矢原徹一の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • Profile

    Profile手短に自己紹介 名前:矢原徹一(やはらてつかず) 誕生日:1954年5月1日 年齢:59歳 所属:九州大学大学院理学研究院 生態科学研究室 身分: 教授 専門:生態学 進化生物学 勤務先住所:812-8581福岡市東区箱崎6-10-1 好きなこと:野外に出かけること,研究,教育 嫌いなこと: 環境破壊,弱い者いじめ
    引用元: Profile

  • 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(前編)世界 ...

    矢原 徹一(やはら・てつかず)氏 九州大学 大学院 理学研究院 生態科学研究室 教授。専門は生態学、進化生物学。 1954年生まれ。1977年、京都大学 理学部を卒業後、京都大学 大学院 理学研究科 植物学専攻に入学。1979年、理学修士取得。1984年、京都大学 理学博士。東京大学 理学部附属植物園に勤めた後、1991年、東京大学教養学部助教授。1994年、九州大学 理学部教授。2000年より現職。 1998年、松下幸之助花の万博記念奨励賞受賞。 日本生態学会会長(2008~2009年)、自然保護専門委員(1992年~)。日本進化学会、種生物学会で会長職を歴任。その他、日本植物分類学会 絶滅危惧植物問題専門委員会委員長、日本遺伝学会評議員、中央環境審議会 野生生物部会委員、環境省 絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会委員、日本学術振興会学術システム研究センター専門調査員など。 ...
    引用元: 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(前編)世界 ...

  • 矢原徹一公式サイト

    矢原徹一ウェブサイト Since 2003/2/9 矢原のウェブサイトには、このページ以外に、 個人サイト があります。 個人サイト では、出張先でもスケジュールを更新しています。 Mail address : tet.yahara(@)gmail.com (@)を@に入れ替えてください English site ★ リンク | アンテナ ★ プロフィール ★ スケジュール (毎日更新) ★ 日記 | Blog (「空飛ぶ教授のエコロジー日記」にリンク) ★ 研究のページ (12月1日更新) ★ 教育のページ | 全学共通ゼミ | 生態学I | 系統進化学 | 集団生物学 | | 調べて話して書く技術 (生物学コアセミナー使用スライド:853KB)| ★ 自然再生事業指針 ★ 九州大学生物多様性研究コンソーシアム (1月12日ACTIVITY更新) ★ 九大新キャンパス生物多様...
    引用元: 矢原徹一公式サイト

  • 第3回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 矢原 徹一:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    矢原 徹一 やはら・てつかず 九州大学大学院理学研究院教授 昭和29年5月1日、福岡県生まれ。 昭和52年、京都大学理学部卒業。 昭和57年、京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。 昭和58年、東京大学理学部附属植物園助手。 昭和59年、理学博士(京都大学)。 昭和62年、東京大学理学部附属植物園日光分園講師。 平成3年、東京大学教養学部助教授。 平成6年、九州大学理学部教授。 平成12年、九州大学大学院理学研究院教授。現在に至る。 平成10年、松下幸之助花の万博記念奨励賞受賞。 受賞者紹介 地球のみどりは、多様に進化した植物によって彩られている。植物の多様性の現状を科学的に診断するには、生物進化の結果である植物相の動態の解明が必要である。 同人の研究は、一貫して植物の進化における種の動態を明らかにするものである。最初はイラクサ科を材料に、倍数化、自然交雑を繰り返しながら種分化を重...
    引用元: 第3回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 矢原 徹一:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界 ...

    ECO JAPAN インタビュー 過去記事一覧へ 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界が注目する九州大学の取り組み 2008年9月9日 ●現在、九州大学が建造中の新キャンパス「 伊都キャンパス (福岡市西区元岡・桑原地区、前原市、志摩町)」では、「一種も滅ぼさない」「森林面積を減らさない」という2つの目標を掲げて生物多様性の保全に取り組んでいる。 ●絶滅危惧種に限らず、現存するすべての種を残す――世界でも初めてといえるこの取り組みは、米国の科学誌『Science』にも取り上げられるなど、世界中から注目を集めている。 ●この画期的なプロジェクトを提案し、中心となって進めてきたのが、同大学 大学院 理学研究院 生態科学研究室の矢原徹一教授だ。独自の手法により、徹底した調査・移転作業を実行。そこにはどんな苦労や発見があったのか。前編に続き、紹介していこう。 ...
    引用元: 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界 ...

  • 生物多様性の進化と保全:学融合推進センター 総合研究大学院大学

    1)矢原徹一 1999 現代に生きるダーウィン In: 長谷川真理子・三中信宏・矢原 徹一著『現代によみがえるダーウィン』 ダーウィン著作集別巻1 文一総合出版 当該分野の歴史を概観している。 2)矢原徹一 1996 性のパラドックスはどこまで解けたか 種生物学研究20: 67-80 性の進化の研究に関する総説。オリジナルな研究成果については、この総説 に引用されている「花の性」(東京大学出版会)を参照。 3)鷲谷いづみ・矢原徹一 1996 「保全生態学入門 遺伝子から景観まで」 文一 総合出版 270pp. 進化生物学の基礎にもとづいて保全生態学を体系的に紹介した教 科書。出版から10年以上経過したが、基本的な内容は古くなっていない。
    引用元: 生物多様性の進化と保全:学融合推進センター 総合研究大学院大学

  • 生態学会新潟大会の自由集会 - 横浜国大 松田裕之 公開書簡

    ■ [ 保全 ]生態学会新潟 大会 の自由集会 【自由集会タイトル】 自然 再生事業の現状と課題(26日以降の開催を 希望 ) *1 【 責任 者名(所属)】 矢原徹一(九大 大学院 ・理学 研究 院・ 生物 科学部門) 自然 再生事業の事例紹介 責任 者 矢原徹一(九州大理)・生態系管理専門委員会 日本生態学会生態系管理委員会では、「 自然 再生事業指針」を作成して公表した。今後は、この指針に照らして、全国で実施されている 自然 再生事業の現状と課題を評価し、併せて指針の有効性を検証し、「 自然 再生ハンドブック」を 編集 する予定である。この目標を念頭に置き、各地の 自然 再生事業の事例を検討するラウンドテーブルとして、この自由集会を開催する。大台ケ原・霞ヶ浦・宍道湖などで実施されている 自然 再生事業の現状と課題を関係者が報告し、討論する。 報告者: 村上 興正(大台ケ原)・西廣淳(...
    引用元: 生態学会新潟大会の自由集会 - 横浜国大 松田裕之 公開書簡

  • 990518

    ●九大教職組前委員長矢原徹一氏(理学部教授)が五月一八日、「学校教育法等一部改正」を審議する参議院文教科学委員会で参考人として意見陳述を行いました。その要旨をご紹介します。また、当日の審議の詳細がわかるビデオ(約三時間=各各会派の質問に矢原氏が国立大の現場から回答)が組合にありますので、視聴を希望される方はご連絡ください。
    引用元: 990518

  • The Rap Guide to Evolution - Researchmap

    さて、矢原徹一先生が 日記 で “TheRap Guide to Evolution” の紹介をされていたが、面白すぎるのでリンクを貼っておく。この程度の英語が全部聞き取れるようなら、英語のリスニングにかけてはスタートラインに立てるだろう。生物学者の人は馴染みの深い単語ばかりなので、内容をリアルタイムで把握して答えられるのが英語のディスカッションが出来る上での大前提になると思う。これが出来ても「お前は英語が全然出来ない」とネイティブの人に言われるかも知れないので注意。向こうの人も日本人以上に率直な意見は避けるので、これが出来ずに英語がお上手ですね、と言われるのは単なるお世辞の可能性が高い。暫くの間単純作業時の BGM にしよう。
    引用元: The Rap Guide to Evolution - Researchmap

  • 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界 ...

    ECO JAPAN TOP ECO JAPAN 記事 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界が注目する九州大学の取り組み 2008年09月09日 ●現在、九州大学が建造中の新キャンパス「 伊都キャンパス (福岡市西区元岡・桑原地区、前原市、志摩町)」では、「一種も滅ぼさない」「森林面積を減らさない」という2つの目標を掲げて生物多様性の保全に取り組んでいる。 ●絶滅危惧種に限らず、現存するすべての種を残す――世界でも初めてといえるこの取り組みは、米国の科学誌『Science』にも取り上げられるなど、世界中から注目を集めている。 ●この画期的なプロジェクトを提案し、中心となって進めてきたのが、同大学 大学院 理学研究院 生態科学研究室の矢原徹一教授だ。独自の手法により、徹底した調査・移転作業を実行。そこにはどんな苦労や発見があったのか。前編に続き、...
    引用元: 九州大学 大学院 矢原徹一教授 「生物多様性」って何だろう?(後編)世界 ...

  • 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの ...

    1.受賞者 和田 正三(わだ まさみつ) 九州大学大学院理学研究院特任教授 東京都立大学名誉教授 矢原 徹一(やはら てつかず) 九州大学大学院理学研究院教授 〔参考〕 矢原徹一教授は、中央環境審議会臨時委員(野生生物部会所属)をはじめ、環境省の「絶滅のおそれのある野生生物種の選定・評価検討会」「重要生態系監視地域モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)推進検討委員会」等の委員を務められています。 2.授賞式 「みどりの式典」 平成21年4月24日(金)(於:東京都内) 詳細及び本件問い合わせ先については、別添の内閣府発表資料のとおりです。
    引用元: 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの ...

  • 矢原徹一さんの意見 - 横浜国大 松田裕之 公開書簡

    2005-12-26 矢原徹一さんの意見 ■ [ 合意形成 ]石西礁湖 自然 再生事業 Date: Sun, 25 Dec 2005 21:33:50 +1200 ○○様 ○○様 専門家が地域協議会でどのような役割を果たすべきかについて、知床世界遺産科学委員会の答申案を書きましたので添付します。また、末尾にある矢原徹一さんの【】意見も合わせてご検討ください。 自然 再生基本方針には専門家会議の規定がなかったと思いますが、専門家会議を作ったうえで、 地域協議会 にも専門家個人が参加する方向であるとすれば、添付ならびに公開書簡での私の意見とは異なることになるでしょう。だから不適切とはいえませんが。 公開書簡12.1 「ある科学者の意見が科学委員会を通じて意思決定に反映され,さらに 利害関係 者としても反映される路を確保しろというのは,私はやりすぎだと思います。」 添付文書「科学委員会の設置要綱...
    引用元: 矢原徹一さんの意見 - 横浜国大 松田裕之 公開書簡

  • 山と溪谷社の商品検索 - 検索結果一覧 - 山と渓谷社(YAMAKEI)

    レッドデータプランツ 矢原 徹一 4,410 円 植物たちのSOSが聞こえる! 1997年、環境庁から新しい植物レッドリスト1887種類が公表された。本書ではこのうち873種を、全体がよくわかる写真と超アップ写真の組み合わせで収録。解説はそれぞれの種類の専門家45名による《植物解説》と植物たちの現況をリアルに報告した永田芳男氏の《撮影記》の2本立て。これまで詳しく紹介...
    引用元: 山と溪谷社の商品検索 - 検索結果一覧 - 山と渓谷社(YAMAKEI)

  • 保全生態学入門—遺伝子から景観まで鷲谷いづみ, 矢原徹一 ...

    ★保全生態学入門―遺伝子から景観まで☆鷲谷いづみ, 矢原徹一☆文一総合出版★ 商品説明 鷲谷 いづみ (著), 矢原 徹一(著)「保全生態学入門―遺伝子から景観まで」文一総合出版 2002年6月30日 第6刷 保全生態学の目標、めざす内容およびその現状を紹介。地球規模より、むしろ地域の生物多様性に中心をおいて、保全生態学のなすべきこと、およびなしつつあることを提示した。 商品の状態 :中古品ですが状態は「良」です。 発送詳細 クロネコメール便で発送します。 送料:全国一律160円です。 支払詳細 ゆうちょ銀行:総合口座 がご利用いただけます。 銀行振込:スルガ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行 Yahoo!かんたん決済、Yahoo!ネットバンキング決済 がご利用いただけます。 注意事項 ●あくまでも中古品ですので、神経質な方のご入札はご遠慮願います。 ...
    引用元: 保全生態学入門—遺伝子から景観まで鷲谷いづみ, 矢原徹一 ...

  • 九州大学-研究者情報 [矢原 徹一 (教授) 理学研究院 生物科学部門]

    データ更新日:2010.10.13 矢原 徹一 (やはら てつかず) 教授 理学研究院 生物科学部門 動態生物学講座 教育活動概要 担当授業科目 ファカルティディベロップメン... 他大学・他機関等の客員・兼任... その他の特筆すべき教育実績 教育活動概要 大学院教育 現在、6名の博士課程大学院生、6名の修士課程大学院生を指導している。本研究室の大学院教育では、植物・哺乳類・鳥類・昆虫などの多岐にわたる野生生物を材料としている。研究室として研究成果をあげる効率を追求するならば、いずれかの材料に集中した方が良い。しかし、たとえば鳥類に強い関心があり、鳥類についての知識も野外観察経験も豊富な学生に植物のテーマを出すのは、本人の特性を生かす点でも、幅広い人材養成という点でも適切ではない。当研究室は野生生物の生態学の教育研究に関する拠点の一つであり、多様な野生生物に関心を持つすぐれた学生が...
    引用元: 九州大学-研究者情報 [矢原 徹一 (教授) 理学研究院 生物科学部門]

矢原徹一 の相関図を読込中

Profile手短に自己紹介 名前:矢原徹一(やはらてつかず) 誕生日:1954年5月1日 年齢:59歳 所属:九州大学大学院理学研究院 生態科学研究室 身分: 教授 専門:生態学 進化

スポンサードリンク