矢田哲士の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 矢田哲士 - 研究者 - ReaD & Researchmap

    矢田哲士         更新日: 11/06/14 16:00 研究者氏名 矢田哲士 ハンドル Yada Tetsushi 所属 京都大学 研究キーワード全て表示 バイオインフォマティクス(175) , ゲノム(245) , アノテーション(7) , 遺伝子発見(5) , 配列解析(6) , ゲノム生物学(10) , 機械学習(186) , ヒト(44) , アルゴリズム(119) , アラインメント(1) , 遺伝子(360) , カーネル法(10) , プロモーター(34) , プロファイル(3) , 確率モデル(21) , ソフトウェア(57) , 生物配列解析(1) , データマイニング(168) , miRNA(24) , 認識アルゴリズム(1)研究分野   情報学 / 生体生命情報学 /  ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学 / 経歴テキストで表示12> 2007年 - 2011...
    引用元: 矢田哲士 - 研究者 - ReaD & Researchmap

  • 京都大学 Global COE|知識循環社会のための情報学教育研究拠点

    ゲノム配列に潜む情報を読み解く 日時: 2008年6月12日12:30~14:00 場所: 電気総合3F中会議室 講師: 矢田哲士氏 講師所属: 生命情報学講座 講師略歴: 講演概要: 生命情報学あるいはバイオインフォマティクスの重要性が強調されて久しいが、分子生物学の進展は、依然として、実験による発見が先導している。一方で、シークエンシングをはじめとする観測技術の革新は、多種多様なデータの大量産出をもたらし、その情報処理における高速性や信頼性をバイオインフォマティクスに要請している。そしてバイオインフォマティクスは、その要請に応える努力を続けている。ここでは、それらの要請をひとまず横に置き、分子生物学の先導を志したバイオインフォマティクスを紹介する。そこでは、分子生物学的な仮説に基づいたモデルを構築し、そのモデルによって観測データが説明可能かどうかを問う。講演では...
    引用元: 京都大学 Global COE|知識循環社会のための情報学教育研究拠点

  • KAKEN - 矢田 哲士(10322728)

    プロモーター配列の設計 矢田 哲士 研究期間 : 2010年度~2011年度 研究分野 : 生体生命情報学 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 京都大学 大規模ゲノム情報の比較技術と知識発見 矢田 哲士 研究期間 : 2005年度~2009年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究 研究機関 : 京都大学 比較ゲノム解析による進化・多様性のゲノム基盤の解明 藤山 秋佐夫 研究期間 : 2004年度~2009年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究 研究機関 : 国立情報学研究所 網羅的DNA-蛋白相互作用データに基づく染色体のモデル表現 白髭 克彦 研究期間 : 2003年度~2005年度 研究分野 : 基礎ゲノム科学 研究種目 : 基盤研究(B) 研究機関 : 特殊法人理化学研究所 → 独立行政法人...
    引用元: KAKEN - 矢田 哲士(10322728)

  • 産総研 生命情報科学人材養成コース:個別セミナー詳細(平成13年度)

    日時 2001年 12月 07日 (金) 13:30〜 場所 臨海副都心センター 4階 401号室 矢田 哲士 遺伝子発見問題は、長大なゲノム配列からタンパク質のコード領域を探し出す問題である。広義の遺伝子発見問題には、RNA遺伝子を探し出す問題も含まれるが、ここでは、タンパク質のコード領域を探し出す問題に焦点を絞る。遺伝子発見の先駆的な研究は、1980年代に始まり、1990年代に入ってからは、幾つもの洗練されたコンピュータプログラムが登場するに至った。遺伝子発見のコンピュータアルゴリズムは、背景にある考え方の違いによって、大きく3つに分類することができる。(1)転写産物による遺伝子発見、(2)ab initio 遺伝子発見、(3)ゲノム比較による遺伝子発見である。最近では、転写産物による遺伝子見と ab initio遺伝子発見、ゲノム比較による遺伝...
    引用元: 産総研 生命情報科学人材養成コース:個別セミナー詳細(平成13年度)

  • Kyoto University Global COE ...

    ゲノム配列に潜む情報を読み解く Date: 2008/6/1212:30~14:00 Place: 電気総合3F中会議室 Lecturer: 矢田哲士 Membership: 生命情報学講座 Professional Affiliation: Lecture Concept: 生命情報学あるいはバイオインフォマティクスの重要性が強調されて久しいが、分子生物学の進展は、依然として、実験による発見が先導している。一方で、シークエンシングをはじめとする観測技術の革新は、多種多様なデータの大量産出をもたらし、その情報処理における高速性や信頼性をバイオインフォマティクスに要請している。そしてバイオインフォマティクスは、その要請に応える努力を続けている。ここでは、それらの要請をひとまず横に置き、分子生物学の先導を志したバイオインフォマティクスを紹介する。そこでは、分子生物学的な仮...
    引用元: Kyoto University Global COE ...

  • 過去の開催情報 | ゲノムひろば in 名古屋 | ゲノムひろば

    主催: 文部科学省科学研究費 特定領域研究ゲノム4領域 後援:愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会 出展責任者 矢田 哲士 大久保 公策 藤原 滋樹 / 佐藤 愛 小原 雄治 仁田坂 英二 高橋 考太 伊藤 隆司 藤田 秦太郎 久原 哲 美宅 成樹 浅井 潔 松野 浩嗣 佐藤 賢二 木村 彰方 新川 詔夫 服巻 保幸 / 谷 綾子 / 柴田 篤志 / 柴田 弘紀 (C)2002- 文部科学省 科学研究費 特定領域研究ゲノム4領域. All rights reserved. 当サイトの画像・文書の無断転載・複写を禁じます。
    引用元: 過去の開催情報 | ゲノムひろば in 名古屋 | ゲノムひろば

  • 産総研 生命情報科学人材養成コース:実施セミナー紹介(平成13年度)

    矢田 哲士(東京大学医科学研究所) 日時:2001年12月7日 13:30〜 場所:臨海副都心センター 4階 401号室
    引用元: 産総研 生命情報科学人材養成コース:実施セミナー紹介(平成13年度)

  • 京都大学大学院情報学研究科の朴聖俊先生と矢田哲士先生による講演会が、1月 ...

    生命情報工学科の理念・変遷 JABEEへの対応 科目分野別担当者会議 2010年度入学生 2010 科目の流れ 2010 科目の分類 2010 履修課程表 2009年度入学生 2009 科目の流れ 2009 科目の分類 2009 履修課程表 2008年度入学生 2008 科目の流れ 2008 科目の分類 2008 履修課程表 2007年度入学生 2007 科目分類 2007 履修課程表 2005/2006年度入学生 2005/2006 科目分類 2005/2006 履修課程表 2003/2004年度入学生 2003/2004 科目分類 2003/2004 履修課程表 職員紹介 退職・移籍教員
    引用元: 京都大学大学院情報学研究科の朴聖俊先生と矢田哲士先生による講演会が、1月 ...

  • KAKEN - 浅井 潔(30356357)

    情報表現モデルによるゲノム配列情報のモデル化と予測 矢田 哲士 研究期間 : 2000年度~2004年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究(C) → 特定領域研究 研究機関 : 理化学研究所 → 東京大学 → 京都大学
    引用元: KAKEN - 浅井 潔(30356357)

  • ゲノムリテラシー講座

    2002年9月18日(水) 「ヒトゲノム配列の読解術:遺伝子の発見とその周辺」 2日目 講師: 矢田哲士、野口英樹 内容: 今回のリテラシー講座では、完全決定が間近いヒトゲノム配列を取り上げ、その中に隠された遺伝子を発見するためのバイオインフォマティクス技術を、講義と実習を交えながら紹介する。2日目は、これからの遺伝子発見の大きなトレンドになると考えれているゲノム比較による遺伝子発見手法を解説・体験する。 参加資格: UNIXの使用経験があること。
    引用元: ゲノムリテラシー講座

  • CiNii Article - Hidden Markov Model ...

    矢田 哲士 YADA Tetsushi 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター RIKEN Genomic Sciences Center
    引用元: CiNii Article - Hidden Markov Model ...

  • 理研ゲノム科学総合研究センターと東大医科研ヒトゲノム解析センターが共同で ...

    理化学研究所ゲノム科学総合研究センター(GSC)・ゲノム構造情報研究グループ(榊佳之プロジェクトディレクター、矢田哲士研究員ほか)と、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター・ゲノムデータベース分野(高木利久教授)は共同で、ドラフトシーケンスが終了した「ヒトゲノム」の配列情報をゲノム研究に利用しやすい形式で公開することを目的に、新しいデータベースを作成し、両センターのホームページ上で18日から公開します( http://hgp.gsc.riken.go.jp , http://www.hgc.ims.u-tokyo.ac.jp )。このような一般に使いやすい形でヒトゲノムドラフト配列データが提供されたのは、世界で初めてです。 1.背景 「国際ヒトゲノムシーケンス決定コンソーシアム」は平成12年6月26日、ヒトゲノムドラフト配列の終了を宣言しましたが、その内容はDNA断片ごとの配列...
    引用元: 理研ゲノム科学総合研究センターと東大医科研ヒトゲノム解析センターが共同で ...

  • 日本計算工学会誌「計算工学」 学会誌・論文集・刊行物 JSCES 日本計算工学会

    巻頭言 ネットワーク時代と計算工学(渡辺貞) 特集 バイオインフォマティックス ・企画趣旨(秋山泰) ・ゲノム配列からの遺伝子発見(矢田哲士) ・シグナル伝達パスウェイの情報解析(高井貴子) ・代謝ネットワークの情報解析(有田正規) ・バイオインフォマティックスにおける画像処理(高橋勝利) ・並列木探索によるペプチド立体配座の拘束解析(安藤誠) チュートリアル PCクラスター 〜その製品概要と動向〜(原田勝利) 研究環境紹介 カリフォルニア大学サンディエゴ校 機械・航空工学科 計算力学研究室(岡澤重信) 新製品紹介 イメージベース・モデリング/計測/解析システム VOXELCON V4(雨海真人・大原敏靖・横田政幸) 学術講演会報告 ・ECCOMAS2000(中林靖) ・世紀末夏のCFD国際会議(藤井孝蔵) 2001年度研究分科会の研...
    引用元: 日本計算工学会誌「計算工学」 学会誌・論文集・刊行物 JSCES 日本計算工学会

  • 産総研 生命情報科学人材養成コース:実施セミナー紹介(平成16年度)

    矢田 哲士(京都大学大学院) 日時:2004年10月15日 13:30〜 場所:青海フロンティアビル17階コラボレーションコーナー
    引用元: 産総研 生命情報科学人材養成コース:実施セミナー紹介(平成16年度)

  • JOHOKANRI : Vol. 38 (1995) , No. 12

    図書紹介 人工生命の方法—そのパラダイムと研究最前線— 1135-1135 矢田 哲士 公開日: 2008/05/30 [ 抄録 ] [ Image PDF (98K) ]
    引用元: JOHOKANRI : Vol. 38 (1995) , No. 12

矢田哲士 の相関図を読込中

矢田哲士         更新日: 11/06/14 16:00 研究者氏名 矢田哲士 ハンドル Yada Tetsushi 所属 京都大学 研究キーワード全て表示 バイオインフォマティクス(175)

スポンサードリンク