立花隆の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 立花隆 - Wikipedia

    立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。 1940年 長崎県長崎市に生まれる。父は長崎の女学校教師で後に編集者を務め、母は羽仁もと子の信奉者で、クリスチャンの家庭。戦前の右翼思想家・橘孝三郎は、父方のいとこに当たる。 1942年(昭和17年) 父が文部省職員として北京の師範学校副校長となったため、一家で中華民国へ渡る。 1946年、引揚げで日本へ戻り、一時母方の茨城郡那珂西に住み、のちに父の郷里茨城県水戸市に移る。 茨城師範学校(茨城大学)付属小学校、中学校を経て、1956年(昭和31年)に水戸一高、千葉県に移ったため東京都立上野高等学校への転入を経る。小学校時代から読書に熱中し、自らの読書遍歴を記した文章を残している。また、中学時代は陸上競技にも熱中。俳優の梅宮辰夫・モータージャーナリストの徳...
    引用元: 立花隆 - Wikipedia

  • ラジオデイズ : アーティストプロフィール | 立花隆

    立花隆 (たちばなたかし) 評論家・ジャーナリスト 【略歴】 評論家・ジャーナリスト 1940年(昭和15年)5月28日 長崎で出生 1964年(昭和39年) 東大仏文科卒業・文藝春秋社入社 1966年(昭和41年) 文藝春秋社退社 1967年(昭和42年) 東大哲学科入学 在学中からフリーライターとして活動開始 1995年-1998年(平成7-平成10年)東大先端研客員教授 1996年-1998年(平成8年-平成10年)東大教養学部非常勤講師 2005年-2006年(平成17年-平成18年)東京大学大学院総合文化研究科科学技術 インタープリター養成プログラム特任教授 【現在】 東京大学大学院情報学環特任教授 立教大学21世紀社会デザイン研究科特任教授 自然科学研究機構経営協議会委員 大阪大学レーザーエネルギー学研究センター参与 文科省次世代スーパーコンピューター開発利用アドバイザーリーボ...
    引用元: ラジオデイズ : アーティストプロフィール | 立花隆

  • シェ・タチバナ 立花隆公式サイト

    立花隆(たちばな・たかし) 【略歴】 評論家・ジャーナリスト 1940年(昭和15年)5月28日 長崎で出生 1964年(昭和39年) 東大仏文科卒業・文藝春秋社入社 1966年(昭和41年) 文藝春秋社退社 1967年(昭和42年) 東大哲学科入学 在学中からフリーライターとして活動開始 1995年−1998年(平成7-平成10年)東大先端研客員教授 1996年-1998年(平成8年-平成10年)東大教養学部非常勤講師 2005年-2006年(平成17年-平成18年)東京大学大学院総合文化研究科科学技術インタープリター養成プログラム特任教授 2007年-現在(平成19年-) 東京大学大学院情報学環特任教授、 立教大学21世紀社会デザイン研究科特任教授 自然科学研究機構経営協議会委員 文科省次世代スーパーコンピューター開発利用アドバイザーリーボード委員(~2009年) 計算科学研究...
    引用元: シェ・タチバナ 立花隆公式サイト

  • Flinker.jp 立花 隆 出版リスト

    立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・評論家。東京大学大学院総合文化研究科科学技術インタープリター養成プログラム特任教授。 長崎県長崎市生まれ。 6歳の時、父の郷里茨城県水戸市に移る。茨城県立水戸第一高等学校、東京都立上野高等学校を経て、東京大学文学部フランス文学 仏文科卒。文藝春秋 (出版社) 文藝春秋に入社。 2年後に退職し、東京大学文学部哲学科に再入学。 途中から文筆活動に勤しむようになる。田中角栄の金脈批判をはじめ、「石油」、「総合商社」、「農業協同組合 農協」、「中核派 中核・日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派 革マル」、「日本共産党」、脳死問題など巨大な権力、組織の徹底究明のジャーナリズム活動を行う。 その後は宇宙開発、サル学、分子生物学、脳科学などサイエンス関係や臨死体験など活動の幅を広げ、1996年-19...
    引用元: Flinker.jp 立花 隆 出版リスト

  • 立花隆問題とは何か(上) (リビングサイエンスアーカイブス)

    立花隆氏は、ロッキード事件報道などで知られる日本でもっとも著名なジャーナリストの一人です。1940年長崎に生まれ、東大仏文科卒業ののち文藝春秋社入社。退社して東大哲学科に再入学し、在学中から執筆活動をはじめました。74年の「田中角栄研究ーその金脈と人脈」にはじまるロッキード事件報道で脚光を浴びて以後、日本を代表するジャーナリストの一人として活躍してきました。最近では『田中眞紀子研究』が18万部を超えるベストセラーになっています。またジャーナリストとして活躍するだけではなく、90年代後半には東京大学で客員教授も務めていました。
    引用元: 立花隆問題とは何か(上) (リビングサイエンスアーカイブス)

  • 生、死、神秘体験 立花隆対話篇/立花隆/〔著〕 本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 立花 隆 1940年、長崎県に生まれる。東京大学(仏文科)卒、文藝春秋入社、「週刊文春」編集部員を経て、東大(哲学科)に再入学、執筆活動を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 がんと闘った科学者の記録 戸塚洋二/著 立花隆/編 文藝春秋 二十歳(はたち)の君へ 16のインタビューと立花隆の特別講義 東京大学立花隆ゼミ/著 立花隆/著 文藝春秋 がん生と死の謎に挑む 立花隆/著 NHKスペシャル取材班/著 文藝春秋 ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊 立花隆/著 佐藤優/著 文藝春秋 宇宙究極の謎 科学者が語る科学最前線 暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代 立花隆/プログラムコーディネータ...
    引用元: 生、死、神秘体験 立花隆対話篇/立花隆/〔著〕 本 : オンライン書店e-hon

  • 立花隆とは - はてなキーワード

    立花隆 たちばなたかし ( 読書 ) 編集 注目の求人情報 [求人] への正社員転職 募集内容:簿記の知識を活かして働く【税務・会計アシスタント】 [求人] NTN株式会社への正社員転職 募集内容:【被災者のための求人】EV車のモジュール開発エンジニア 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週の言及数: 9 件 (26,193位) 今週のPV: 97 (30,943位) グラフで詳しく見る 目次 立花隆とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード 飲み物 マーメイドS 海賊戦隊ゴーカイジャー ショートニング ビエンナーレ 桜花賞 皐月賞 もっと見る ノンフィクション作家、 ジャーナリスト 、評論家。 1940年 生まれ。本名、橘隆志。 文藝春秋 勤務を経て、フリーに。1974年、『 文芸春秋 』...
    引用元: 立花隆とは - はてなキーワード

  • 立花隆 - Yahoo!百科事典

    立花隆(たちばなたかし) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1940― ) ノンフィクション 作家。長崎市生まれ。本名橘隆志。1942年(昭和17)から44年まで中国・ 北京 で過ごす。57年(昭和32)、茨城県立水戸一高から都立上野高校へ転入。このときの同級生に写真家 荒木経惟 (のぶよし)(1940― )がいる。 59年、 東京大学 文科二類入学。60年、 イギリス で開かれた国際反核会議に出席。64年、東京大学文学部仏文科卒業。 文芸春秋 に入社し、『週刊文春』に配属される。66年、文芸春秋を退社。 女性誌 『ヤングレディ』のアンカーマンを始める。67年、東京大学文学部哲学科に 学士 入学。68年、『文芸春秋』臨時増刊号に「素手でのし上がった男たち」を発表。このときからペンネーム「立花隆」を使い始める。69年、最初の単行本『素手でのし上がった男たち』を刊行。以来、猛烈な勢いで...
    引用元: 立花隆 - Yahoo!百科事典

  • 送料無料|本|宇宙を語る 2|立花隆|9784122049260|1冊 ...

    本 > 新書・文庫 > 文庫 > 日本文学 > 中公文庫 中公文庫 た20-9 宇宙を語る 2 著者 : 立花隆 (著) 出版社名 : 中央公論新社 発行年月 : 2007年 10月 ISBNコード : 9784122049260 ページ数 : 222P 定価 : ¥620(税込) boox storeポイント : 17 pt 発送可能日 : 当日~3日で発送 ( 発送可能日について ) 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について 内容紹介 人はなぜ宇宙をめざすのか。 われわれは、宇宙とどう共存していくのか。 宇宙のなかで生きる人類の未来について、科学、宗教、思想、哲学などの議論を交...
    引用元: 送料無料|本|宇宙を語る 2|立花隆|9784122049260|1冊 ...

  • 立花隆 とは - コトバンク

    立花隆 【たちばな-たかし】 1件の用語解説(立花隆で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 立花隆 たちばな-たかし &nbsp 1940- 昭和 後期 - 平成 時代 の ノンフィクション 作家 ,評論家。 昭和15年5月28日生まれ。49年「 文芸春秋 」に「田中角栄 研究 」を 発表 ,この論文は 首相 退陣 への引き金となる。54年「日本共産党の研究」で 講談社 ノンフィクション賞。58年菊池寛賞。62年「 脳死 」で 毎日 出版 文化 賞。平成10年司馬遼太郎賞。ほかに「 臨死 体験 」「 電脳 進化論」など。長崎県 出身 。東大卒。 本名 は橘 隆志 。 本の書評は、アサヒ・コム 立花隆 の書評が見つかる紙面掲載の書評が検索で探せます。 book.asahi.com 立花 隆関連商品なら ヤフーショッピングへ!立花 隆関連商品...
    引用元: 立花隆 とは - コトバンク

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 生、死、神秘体験 ...

    著者情報 立花 隆(タチバナ タカシ) 1940年、長崎県に生まれる。東京大学(仏文科)卒、文藝春秋入社、「週刊文春」編集部員を経て、東大(哲学科)に再入学、執筆活動を開始する ※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 生、死、神秘体験 ...

  • 立花隆氏の憲法問題記事紹介070415: 安岡明夫トップページは次の ...

    立花隆氏の憲法問題記事紹介070415 今、日経BP社のHPを見たところ、立花隆氏が次の記事を書いておられたので紹介する。 立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 第103回 改憲狙う国民投票法案の愚 憲法9条のリアルな価値問え 2007年4月14日 重要な点は、一般に言われている「マッカーサーが憲法9条を押し付けた」との説は極めて疑わしく、幣原喜重郎首相からの発案だった可能性が大きいとの事。但し、確実な事はいえず、結局水掛け論となる。大切な事は今憲法9条が必要かどうかだ。これこそが日本人の誇りであり、日本の国益だと。 憲法9条が幣原喜重郎首相からの発案だったとの説はこれまでも聞いた事が有るが、これほどの根拠の有るせつだったとは知らなかった。是非多くの人に読んでいただきたい記事である。 « 特集名変更のお知らせ070415 | トップページ | 民法3百日規定は正しい070415 »
    引用元: 立花隆氏の憲法問題記事紹介070415: 安岡明夫トップページは次の ...

  • どくしょ日記/立花隆先生、かなりヘンですよ

    前述したとおり、ある時期からこっちの立花隆氏は、どうも文章やテレビでのコメントなど見てても「ちょっとおかしくないかこのオッサン」って雰囲気がぷんぷんしてくるわけなんだけど、本書の著者、矢田氏(と彼の協力者グループ)の考察によると、無教会派キリスト教徒の家に生まれ(信仰自体は後に否定するに至るのだけど)た事から来る宗教的なモノへの興味、理系を目指しながら色弱のためにそれを諦めざるを得なかった経験から来る科学的なものへの知識欲、さらにその、科学的なテーマでの著作「宇宙からの帰還」の取材中に触れたニューサイエンス(ほれ、ガイア理論とかのあれですがな)に強い印象を受けたこと、さらにその過程で、氏が人類は新たな段階に向かって進化しなくてはいけない、という確信を持ったことが大きい、ということであるらしい。
    引用元: どくしょ日記/立花隆先生、かなりヘンですよ

  • 紹介

    脳研究に期待する 立花 隆 本日、多数の脳研究を専門とする先生方の前で、私のようなものが脳について語ることは気恥ずかしい感じがします。いま外山先生から紹介していただきましたように、私はいま『科学朝日』で「脳研究最前線を歩く」という連載ルポを書いています。その第1回に、理化学研究所の伊藤正男先生からいろいろお話を伺いました。そのとき先生は、日本の脳研究と海外の脳研究の間にある落差をたいへん強調しておられました。日本の脳研究はこのままではどうなるのだという強い危機意識をおもちで、その振興を図るためにも本シンポジウムのような場を設けてぜひともアピールしていきたいとおっしゃっていました。 実際、海外と日本の脳研究の間では大きな差がつきつつあります。『科学朝日』の連載の第1回にも書きましたが、例えば予算だけをとっても、アメリカと比べて20分の1。研究者の数では10分の1くらいです。日米のGN...
    引用元: 紹介

  • 佐々木 千賀子 氏(書籍『立花隆秘書日記』より):【 FAX DM ...

    立花隆のアシスタント ◇一般秘書業務、資料整理・集め ◇年齢学歴不明 能力・人柄重視 整理能力(要若干英語・科学常識)広範旺盛な知的好奇心ある方 ◇固20万円(応能力)賞与・昇給有 週休二日 勤務時間自由 主婦可 ◇履歴書・スナップ写真数枚・自己紹介文(ワープロ)急送面接通知
    引用元: 佐々木 千賀子 氏(書籍『立花隆秘書日記』より):【 FAX DM ...

  • 絵描きの田中拓馬のプロフィール

    自己紹介 立花隆のゼミに入ろうと思い東大を目指しましたが、挫折し早稲田に拾われて司法試験にのぞみましたが、ノイローゼで落ち、今は個展や壁画を描いて絵で一応生計を立てている絵描きです。色々な助けを得ていますが。 なるべく普遍性のある絵を志向しています 以前は銀座や浦和などの路上で絵を販売してました 画歴 2003年11月 絵始める 2004年 埼玉県展入選 2005年 二科会入選 世界堂絵画大賞展YES展入選 2006年 自由美術展入選 2007年 上野の森美術館大賞展入選 国画会入選 ネコネコ展山口マオ賞 個展 3年間で15回ほど 埼玉県立近代美術館、銀座ハヤシ画廊、ギャラリー2プラス、浦和コバルト画房
    引用元: 絵描きの田中拓馬のプロフィール

  • NHKスペシャル|立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む

    ジャーナリストの立花隆氏は、一昨年、膀胱がんの手術を受けた。NHKは手術の様子や、その後の治療の過程を長期に渡って映像に記録してきた。その中で、立花氏は本質的な疑問に向き合い始めた。「人類はなぜ、がんという病を克服できないのか?」。 立花氏は今、世界中の最前線の研究者たちを取材する中で、がんの正体を根源的な部分から見つめなおそうとしている。明らかになってきたのは、がんという病が、生命誕生の謎と深く結びついているという神秘的な事実だ。 例えば、がんの原因とされている「がん遺伝子」は、同時に、生命の誕生から成長に至るまでに不可欠な遺伝子でもあることがわかってきた。さらに、がん細胞は生命40億年の進化の果てに得た様々な細胞の仕組みを利用して、増殖し転移することも明らかになりつつある。 がんは、小さなほ乳類から恐竜まで、あらゆる生物に見つかる。実はがんは、私たちが多細胞生物として生まれたことで...
    引用元: NHKスペシャル|立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む

  • 「立花隆が探る"サイボーグ医療の時代"」の紹介 - るいネット

    脳回路って、解明されてるの? 102070 「立花隆が探る”サイボーグ医療の時代”」の紹介 蘆原健吾 ( 30代 福島 出版系 ) 05/12/05 PM11 【 印刷用へ 】 先日ご紹介した、『サイボーグ技術が人類を変える』( 100620 〜)という番組の続編が放送されるようなので、ご紹介します。 お時間のある方、ぜひ見てみてください。 (第一回はもう終わってしまったのですが…) ================================================== BSドキュメンタリー シリーズ「立花隆が探る”サイボーグ医療の時代”」 12月3日(土)22:10〜23:00/衛星第一(放送終了) 第一回 人体と機械の融合 番組紹介:さまざまなサイボーグ技術が生まれるに至った経緯を、研究者たちへのインタビューなどを通じて伝える。技術開発が中心。...
    引用元: 「立花隆が探る"サイボーグ医療の時代"」の紹介 - るいネット

  • 「立花隆」最新記事一覧 - ITmedia Keywords

    立花隆 に関する記事 立花隆 に関する質問 「立花隆」最新記事一覧 関連キーワード Twitter ブログ クラウドコンピューティング 脳波 猫耳 シッポもぜひ実用化してほしい: 「脳波で会話」が当たり前になる?――「脳波で動くネコミミ」仕掛け人が語る、脳波デバイスの未来 日本人がまたよく分からないものを作ったぞ――。YouTubeに投稿された「脳波で動くネコミミ」の動画に、世界中のメディアが注目した。一体どんな人が作ったのか? (2011/6/17) まとめ読み!誠 PDF: 取材現場では何が起きているのか? 読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回はジャーナリストの上杉隆氏と窪田順生氏の対談記事をまとめました。 (2011/4/27) まとめ読み!誠 PDF: 記者クラブ問題が存在しないワケ ...
    引用元: 「立花隆」最新記事一覧 - ITmedia Keywords

  • みんなの自己紹介|立花隆さんブログコミュニティ トラコミュ トピック ...

    立花隆さん 管理画面 参加メンバー やまだげんきさん 風紋さん 参加メンバー一覧 新しく参加したメンバー 風紋 さん やまだげんき さん 体験エステの突撃・体験記ブログ さん 参加メンバー一覧 立花隆さん トラコミュ・データ テーマ名: 立花隆さん 管理人: 体験エステの突撃・体験記ブログ さん カテゴリー1: 哲学・思想ブログ カテゴリー2: 本ブログ 参加メンバー: 3 名 トラックバック: 7 件 テーマ作成日:2009/05/10(日) 12:45 合宿免許 転職サイト 投資信託 立花隆さん トラコミュ トピック 書き込み数:0/0(週/総数) ▼ みんなの自己紹介 2009/05/10 12:45 にほんブログ村より 管理人様、メンバー様へ トラコミュに参加したメンバーの自己紹介や交流な...
    引用元: みんなの自己紹介|立花隆さんブログコミュニティ トラコミュ トピック ...

  • 「小林・益川理論の証明」立花隆 - My Generation (自転車 ...

    「小林・益川理論の証明」立花隆 book | 23:23 先日、 鈴木章 氏と 根岸英一 氏が ノーベル化学賞 を受賞された。大変喜ばしいことである。 ノーベル賞 にちなみ、わたしがご紹介するこの本は、2年前に ノーベル物理学賞 を受賞された 小林誠 先生 *1 と 益川敏英 先生が1973年に発表された「 小林・益川理論 」について、 立花隆 氏が紹介している本である。 立花隆 小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力 作者: 立花隆 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2009/01/20 メディア: 単行本 購入 : 2人 クリック : 18回 この商品を含むブログ (19件) を見る 「 小林・益川理論 」というのは 素粒子物理学 の極めて根幹の部分での予測をしたもので非常に重要で画期的なものである。それはこの 論文 が世界の 研究者 から...
    引用元: 「小林・益川理論の証明」立花隆 - My Generation (自転車 ...

  • MIT STUDIO

    ■ 立花隆 ■ 鈴木弘和 ■ 八十嶋祐樹 ■ 佐藤勇矢 ■ 齊藤隆宏 ■ 間瀬良太 ■ 辻中聡佑 ■ 山口敦史 ■ 塩屋純平 ■ 櫻井直樹 ■ 原敬輔 ■ 翁長隆吉 たちばな たかし 1964年11月13日生まれ 出身:岩手県 ...
    引用元: MIT STUDIO

  • 知の巨人『立花隆のすべて』 - Yahoo!オークション

    知の巨人☆『立花隆のすべて』 商品説明 出版社/著者からの内容紹介 現代日本の知の巨人、立花隆を徹底解剖。知的好奇心を論じたメッセージ、政治・科学など分野別インタビュー、著名人の立花論が満載 内容(「BOOK」データベースより) 「知」の巨人の不断の歩み。未刊行・若き日の雑誌記事精選23編を収録。 目次 第1章 「好奇心」と「探究心」 第2章 ぼくはこんな風に生きてきた 第3章 「立花隆」とはなにか? 第4章 幻の『たちばなしんぶん』 第5章 立花隆を読む 第6章 週刊文春特集記事傑作選 第7章 月刊誌特集記事傑作選 -------------------------------------------------------------------------------- 商品の詳細 単行本(ソフトカバー): 527ページ 出版社: 文藝春秋 (1998/04) ...
    引用元: 知の巨人『立花隆のすべて』 - Yahoo!オークション

  • 天皇と東大 大日本帝国の生と死 下 立花隆 - Yahoo!オークション

    項 目 説 明 商品名 ★☆ 天皇と東大 大日本帝国の生と死 下 立花隆 ☆★ 商品の紹介 ★☆ 天皇と東大 大日本帝国の生と死 下 立花隆 ☆★ です。 2005年発行 初版 内容(「MARC」データベースより) 日本近代史の最大の役者は天皇であり その中心舞台は東大だった。 明治・大正・昭和を、「天皇」と「東大」という視点で 解読したノンフィクション。 下巻は天皇機関説問題から終戦まで。 『文芸春秋』連載を単行本化。 商品の状態 状態は並ですが、写真を見てご判断ください。 古本 ですので、神経質な方はご遠慮ください。 注意事項 冊子小包、もしくはEXPACK500を予定しております。
    引用元: 天皇と東大 大日本帝国の生と死 下 立花隆 - Yahoo!オークション

  • 立花隆秘書日記 | iFinder 雑読乱文

    知の巨人・立花隆氏が秘書の広告を出すや500人もの応募者が…。その中から選ばれた筆者がネコビル事務所で見たものとは? やっぱり秘書を採用するのにも,立花氏はいろいろ工夫していたようだ。小論文とか一般常識のペーパー試験とか電話対応テストとか,けっこう面白がってやっているのが楽しい。ある程度広範な知識とどん欲さがないと確かにつとまらない仕事だろうし,適任者も探すのも結構苦労するのだろう。 この本は立花氏の秘書を務めた佐々木さんが書いた本。立花氏のいくつかのエピソードが紹介されている。例えば,人と話すときはいつも単刀直入で雑談が嫌いとか,「いつものやつ」という軽食はカレーパンとピザパンとか。また,田中角栄が亡くなった時ぎっくり腰で記者会見はたいへんだった顛末とか…。 ただ,残念ながらこの本では立花隆のちょっとした一面がうかがえるだけ。読んでいて中だるみが激しく,しかも最後にきて 「ハァ?」 って...
    引用元: 立花隆秘書日記 | iFinder 雑読乱文

  • '06立花隆ゼミ特別対談企画「瀬名秀明×櫻井圭記」 - 第79回五月祭 ...

    '06立花隆ゼミ特別対談企画 「瀬名秀明×櫻井圭記」 立花隆、といえば、著名なジャーナリスト・評論家である。その立花氏が長をつとめる「立花隆ゼミ」が、五月祭で対談企画を立案したらしい。立花氏が誰かと何かを語るのだろうか…? 告知ページ を見てみると、そこに立花氏の名前はなかった。パラサイト・イヴなどの著作で知られる作家、瀬名秀明氏と、『攻殻機動隊』というTVアニメーションの脚本をされている櫻井圭記氏の対談──テーマは「オリジナルとコピーのはざまで─ゴーストが宿る場所─」。 こう言っては何だが、怪しい。'06立花隆ゼミは、科学技術に関する総合Webサイト『 SCI(サイ) 』を立ち上げ、日々そのコンテンツの充足に努めていると聞いたが、科学とこのテーマはどう関係しているのだろうか。この疑問を晴らすべく、対談企画の責任者である加藤氏に話を伺った。 ──オリジナルとコピー、とは?抽象的でよく分から...
    引用元: '06立花隆ゼミ特別対談企画「瀬名秀明×櫻井圭記」 - 第79回五月祭 ...

  • 声優:立花隆さんのプロフィール | アニメワン

    アニメワン > 声優トップ > 立花隆さんのプロフィール 立花隆 さん この声優をお気に入りに 入れているユーザ 立花隆さんをお気に入りに入れているユーザは0人です。 足あとはありません。 ブログ 立花隆さんのブログ 登録されていません。 >> 事務局にブログのURLをおしえる Twitter (ツイッター) 立花隆さんのTwitterアカウント 登録されていません。 >> 事務局にTwitterのURLをおしえる (1件) 立花隆さんがこれまでに出演した主要な作品です。 耳をすませば (月島靖也 役) 立花隆 さんとアニメマッチング度の高いユーザTOP5 マッチするユーザはいません ゲスト さん X 立花隆 さん アニメマッチング度って? 他の声優さんと診断する! ゲスト さんと 立花隆 さんの アニメマッチング度って? 他の声優さんと診断する!
    引用元: 声優:立花隆さんのプロフィール | アニメワン

  • 立花隆先生、かなりヘンですよ

    著者は1976年生まれの、東大文学部を卒業したばかりの人。立花隆の著作のガードの甘いところを指摘する批判本。似た本に 『立花隆の無知蒙昧を衝く』 があったが、あちらは(特に後の方が)奇怪だったのに対し、こちらは素直で地道である。
    引用元: 立花隆先生、かなりヘンですよ

  • サル学の現在/立花 隆: コンテナ・ガーデニング

    日本の霊長類学者達と立花隆との対談を1冊にまとめた本で、700ページにも及ぶ大作です。それにもかかわらず、図表や写真が多く使ってあり、わかりやすく面白い本です。 子殺しをとりあげた第4章以外は、とても楽しく読めます。フィールドでサルや類人猿の観察を続ける学者の姿が目に見えるようで、時には爆笑してしまいました。 日本ザル、チンパンジー、ゴリラ、オラウータン・・・、それぞれ違った社会性や行動様式を持っていて、自分はどのパターンに似ているのかとも考えてしまいます。 サルや類人猿の研究は、結局ヒトとは何か、ヒトは何処から来たのかという問いに答えることになるのだと思います。 社会や政治を扱った立花の作品は迫力があって、それはそれで面白いのですが、この本のようにサイエンスを扱った作品には、立花の少年のような好奇心が感じられて好きです。 サル学の現在 立花 隆/平凡社/1991 ・ 書籍の紹介一覧 B0...
    引用元: サル学の現在/立花 隆: コンテナ・ガーデニング

  • シェ・タチバナ 立花隆公式サイト

    立花隆は1995年に東大の先端研客員教授に就任して以来、 2008年現在に至るまで様々な授業を行ってきました。 その間に接してきた学生の数は優に100を超えます。 このページでは、そのごく一部の学生の「その後」を紹介しています。
    引用元: シェ・タチバナ 立花隆公式サイト

  • 立花隆 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。1974年11月の「田中角栄研究〜その金脈と人脈」(文藝春秋』)では首相の犯罪を暴き社会に衝撃を与えた。人文、社会、科学など、その活動範囲... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 立花隆 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 立花隆とは - Weblio辞書

    立花隆とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | ニュース | 動画 | 本・雑誌 | 文献 | 商品 | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 教育関係者 > 教育関係者 > 東京大学の教員 > 立花隆 の意味・解説 映画監督・出演者情報 立花隆 以下の 映画 が 立花隆 と 関連 しています。 宇宙からの帰還 1985年 東宝東和 耳をすませば 1995年 東宝 配給 索引トップ ランキング ウィキペディア 立花隆 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/08 15:21 UTC 版) 立花 隆 (たちばな たか...
    引用元: 立花隆とは - Weblio辞書

  • 立花隆 - Wikipedia

    立花隆 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 立花 隆 (たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年 5月28日 - )は、 日本 の ジャーナリスト ・ ノンフィクション作家 ・ 評論家 。 1974年 11月の「 田中角栄 研究~その金脈と人脈」( 文藝春秋 』)では 首相 の 犯罪 を暴き社会に衝撃を与えた。 人文 、 社会 、 科学 など、その活動範囲は広い。 目次 1 来歴 2 人物 3 エピソード 4 批判 5 教育・執筆・講演活動 6 著作 6.1 対談・編著・共著 6.2 翻訳 7 脚注 8 参考文献 9 関連人物 10 外部リンク [ 編集 ] 来歴 1940年 長崎県 長崎市 に生まれる。父は長崎の女学校教師で後に編集者を務め、母は 羽仁もと子 の信奉者で、 クリ...
    引用元: 立花隆 - Wikipedia

  • 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか 立花隆著 初版帯付 ...

    ◆商品紹介 商品の詳細は以下表を参照ください。 項 目 説 明 商品名 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか 立花隆著 初版帯付 商品紹介 2006年初版 定価 2200円+税 商品状態 小口汚れ少あり ◆発送に関して 発送方法及び、送料は以下表を参照ください。 発送方法 送 料 ゆうメール 340円 ゆうパック 【60サイズ】 <500円の地域> ・千葉 <600円の地域> ・東北地区 (青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島) ・関東地区 (茨城,栃木,群馬,埼玉) ・東京地区 (東京) ・南関東地区 (神奈川,山梨) ・信越地区 (新潟,長野) ・北陸地区 (富山,石川,福井) ・東海地区 (岐阜,静岡,愛知,三重) <700円の地域> ・近畿地区 (滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山) <800円の地域> ・中国地...
    引用元: 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか 立花隆著 初版帯付 ...

  • YUU刊 TIMES - 伊藤ゆう OFFICIAL WEBSITE -

    YUU刊 TIMES 2011.06.27 トップページ > DVD&BOOK紹介 > 立花隆のすべて 〔文芸春秋 編〕 立花隆のすべて 〔文芸春秋 編〕 「知」の生神様、立花隆と文芸春秋時代の元同僚たちが対談し、立花氏の変人ぶりを暴いています。 立花流勉強方法の書かれた最初の20ページは誰もが参考になります。 報道を目指す学生は、これを読んでから「田中角栄研究」などを読むときっと勉強になります。 All Copyrightsc Ito Yuu Office Reserved ご意見をお寄せ下さい 民主党都議会議員 伊藤ゆう事務所 〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-2-6コートハウス青葉台201号室 TEL : 03-3461-3451 FAX : 03-3461-5440
    引用元: YUU刊 TIMES - 伊藤ゆう OFFICIAL WEBSITE -

  • BACKNUMBER

    ●「宮本顕治批判」を今も続ける立花隆氏の晩節 NO.583 2007.9.1 亡くなった著名人に敬意を表して、悪口を書かないことはマスコミの常識である。功成り名を遂げた人には、それなりの過去がある。その過去を、反論できないのをいいことに、没後に蒸し返したり、新たに暴き立てたりすることはフェアではないし、気持ちのいいものでもない。だから、この常識は良識と言い換えてもよかろう。 ところが立花隆氏は、文藝春秋9月号で「“日共のドン”宮本顕治の闇」と題して、11ページにわたって「宮顕批判」を繰り返した。リードに「スパイ査問殺人の主役がなぜ絶対権力者になれたか」とあるように、立花氏が1976年1月号から2年がかりで進めた「日本共産党の研究」をもとにしている。 同書で立花氏は「共産党リンチ殺人事件」を暴いたのだが、今回の「闇」の研究では、「リンチ殺人事件」が事実であるとの確証のもと、宮本元議長を否...
    引用元: BACKNUMBER

立花隆 の相関図を読込中

立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。 1940年 長崎県長崎市に生まれる。父は長崎の女学校教師で後に編集者

スポンサードリンク