竹原善一郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • Profile

    京都大学において竹原善一郎先生,小久見善八先生,金村聖志先生にご指導をいただきましたことを踏まえ,電池用電極材料などエネルギー変換材料に関する開発研究を行っております。特に福井大学へ赴任以来,高島正之先生との協働で「フッ素」をキーワードとした材料開発および必要な基礎研究を行っております。 ○ 現在のポジション,連絡先など 所属 大学院工学研究科/材料開発工学専攻/エネルギー 物質交換化学 職名 准教授 専門分野 無機工業材料,無機材料 物性,無機フッ素化学,電気化学 電子メール yonezawa[at]matse.u-fukui.ac.jp ○ 履歴について 学 歴 昭和63年 3月 京都大学工学部工業化学科卒業 平成2年 3月 京都大学大学院工学研究科修士課程工業化学専攻修了 平成2年 4月 京都大学大学院工学研究科博士後期課程工業化学専攻進学 平成4年...
    引用元: Profile

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    竹原 善一郎 タケハラ ゼンイチロウ Takehara Zen-ichiro 研究者リゾルバーID: 1000000025892 科研費研究者番号 : 00025892 所属(KAKENから): 関西大学/工学部/教授 (※注)この項目の値は科学研究費補助金データベースにおける最も新しい報告書に記載された所属を表示しています.必ずしも現在の所属を示しているとは限りません. 研究者リンク KAKEN 検索(氏名および所属による)[日本語] Google 検索(氏名) 日本語 CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 検索(氏名) アルファベット CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 科研費研究課題の研究分野 工業物理化学/工業物理化学・複...
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • 蓄電池 - 参考文献 - Yahoo!百科事典

    高村勉・佐藤祐一著『ユーザーのための電池読本』(1988・コロナ社) 竹原善一郎著『電池――その化学と材料』(1988・大日本図書) 池田宏之助編著、武島源二・梅尾良之著『「図解」電池のはなし』(1996・日本実業出版社) 西村昭義著『現代生活の必須アイテムを正しく活用するための電池の本』改訂版(1996・CQ出版) ダヴィッド・リンデン編、高村勉監訳『電池ハンドブック』(1996・朝倉書店) 小久見善八監修『新規二次電池材料の最新技術』(1997・シーエムシー) 岡田和夫著『電池のサイエンス――くらしをささえる名脇役』(1997・森北出版) 小久見善八監修『最新二次電池材料の技術』普及版(1999・シーエムシー) 日本電池株式会社編『最新実用二次電池 その選び方と使い方』(1999・日刊工業新聞社) 小久見善八編著『電気化学』(2000・オーム社) 電気化学会編『電気化学便覧』(2000...
    引用元: 蓄電池 - 参考文献 - Yahoo!百科事典

  • CiNii - Takehara Zen-ichiro

    竹原 善一郎 Takehara Zen-ichiro ID:1000000025892 Division Of Energy And Hydrocarbon Chemistry Graduate School Of Engineering Kyoto University (1996年 CiNii収録論文より) 同姓同名の著者を検索 この著者を外部サイトで検索 研究者リゾルバー J-Global Researchmap Google Scholar Google Yahoo!
    引用元: CiNii - Takehara Zen-ichiro

  • 燃料電池|OVERNIGHT SUCCESS Wikileaks

    == 参考文献 == * 竹原善一郎監修『燃料電池技術とその応用』 テクノシステム刊、2000年 * 「今そこに燃料電池」『日経エレクトロニクス』 2001年 10/22号 p117-p145 * 「燃料電池、携帯機器に載る」『日経エレクトロニクス』 2002年 6/3号 p59-p68 * 「売るに売れない燃料電池」『日経エレクトロニクス』 2003年 1/20号 p49-p55 * 「燃料電池2004」『日経エレクトロニクス・D&M日経メカニカル・日経エコロジー合同別冊』、2004年 * 『燃料電池2005』 日経BP社刊、2005年 * 「特集 普及前夜の燃料電池」『日経エコロジー』 2008年6号
    引用元: 燃料電池|OVERNIGHT SUCCESS Wikileaks

  • 一次電池 - 参考文献 - Yahoo!百科事典

    高村勉・佐藤祐一著『ユーザーのための電池読本』(1988・コロナ社) 竹原善一郎著『電池――その化学と材料』(1988・大日本図書) 池田宏之助編著、武島源二・梅尾良之著『「図解」電池のはなし』(1996・日本実業出版社) ダヴィッド・リンデン編、高村勉監訳『電池ハンドブック』(1996・朝倉書店) 岡田和夫著『電池のサイエンス――くらしをささえる名脇役』(1997・森北出版) 小久見善八編著『電気化学』(2000・オーム社) 電気化学会編『電気化学便覧』(2000・丸善) 電池便覧編集委員会編『電池便覧』(2001・丸善)
    引用元: 一次電池 - 参考文献 - Yahoo!百科事典

  • J-STORE SYSTEM(~(In Japanese)非水電解質二次 ...

    S090002419 2010年3月19日 竹原 善一郎 大内 辰郎 非水電解質二次電池 非水電解質二次電池は、リチウムを可逆的に吸蔵及び放出する無機又は有機化合物から成る正極活物質、負極活物質、正極活物質と負極活物質の間に介在するイオン伝導層を必須の構成要件とし、正極活物質又は負極活物質に、スターオリゴエチレンオキサイドにリチウム塩を溶解させた電解質を混合することを特徴とする。この電解質は80℃程度の高温下でも安定で、かつ、広い温度範囲で高いリチウムイオン伝導性を有する。しかも、マンガン酸リチウム等の正極活物質に対して化学的に安定であり、充放電に伴う副反応が殆ど生じない。スターオリゴエチレンオキサイドは、一般的な非プロトン性溶媒や可塑剤と異なり、マンガンが殆ど溶出しないため、マンガン酸リチウムから成る正極活物質を効率良く充放電することができる。...
    引用元: J-STORE SYSTEM(~(In Japanese)非水電解質二次 ...

  • SOFC研究会の構成

    山本 治 (三重大学名誉教授) 竹原善一郎 (京都大学名誉教授) 児玉 晧雄 (大阪ガス株式会社技術顧問 株式会社KRI) 岩原 弘育 (名古屋大学名誉教授)
    引用元: SOFC研究会の構成

  • KAKEN - 岩原 弘育(80023125)

    燃料電池の高性能化に関する研究 竹原 善一郎 研究期間 : 1987年度~1987年度 研究分野 : 科学教育 研究種目 : 重点領域研究 研究機関 : 京都大学
    引用元: KAKEN - 岩原 弘育(80023125)

  • 総合|HMV ONLINE オンラインショッピング・情報サイト

    燃料電池技術とその応用 竹原善一郎 レビューを書いてみませんか? 発行年月: 2000年01月 お取り寄せ - 通常ご注文後 14-20 日以内に入荷予定
    引用元: 総合|HMV ONLINE オンラインショッピング・情報サイト

  • 第3回セミナー

    第3回セミナー 「C1化学のあとにくるもの」 1987年2月12日・13日 於:ホテル大阪ガーデンパレス 1.「一酸化炭素利用技術の今後の展望」 田中正人(化技研) 2.「高性判をめざす燃料電池」 竹原善一郎(京大) 3.「触媒燃焼の現状と展望」 春田正毅(大工試) 4.「化学センサーと反応プロセス」 山添昇(九大) 5.「ビクトリア褐炭液化プロジェクトについて」 高橋正道(神戸製鋼) 6.「生活関連機器における触媒燃焼」 西野敦(松下電器) 7.「大型動力の技術革新(ガスタービンへの触媒燃焼の利用)」 市原昭一(日本触媒化学工業) 8.「燃料関連のバイオテクノロジー」 安戸饒(協和発酵) 9.「製鉄所副生ガスの有効利用について(副生ガス利用の水素・炭酸ガス設備)」 橘覚雄(共同酸素) 10.「メタノール化学の現状と展望」 磯貝宣雄(三菱瓦斯化学) もどる 関西...
    引用元: 第3回セミナー

竹原善一郎 の相関図を読込中

京都大学において竹原善一郎先生,小久見善八先生,金村聖志先生にご指導をいただきましたことを踏まえ,電池用電極材料などエネルギー変換材料に関する開発研究を行っております。特に福井大学へ赴任以来,高島正

スポンサードリンク