石岡繁雄の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 石岡繁雄 - Wikipedia

    石岡繁雄(いしおか・しげお 1918年1月25日 - 2006年8月15日)。日本の登山家、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。
    引用元: 石岡繁雄 - Wikipedia

  • 石岡繁雄 とは - コトバンク

    石岡繁雄 【いしおか-しげお】 1件の用語解説(石岡繁雄で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 石岡繁雄 いしおか-しげお &nbsp 1918-2006 昭和 - 平成 時代 の登山家。 大正 7年1月25日 カリフォルニア 州生まれ。 旧制 三重 県立 神戸 中学 の メンバー で岩稜会を 創立 。昭和22年穂高 屏風岩 正面 壁を初登攀(とうはん)。のち 鈴鹿 工専 教授 。30年弟 若山 五朗の前穂高 遭難 死を 契機 に ナイロン ザイル の 欠陥 を 追及 ,12年後に 通産省 に 安全 基準 をつくらせた。このナイロンザイル 事件 に想をえた 作品 が井上靖「 氷壁 」。59年 石岡 高所 安全研究所を 設立 。平成18年8月15日 死去 。88歳。名 大卒 。 石岡繁雄 ならアマゾン お急ぎ便利用で当日、翌日にお届け。アマ...
    引用元: 石岡繁雄 とは - コトバンク

  • 社会 - 西洋と東洋の狭間

    [石岡繁雄プロフィール] 石岡繁雄は、大正7年1月25日 アメリカ・カリフォルニア州サクラメント市で生まれる。3歳で父の郷里の愛知県海部郡佐織町に戻り、愛知県立旧制津島中学校、第八高等学校をへて、名古屋帝国大学工学部電気学科卒。名古屋帝大(現名古屋大)の山岳部で活躍し、終戦時海軍大尉、戦後、三重県立旧制神戸中学(鈴鹿市、現在神戸高校)で物理教師として着任した。そこで山岳部を作り、また同校卒業生を主とした有志で岩稜会を作った。
    引用元: 社会 - 西洋と東洋の狭間

  • 石岡繁雄|キーワード|コブス オンライン

    HOME > 人気 > キーワード > 石岡繁雄 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 石岡繁雄 石岡繁雄(いしおか・しげお 1918年 1月25日 - 2006年 8月15日 )。日本の 登山家 、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。 カテゴリー: 1918年生 2006年没 日本の登山家 愛知県出身の人物 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー登録すると様々な特典を受けられます。 おトクなユーザー特典とは? 100マイポプレゼントキャンペーン COBSユーザー登録 登録情報変更 退会
    引用元: 石岡繁雄|キーワード|コブス オンライン

  • 石岡繁雄 - Wikipedia

    石岡繁雄 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 石岡繁雄 (いしおか・しげお 1918年 1月25日 - 2006年 8月15日 )。日本の 登山家 、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。 目次 1 経歴・人物 1.1 登山家として 1.2 ナイロンザイル切断事件、そして真相究明への執念 1.3 安全への思い 2 著書 [ 編集 ] 経歴・人物 [ 編集 ] 登山家として 愛知県 愛西市 出身(アメリカ生まれ)。 名古屋大学 職員、国立 豊田高専 教授を経て同 鈴鹿高専 教授を退職後、石岡高所安全研究所所長。 旧制第八高等学校、名古屋帝大(いずれも現・名古屋大学)の山岳部で活動、 穂高山 域の岩場の初登攀に挑戦。 1947年 7月 、「登攀不可能」と登山界で怖れられていた上高地の奥の横尾谷に高さ約600メートル、...
    引用元: 石岡繁雄 - Wikipedia

  • 石岡繁雄氏 - .エンジョイ マイ ライフ - Yahoo!ブログ

    石岡繁雄氏 傑作(0) 2006/8/16(水) 午前 11:20 無題 愛知県 Yahoo!ブックマークに登録 今日の朝刊の中の小さな写真が目に停まった。 アレッとよく見るとやはり懐かしいお顔であった。私が学生時代に属していた山岳部の顧問をしていただいていた「石岡繁雄氏」である。 そのころは確か鈴鹿工業高専にお勤めであった。 この方は勿論登山家としても有名な方であったが、このころはナイロンザイル(最近もTVで取り上げられた井上靖氏の小説「氷壁」の中に出てくるあのナイロンザイルである。)が絶対に切れないとのふれ込みで使われていたが先生の実弟がこのナイロンザイルが切れたために亡くなられたのである。 そこに疑問をもたれ、会社の実験では納得されずご自身で何度も実験を行われ、とうとう自説を世間に認めさせた方であった。この事件にはご出身大学の名古屋大学の屋上を使われたとお聞きしたよう...
    引用元: 石岡繁雄氏 - .エンジョイ マイ ライフ - Yahoo!ブログ

  • 石岡繁雄 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    石岡繁雄 - Wikipedia 石岡繁雄 . 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索 . 石岡繁雄 (いしおか・しげお 1918年1月25日 - 2006年8月15日)。日本の登山家、岩稜 会会長、日本山岳会東海支部名誉会... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B2%A1%E7%B9%81%E9%9B%84 石岡繁雄 のHP そのような趨勢のただ中で、ナイロンザイルの神話に、 石岡繁雄 は自己の専門領域をと おして闘いを挑んだのだった。 製造物責任法の思想を先どりする成果. 一方で彼は、メ -カ-や日本山岳会にたいして、ナイロ... http://www.geocities.jp/shigeoishioka/prof.html 登山家 石岡繁雄 の一生 平成19年1月25日 52年の時を経...
    引用元: 石岡繁雄 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 『氷壁・ナイロンザイル事件の真実』を読んで

    ところが今回、思いがけず石岡繁雄・相田武男著『石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実』 ( 2007 年 1 月、株式会社あるむ刊) を読み、真相究明の経緯と、石岡氏をはじめとする関係者の闘いを知った。この本は、 (三重県鈴鹿市にある登山クラブ)「 岩稜会」の会長で、後に豊田と鈴鹿の両高専で応用物理を教えた石岡氏が、実弟の遭難死以来、事件にかかわり、真相究明と再発防止に立ちはだかる壁と闘った経緯を、途中から取材に当たった元朝日新聞記者の相田武男氏に語り、相田氏と (石岡氏の豊田高専時代の教え子で、名古屋市内で編集印刷業を営む) 川角信夫氏とが、関連資料を織り込んで編集、出版したものである。四六判全 460 頁、巻末に年表が付されている。本体頒価、 2300 円。
    引用元: 『氷壁・ナイロンザイル事件の真実』を読んで

  • 石岡繁雄 - 百科事典ディスマス

    石岡繁雄 (いしおか・しげお 1918年 1月25日 - 2006年 8月15日 )。日本の 登山家 、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。 目次 1 経歴・人物 1.1 登山家として 1.2 ナイロンザイル切断事件、そして真相究明への執念 1.3 安全への思い 2 著書 経歴・人物 登山家として 愛知県 愛西市 出身(アメリカ生まれ)。 名古屋大学 職員、国立 豊田高専 教授を経て同 鈴鹿高専 教授を退職後、石岡高所安全研究所所長。 旧制第八高等学校、名古屋帝大(いずれも現・名古屋大学)の山岳部で活動、 穂高山 域の岩場の初登攀に挑戦。 1947年 7月 、「登攀不可能」と登山界で怖れられていた上高地の奥の横尾谷に高さ約600メートル、垂直に近くそそり立つ穂高・屏風岩の中央カンテ(岩壁突出部)の初登攀に成功した。 この初登攀は教壇に立ち、自ら山岳部長をつとめる...
    引用元: 石岡繁雄 - 百科事典ディスマス

  • 豊田高専同窓会

    石岡繁雄先生がお亡くなりになりました 平成18年8月15日午前9時7分、大動脈瘤破裂で、石岡繁雄先生がお亡くなりになりました。先生は三重県鈴鹿市にお住まいでした。 昭和39年に豊田高専に着任されてから、昭和46年までの7年間、私たちの母校で教鞭を執ってくださいました。また先生は、来たアルプスで起きたナイロンザイルの事故で弟さんをなくされたことで、ナイロンザイルが岩角に弱いことを実証。これが井上靖の『氷壁』のモデルになりました。 先生のプロフィールその他については、以下のサイトに詳しく書かれています。 http://www.geocities.jp/shigeoishioka/index.html (このサイトは音楽が鳴ります。別ウインドウで開きます) ※この記事は斎藤英徳さん(A-2)からのお知らせを元にに作成しました。
    引用元: 豊田高専同窓会

  • 石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実 - 石岡 繁雄, 相田 ...

    石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実 Tweet mixiチェック 石岡 繁雄, 相田 武男 商品カテゴリー: 単行本 Amazonランキング: 800327位 定価: ¥ 2,415 ユーズド価格: ¥ 1,700 ISBN/ASIN:4901095781(あるむ) 送料無料! 36ポイント が貯まるカラメル BOOKSで、「 石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実 」を探す! >>詳細ページへ JUGEMユーザーのレビュー・感想 この商品を紹介しているユーザーはまだいません。 » 「石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実」についてもっと詳しくみる ブクログユーザーのレビュー・感想( 5 件) [ 3.00 ] » ブクログユーザーの「石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実」のレビューを見る アマゾンユーザーのレビュー...
    引用元: 石岡繁雄が語る氷壁・ナイロンザイル事件の真実 - 石岡 繁雄, 相田 ...

  • ナイロンザイル事件 - Wikipedia

    1955年 1月2日 、前 穂高岳 東壁を登攀中の岩稜会( 三重県 鈴鹿市 ・ 石岡繁雄 会長)の3人パーティの一人、若山五朗(当時・ 三重大学 1年生)が50センチほど滑落、頭上の岩にかけた1トン以上の引っ張りに耐えるというメーカー保証つきの新品8ミリナイロンザイルがショックもなく切断、墜死した。
    引用元: ナイロンザイル事件 - Wikipedia

  • ナイロンザイル事件 - BIGLOBE百科事典

    1955年 1月2日 、前 穂高岳 東壁を登攀中の岩稜会( 三重県 鈴鹿市 ・ 石岡繁雄 会長)の3人パーティの一人、若山五朗(当時・ 三重大学 1年生)が50センチほど滑落、頭上の岩にかけた1トン以上の引っ張りに耐えるというメーカー保証つきの新品8ミリナイロンザイルがショックもなく切断、墜死した。
    引用元: ナイロンザイル事件 - BIGLOBE百科事典

  • 映画「氷壁」鑑賞: 小屋番の山日記

    今日は昨年8月15日に亡くなられた登山家石岡繁雄氏の一周忌の集会であった。娘の石岡あづみさんがあいさつに立たれた。父親に瓜二つの横顔が故人を彷彿させた。その後昭和30年に起きたナイロンザイル事件の顛末をO氏が解説された。 何といっても蒲郡で行われたザイル強度の公開実験でザイルが切断されなかったことが石岡氏の運命を狂わせた。原因は岩角を面取りしたからであった。切断されなかったその事実をおかしいと思った仲間のK氏がこっそり実験に使われた櫓に登って確かめると面取りしてあったという。企業の卑劣な隠蔽工作であった。 作家の井上靖はこの事件を社会的な広がりのある小説に仕立てた。それが「氷壁」である。朝日新聞連載後昭和32年に発刊された。 井上靖が石岡さんの「屏風岩登攀記」の書評に寄せた言葉がある。「石岡さんは名アルピニストであると共に、志を持った数少ない登山家の一人である。私は氏の実弟の遭難事...
    引用元: 映画「氷壁」鑑賞: 小屋番の山日記

石岡繁雄 の相関図を読込中

石岡繁雄(いしおか・しげお 1918年1月25日 - 2006年8月15日)。日本の登山家、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。3才で父の故郷であ

スポンサードリンク