百田有希の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 8/02/CUBE/JA86 「新世代建築家からの提起」展

    大西麻貴+百田有希/o+h(大西麻貴,百田有希)●大西麻貴 1983年 愛知県生まれ 2006年 京都大学工学部建築学科卒業 2008年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了,大西麻貴+百田有希/o+hを共同で設立●百田有希 1982年 兵庫県生まれ 2006年 京都大学工学部建築学科卒業 2008年 同大学大学院工学研究科修了,大西麻貴+百田有希/o+hを共同で設立 2009年- 伊東豊雄建築設計事務所勤務
    引用元: 8/02/CUBE/JA86 「新世代建築家からの提起」展

  • [大西麻貴+百田有希]@東京都現代美術館 | フクヘン。- 元 雑誌 ...

    [大西麻貴+百田有希]@東京都現代美術館 Tweet 09/08/01 | カテゴリー: 美術展 | | No コメント トラックバックURL:http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=979 MOT×Bloomberg パブリック・スペースプロジェクト [大西麻貴+百田有希]展 建築とアートの横断的な関係を重視してきたこの美術館だが、 これもまた興味深い展示が始まった。2人とも1980年代生まれの建築家だ。 ↑「夢の中の洞窟」 ↑作品を点在させたジオラマ ↑旗状地用に考えられた住宅。 エントランスからの導線が建物に巻き付き、廊下の役割。 まるで、プライベートなグッゲンハイム美術館? その上を歩くこともできるので、二重螺旋構造とも言える。 ということは、プライベートな 栄螺(さざえ)堂 ? おもしろかった。 ↑別のマケットのディテール。ラ...
    引用元: [大西麻貴+百田有希]@東京都現代美術館 | フクヘン。- 元 雑誌 ...

  • 百田有希 ライフスタイルニュース | エキサイトイズム

    「百田有希」に関連した記事 1 若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 東京都現代美術館とブルームバーグ社とのコラボレーション「MOT×Bloomberg パブリック・スペースプロジェクト」が開催されている。若手作家の支援と、アートへのアクセシビリティをひろげることを目的に、美術館のパブリック・スペースを生まれ変わらせるプロジェクトだ。 2009年9月7日 12:30 キーワード: トリビュート アート 東京都現代美術館 建築 大西麻貴 百田有希 1 スポンサードサーチ
    引用元: 百田有希 ライフスタイルニュース | エキサイトイズム

  • 未来の郵便局 LUCHTA-ルフタ-

    未来の郵便局 京都六大学合同卒業設計展 京都大学 百田 有希 Photo <back 1 2 3 4 next> このページの先頭へ▲ 学生のコメント 未来の郵便局には身体性が問われているのだと思います。そこは、心地良い空間があり、手紙を通して人とのつながりを感じられる、どこか手紙を書きたくなる場所なのかもしれません。 このページの先頭へ▲ アクセスランキング 05月27日~06月26日 建築新人戦 滲む境界線 鈴木 智也 住宅課題賞 小住宅設計 河内駿介 JIA全国学生卒業設計コンクール 月と澪の滿ちる場所 -尾道市再構築プロジェクト 木藤美和子 住宅課題賞 自然のなかの居住単位 佐久間純 住宅課題賞 集合住宅 茂木 香織 Archives 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 ...
    引用元: 未来の郵便局 LUCHTA-ルフタ-

  • 建築浴のおすすめ 大西麻貴さん+百田有希さん&吉阪隆正

    「千ヶ滝の別荘」©大西麻貴+百田有希 明日から27日までは 「ぐるぐるつくる大学セミナーハウス」 ワークキャンプの第4回。 26〜27日には大西麻貴さん、百田有希さんも参加することになって楽しみだ。 「学生ながら話題の2人だ。大西麻貴氏がメディアに初登場したのは『せんだいデザインリーグ2006卒業設計日本一決定戦』での3位入選。『図書×住宅』という題名通り、チューブ状の図書空間と住宅空間が交錯して、重なった場所が書斎や広場のスケールに変わる。…」 こんな書き出しで記事をまとめた『日経アーキテクチュア』2008年3月17日号(特別増刊号)の「今年の10人」の取材で、1月18日に初めて大西さんと百田さんと対面した。
    引用元: 建築浴のおすすめ 大西麻貴さん+百田有希さん&吉阪隆正

  • 大西麻貴+百田有希"都市の中のけもの、屋根、山脈"の制作プロセス ...

    大西麻貴+百田有希 によるインスタレーション"都市の中のけもの、屋根、山脈"です。これは、多摩美術大学 長谷川祐子ゼミのキュレーションによる展覧会" ダブルクロノス "のために作られた作品で、2008年11月24日まで、 Zuishoji Art Projects (東京・白金台)でみることができる。ここでは、"都市の中のけもの、屋根、山脈"の制作プロセスの写真と、担当キュレーターの梶間亮徳によるテキストを紹介する。
    引用元: 大西麻貴+百田有希"都市の中のけもの、屋根、山脈"の制作プロセス ...

  • パブリックスペース・プロジェクト 大西麻貴+百田有希「夢の中の洞窟 ...

    大西麻貴+百田有希は、石とコンクリートで構成されたメデイアコートの硬質な空間に、有機質なフォルムをもつフォリーを出現させます。鐘乳洞のような内部空間に一歩足を踏み入れると、視覚や触覚などあらゆる感覚がつきうごかされ、さまざまな身体の動きが引き出されることになるでしょう。また、空間を体験するだけではなく、エントランスのガラスごしに、あるいはカフェから作品を見下ろすなど、さまざまなアングルから本作品を楽しむこともできます。さらに、作品展示にあわせ、メディアコートに隣接するホワイエにおいて、制作過程を記録した映像や作品模型、そして大西麻貴+百田有希の過去の作品を紹介する関連展示を行う予定です。
    引用元: パブリックスペース・プロジェクト 大西麻貴+百田有希「夢の中の洞窟 ...

  • 若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 | エキサイトイズム

    若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 2009年9月7日 12:30 今回の作品については、初めに作品が目に入った時には、まず前景として白い色や石のテクスチャーなど抽象的で硬質なイメージが流れ込んでくるのだが、作品との距離や視点を変える度に、むしろ有機的・具体的なイメージが見る者の中で生まれてくることがとても興味深い。 《夢の中の洞窟》撮影:木奥惠三 (c)onishimaki+hyakudayuki 作者側の表現の一方通行ではなく、見る側に建築やアートを通して「感じる場所を創り出す」というこの試みは、単に建築ともアートともつかない、ボーダーを超えた表現としてとても刺激的だ。会期は来年1月17日(日)まで。 《夢の中の洞窟》イメージ 2009年 (c)onishimaki+hyakudayuki MOT×Bloomberg パブリック・スペースプロジェクト[大西麻貴+百田有希] 東...
    引用元: 若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 | エキサイトイズム

  • イベント - 大西麻貴+百田有希 夢の中の洞窟 - KENCHIKU

    大西麻貴+百田有希 夢の中の洞窟 概 要 石とコンクリートで構成されたメディアコートの硬質な空間に、有機的なフォルムをもつフォリーを出現させる。 会 期 2009年8月1日(土)〜2010年1月17日(日) 10:00〜18:00 (月曜が祝日の場合は翌日・10/5〜30・12/28〜1/1休館、8/10・17、9/21・28開館) 会 場 問合せ 東京都現代美術館メディアコート 東京都江東区三好4-1-1 Tel:03-5245-4111 URL: http://www.mot-art-museum.jp/ 入場料 無料
    引用元: イベント - 大西麻貴+百田有希 夢の中の洞窟 - KENCHIKU

  • Ei Architect: 夢の中の洞窟/大西麻貴+百田有希

    夢の中の洞窟/大西麻貴+百田有希 だいぶ、前に行ってアップしていなかった「夢の中の洞窟」大西麻貴+百田有希です。 大西麻貴氏と百田有希氏は、僕が学生の時、卒業設計日本一仙台メディアリーグでとても有名になった方です。 最近は、建築やアートなどもやっている感じで、幅広く活動をしております。 今回は、洞窟のツララが延びて、地面と繋がっているような形です。 天井部の白の部分と、地面の砂の部分の接合部は、アクリルになっており どうやって、支えているのか不思議です。 子どもが、砂の部分を歩いたりしており楽しそうでした。 この展示は東京都現代美術館で、一月までやっています。 ぜひ、行ってみてください。 大西麻貴+百田有希ブログ http://oaharchi.exblog.jp/ 投稿者 ei 時刻: 0:28 0コメント: コメントを投稿
    引用元: Ei Architect: 夢の中の洞窟/大西麻貴+百田有希

  • イベント情報|LUCHTA ルフタ

    PUBLIC 'SPACE' PROJECT [大西麻貴+百田有希] 展覧会 第4回「MOT×Bloomberg PUBLIC 'SPACE' PROJECT」では、2007年に若手建築家の登竜門として知られるSDレビュー鹿島賞を受賞するなど、現在注目を集めている建築家ユニット、大西麻貴+百田有希による作品を紹介致します。 展示内容 【作品タイトル】 夢の中の洞窟:Cave in a dream 今回、大西麻貴+百田有希は、石とコンクリートで構成されたメディアコートの硬質な空間に、有機的なフォルムをもつフォリー(あずまや)を出現させます。鍾乳洞のような内部空間に一歩足を踏み入れると、視覚や触覚などあらゆる感覚がつきうごかされ、さまざまな身体の動きが引き出されることになるでしょう。また、空間を体験するだけではなく、エントランスのガラス越しに、あるいはカフェから作品を見下ろすなど、さまざま...
    引用元: イベント情報|LUCHTA ルフタ

  • JDN /夢の中の洞窟:Cave in a dream 大西麻貴+百田有希

    夢の中の洞窟:Cave in a dream 大西麻貴+百田有希 《都市のけもの、屋根、山脈》 2008年 (c) onishimaki+hyakudayuki 近年、建築とアートを横断するクリエイションが目立つ中で、大西麻貴+百田有希は、私たちのリアルな身体感覚を呼び覚ます空間の提案により、建築、アートという表現ジャンルを超えて評価されている若手建築家ユニットです。二人は、建築を自らの身体性に引きつけて考え、与条件の機能性にとらわれず、その空間を使う人の遊びの感覚や創造力を触発するような建築を発表してきました。 今回、大西麻貴+百田有希は、石とコンクリートで構成されたメディアコートの硬質な空間に、有機的なフォルムをもつフォリーを出現させます。鍾乳洞のような内部空間に一歩足を踏み入れると、視覚や触覚などあらゆる感覚がつきうごかされ、さまざまな身体の動きが引き出されることにな...
    引用元: JDN /夢の中の洞窟:Cave in a dream 大西麻貴+百田有希

  • 若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 | エキサイトイズム

    若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 2009年9月7日 12:30 高さ4m、横幅10m以上ある作品内部へは実際に入ることができ、場所によっては内側から空を覗いたり、砂利の部分から鍾乳石のように飛び出した部分に腰をかけることもできる。ゴツゴツとした内部に足を踏み入れると、思っていた以上に足の運び方や重心の置き方に意識を傾けさせられる。普段舗装された道を歩き慣れている大人が忘れかけていた、自身の身体性が引き出されるような不思議な感覚が足から伝わってくる。 そして、たとえば雨が降った日などは、水滴がストレッチ布で出来た屋根部分を通してつららの先端からポタポタと落ち、下部の突起の先端から順番に濡れていく。そんな屋外ならではの、天候や時間の経過に応じた視覚的効果も楽しそうだ。 大西麻貴+百田有希は1980年代生まれ、現在共に20代の若手建築家ユニットだ。京都大学工学部建築学科の同級生で、...
    引用元: 若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作 | エキサイトイズム

  • 内なる感覚でとらえ見たい空間を現実に、大西麻貴氏+百田有希氏|日経BP社 ...

    大西 麻貴氏(写真左) 1983年愛知県生まれ。2006年京都大学工学部建築学科卒業。08年3月東京大学大学院工学系研究科を修了し、博士課程に進学。同年4月から百田有希氏と「大西麻貴+百田有希」として活動 百田 有希氏(写真右) 1982年兵庫県生まれ。2006年京都大学工学部建築学科卒業。08年3月同大学大学院工学研究科を修了。大西氏とともにSDレビュー2007鹿島賞受賞。大西麻貴+百田有希を共同主宰(写真:柳生 貴也)
    引用元: 内なる感覚でとらえ見たい空間を現実に、大西麻貴氏+百田有希氏|日経BP社 ...

  • 見てきた:大西麻貴+百田有希「夢の中の洞窟」@MOT: site/シキチ

    見てきた:大西麻貴+百田有希「夢の中の洞窟」@MOT 東京木場にある東京現代美術館MOTで開催中の「夢の中の洞窟」(大西麻貴+百田有希)を見てきました。 MOT玄関。ただいま、伊藤公象展、メアリー・ブレア展が同時開催中。 夢の中の洞窟が展示されている場所は、少しわかりにくい。外からも2階のカフェからも入れます。 Photos (c) Site / shikichi Jun-ichi Nakagawa ナウシカに出てきそうな、風景。 建築って、何かと何かがぶつかりあう部分を調整していく作業の積み重ねで建設される。 この人達は、そういった接点に興味があるのだなぁと思う。そういった建築に必要不可欠な興味を早々にして持っている二人は今後もオモロイもんを作り続けるのだろうなぁ。 何かと何かがふとぶつかる瞬間の緊張感とか、違和感とか。 そういったことに興味があるのか。 SDレビューのふわっと大地にハン...
    引用元: 見てきた:大西麻貴+百田有希「夢の中の洞窟」@MOT: site/シキチ

百田有希 の相関図を読込中

大西麻貴+百田有希/o+h(大西麻貴,百田有希)●大西麻貴 1983年 愛知県生まれ 2006年 京都大学工学部建築学科卒業 2008年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了,大西麻貴+百田有希/

スポンサードリンク