神門善久の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 神門善久 - Wikipedia

    神門 善久(ごうど よしひさ、1962年 - )は、日本の農学者・経済学者。現在、明治学院大学経済学部経済学科教授。学位は博士 (農学)(京都大学)。
    引用元: 神門善久 - Wikipedia

  • 神門善久 - Wikipedia

    神門善久 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 神門 善久 (ごうど よしひさ、 1962年 - )は、日本の 農学者 ・ 経済学者 。現在、 明治学院大学 経済学部 経済学科 教授 。 学位 は 博士 (農学) (京都大学)。 [ 編集 ] 経歴 1962年 - 島根県 松江市 に生まれる 1984年 - 京都大学 農学部卒業 2006年 - 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版)で第28回 サントリー学芸賞 (政治・経済部門)受賞。 [ 編集 ] 著書 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版、2006/6/24) ISBN 4757140991 [ 編集 ] 外部リンク 教員プロフィール(明治学院大学) 「 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%96%80%E5%96%...
    引用元: 神門善久 - Wikipedia

  • 神門善久 とは - Wikipedia@pedia

    神門善久 とは 「神門善久」の@pediaでの説明をチェックする wikipediaの元記事をチェックする [ スポンサード リンク ] 神門 善久 ( ごうど よしひさ 、 1962年 - )は、日本の 農学者 ・ 経済学者 。現在、 明治学院大学 経済学部 経済学科 教授 。 学位 は 博士 (農学、京都大学)。 経歴 1962年 - 島根県 松江市 に生まれる 1984年 - 京都大学 農学部卒業 2006年 - 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版)で第28回 サントリー学芸賞 (政治・経済部門)受賞。 著書 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版、2006/6/24) 外部リンク 教員プロフィール(明治学院大学) 神門善久のリンク元 [[biglobe]] ???s?@??@?_??@?O???? [[Yahoo]] 神門善久 [[Y...
    引用元: 神門善久 とは - Wikipedia@pedia

  • 神門善久 | web R25

    神門善久とは R25のキーワード:神門善久 神門 善久(ごうど よしひさ、1962年 - )は、日本の農学者・経済学者。現在、明治学院大学経済学部経済学科教授。学位は博士 (農学)(京都大学)。経歴 1962年 - 島根県松江市に生まれる 1984年 - 京都大学農学部卒業 2006年 - 『日本... 神門善久についてもっと知る 「神門善久」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年6月30日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。 ページトップへ
    引用元: 神門善久 | web R25

  • 神門善久 - 百科事典ディスマス

    神門 善久 (ごうど よしひさ、 1962年 - )は、日本の 農学者 ・ 経済学者 。現在、 明治学院大学 経済学部 経済学科 教授 。 学位 は 博士 (農学) (京都大学)。 経歴 1962年 - 島根県 松江市 に生まれる 1984年 - 京都大学 農学部卒業 2006年 - 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版)で第28回 サントリー学芸賞 (政治・経済部門)受賞。 著書 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出版、2006/6/24)ISBN 4757140991 外部リンク 教員プロフィール(明治学院大学) カテゴリ: 日本の経済学者 | 日本の農学者 | 明治学院大学の教員 | 島根県出身の人物 | 1962年生 | 存命人物 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free ...
    引用元: 神門善久 - 百科事典ディスマス

  • 神門善久「さよならニッポン農業」 Anima知の階ゼミナール【京都サロン ...

    09:神門善久「さよならニッポン農業」 ●ゼミナール概要 日本農業は、きわめて厳しい停滞状態にある。OECDによると国内農業保護額(PSE)は4.2兆円で、農業の純付加価値額の3.0兆円を上回る(いずれも2007年時点)。つまり、農業生産を増やせば増やすほど、日本の国民所得が減少するというという異常事態である。 しかも、この先、ますます農業の前途を暗くする4つの要素がある。第一に、世界的な貿易自由化の潮流にあって、日本がコメなどに課している高関税がこれから先は、削減せざるを得なくなる可能性が高い。第二に、日本人が肉体的・精神的に野良仕事に耐えにくくなり、外国人(中国人やフィリピン人)への依存を高めているが、外国人雇用の法的枠組みが未整備で、今後も安定して外国人を雇用しつづけることができるかが不安である。第三に、圃場が複雑に組み合わさり、水利を集落全体で共有するという日本農業では、集落全体で...
    引用元: 神門善久「さよならニッポン農業」 Anima知の階ゼミナール【京都サロン ...

  • 神門 善久 - 株式会社 飛鳥新社 飛鳥新社

    神門 善久 名前 神門 善久 カナ ゴウド ヨシヒサ 著作一覧 偽装農家 農業問題に潜むお金と政治の関係 著者: 神門 善久 著 このページのトップへ お知らせ 5/28 柴田トヨさんが宮城県石巻市、女川町に『くじけないで』を寄贈しました 2011.06.28 6/26 柴田トヨさんが100歳を迎えました 2011.06.26 ラフmix画集『ロザリオイエティ』発売記念 田島昭宇さんサイン会 2011.06.01 「夢をかなえるゾウ文庫版・四つ話のクローバー」発売記念 水野敬也さんサイン会 2011.05.18 柴田トヨさんの詩「被災者の皆様に」 チャリティ・ポストカード販売のお知らせ 2011.03.31 『県民性マンガ うちのトコでは2』書店様向け販促用POP配信開始! 2011.03.30 「中村佑介被災者支援メッセージ」が読売新聞 popstyleブログで紹介 2011.0...
    引用元: 神門 善久 - 株式会社 飛鳥新社 飛鳥新社

  • Anima知の階ゼミナール【京都サロン】09:神門善久「さよならニッポン ...

    09:神門善久「さよならニッポン農業」 日時:2010年8月21日(土)午後2時〜4時 参加費:7,500円(事前申し込み) 参加者募集中 定員:7人 会場:京都市伏見区桃山水野左近東町76 京阪・近鉄「丹波橋」徒歩10分、(株)リブアート内 なお、お申し込みいただきますと、振込のご案内メールをお送りします。 入金確認によって本受付とさせていただきますので、ご了承ください。 ●ゼミナール概要 日本農業は、きわめて厳しい停滞状態にある。OECDによると国内農業保護額(PSE)は4.2兆円で、農業の純付加価値額の3.0兆円を上回る(いずれも2007年時点)。つまり、農業生産を増やせば増やすほど、日本の国民所得が減少するというという異常事態である。 しかも、この先、ますます農業の前途を暗くする4つの要素がある。第一に、世界的な貿易自由化の潮流にあって、日本がコメなどに課している高関税...
    引用元: Anima知の階ゼミナール【京都サロン】09:神門善久「さよならニッポン ...

  • 8 月 " 2010 " Anima「知」の階(きざはし)

    09:神門善久「さよならニッポン農業」 ●ゼミナール概要 日本農業は、きわめて厳しい停滞状態にある。OECDによると国内農業保護額(PSE)は4.2兆円で、農業の純付加価値額の3.0兆円を上回る(いずれも2007年時点)。つまり、農業生産を増やせば増やすほど、日本の国民所得が減少するというという異常事態である。 しかも、この先、ますます農業の前途を暗くする4つの要素がある。第一に、世界的な貿易自由化の潮流にあって、日本がコメなどに課している高関税がこれから先は、削減せざるを得なくなる可能性が高い。第二に、日本人が肉体的・精神的に野良仕事に耐えにくくなり、外国人(中国人やフィリピン人)への依存を高めているが、外国人雇用の法的枠組みが未整備で、今後も安定して外国人を雇用しつづけることができるかが不安である。第三に、圃場が複雑に組み合わさり、水利を集落全体で共有するという日本農業では、集落全体で...
    引用元: 8 月 " 2010 " Anima「知」の階(きざはし)

  • Anima「知」の階(きざはし)|ゼミナール 京都サロン[過去のゼミナール]

    09:神門善久「さよならニッポン農業」 日時:2010年9月18日(土)午後2時~4時 参加費:7,500円(事前申し込み) 定員:7人 会場:京都市伏見区桃山水野左近東町76 京阪・近鉄「丹波橋」徒歩10分、(株)リブアート内 ●ゼミナール概要 日本農業は、きわめて厳しい停滞状態にある。OECDによると国内農業保護額(PSE)は4.2兆円で、農業の純付加価値額の3.0兆円を上回る(いずれも2007年時点)。つまり、農業生産を増やせば増やすほど、日本の国民所得が減少するというという異常事態である。 しかも、この先、ますます農業の前途を暗くする4つの要素がある。第一に、世界的な貿易自由化の潮流にあって、日本がコメなどに課している高関税がこれから先は、削減せざるを得なくなる可能性が高い。第二に、日本人が肉体的・精神的に野良仕事に耐えにくくなり、外国人(中国人やフィリピン人)への依存を高めている...
    引用元: Anima「知」の階(きざはし)|ゼミナール 京都サロン[過去のゼミナール]

  • 【話の泉】神門善久―農業を一人前にする条件―

    日本の農業を改革すべく鋭く切り込む明治学院大学教授の神門善久さんにお会いしました。 農学博士である神門さんは、 著書が2006年に サントリー学芸賞・政治・経済部門受賞、2007年第7回 日経BP・BizTech図書賞受賞するなどテレビやラジオでも活躍されている。今、農業問題で一番注目される人物です。 神門さんとの出会いは、千早赤阪村の農地の見学をしたいと問い合わせを頂いたのがきっかけです。神門さんは机上の空論になることなく、自分の足で現状を見つめ問題点を発見し解決策を導き出す実践派です。その綿密な調査に基づき耕作放棄された、転売された農地、偽装農家など多くの農業の闇を暴きだしました。 最近稿では、かつての満州移民ブームと今日の農業ブームの類似性を指摘し、警鐘を鳴らしています。他にも戸別所得補償のWTO違反、偽装農家が得をしてまじめな農家が馬鹿を見る現実を突き付けます。過激な発言で誤解を生...
    引用元: 【話の泉】神門善久―農業を一人前にする条件―

  • 神門善久 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 神門 善久(ごうど よしひさ、1962年 - )は、日本の農学者・経済学者。現在、明治学院大学経済学部経済学科教授。学位は博士 (農学)(京都大学)。経歴 1962年 - 島根県松江市に生まれる 1984年 - 京都大学農学部卒業 2006年 - 『日本の食と農 危機の本質』(NTT出... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 神門善久 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 日本の食と農 危機の本質/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 神門 善久 1962年島根県松江市生まれ。1984年京都大学農学部卒。京都大学博士(農学)。明治学院大学経済学部教授。専攻は開発経済学・農業経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 さよならニッポン農業 神門善久/著 NHK出版 農業経済論 速水佑次郎/著 神門善久/著 岩波書店 偽装農家 神門善久/著 飛鳥新社 このジャンルの本 水産白書 平成23年版 水産庁/編 農薬概説 2010 農林水産省消費・安全局農産安全管理課/監修 農林水産省消費・... ピーマン・カラーピーマンの作業便利帳 布村伊/著 夏秋トマト栽培マニュアル だれでもできる生育の見方・つくり方 後藤敏美/著 木村秋則と自然栽培の世...
    引用元: 日本の食と農 危機の本質/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

  • 偽装農家/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 神門 善久 1962年島根県生まれ。京都大学農学部卒。農学博士。明治学院大学経済学部教授。サントリー学芸賞、日経BP・BizTech図書賞を受賞した著書『日本の食と農』(NTT出版)にて、偽装農家や土地持ち非農家の現実を伝え、TV、雑誌などで反響を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 さよならニッポン農業 神門善久/著 NHK出版 日本の食と農 危機の本質 神門善久/著 NTT出版 農業経済論 速水佑次郎/著 神門善久/著 岩波書店 このジャンルの本 日本中枢の崩壊 古賀茂明/著 3・11東日本大震災1カ月の記録 河北新報特別縮刷版 2011・3・11~4・11紙面集成 カラー版 河...
    引用元: 偽装農家/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

  • 日本の食と農 危機の本質/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 神門 善久 1962年島根県松江市生まれ。1984年京都大学農学部卒。京都大学博士(農学)。明治学院大学経済学部教授。専攻は開発経済学・農業経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 さよならニッポン農業 神門善久/著 NHK出版 農業経済論 速水佑次郎/著 神門善久/著 岩波書店 偽装農家 神門善久/著 飛鳥新社 このジャンルの本 水産白書 平成23年版 水産庁/編 農薬概説 2010 農林水産省消費・安全局農産安全管理課/監修 農林水産省消費・... ピーマン・カラーピーマンの作業便利帳 布村伊/著 夏秋トマト栽培マニュアル だれでもできる生育の見方・つくり方 後藤敏美/著 木村秋則と自然栽培の世...
    引用元: 日本の食と農 危機の本質/神門善久/著本 : オンライン書店e-hon

  • 資料詳細

    書名 日本の食と農−危機の本質− 著者名 神門善久著 出版社 東京 NTT出版 出版年月 2006.6 価格 2400円 ページ数 309p 大きさ 20cm シリーズ名 日本の〈現代〉 8 猪木武徳編集 北岡伸一編集 坂村健編集 松山巌編集 ISBN 4-7571-4099-1 件名 日本−農業 食糧問題 食生活 NDC9 612.1 抄録 「食と農の問題の本質は農民および消費者の怠慢と無責任である」という認識から、行政とそれに癒着する零細農家ら旧態勢力を利する行政批判の誤まりを指摘し、社会の集団的誤解を明らかにしようという野心的取り組み。 著者紹介 〈神門善久〉1962年島根県生まれ。京都大学農学部卒。明治学院大学経済学部教授。専攻は開発経済学・農業経済学。 資料形態 本 言語 日本語 マークNo. 06032957
    引用元: 資料詳細

  • 神門善久 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所

    HOME お役立ち 人名事典 神門善久 人名事典 >> 検索トップへ 神門善久 (ごうど・よしひさ) 1962年、松江市生まれ。84年、京都大学農学部卒。滋賀県立短期大学助手などを経て、現在、明治学院大学経済学部教授。専攻は開発経済学・農業経済学。『日本の食と農』(NTT出版)で、2006年にサントリー学芸賞、07年に日経BP・BizTech図書賞を受賞。 著書に、『農業経済論・新版』(速水佑次郎氏と共著、岩波書店)などがある。 (データ作成:2008年) このページのTOPへ 書籍売れ筋ランキング 1位 『「本物の営業マン」の話をしよう』 2位 『伝える力』 3位 『みっともない老い方』 4位 『「通貨」を知れば世界が読める』 5位 『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』 6位 『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』 7位 『強運』...
    引用元: 神門善久 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所

  • 神門 善久 著 『偽装農家』 | 明日は明日の風が吹く

    神門 善久 著 『偽装農家』.2009年.飛鳥新社. なんともすさまじいタイトルの本ではないか。 このタイトルにつられて、読むことに。 本書は、90ページ程度の薄い本で、内容としては、同著『日本の食と農』を簡単に分かりやすくした感じの本という印象を受けた。ページを薄くした分、議論の内容も薄くなり、その分論調も極端になっているように思う。 さて、氏が言う偽装農家とは何か。 それは、収入は農外産業への就労で賄いつつ、各種助成金や農業政策の恩恵にあずかりながら細々と農業をしつつも、生産性が低く、農地の転用機会がやってくれば、さっさと農地を売り払ってしまうような農家のことを指しているようである。 こういう事例は、何も特別な農家ではない。 表面的にこの言葉を捉えて、それに当てはまるような農家を僕の周りで探すのは、そうむずかしいことではない。 ただし。 ただし、である。 はたして、この言葉は正確に現在...
    引用元: 神門 善久 著 『偽装農家』 | 明日は明日の風が吹く

  • オンライン書店ビーケーワン:さよならニッポン農業 生活人新書 321

    神門 善久著 税込価格:¥735(本体 : ¥700) bk1ポイント倶楽部 : 7 ポイント(1%進呈) 出版 : 日本放送出版協会 サイズ : 18cm / 205p ISBN : 978-4-14-088321-1 発行年月 : 2010.6 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 3 TPP反対の大義 〈脱〉安売り競争食品企業の戦略転換 ポケット農林水産統計 平成22年版 サツマイモと日本人 2 / 3 吉田牧場 最新農業ビジネスがよ〜くわかる本 撤退の農村計画 「食料自給率」の罠 3 / 3 企業...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:さよならニッポン農業 生活人新書 321

  • 神門善久とは - Weblio辞書

    神門善久とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | 動画 | 商品 | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 経済学者 > 日本の経済学者 > 神門善久 の意味・解説 ウィキペディア 神門善久 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/05/21 19:03 UTC 版) 神門 善久 (ごうど よしひさ、 1962年 - )は、日本の 農学者 ・ 経済学者 。現在、 明治学院大学 経済学部 経済学科 教授 。 学位 は 博士 (農学) (京都大学)。 [ 続きの解説 ] 「神門善久」の続きの解説一覧 1 神門善久とは ...
    引用元: 神門善久とは - Weblio辞書

  • オンライン書店ビーケーワン:日本の食と農 危機の本質 日本の〈現代〉 8

    神門 善久著 猪木 武徳編集 北岡 伸一編集 坂村 健編集 松山 巖編集 税込価格:¥2,520(本体 : ¥2,400) bk1ポイント倶楽部 : 24 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : NTT出版 サイズ : 20cm / 309p ISBN : 4-7571-4099-1 発行年月 : 2006.6 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 5 いまJAの存在価値を考える 〈脱〉安売り競争食品企業の戦略転換 ファミレスは進化する! 吉田牧場 2 / 5 最新農業ビジネスがよ〜くわかる本 昭和地方財政...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:日本の食と農 危機の本質 日本の〈現代〉 8

  • オンライン書店ビーケーワン:日本の食と農 危機の本質 日本の〈現代〉 8

    神門 善久著 猪木 武徳編集 北岡 伸一編集 坂村 健編集 松山 巖編集 税込価格:¥2,520(本体 : ¥2,400) bk1ポイント倶楽部 : 24 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : NTT出版 サイズ : 20cm / 309p ISBN : 4-7571-4099-1 発行年月 : 2006.6 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 5 いまJAの存在価値を考える 〈脱〉安売り競争食品企業の戦略転換 ファミレスは進化する! 吉田牧場 2 / 5 最新農業ビジネスがよ〜くわかる本 昭和地方財政...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:日本の食と農 危機の本質 日本の〈現代〉 8

  • 偽装農家: 紀伊國屋書店BookWeb

    神門善久 [ゴウドヨシヒサ] 1962年島根県生まれ。京都大学農学部卒。農学博士。明治学院大学経済学部教授。サントリー学芸賞、日経BP・BizTech図書賞を受賞した著書『日本の食と農』(NTT出版)にて、偽装農家や土地持ち非農家の現実を伝え、TV、雑誌などで反響を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 偽装農家: 紀伊國屋書店BookWeb

  • セブンネットショッピング - 書籍 - 偽装農家 - 神門善久/著

    著者情報 神門 善久(ゴウド ヨシヒサ) 1962年島根県生まれ。京都大学農学部卒。農学博士。明治学院大学経済学部教授。サントリー学芸賞、日経BP・BizTech図書賞を受賞した著書『日本の食と農』(NTT出版)にて、偽装農家や土地持ち非農家の現実を伝え、TV、雑誌などで反響を呼んだ ※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
    引用元: セブンネットショッピング - 書籍 - 偽装農家 - 神門善久/著

  • Radixセミナーのお知らせ ~ 神門善久氏 日本の農地・農業問題を語る ...

    Radixセミナーのお知らせ ~ 神門善久氏 日本の農地・農業問題を語る ~ Radixの会会長 河野和義 Radixの会常務理事事務局長 後藤和明 Radixの会では、今年度も有識者を招いたセミナーを開催します。 セミナー講師の神門善久氏は、「偽装農家」や「土地持ち非農家」の蔓延、 違法脱法の農地転用、農地基本台帳の杜撰さなど、農業政策の暗闇に対し真正面から取り組まれてきました。 その神門氏に、現在の日本が抱える農地・農業問題を語っていただきます。 **************************************************************** 日時 : 2009年6月20日(土)13:00~17:00 (参加費:1,000円) 会場 : 明治学院大学白金校舎 本館8階 経済学部共同研究室 ※本館8階の北側エレベーターと南側エレベーターの中間で、少し 北側...
    引用元: Radixセミナーのお知らせ ~ 神門善久氏 日本の農地・農業問題を語る ...

  • たかじんのそこまでやって委員会 | 農業の闇に新説!! 悪いのはマスコミと有識者

    ゲスト論説委員 明治学院大学経済学部教授 神門善久 「農業の闇」に衝撃の新説!悪いのはマスコミと有識者 問題とされている農業の闇の深さしかしそれは間違っている!との新説を唱える神門氏「みんな、マスコミや有識者に踊らされている!」神門氏が実際に農家を見て回り、感じた問題点は下記の主張だ。■耕作放棄して雑種地になっていても、 &nbsp......続く ゲスト論説委員 民主党参議院議員 大塚耕平 【動画】アジア最大の損失は投資でもファンドでもなく日本の農林系だった! スクープ! 農林中金と農業予算 金の流れ全解剖!100年に一度の金融危機といわれる中、 アジア最大の損失を出しているのが、投資銀行でもヘッジファンドでもなく、 日本の農林中央金庫だというのをご存じで......続く 論説委員 政治評論家 三宅久之 【動画】“日本の農”を巣食う病理 40年近く続いた米の減反政策の見直し論議が高まって...
    引用元: たかじんのそこまでやって委員会 | 農業の闇に新説!! 悪いのはマスコミと有識者

  • ohyakusyou2001の地産地消日記:書籍 「日本の食と農 ...

    本のご紹介 日本の食と農 〜危機の本質〜 神門善久 著 NTT出版 2520円 第二章「食の議論の忘れ物」あたりは、部分的に私の思いと非常に相通じるものがある。 がしかし、この分野は著者の専門分野でないためだろうか、地産地消の考察についてはまだまだプアであると感じた。 著者自身の思い込みが先行して思考が空回りしてしまい、それを綴る言葉がついて行っていないと思った。 それ以降の章でJAや農地問題について語られているが、こちらは著者が専門とする分野だけあって、さすがに力が入っている。 ただ、やはりこの章でも思い込みが強すぎる面があるようで、農地によってさまざまに条件が異なることをすっ飛ばして、「農地」という一言でくくって語っている面は専門家らしくないなと思った。 この点をもっと整理して述べれば、さらに良い本となっただろうと思う。 また、農地の流動を阻害する要因については著者は転用への思惑を挙げ...
    引用元: ohyakusyou2001の地産地消日記:書籍 「日本の食と農 ...

  • ずさんな農地行政が農業の自壊を招く:日経ビジネスオンライン

    明治学院大学経済学部教授の神門善久氏。農学博士。1962年、島根県生まれ。京都大学農学部卒。著書に『日本の食と農―危機の本質―』(NTT新書)。『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー―』(養老孟司・竹村公太郎、PHP研究所)の第6章「日本農業、本当の問題」で養老氏、竹村氏と鼎談。(写真:菅野 勝男、以下同)
    引用元: ずさんな農地行政が農業の自壊を招く:日経ビジネスオンライン

  • 吉田鈴香の「世界の中のニッポン」 ずさんな農地行政が農業の自壊を招く ...

    明治学院大学経済学部教授の神門善久氏。農学博士。1962年、島根県生まれ。京都大学農学部卒。著書に『日本の食と農 危機の本質 』(NTT新書)。『本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 』(養老孟司・竹村公太郎、PHP研究所)の第6章「日本農業、本当の問題」で養老氏、竹村氏と鼎談。(写真:菅野 勝男、以下同)
    引用元: 吉田鈴香の「世界の中のニッポン」 ずさんな農地行政が農業の自壊を招く ...

  • 「日本の食と農」神門 善久、NTT出版 - 一日一冊読書感想集

    「日本の食と農」神門 善久、NTT出版 本のソムリエ ( 2007年11月 7日 06:56 ) 【私の評価】★★★☆☆(70点) ■学者さんが日本の農業を分析すると、 こうなるんだろうな、という一冊でした。 まず、農業経営が非常に厳しいものであり、 人一倍働かなくては成り立たないことはわかるようです。 現状の農産物の流通では、農家に入るお金は、 10%くらいでしかないのですから、 農家は流通を含めてコスト削減努力が必要となります。 ・現在の家庭の食費の大部分は加工や流通などにお金をかけている のであって、農産物そのものにはお金をかけていない。青果物の場合、 小売価格の10~40%程度しか農家の手元には行かない。(p36) ■しかし、それでも農家が農家であり続ける理由は、 農水省のばらまく補助金と、 将来の農地転用による土地の売却期待であるというのが、 神門(ごうど)さんの分析結果です。 ...
    引用元: 「日本の食と農」神門 善久、NTT出版 - 一日一冊読書感想集

  • 社会保険料の食生活連動性の提言

    その神門善久さんの「社会保険料の食生活連動性の提言」をご紹介します。ご一読ください。 神門善久 1962年島根県松江市生。1984年京都大学農学部卒業。現在、明治学院大学経済学部教授。
    引用元: 社会保険料の食生活連動性の提言

  • 「日本の食と農」神門 善久 - 【本ナビ】本のソムリエの一日一冊読書感想集

    「日本の食と農」神門 善久 本のソムリエ ( 2007年11月 7日 06:56 ) | コメント(0) | トラックバック(4) | 【私の評価】★★★☆☆(70点) ■学者さんが日本の農業を分析すると、 こうなるんだろうな、という一冊でした。 まず、農業経営が非常に厳しいものであり、 人一倍働かなくては成り立たないことはわかるようです。 現状の農産物の流通では、農家に入るお金は、 10%くらいでしかないのですから、 農家は流通を含めてコスト削減努力が必要となります。 ・現在の家庭の食費の大部分は加工や流通などにお金をかけている のであって、農産物そのものにはお金をかけていない。青果物の場合、 小売価格の10~40%程度しか農家の手元には行かない。(p36) ■しかし、それでも農家が農家であり続ける理由は、 農水省のばらまく補助金と、 将来の農地転用による土地の売却期待であるというのが、...
    引用元: 「日本の食と農」神門 善久 - 【本ナビ】本のソムリエの一日一冊読書感想集

  • ワザを極めよう!.農産畜産Blog

    Radixセミナーのお知らせ ~ 神門善久氏 日本の農地・農業問題を語る ~ Radixの会会長 河野和義 Radixの会常務理事事務局長 後藤和明 Radixの会では、今年度も有識者を招いたセミナーを開催します。 セミナー講師の神門善久氏は、「偽装農家」や「土地持ち非農家」の蔓延、 違法脱法の農地転用、農地基本台帳の杜撰さなど、農業政策の暗闇に対し真正面から取り組まれてきました。 その神門氏に、現在の日本が抱える農地・農業問題を語っていただきます。 **************************************************************** 日時 : 2009年6月20日(土)13:00~17:00 (参加費:1,000円) 会場 : 明治学院大学白金校舎 本館8階 経済学部共同研究室 ※本館8階の北側エレベーターと南側エレベーターの中間で、少し 北側...
    引用元: ワザを極めよう!.農産畜産Blog

  • ワザを極めよう!.農産畜産Blog: 01 農産お知らせの記事

    Radixセミナーのお知らせ ~ 神門善久氏 日本の農地・農業問題を語る ~ Radixの会会長 河野和義 Radixの会常務理事事務局長 後藤和明 Radixの会では、今年度も有識者を招いたセミナーを開催します。 セミナー講師の神門善久氏は、「偽装農家」や「土地持ち非農家」の蔓延、 違法脱法の農地転用、農地基本台帳の杜撰さなど、農業政策の暗闇に対し真正面から取り組まれてきました。 その神門氏に、現在の日本が抱える農地・農業問題を語っていただきます。 **************************************************************** 日時 : 2009年6月20日(土)13:00~17:00 (参加費:1,000円) 会場 : 明治学院大学白金校舎 本館8階 経済学部共同研究室 ※本館8階の北側エレベーターと南側エレベーターの中間で、少し 北側...
    引用元: ワザを極めよう!.農産畜産Blog: 01 農産お知らせの記事

  • 日本の食と農: 紀伊國屋書店BookWeb

    神門善久 [ゴウドヨシヒサ] 1962年島根県松江市生まれ。1984年京都大学農学部卒。京都大学博士(農学)。明治学院大学経済学部教授。専攻は開発経済学・農業経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 日本の食と農: 紀伊國屋書店BookWeb

  • ブログ記事一覧 - 神門善久「日本の食と農」を読む

    神門善久 教授ってこんな人 (2010-06-12 21:13:27 | 凡例 ) 神門 善久(ごうど よしひさ)農学者・経... 更新履歴 (2009-11-07 12:36:32 | 凡例 ) 2009/11/7 2-3 食生活を乱したのは消費者... 無自覚な二重規範 (2009-11-05 20:06:01 | 凡例 ) 神門善久 教授の不思議なところは、ご自... 見識において”部外者” (2009-10-30 22:03:10 | 凡例 ) 神門善久 教授などの「農業の再生を」... 「本質を見抜く力」における神門善久教授が思う自著の評価 (2009-10-11 19:30:21 | 神門教授のおっしゃった事 ) 「本質を見抜く力 環境・食料・エネルギ... この本に対する私の感想 (2009-08-21 13:00:19 | 凡例 ) 神門善久 教授は、この「日本の食と農」....
    引用元: ブログ記事一覧 - 神門善久「日本の食と農」を読む

  • 北海道支局だより " 2009" 9 月" 25

    9月11日付でご紹介した神門善久教授(明治学院大学経済学部)。 日本の農業に対して、もう一つ重要なことを話されていました。 以下が、そのMEMOです。 農業において制度改革や法律改正が行なわれる場合、あまり時間を要しないものもあるが、非常に時間を要して、根本から見直さなければならないもの、頭を切り替えなければならないものもある。 そして、なかには、表面のみを取りつくろい、問題解決を先送りして、お茶をにごしているものもある。 すると矛盾がますます深刻化していく。 その代表例が「農地問題」と「外国人労働者問題」である。 農地問題については、以下のように話されていました。 農地を、原則として誰でも自由に借用できることを目的に、今年6月に成立した改正農地法は大きな問題がある。 農地の不正利用が、さらに増加される恐れが現実となったからである。 外国人労働者問題は、外国人研修制度も含まれます。 本日発...
    引用元: 北海道支局だより " 2009" 9 月" 25

  • Letter from Yochomachi: 「平成検地」で農家のエゴ ...

    今日の日経「経済教室」で神門善久が良いことを書いている。農業問題というより、まさにニッポンの問題を真っ向から指摘している好論文だ。ここで指摘されている問題こそが日本経済がいま長期低迷に陥っている本当の原因なのである。タダで貰った農地の所有権をもとに消費者の負担で大儲けしながら日本経済に寄生している「偽装農家」の存在だ。この論文は、普通のナイーブなニッポンのエコロとか主婦層にとっては知らないことが多いだけに、必読文献である: 要旨: 一般に農地所有者というと「米作を中心に生計をなす昔ながらの純朴な農家」をイメージしがちである。残念ながら、それらの印象は、現実とかけ離れている。 日本の稲作農家は200万戸以上あるが、稲作を主な収益源にしている農家は8万戸に過ぎない。残りの圧倒的多数は、細々と農業を続ける振りをしながら、真の狙いは農外転用による「濡れ手に粟の収入」を狙っている農家だ。いわ...
    引用元: Letter from Yochomachi: 「平成検地」で農家のエゴ ...

神門善久 の相関図を読込中

神門 善久(ごうど よしひさ、1962年 - )は、日本の農学者・経済学者。現在、明治学院大学経済学部経済学科教授。学位は博士 (農学)(京都大学)。 1962年 - 島根県松江市に生まれる 1984

スポンサードリンク