田村元秀の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 田村元秀 - Wikipedia

    田村 元秀(たむら もとひで、1959年 - )は、日本の天文学者。専門は、赤外線天文学。
    引用元: 田村元秀 - Wikipedia

  • 田村元秀 | web R25

    田村元秀とは R25のキーワード:田村元秀 田村 元秀(たむら もとひで、1959年 - )は、日本の天文学者。専門は、赤外線天文学。来歴・人物 奈良県宇陀市(旧・宇陀郡榛原町)出身。東大寺学園中学校・高等学校を経て京都大学理学部物理学科卒業、大学院理学研究科修了。国立天文台助手を経て自然科学研究... 田村元秀についてもっと知る 「田村元秀」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年6月30日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。 ページトップへ
    引用元: 田村元秀 | web R25

  • 教員紹介:田村 元秀

    田村 元秀(たむら もとひで、TAMURA Motohide) 職種 系外惑星探査プロジェクト室長 研究内容の紹介 ・太陽系外惑星探査。 ・星惑星系形成の観測的研究。 ・星間磁場・星周散乱場の観測的研究。 ・赤外線天文観測装置の開発。 ・次期赤外線衛星および地球型系外惑星探査ミッションの検討。 略歴 京都大学大学院博士課程(理学研究科物理学第専攻) 終了。日本学術振興会特別研究員、米国国立光学天文台研究員、ジェット推進研究所研究員、国立天文台助手等を経て、国立天文台助教授。2005年より国立天文台太陽系外惑星探査プロジェクト室長。 専門分野 赤外線天文学。 研究のキーワード 系外惑星、赤外線、星形成、惑星系形成、磁場 現在の研究課題 太陽系外惑星探査。 所属学会 日本天文学会、日本惑星科学会、米国天文学会、国際天文学会、国際光工学会 主要業績 (論文、著書) 欧文査読論文(138編)...
    引用元: 教員紹介:田村 元秀

  • 地球外生命体を探せ/NHK「サイエンスZERO」取材班/編著 田村元秀 ...

    著者情報 田村 元秀 1959年生まれ。国立天文台太陽系外惑星探査プロジェクト室長。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。専門は赤外線天文学、系外惑星探査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 宇宙画像 世界のスーパー望遠鏡全ベストショット年鑑 2011 ハッブル・スピッツァー・チャンドラ・すばる 田村元秀/監修・執筆 ニュートン・プレス 宇宙は“地球”であふれている 見えてきた系外惑星の素顔 井田茂/共著 佐藤文衛/共著 田村元秀/共著 須藤靖/共著 技術評論社 宇宙画像 世界の望遠鏡がとらえた1年間の厳選天体 2010 田村元秀/監修 ニュートンプレス 宇宙画像 世界の望遠鏡がとらえた1年間の厳選天体 2009 ハッブル,...
    引用元: 地球外生命体を探せ/NHK「サイエンスZERO」取材班/編著 田村元秀 ...

  • [parity] 2010.04 person

    田村元秀(たむら・もとひで) 国立天文台准教授,太陽系外惑星探査プロジェクト室長。理学博士。1988年京都大学理学部物理学科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員,マサチューセッツ大学・アメリカ国立光学天文台・ジェット推進研究所研究員,国立天文台研究員・助手・助教授を経て,2007年より現職。おもな研究分野は赤外線天文学,星・惑星系形成,系外惑星探査,宇宙磁場の観測的研究と装置開発。原始惑星系円盤および系外惑星観測のためのすばる望遠鏡用観測装置CIAO(チャオ)や,名古屋大学などと共同で3色同時赤外線カメラSIRIUS(シリウス)の開発・観測を行ってきた。赤外線の偏り(偏光)を観測するためのアップグレードも行った。現在,新しい系外惑星・円盤撮像用カメラHiCIAO(ハイチャオ)の開発やそれを用いた系外惑星観測プロジェクトを進めている。著書に,『宇宙画像2010』(ニュー...
    引用元: [parity] 2010.04 person

  • 田村元秀 - Wikipedia

    田村元秀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 田村 元秀 (たむら もとひで) 人物情報 誕生 1959年 ?? 月 ?? 日 日本 奈良県 宇陀郡 榛原町 学問 研究分野 天文学 研究機関 国立天文台 母校 京都大学 主な業績 太陽系外惑星 の検出 オリオン大星雲 の中心からの 赤外線 に 偏光 があることの発見 表 ・ 話 ・ 編 ・ 歴 田村 元秀 (たむら もとひで、 1959年 - )は、 日本の天文学者 。専門は、 赤外線天文学 。 目次 1 来歴・人物 2 業績 3 研究テーマ 4 著書 5 脚注・出典 6 外部リンク [ 編集 ] 来歴・人物 奈良県 宇陀市 (旧・ 宇陀郡 榛原町 )出身。 東大寺学園中学校・高等学校 を経て 京都大学 理学部 物理学科卒...
    引用元: 田村元秀 - Wikipedia

  • 研究教育職員詳細

    氏名 田村 元秀 [ TAMURA,Motohide ] 所属 光赤外研究部 職名 准教授 太陽系外惑星探査プロジェクト室長 TEL 0422-34-3513 FAX 0422-34-3527 e-mail motohide.tamura @ nao.ac.jp 学位 理学博士(京都大学) 専門分野 赤外線天文学、太陽系外惑星科学、星惑星形成、星間物質 現在の研究課題 太陽系外惑星や褐色矮星の観測的研究、赤外線観測装置の開発、赤外線およびサブミリ波を利用したの星形成領域の観測などを行う。詳細は,次ページ。 [ 詳細URL ] http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~hide/ 主な研究業績・論文 (1) Tamura, M., Itoh, Y., Oasa, Y., Nakajima, T.; Science...
    引用元: 研究教育職員詳細

  • 未来設計会議 [1]宇宙生命探査-地球人としての生き方-(全3回シリーズ ...

    講師: 田村元秀(国立天文台 准教授) 講師略歴:1988年京都大学大学院理学研究科修了後、アメリカ国立光学天文台・ NASAジェット推進研究所等で研究員、国立天文台助手を経て、2005年に太陽系外惑星探査プロジェクト室長に就任。プラネットハンター達の陣頭指揮を執る。 系外惑星やその誕生現場の直接撮像のためのカメラCIAOおよび、その後継機HiCIAO、また、3色同時赤外線カメラSIRIUSの開発・観測に従事。
    引用元: 未来設計会議 [1]宇宙生命探査-地球人としての生き方-(全3回シリーズ ...

  • 田村元秀とは - Weblio辞書

    田村元秀とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 天文学者 > 日本の天文学者 > 田村元秀 の意味・解説 ウィキペディア 田村元秀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/03 07:54 UTC 版) 田村 元秀 (たむら もとひで、 1959年 - )は、 日本の天文学者 。 脚注・出典 ^ 超極秘情報!! 宇宙線研究室の偉大なる歴史(since 1965) [ 続きの解説 ] 「田村元秀」の続きの解説一覧 1 田村元秀とは 2 田村元秀の概要 索引トップ 用語...
    引用元: 田村元秀とは - Weblio辞書

  • イベント実施報告: 未来設計会議 [1]宇宙生命探査-地球人としての生き ...

    前半は、国立天文台の田村元秀先生より、系外惑星探査研究について紹介していただきました。私たちの太陽系以外の惑星を探査する観測は、1930年代から行われていたそうですが、系外惑星が始めて発見されたのはようやく1995年のことだったということです。その後の観測法の進化により、今では1000個を超える系外惑星候補天体が見つかっていて、地球と同じくらいの大きさの惑星は全くありふれた存在らしいと言うのです。この結果は、まだ正式には発表されていない最新データによるものだということで、その内容だけでなく最先端度の高さも印象深いものでした。また、田村先生は将来、直径30mの望遠鏡を建設し、系外惑星にいる生命の探査も視野にいれているという話に、参加者は熱心に耳を傾けていました。 後半は、田村先生と参加者60人ほどで、ディスカッションを行いました。「知的生命体と出会えると思うか」「50億年後、地球が太陽ととも...
    引用元: イベント実施報告: 未来設計会議 [1]宇宙生命探査-地球人としての生き ...

  • 学生紹介

    学年・所属 五年一貫制博士課程5年・光赤外研究部 指導教員 田村元秀 、 高見英樹 、 今西昌俊 研究テーマ:近赤外線直線偏光観測による褐色惑星の円盤探査 星形成領域には多数の若い褐色矮星および惑星質量天体候補が存在することが知られている(Tamura et al. 1998; Oasa et al. 1999; Lucas & Roche 2000; Muench et al. 2001)。 しかし、その形成過程にはまだ決着がついておらず、standard formation scenario (e.g. Jayawardhana et al. 2002)やejection scenario (Reipurth & Clarke 2001)などが提唱されている。前者は低質量星の形成過程のように分子雲コアの収縮により形成され、後者は星が形成されるごく初期の段階で他の星との相互作用により放り...
    引用元: 学生紹介

  • tokuhisa's web-page(2007)

    田村元秀, 村上仁一, 徳久雅人, 池原悟: Webを知識源とする質問応答システムにおけるパターン方式とキーワード方式の比較, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 基礎・境界, A-13-4, p.195, 2007, 9月12日, 鳥取(鳥取大学). 徳久雅人, 池原悟, 村上仁一: 非線形言語モデルに基づく文型パターン型言語知識ベースの開発 , 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 基礎・境界, シンポジウム「言語の意味と思考過程」, AS-5-1, pp.S-49-50, 2007, 9月12日, 鳥取(鳥取大学). 黒住亜紀子, 徳久雅人, 村上仁一, 池原悟: 情緒状態と直結した情緒反応を表す用言の結合価パターン辞書の構築 , 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 基礎・境界, シンポジウム「言語の意味と思考過程」, AS-5-2, pp.S-...
    引用元: tokuhisa's web-page(2007)

  • 01-03 地球は特別な存在ではない | 未来設計会議

    講師の田村元秀氏のお話(「講師の研究」「講義ノート」参照)の後、会場の参加者に2つの問いを投げかけながら、“地球人としての生き方”について議論しました。会議のまとめを、報告します。 開催日: 2010年9月18日 参加者の人数: 58名 科学コミュニケーター(SC): 蓮沼一美、池辺靖 Q1 : 地球外知的生命体と出会えると思いますか? 系外惑星の候補が多数発見され、今後は、地球のような岩石でできた惑星も、多く見つかると思われます。また、近い将来、系外惑星探査は、「どのような系外惑星があるか」の研究から「系外惑星に生命が存在するか」の研究にシフトし、生命の存在を示唆する観測結果が得られるかもしれません。では、そのような宇宙生命体の中に、私たちのように科学技術を発展させた知的生命体は、存在するのでしょうか? 将来、私たちは地球外の知性に出会えるでしょうか? A1. 考察 今回の参加者のうち、...
    引用元: 01-03 地球は特別な存在ではない | 未来設計会議

田村元秀 の相関図を読込中

田村 元秀(たむら もとひで、1959年 - )は、日本の天文学者。専門は、赤外線天文学。奈良県宇陀市(旧・宇陀郡榛原町)出身。東大寺学園中学校・高等学校を経て京都大学理学部物理学科卒業、大学院理学研

スポンサードリンク