福田重義の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 福田重義 - Wikipedia

    福田 重義(ふくだ しげよし、明治20年(1887年) - 昭和46年1971年)は、日本の建築家。大正期に長く東京市のインハウスの建築家、建築行政家として、また都市計画の方面でも活躍。代表作に1910年の旧・日比谷公園事務所、1909年(明治42年)の横浜の開港50周年を記念公募設計(コンペティション)により当選し、設計原案である横浜三塔の1つ・ジャック(横浜市開港記念会館、実施設計:山田七五郎、佐藤四郎)、東京市営住宅、三楽病院、帝都復興事業での呉服橋と鍛冶橋のデザイン、現在八王子市の長池公園に移築された四谷見付橋意匠設計、など。長崎県に生まれ、1908年(明治41年)東京帝国大学卒業。住友総本店臨時建築部(現日建設計)、三菱合資会社(現三菱地所設計)を経て、旧東京市入局。建築課長ののち、東京市都市計画試案を立案し調査課長へ。その後市場建設課長、営繕課長などを歴任。関東大震災に遭遇し、...
    引用元: 福田重義 - Wikipedia

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E9%87%8D%E7%BE%A9

    福田重義出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内、 検索福田 重義(ふくだ しげよし、明治20年(1887年) - 昭和46年1971年)は、日本の建築家。大正期に長く東京市のインハウスの建築家、建築行政家として、また都市計画の方面でも活躍。代表作に1910年の旧 日比谷公園事務所、1909年(明治42年)の横浜の開港50周年を記念公募設計(コンペティション)により当選し、設計原案である横浜三塔の1つ ジャック(横浜市開港記念会館、実施設計:山田七五郎、佐藤四郎)、東京市営住宅、三楽病院、帝都復興事業での呉服橋と鍛冶橋のデザイン、現在八王子市の長池公園に移築された四谷見付橋意匠設計、など。長崎県に生まれ、1908年(明治41年)東京帝国大学卒業。住友総本店臨時建築部(現日建設計)、三菱合資会社(現三菱地所設計)を経て、旧東京市入局。建築課長ののち、東京市...
    引用元: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E9%87%8D%E7%BE%A9

  • http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/36318361.html

    福田重義 2011/11/21(月) 午後 10:51 建築家プロフィール 建築デザイン ツイート 福田 重義(ふくだ しげよし) 1887年(明治20) 〜1971年(昭和46)東京市技師として様々な公共建築 都市計画に関わる。 同時期の東京市技師に三橋四郎、横浜勉、関根要太郎など。 横浜市開港記念会館の設計原案を担当。横浜市開港記念会館旧日比谷公園事務所経歴 長崎県に生まれる。 1908年(明治41年)東京帝国大学卒業。 住友総本店臨時建築部(現日建設計)、三菱合資会社(現三菱地所設計)を経て、旧東京市入局、建築課長。 東京市都市計画試案を立案し調査課長へ。 市場建設課長、営繕課長などを歴任。 関東大震災復興事業局長となり、石原憲治、田中希一、佐野利器らとともに震災復興再開発事業に従事。 1930年に退職し、自宅で創作活動開始。 1938年(昭和13年)、日本建築学会副会長。主な作品 ...
    引用元: http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/36318361.html

  • http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/blog-category-1.html

    旧日比谷公園事務所 千代田区日比谷公園1-1竣工:1910年(明治43年)設計:福田重義 数少ない明治期の木造洋風建築。老朽化のためしばらく閉鎖されてましたが現在は、民間営業の『フェリーチェガーデン日比谷』という少人数制の結婚式場になってるようです。なんにせよ、保存維持されていてよかった。何年か前に公園資料館として一般公開してた頃に中に入ったことがありますが確かに古いなという感じでした。それが化粧直しをして昔の面影を残しながらも新しく生まれ変わったって感じですね。今でも中に自由に入れれば言うことなしなんですけどね。 | 2008-03-09 00:17:36 |  建物 |  コメント : 0  |  トラックバック : 0  |
    引用元: http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/blog-category-1.html

  • http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/blog-date-200803.html

    旧日比谷公園事務所 千代田区日比谷公園1-1竣工:1910年(明治43年)設計:福田重義 数少ない明治期の木造洋風建築。老朽化のためしばらく閉鎖されてましたが現在は、民間営業の『フェリーチェガーデン日比谷』という少人数制の結婚式場になってるようです。なんにせよ、保存維持されていてよかった。何年か前に公園資料館として一般公開してた頃に中に入ったことがありますが確かに古いなという感じでした。それが化粧直しをして昔の面影を残しながらも新しく生まれ変わったって感じですね。今でも中に自由に入れれば言うことなしなんですけどね。 | 2008-03-09 00:17:36 |  建物 |  コメント : 0  |  トラックバック : 0  |
    引用元: http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/blog-date-200803.html

福田重義 の相関図を読込中

福田 重義(ふくだ しげよし、明治20年(1887年) - 昭和46年1971年)は、日本の建築家。大正期に長く東京市のインハウスの建築家、建築行政家として、また都市計画の方面でも活躍。代表作に191

スポンサードリンク