福嶋喜章の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 【研究者データ】福嶋喜章(株式会社豊田中央研究所 第2特別研究室 研究室長) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

    「福嶋喜章+株式会社豊田中央研究所」でGoogle検索する 福嶋喜章 ツイートフクシマ ヨシアキ / Fukushima, Nobuaki研究者情報研究者番号 80309004 引用元: 所属機関 株式会社豊田中央研究所 所属部局 第2特別研究室 役職 研究室長 ※このページの情報は科学研究費助成事業データベースに記載された情報を元に生成されています。 必ずしも最新の情報を示しているとは限りません。 [引用データについて] 研究者の研究分野研究分野は登録されていません。 研究者の関連キーワード シリカガラス)複合膜 チタニアナノシート(TNS) TNS (MPS 長寿命電荷分離状態 » すべて見る» 隠す テトラメチルピリジニウムポルフィリン メソポーラスシリカ(MPS) 紫外光電子移動 色素増感電荷分離膜系 無機 無機異種界面 光電流の電気化学測定 光誘発電荷分離 光電流 ビオロゲン ...
    引用元: 【研究者データ】福嶋喜章(株式会社豊田中央研究所 第2特別研究室 研究室長) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

  • CiNii Article - 3.モンモリロナイトの水中懸濁液のX線回折

    3.モンモリロナイトの水中懸濁液のX線回折 福嶋 喜章 株式会社豊田中央研所 本文を読む/探す CiNii 論文PDF - 定額アクセス可能 Webcat Plus刊行物・所蔵情報 収録刊行物 粘土科学討論会講演要旨集 [収録刊行物詳細] 粘土科学討論会講演要旨集 (26), 31, 1982-11-09 [目次] 日本粘土学会 プレビュー 各種コード NII論文ID(NAID): 110003845871 NII書誌ID(NCID): AN10545490 本文言語コード: JPN 収録DB: NII-ELS 書き出し
    引用元: CiNii Article - 3.モンモリロナイトの水中懸濁液のX線回折

  • 産と学との出合いの場 研究者アピールデータ

    研究者名(所属・役職) 高木 克彦(名古屋大学) 福嶋 喜章(豊田中央研究所) 岡崎 建一(名古屋大学) 梶野 勉(豊田中央研究所) 由井 樹人(名古屋大学)
    引用元: 産と学との出合いの場 研究者アピールデータ

  • 講演プログラム

    9月16日(木)午前 一般講演(口頭発表) A会場(1号館) 座長:小菅勝典(資源環境技術総合研究所)9:00〜10:00 A1.アルキル基をもつ有機ケイ素系層状高分子の合成過程 ○谷 昌明、福嶋喜章(豊田中研) A2.Si-Coメソポア多孔体の水熱合成とチオフェン水素化脱硫活性 ○鳥居一雄(東北工研)、青木久里子、湊 由衣、白井誠之、荒井正彦(東北大反応研) A3.カオリナイト−ε-カプロラクタム層間化合物の合成 ○松村麻子、板垣哲朗、小森佳彦、菅原義之、黒田一幸(早大・理工) A4.スメクタイト−フェニレンジアンモニウム層間化合物の合成とその吸着特性 ○岡田友彦(早大・理工)、小川 誠(早大・教育、科学技術振興事業団) 座長:渡村信治(名古屋工業技術研究所)10:10〜11:10 A5.有機修飾モンモリロナイトによるβ-カロチンの吸着 ○掛川法重(早大・理工)、小川 誠(早大・...
    引用元: 講演プログラム

  • J-STORE SYSTEM(~METHOD FOR PRODUCING ...

    S100002988 2010年11月5日 増田 秀樹 實川 浩一郎 奥村 健志 福嶋 喜章 高木 秀樹 梶野 勉 堀井 満正 エポキシ化合物の製造方法 オレフィン結合を有する被酸化物を酸化してエポキシ化合物を製造する方法である。ピリジン骨格を有する配位子を備えるルテニウム錯体がメソ多孔体に吸着した錯体複合材料を用意し、錯体複合材料と被酸化物を酸化剤の存在下に共存させてオレフィン結合からエポキシ基を生じさせる。酸化剤としてアルキルヒドロペルオキシドおよび/またはアリールアルキルヒドロペルオキシドを用いる。酸化剤としては、炭素数3~5のアルキルヒドロペルオキシドが好ましい。オレフィン結合1モルに対して0.01当量以上の酸化剤を使用する。配位子は、式(1)(式中、R 1 とR 2 は、アルキル基、アリール基、アリールアルキル基、Q ...
    引用元: J-STORE SYSTEM(~METHOD FOR PRODUCING ...

  • 研究協力会|名古屋工業大学との技術相談、技術利用、連携の橋渡し。特許相談 ...

    研究会「ウオーターデザインによる環境創造技術研究会」(平成14年3月18日(月)) 主 催:中村研究室 共 催:研究協力会,共同研究センター,VBL 内 容:講演会(豊田中央研究所 福嶋喜章氏、INAX 井須紀文氏、産業技術総合研究所 渡村信治氏)、交流会
    引用元: 研究協力会|名古屋工業大学との技術相談、技術利用、連携の橋渡し。特許相談 ...

  • 名古屋工業大学・増田研究室:研究業績:特許

    特許の名称:錯体複合材料及びその製造方法 出願日:平成16年3月10日 特許番号:出願番号 特願2004-066711 発明者名:福嶋喜章、高木秀樹、梶野勉、堀井満正、増田秀樹、実川浩一郎
    引用元: 名古屋工業大学・増田研究室:研究業績:特許

  • SCEJ 32 Syuki: List of the ...

    超臨界流体を溶媒に利用した微細構造転写 (豊田中研) ○(正)若山博昭・福嶋喜章 supercritical fluid silica porous 5/17 (月) 12:03:21 超臨界二酸化炭素を用いたカーボネート合成における触媒種の効果 (JCII) ○(正)曽根正人・(正)乾昭文・(物質研) (正)佐古猛・(正)菅田孟・(正)神澤千代志 Supercritical Fluid Carbon Dioxide Catalyst 5/18 (火) 14:37:38 常圧CVDによるイットリア安定化ジルコニア薄膜の合成 (金沢大院) ○(学)前田 信吾・(金沢大工) (正)清水 宣明・(正)川西 琢也・(正)林 良茂 PPCVD Brownian coagulation particle diameter 5/19 (水) 18:48:08 褐炭液化反応速...
    引用元: SCEJ 32 Syuki: List of the ...

  • 液体クロマトグラフ用充填剤 - 特開平10−62401 | j-tokkyo

    トップ :: G 物理学 :: G01 測定;試験 【発明の名称】 液体クロマトグラフ用充填剤 【発明者】 【氏名】後藤 康友 【氏名】稲垣 伸二 【氏名】福嶋 喜章 【課題】 特定の分子サイズの溶質物質の分離能が高く、比較的極性の高い溶液の使用時に有効な液体クロマトグラフ用充填剤を提供することを目的とする。 【解決手段】 中心細孔直径が1〜10nmの範囲内にあり、該中心細孔直径の±40%の範囲内に全細孔容積の60%以上が含まれるシリカ系多孔体であって、液体クロマトグラフィの充填剤として使用することを特徴とする液体クロマトグラフ用充填剤。この充填剤は液体クロマトグラフィのカラムクロマトグラフィ、高性能液体クロマトグラフィ(HPLC)、薄層クロマトグラフィ(TLC)に適用できる。 【特許請求の範囲】 【請求項1】中心細孔直径が1〜10nmの範囲内にあり、該中...
    引用元: 液体クロマトグラフ用充填剤 - 特開平10−62401 | j-tokkyo

福嶋喜章 の相関図を読込中

「福嶋喜章+株式会社豊田中央研究所」でGoogle検索する 福嶋喜章 ツイートフクシマ ヨシアキ / Fukushima, Nobuaki研究者情報研究者番号 80309004 引用元: 所属機関 株

スポンサードリンク