフェスト | 学歴 | 職歴 | 選挙歴 | 議員歴 | 政党歴 | 政府役職歴 | 備考 | 議員レポート | 国会答弁 | 政治家動画 自己PR(主張と政策) マニフェスト・政策一覧 学歴 職歴 選挙情報リンク 2009年 十日町市長選挙 落選 2005年 十日町市長選挙 当選 議員歴 政党歴 政府役職歴 備考 議員レポート
    引用元: 田口直人

  • 十日町新聞: <高速情報通信網事業> 市が企画提案会を突然中止に

    田口直人市長は15日、市議会全員協議会を緊急に開催し、高速情報通信網事業への参加業者を選定するプロポーザルコンペ(企画提案型審査会)を「取り止めます」と中止することを明らかにした。その理由については「3社中、2社が締め切り後に枠組み変更の申し入れがあり、それ以外にも参加事業者に関する情報が寄せられている」とし、「目的に沿った選定が困難になった」と説明、「これ以上、説明ができない事にご理解を頂きたい」とした。同問題を追及していた安保市議は「大きな見直しになると受けとめた。どう見直すかは今後の課題なので、まだ良いとも悪いとも言えない」と話していた。また、18日の定例記者会見でも「詳細は話せない」と説明を拒否する異例の会見となった。 (写真:市議会全員協でコンペ中止を発表する田口市長) 《本紙12月20日号1面記事より抜粋》 十日町新聞12月20日号は・・・・ ▼コンペ中止内容の質問受け付けず ...
    引用元: 十日町新聞: <高速情報通信網事業> 市が企画提案会を突然中止に

  • 田口直人|キーワード|コブス オンライン

    HOME > 人気 > キーワード > 田口直人 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 田口直人 田口直人(たぐちなおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代 十日町市 長。 カテゴリー: 都道府県知事・市町村長 新潟県の政治家 新潟県出身の人物 1946年生 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー登録すると様々な特典を受けられます。 おトクなユーザー特典とは? 100マイポプレゼントキャンペーン COBSユーザー登録 登録情報変更 退会
    引用元: 田口直人|キーワード|コブス オンライン

  • 立正佼成会

    2006年1月27日 田口直人・十日町市長が来会、庭野会長と懇談 庭野会長は1月27日、田口直人・十日町市長の訪問を受け、法輪閣で懇談しました。山野井克典理事長、国富敬二・時務部長が同席しました。 懇談の中で、田口市長は一昨年の新潟県中越地震に触れ、本会の支援に謝意を表し、庭野会長に感謝状を手渡しました。また、昨年末からの大雪が話題となり、田口市長が対応に苦心している状況を説明。庭野会長は菅沼での体験などを披歴しながら、現地の人々の身を案じました。 さらに、「開祖生誕100年」を迎えたことを受け、10月に開催される「生誕地まつり」について、田口市長が、観光にも力を入れ、庭野開祖の生誕地としてまつりを応援していきたいと語りました。 (2006.02.03記載) Back Next page up
    引用元: 立正佼成会

  • 津南新聞「今週の津南新聞(トピックス)」

    川西町長の田口直人後援会(北村公男会長)は、来年4月1日合併で誕生する新・十日町市の市長選に田口町長が立つように出馬要請を決めている。これを受け田口町長は21日の町議会12月定例会一般質問に答え、「出馬要請は身に余る光栄だが、いま、震災復興に全力を上げて取り組むのが私の務め。(進退については)いましばらく時間をいただきたい」と明言を避けたものの、後援会一致の出馬要請だけに、新年1月中旬までには、積極姿勢の進退を明確にするものと見られる。 一般質問は、同後援会副会長の金子澄男氏が行った。「周辺町村、そして母都市の一部にも田口町長に信頼を寄せ、希望を託している人は多数いる。新市に向けて充分に力を発揮するリーダー役こそ、町長に課せられた使命ではないか」と新市長選への出馬を迫った。 田口町長は、「合併後の新市は、周辺の安定なくして新市の将来展望はないと、合併協議の中で話し、建設計画などの中で周辺...
    引用元: 津南新聞「今週の津南新聞(トピックス)」

  • さんしぃ

    担任 猛者 学級委員長 前期&後期 田口直人 学級副委員長 前期 勝田優介 大和田吹雪 後期 佐藤陽夢 大槙麻生 書記 前期 千田みのり 大槙麻生 宮田碧 後期 大和田吹雪 宮田碧 学級目標 燦志ぃ 3つのC〜思・試・支〜 仲間 ・テニス 佐々木一弥 村岡旭登 勝田優介 田口直人 ・テニス&スキー 千葉一樹 ・野球 田口暢成 堀川凌 加藤貴大 銀谷徹也 ・吹奏楽 伊藤真美 渡辺しおり 平鹿頼 宮田碧 ・バスケ 高橋はるか 伊藤利乃春 高田緑 ・サッカー 佐藤陽夢 金本浩史 大槙麻生 ・バレー 大和田吹雪 高橋愛里 ・柔道 高橋凌 堀川早稔 ・剣道 千田みのり ・美術&水泳 佐々木彩 ・あそ部 細川武大 中島亮太 成績 ・校内記録会 優勝�~ ・合唱コンクール 優良賞�~ ・球技大会 バスケ→優勝�~ バレー→準優勝�~ strong> [ ←BACK ]
    引用元: さんしぃ

  • 十日町新聞: 2009年03月の記事

    4月19日告示の十日町市長選挙に向け、2期目を目指す現職の田口直人市長の連合後援会事務所開きが28日夜、市内高田町四の同事務所で行われ、各地区役員や支持者ら約300人が参集した。南雲後援会長、村松、尾身の両県議に続き挨拶に立った田口市長は相手陣営からの迷走という批判に対し「昔と違い早いスピードで変わっている。生きた政治をするには常にそれらを見ながら将来に向かって施策を考えていく必要がある」と指摘し、農業政策や観光産業など新産業への取組みや意気込みを示し、「本質は現場にある。生きた政治をするためには自ら見て聞いて確かめて施策に活かす。それが心と血の通う政治」と理念を語った。またJR問題に対しては「この地域の百年の体系に値する事件。生きた水を取り戻すのは今しかない。必ず鮭が長野まで上る川を取り戻したい」と決意を示し、「一緒に元気で活力ある十日町を作っていきましょう」と支援を呼び掛けた。 (写真...
    引用元: 十日町新聞: 2009年03月の記事

  • 田口 直人とは - Weblio辞書

    田口 直人とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | 動画 | 本・雑誌 | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 地方議会の議員 > 新潟県の市町村長 > 田口 直人 の意味・解説 ウィキペディア 田口直人 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/07/04 07:48 UTC 版) 田口 直人 (たぐち なおと、 1946年 1月24日 - ) は 日本 の 政治家 。 [ 続きの解説 ] 「田口直人」の続きの解説一覧 1 田口直人とは 2 田口直人の概要 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー 固有名詞の...
    引用元: 田口 直人とは - Weblio辞書

  • 十日町市スキー協会 - Topイメージアルバム

    トキめき新潟国体冬季大会等十日町市実行委員会の第3回総会が7月10日(木)午後、ラポート十日町で開催されました。 総会では冒頭、会長である田口直人十日町市長が開会のあいさつ。会則により田口会長を議長に会を進行しました。報告事項では、委員の変更、第64回国民体育大会冬季大会スキー競技会の実施要項及びデモンストレーションとしてのスポーツ行事「モーグル」の実施について資料に基づき事務局が説明。続いて議事では、平成19年度事業報告及び第57回全国高等学校スキー大会報告、収支決算をともに承認。また、平成20年度事業計画及び収支予算(案)については事務局の説明後に総務財務、広報市民運動、式典、競技、宿泊衛生、施設交通警備の各専門委員長6人が補足説明を行いこちらも承認されました。その後、(財)日本システム開発研究所主任研究員の木田悟さんを講師に迎え、「スポーツイベントを活用した地域活性化〜国体開催の先に...
    引用元: 十日町市スキー協会 - Topイメージアルバム

  • 家庭教育ツーウェイ 2005年6月号/PTA会長奮戦記 活動のなかで徒然 ...

    PTA会長奮戦記 活動のなかで徒然に感じること 書誌 家庭教育ツーウェイ 2005年6月号 著者 田口 直人 分類 その他教育 対象 幼児・保育 / 小学校 種別 連載・常設 仕様 全1ページ (10ポイント) 本文抜粋 1 本校概要 最初に、私たちの学校を紹介します。会津磐梯山・新千円札の顔で有名な野口英世・白虎隊と話題が豊富な観光都市「福島県会津若松市」の中心、鶴ヶ城より南方2キロほどに位置する児童数506名の会津若松市立城南小学校です。1学年3クラス、1クラス30名前後で構成されています… ▲ページトップへ PTA会長奮戦記 PTAってなんだろう? PTA会長奮戦記 先生方を応援するのがPTAの役目です。 PTA会長奮戦記 育てよう!夢と志 つながろう!家庭、学校、地域 PTA会長奮戦記 PTA活動の思い出 PTA会長奮戦記 孫の代まで...
    引用元: 家庭教育ツーウェイ 2005年6月号/PTA会長奮戦記 活動のなかで徒然 ...

  • 新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

    主催 大地の芸術祭実行委員会 実行委員長 田口直人(十日町市町) 名誉実行委員長 泉田裕彦(新潟県知事) 総合ディレクター 北川フラム 開催エリア 2市町(第2回までは6市町村。合併による) 760km 2 開催期間 7月23日ー9月10日(2006年第3回) 来場者数 2000年 162,800人 2003年 205,100人 2006年 348,997人
    引用元: 新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 津南新聞「今週の津南新聞(トピックス)」

    来年4月30日任期満了の十日町市・田口直人市長連合後援会の設立総会を20日、十日町クロス10で開いた。関係者560人余が集まり、田口市長は「県立病院問題や格差問題など課題は多いが、人間愛、住民主体、本質は現場にあり、この私の原点を忘れず、ふるさと十日町が元気になるよう頑張りたい」と2期への明言はなかったが、次期出馬へ強い決意を示した。 連合後援会の設立は、合併市長選を機に旧町村後援会に加え、十日町市後援会を設立。5後援会の連合組織結成で、2期目への体制作りに入った。連合後援会・南雲守会長は「田口カラーが出ていないという声もあるが、3年くらいでは出せるものではない。2期目に挑戦する覚悟を決めたようだ。後顧の憂いなきよう応援するのが後援会の役割」と田口再選に向け、連合後援会始動を表明した。 集会には村松、尾身両県議、丸山商議所会頭など各界代表が顔を揃えた。村松氏は「強い団結心で新しい十日町...
    引用元: 津南新聞「今週の津南新聞(トピックス)」

田口直人 の相関図を読込中

田口 直人(たぐち なおと、1946年1月24日 - ) は日本の政治家。初代十日町市長。新潟県中魚沼郡川西町(現十日町市)大字木落出身。萬歳章(JA新潟中央会会長)とは、加茂農林高校の同級生。 1

スポンサードリンク