田辺淳吉の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 田辺淳吉 - Wikipedia

    田辺 淳吉(たなべ じゅんきち、1879年 - 1926年)は、日本の建築家。大正モダン建築を代表する建築家として知られる。旧渋沢家飛鳥山邸の晩香廬及び青淵文庫など、大正期を代表する作品を残す。現存するこれらの建築は、当時のアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受けている数少ない大正期の建築作品として位置づけられている。
    引用元: 田辺淳吉 - Wikipedia

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89

    田辺淳吉出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内、 検索田辺 淳吉(たなべ じゅんきち、1879年 - 1926年)は、日本の建築家。大正モダン建築を代表する建築家として知られる。旧渋沢家飛鳥山邸の晩香廬及び青淵文庫など、大正期を代表する作品を残す。現存するこれらの建築は、当時のアーツ アンド クラフツ運動の影響を受けている数少ない大正期の建築作品として位置づけられている。目次 1 略歴 2 作品 3 参考文献 4 関連項目 略歴 [編集] 1879年 東京府本郷西片町生まれ。父の新七郎は元福山藩士で宮内省の役人。兄の協一は日本画家として知られる。 1892年 高等師範学校附属小学校高等科(現 筑波大学附属小学校)卒業 1897年 高等師範学校附属中学校(現 筑波大学附属中学校 高等学校)卒業 1900年 第一高等学校卒業後、東京帝国大学工科大学建築学科...
    引用元: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89

  • http://members2.jcom.home.ne.jp/70little_rascals0201/saitama_kikaku/all_contents/tanebe_jyunkichi.html

    田辺淳吉は1879(明治12)年、東京本郷の西片で生まれました。【マギー司郎ではなく田辺淳吉】1900(明治33)年、東京帝国大学建築学科に入学。佐野利器や佐藤功一、北村耕造ら同期8人で同窓会「丼会」を結成、家族ぐるみの交流は終生続きました。また、書画を好んだ父と日本画家である兄の影響を受け、学生時代から芸術的才能は抜きん出ていたと言われています。 1903(明治36)年、清水満之助店(現 清水建設)に入店。初期は「大阪瓦斯」や「東海銀行」を手掛けます。 1909(明治42)年には渋沢栄一を代表とする渡米実業団に随行し、全米を訪問した後、欧州に渡り、オーストリアやドイツで流行していたセセッション建築に強い感銘を受けて帰国します。 1913(大正2)年には清水組技師長となり、後進の育成 指導に励みます。清水組において田辺が担当した作品の多くは、銀行や事務所建築でした。そのような中で、1916...
    引用元: http://members2.jcom.home.ne.jp/70little_rascals0201/saitama_kikaku/all_contents/tanebe_jyunkichi.html

  • http://www.burari2161.fc2.com/tanabejyunkiti.html

    略年表明治12年 1879年 0歳 6月26日、東京本郷西方町に、元福山藩士宮内省役人の末子として生まれる 明治36年 1903年 24歳 7月、東京帝国大学工科大学建築科卒業 10月、清水組入社 明治38年 1905年 26歳 【竣工作品】 大阪瓦斯会社 明治39年 1906年 27歳 【竣工作品】 第一銀行京都支店 日本女子大学校豊明図書館兼講堂(現 日本女子大学成瀬記念講堂) 明治42年 1909年 30歳 8月、渋沢栄一を団長とする米国視察団に参加 11月、一行の帰国を見送った後、単身欧州に渡る。 【竣工作品】 第一銀行下関支店、丸善株式会社、東海銀行本店、渋沢倉庫 明治43年 1910年 31歳 欧州から帰国 大正元年 1912年 33歳 【竣工作品】 第一銀行釜山支店 大正 2年 1913年 34歳 清水組技師長となる。 【竣工作品】 紅葉屋銀行、東洋生命保...
    引用元: http://www.burari2161.fc2.com/tanabejyunkiti.html

  • http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/33677056.html

    田辺淳吉 2010/9/21(火) 午後 3:23 建築家プロフィール 建築デザイン ツイート 田辺 淳吉(たなべ じゅんきち) 1879年6月26日〜1926年7月13日(こちらに肖像があります)http://wp1.fuchu.jp/~sei-dou/jinmeiroku/tanabe-jyunkichi/tanabe-jyunkichi.htm大正期を代表する建築家の一人。旧渋沢家飛鳥山邸の晩香廬、青淵文庫など渋沢栄一関係の作品が多い。東海銀行本店経歴 1879年(明治12) 福山藩士田辺新七郎の四男として東京市本郷西片町に生まれる。父は宮内省の役人。兄の協一は日本画家として知られる。 1900年 (明治33) 東京高等師範学校付属中学、第一高等学校卒業後、東京帝国大学工科大学建築学科に入学。同期に佐野利器、佐藤功一、大熊喜邦、北村耕造、松井清足ら。のちに同窓会「丼会」を結成。辰野金...
    引用元: http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/33677056.html

  • http://fkaidofudo.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

    ◆晩香廬 ◎設計:田辺淳吉 ◎施工:清水組 ◎竣工:大正6(1917)年 ◎構造:木造平屋 ◎所在地:東京都北区西ヶ原2‐16‐1(飛鳥山公園 旧渋沢庭園内)   ※なお写真部分をクリックして頂ければ、少し大きめの画像でご覧になれます。-------------------------------------------------------------------------- 今回の晩香廬も一つの記事では写真が納まりきらなかった為、その2として写真を数点紹介させていただきました。 なお晩香廬は毎週土曜日の午後0時半から3時45分に公開されるとの事です。●晩香廬 玄関右側のボウウインドウ●玄関側より晩香廬は西欧のバンガローをモチーフとしたといわれるが、西欧風の作りの中に和風を感じられる作りになっている。●玄関反対側の窓ガラス●晩香廬のステンドグラス『室内での撮影はご遠慮下さい』との事で...
    引用元: http://fkaidofudo.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

  • http://timehaswings.blog72.fc2.com/?tag=%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89

    田辺淳吉 「武田五一 田辺淳吉 藤井厚二/日本を意匠した近代建築家たち」展の図録、田辺淳吉の部。この図録には、福山藩士であった武田五一、田辺淳吉の父についての解説も載っています。武田家も田辺家も下級藩士だったのですが、維新後から廃藩置県までの藩政改革で抜擢を受けたそうです。武士は嗜みとして歌や書や絵のひとつもできないといけないのだそうで、武田五一の父の趣味は、「和歌 書画など学芸、弓術」。田辺淳吉の父の趣味は、「書画を品し、謡曲を演じ、韻事を廃せず」。風流だぁ。武田五一、田辺淳吉の才能は親譲りなのかも。田辺淳吉の父は長州と薩摩が進軍してきた時、講和のため福山城攻撃の長州藩大将杉孫七郎との折衝にあたったとあります。誠之館(藩校)の漢学の先生が書き残したものによると、「福山藩ハ此人借シクレヌカ。大用ハ出来ヌケレド美文美秀ノ故ニ筆生ニツレ歩クニ便ナリ」と杉に賞されたとか。さて、田辺淳吉について...
    引用元: http://timehaswings.blog72.fc2.com/?tag=%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89

  • http://www.city.fukaya.saitama.jp/syougaigakusyu/Web_seisido_seifutei/sekkei01.htm

     田辺淳吉は、明治36年に東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、「清水組(現清水建設株式会社)」に入り、当時、技師長として数多くの建築家を育てる一方、晩香廬(1917)、青淵文庫(ともに東京北区、渋沢資料館)など、多くの栄一に関わる建物の設計に携わりました。  明治42、43年に欧米を視察し、当時の新しい建築界の潮流、特にウィーン ゼツェッションに強い影響を受けました。  芸術的志向が強く、繊細な端正な設計を得意とし、大正建築の名手ともゼツェッションの旗手ともいわれました。特に誠之堂などの小規模な作品に本領が見られます。  田辺自身は、誠之堂の設計にあたって「取りたてていえば、凝らない工夫をした いわゆる上等仕事として歓迎されている技巧のすべてを除いた」という旨を述べています。  しかし、その言葉とは反対に、誠之堂の各所には細部にまでこだわった「凝った仕事」を見ることができるでしょう。...
    引用元: http://www.city.fukaya.saitama.jp/syougaigakusyu/Web_seisido_seifutei/sekkei01.htm

  • http://kawagen.exblog.jp/i45/

    住まいの便り №41  《建築家 田辺淳吉》    日本の住宅建築は、明治から大正にかけて欧米の影響を受けながら日本的な生活様式とデザインを模索探求してきた。その渦中にあった建築家のひとり、田辺淳吉が設計した旧渋沢家飛鳥山邸の「晩香廬」及び「青淵文庫」が国の重要文化財になる。▼文化審議会の答申によれば、これらの建物は『曖依村荘と呼ばれた渋沢栄一の邸宅に残る住宅施設。大正を代表する建築家のひとり、田辺淳吉の作風がよく示された作品で、ともにアーツ アンド クラフツ運動の精神が具現された数少ない大正期の建築作品』▼「晩香廬」は渋沢の喜寿を祝って清水組(現 清水建設株式会社)が贈った木造+レンガ造の洋風茶室で大正6年に竣工。内外壁は貝殻を散りばめた西京の錆壁だが、出隅にはコーナーストーン様に渋い色調のタイルを貼る。室内の暖炉、淡貝をあしらったステンドグラス、鶴の姿の枠にアワビの貝殻の薄片を張った電...
    引用元: http://kawagen.exblog.jp/i45/

  • http://www.sokkyodo.jp/SHOP/A-13031305.html

    武田五一 田辺淳吉 藤井厚二 日本を意匠した近代建築家たち 展図録 編 発行/ふくやま美術館 2004年 ソフトカバー 239p 26×18 関西近代建築の父と呼ばれる武田五一、清水組で技師長を務めた田辺淳吉、モダンな和風建築や聴竹居などで知られる藤井厚二。旧福山藩にゆかりのある三人の建築家の業績を豊富な資料で紹介した展覧会の図録。400余図。三建築家をめぐる15のレクチャー:1.武田五一の気概/高松伸 2.福山の生んだ日本を代表する三建築家/藤森照信 3.住宅作家としての武田五一/石田潤一郎 4.武田 田辺 藤井の世代/鈴木博之 5.武田五一とスパニッシュ/丸山とも子 6.福山市公会堂について/西川龍也 7.田辺淳吉-人と作品/松波秀子 8.福山藩と武田 田辺氏/園尾裕 9.著作を通して見る藤井厚二の世界/藤岡洋保 10.対談聴竹居閑室と現代茶室/千宗守 岩崎博 11.空間における日本...
    引用元: http://www.sokkyodo.jp/SHOP/A-13031305.html

  • http://gipsypapa.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

    タグ:田辺淳吉 トップジェント ファッション コア[ 2011-09-17 13:46 ]トップジェント ファッション コア  これも北のウォール街といわれた色内の交差点に立つ銀行建築。昔は北側と東側に円柱が立ち、壁には彫刻があったそうですが、現在は改修されてシンプルな外観になっています。石貼りの外観とコーナー部の曲線が特徴。現在は衣服 裁縫修理の会社が入っています。 設計は清水組の設計部長から独立し中村田辺建築事務所を起こした田辺淳吉。日本女子大学成瀬記念講堂、みずほ銀行(旧第一銀行)京都支店、富山銀行本店本館(旧 高岡共立銀行)、誠之堂、渋沢史料館「晩香廬」、渋沢史料館青淵文庫、日本倶楽部など大正モダン建築を代表する数多くの作品を残し、この建物が遺作といわれています。小樽市指定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造4階建て。トップジェント ファッション コア旧第一銀行小樽支店 1924(大正...
    引用元: http://gipsypapa.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

  • http://tairyudo.com/tukan/tukan2173.htm

    日本の近代建築はコンドルの教える工部大学校造家学科(現 東京大学工学部建築学科)に始まります。その最初の卒業生辰野金吾などが第一世代とすれば、その第二世代以降が武田五一、田辺淳吉、藤井厚二でいずれも福山(広島県)ゆかりの近代建築家たちです。武田五一は、アール ヌーボなどを導入し和洋折衷の先駆的住宅 芝川邸や京都大学人文科学研究所などをつくり、田辺淳吉は新感覚派とも称され、晩香廬などを設計。藤井厚二は、環境工学の先駆で和風モダニズムの代表とされる実験住宅 聴竹居をつくりました。今回は、ふくやま美術館(福山市)にて開催中の上記展覧会の鑑賞、記念講演会など、ゆかりの地を訪ねます。
    引用元: http://tairyudo.com/tukan/tukan2173.htm

  • http://timehaswings.blog72.fc2.com/blog-date-200607.html

    田辺淳吉 「武田五一 田辺淳吉 藤井厚二/日本を意匠した近代建築家たち」展の図録、田辺淳吉の部。この図録には、福山藩士であった武田五一、田辺淳吉の父についての解説も載っています。武田家も田辺家も下級藩士だったのですが、維新後から廃藩置県までの藩政改革で抜擢を受けたそうです。武士は嗜みとして歌や書や絵のひとつもできないといけないのだそうで、武田五一の父の趣味は、「和歌 書画など学芸、弓術」。田辺淳吉の父の趣味は、「書画を品し、謡曲を演じ、韻事を廃せず」。風流だぁ。武田五一、田辺淳吉の才能は親譲りなのかも。田辺淳吉の父は長州と薩摩が進軍してきた時、講和のため福山城攻撃の長州藩大将杉孫七郎との折衝にあたったとあります。誠之館(藩校)の漢学の先生が書き残したものによると、「福山藩ハ此人借シクレヌカ。大用ハ出来ヌケレド美文美秀ノ故ニ筆生ニツレ歩クニ便ナリ」と杉に賞されたとか。さて、田辺淳吉について...
    引用元: http://timehaswings.blog72.fc2.com/blog-date-200607.html

  • http://farwestto.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

    タグ:田辺淳吉 日本女子大学成瀬記念講堂[ 2010-04-04 00:04 ]日本女子大学成瀬記念講堂 ◆日本女子大学成瀬記念講堂  ◎設計:田辺淳吉  ◎施工:清水組  ◎竣工:明治39(1906)年  ◎構造:木造 竣工時は煉瓦造り  ◎所在地:東京都文京区目白台2-8-1   ❖文京区指定文化財明治39年築の成瀬記念講堂は、日本女子大学のシンボルとも言える建造物です。設計は東京北区の飛鳥山にある晩香盧、青淵文庫、世田谷区瀬田から深谷市に移築された誠之堂などの設計を手掛けた建築家の田辺淳吉(1879~1926)によるもので、当初は煉瓦造りで竣工。しかし大正12年の関東大震災で外壁が崩壊したため、その後に木造へと改築されたのが今回ご覧頂いている姿だといいます。なお講堂内は竣工当時からの箇所が数多く残っているそうで、中世の教会風のハンマービームの架構などは時おり建築案内などで紹介さ...
    引用元: http://farwestto.exblog.jp/tags/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E5%90%89/

  • http://www.geocities.jp/fukadasoft/bangai5/youkan/seisido/index.html

     場所:埼玉県深谷市高畑、大寄公民館の敷地内 建設:大正 5年(1916) 設計:田辺淳吉  誠之堂(せいし)は、第一銀行(現.第一勧銀)の保養地内に、渋沢栄一の喜寿を記念して建てられた。  取り壊しの危機に瀕していたが、平成11年に東京都世田谷区から深谷市の大寄公民館の敷地へ  移築された。解体 復元工事を担当したのは、かつて田辺淳吉も所属した清水建設。  深谷市は渋沢栄一の生誕地であり、誠之堂に使われている煉瓦も深谷市の日本煉瓦製造(株)が  生産したものであるので、実に80年ぶりの里帰りともいえる。
    引用元: http://www.geocities.jp/fukadasoft/bangai5/youkan/seisido/index.html

  • http://farwestto.exblog.jp/10337631/

    ◆日本女子大学成瀬記念講堂  ◎設計:田辺淳吉  ◎施工:清水組  ◎竣工:明治39(1906)年  ◎構造:木造 竣工時は煉瓦造り  ◎所在地:東京都文京区目白台2-8-1   ❖文京区指定文化財明治39年築の成瀬記念講堂は、日本女子大学のシンボルとも言える建造物です。設計は東京北区の飛鳥山にある晩香盧、青淵文庫、世田谷区瀬田から深谷市に移築された誠之堂などの設計を手掛けた建築家の田辺淳吉(1879~1926)によるもので、当初は煉瓦造りで竣工。しかし大正12年の関東大震災で外壁が崩壊したため、その後に木造へと改築されたのが今回ご覧頂いている姿だといいます。なお講堂内は竣工当時からの箇所が数多く残っているそうで、中世の教会風のハンマービームの架構などは時おり建築案内などで紹介されていますが、いつの日かその美しさをこの目で実際に確かめてみたいものです。大正のモダン建築文化の一頁を彩っ...
    引用元: http://farwestto.exblog.jp/10337631/

  • http://isidora.sakura.ne.jp/aries/ken065.html

    北区西ヶ原(飛鳥山公園内)。大正14年(1925)竣工。 設計:田辺淳吉、施工:清水組(現清水建設)。 RC造+レンガ造併用、2F建て。 傑作である。アール デコである。 いや、アール デコの先駆けである。 ウィーン ゼセッションの面影もある。 質素な中にも、きらりと光るものがある。 デコだろうと、ゼセッションだろうと、言い方はどうでもいい。 美しいものは美しいと形容するしか他にない! と、かなり小生的には点数が高いです。(笑) かの澁澤榮一の傘寿の祝いと男爵から子爵への昇格を祝って、竜門社から贈られた建物である。 さすが澁澤家である。 人に与えるものも大きい分、人から頂くものも相当に大きい。 王子の飛鳥山。(王子といっても、監禁事件の王子ではありません) かつては、別宅、曖依村荘があり、母屋のほか数棟の建築群があったと伝えられる。 残念ながら、現在ではこの建物と「晩香廬」の2棟だけしか残...
    引用元: http://isidora.sakura.ne.jp/aries/ken065.html

  • http://www.ne.jp/asahi/atok/photo/seiyou/saitama/seisidou.htm

    大正5年(1916)建築  設計:田辺淳吉 イギリス農家風 煉瓦造り(日本煉瓦製造) 平成11年、世田谷区より深谷市へ移築。国重要文化財誠之堂は第一国立銀行を設立した渋沢栄一の喜寿を記念して銀行関係者有志の寄付により建てられました。平成9年取り壊しの危機にあった建物ですが、建築研究家らの保存運動により渋沢栄一の出身地である深谷市に保存再建されました。移設には煉瓦の壁を幾つかのブロックに切断し、再組み立てを行う画期的な方法が採用されています。 大正5年(1916)建築  設計:田辺淳吉 イギリス農家風 煉瓦造り(日本煉瓦製造) 平成11年、世田谷区より深谷市へ移築。国重要文化財誠之堂は第一国立銀行を設立した渋沢栄一の喜寿を記念して銀行関係者有志の寄付により建てられました。平成9年取り壊しの危機にあった建物ですが、建築研究家らの保存運動により渋沢栄一の出身地である深谷市に保存再建されました。...
    引用元: http://www.ne.jp/asahi/atok/photo/seiyou/saitama/seisidou.htm

  • http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=217137

    田辺淳吉および彼が関与した作品、言論に関する、図版資料、文献資料として、清水建設所蔵の図版資料(図面、写真)のほか、田辺家旧蔵資料(博物館明治村所蔵資料、渋沢史料館寄託資料)、『清水建設株式会社社史資料〈昭和十二年~昭和十四年度編纂委員会議事録〉全十三巻』(以下、『戦前社史編纂委員会資料』)」をはじめとする『清水建設百五十年史』および『清水建設二百年史』編纂のために収集整理した清水建設社史資料、現存作品の当時の施主の後身組織が所蔵する資料(図面、写真、文献)、『建築雜誌』をはじめとする刊行物の文献資料を精査し、時系列に田辺淳吉の建築活動とその背景を考察し、論考を進めている。
    引用元: http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=217137

  • http://www.mitsuipr.com/mitsuigraph/133/graph08_5.html

    ▲ 「誠之堂」は大正時代を代表する建築家 田辺淳吉の設計による。大正5年築。移築にあたり、建物を切断して搬送、復元するという高度な工事が行われた 明治19年(1886)、政府は壮大な計画を立ち上げた。東京 日比谷を中心に煉瓦建築による西洋風官庁街を建設し、近代国家 日本をアピールしようと考えたのだ。実現には、膨大な数の煉瓦を焼く工場が必要となる。その候補地として、実業界のリーダー渋沢栄一が推薦したのが、生まれ故郷の深谷だった。深谷は煉瓦に適した良質な粘土がとれるうえ、利根川の水運も発達しており、好条件がそろっていた。 翌年、日本煉瓦製造�鰍ェ設立され、深谷の上敷免(現深谷市上敷免)に日本初の機械成型式煉瓦工場が誕生する。その後、官庁街建設計画は頓挫してしまったが、工場は稼働を続け、迎賓館、法務省旧本館、東京駅など、明治 大正期を代表する数々の大規模建築に煉瓦を供給した。当時活躍したホフ...
    引用元: http://www.mitsuipr.com/mitsuigraph/133/graph08_5.html

田辺淳吉 の相関図を読込中

田辺 淳吉(たなべ じゅんきち、1879年 - 1926年)は、日本の建築家。大正モダン建築を代表する建築家として知られる。旧渋沢家飛鳥山邸の晩香廬及び青淵文庫など、大正期を代表する作品を残す。現存す

スポンサードリンク