美根和典の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 美根 和典

    氏名 みね かずのり 美根 和典 所属 九州大学 薬学研究院 医療薬科学部門 教授 所属先住所 〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1 ファックス 092-642-6573 ホームページ http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/ ReaD & Researchmap [ReaD & Researchmapページへ] 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資金獲得の実績主な公開特許保有する主な研究設備,測定機器 装置NEDO,経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ産学連携への思いや産業界へのひとこと著書 共著など 検索経路 大学 独立法人別 九州大学 役職別 教授 担当科目別 データなし ReaD & Researchmap 登録有無別 データあり 研究分野別 データなし 所属学会 団体別 データなし 研究協力可能...
    引用元: 美根 和典

  • 福岡大学薬学部 臨床心身治療学

    ■教 授 美根和典 [ 医学博士 ] minekkn ※ @fukuoka-u.ac.jp 九大病院にて内科、心療内科医として長年診療。 1999 年から九大薬学研究院教授、以後も大学院生と一緒に診療。 2007 年4月、本学に着任。健康管理センター診療所長を兼任。 ■准教授 小山 進 [ 医学博士 ] susumuk ※ @fukuoka-u.ac.jp 九大病院にて内科、心療内科医として診療。中枢神経系の電気生理学的研究を九大第2生理、米国国立衛生研究所( NIH )、イリノイ大学で行う。糖尿病、肥満の診療にも取り組む。 ■助 教 村田雄介 ymurata ※ @fukuoka-u.ac.jp 病院薬剤師を経て 2007 年4月から本学に着任。遺伝子診断を用いて薬理遺伝学に取り組むとともに、薬剤師の新しい役割を追求。薬剤師国家試験の受験指導の名講師。 ■助 教 ...
    引用元: 福岡大学薬学部 臨床心身治療学

  • 福岡大学研究者情報 ( 薬学部 薬学科 教授 美根 和典 )

    ■ 薬学部 薬学科 教授 美根 和典 (ミネ カズノリ) プロフィール データ更新日 : 2011年3月8日 取得学位 医学博士医師 研究業績 業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績) 関連情報 福岡大学図書館蔵書検索
    引用元: 福岡大学研究者情報 ( 薬学部 薬学科 教授 美根 和典 )

  • 当医院について

    完全予約制 木曜日(2009年8月〜) 美根 和典 先生 9:30〜17:30 昼休み(13:00〜14:00) 現在福岡大学教授(健康管理センター、薬学部臨床心身治療学) 元九州大学大学院教授(薬学研究院臨床薬学講座) 元九州大学病院心療内科講師 医学博士 日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医 金曜日(〜2010年3月) 臨床心理士 麻生 10:00〜18:00 昼休み(13:00〜14:30) (児童・青年期専門) カウンセリング・心理テストが専門 ※2010年4月 より 金曜日から火曜日へ 時間不変:10:00〜18:00 昼休み(13:00〜14:30) 完全予約制 ※日曜日、祝祭日は休診
    引用元: 当医院について

  • 糖尿病治療ガイド

    書名 糖尿病治療ガイド 価格 0 円 大学名 福岡大学 担当教官名 美根 和典 教材・参考書区分 教材 年度 2007 検索経路 書名別 糖尿病治療ガイド 著者別 データなし 出版社別 データなし 価格別 (500円単位) 0円 ~ 499円 大学名別 福岡大学 アクセス数 0 (0) 読み とうにょうびょうちりょうがいど 作成者 openknow 作成日時 2007年8月26日 13:50:05 最終更新者 openknow99 最終更新日時 2007年8月27日 00:28:49 スキーマ (なし)
    引用元: 糖尿病治療ガイド

  • CiNii - 詳細

    転換性障害が大きく関与した慢性疼痛障害(腰痛)症例に対する心身医学的治療経験 筒井 伸一 : 九州大学医学部心療内科 東 豊 : 九州大学医学部心療内科 細井 昌子 : 九州大学医学部心療内科 美根 和典 : 九州大学医学部心療内科 久保 千春 : 九州大学医学部心療内科 症例は26歳の女性。14歳時に腰痛が出現し, 15歳時より肢行も伴うようになった。ごく軽度の腰椎椎間板ヘルニア以外に異常所見はなく, 牽引治療などの整形外科的治療では症状が増悪するため, 当科に紹介され入院した。心理社会的背景として, 幼少時より過干渉的な母親との葛藤があり, 症状によりその葛藤場面から回避できたことが表面化, 心理機制として転換性障害が強く関与していると考えられた。また, 母親, 職場, さらに医療者が症状を受容しなかったことが, 症状の持続因...
    引用元: CiNii - 詳細

  • [難治性疼痛に抗うつ薬有効 福岡大と九州大が確認] / 医療・健康 ...

    全国の医療ニュース >> 一覧 難治性疼痛に抗うつ薬有効 福岡大と九州大が確認 異常な痛みが続く慢性の病気で、治療法がなかった「神経因性疼痛」に、既存の抗うつ薬が有効であることが、美根和典福岡大教授(心身医学)や井上和秀九州大教授(神経薬理学)らの研究で明らかになった。 神経因性疼痛は痛みの直接の原因がなくなった後も激痛が続き、患者数は世界で約1500万人。開発に時間もお金もかかる新薬ではなく、既存の薬による治療に道を開く成果として注目される。 治療効果が確認された抗うつ薬は「パロキセチン」(商品名パキシル)。神経細胞から放出された神経伝達物質セロトニンが再び細胞に吸収されるのを妨げる「SSRI」というタイプの薬だ。 神経因性疼痛の発症メカニズムは長年の謎だったが、井上教授は2003年、脊髄にあるミクログリアという細胞の表面で情報伝達にかかわるタンパク質「P2X4」が、発症に関与しているこ...
    引用元: [難治性疼痛に抗うつ薬有効 福岡大と九州大が確認] / 医療・健康 ...

  • 薬と疾患2薬物治療(1日本薬学会編スタンダード

    書名 薬と疾患Ⅱ薬物治療(1日本薬学会編スタンダード 価格 0 円 大学名 福岡大学 担当教官名 美根 和典 教材・参考書区分 教材 年度 2007 検索経路 書名別 薬と疾患Ⅱ薬物治療(1日本薬学会編スタン... 著者別 データなし 出版社別 データなし 価格別 (500円単位) 0円 ~ 499円 大学名別 福岡大学 アクセス数 0 (0) 読み くすりとしっかん2やくぶつちりょう(1に... 作成者 openknow 作成日時 2007年8月26日 13:50:05 最終更新者 openknow99 最終更新日時 2007年8月27日 00:28:35 スキーマ (なし)
    引用元: 薬と疾患2薬物治療(1日本薬学会編スタンダード

  • 難治性疼痛に抗うつ薬有効/福岡大と九州大が確認 | 全国ニュース | 四国新聞社

    異常な痛みが続く慢性の病気で、治療法がなかった「神経因性疼痛」に、既存の抗うつ薬が有効であることが、美根和典福岡大教授(心身医学)や井上和秀九州大教授(神経薬理学)らの研究で明らかになった。 神経因性疼痛は痛みの直接の原因がなくなった後も激痛が続き、患者数は世界で約1500万人。開発に時間もお金もかかる新薬ではなく、既存の薬による治療に道を開く成果として注目される。 治療効果が確認された抗うつ薬は「パロキセチン」(商品名パキシル)。神経細胞から放出された神経伝達物質セロトニンが再び細胞に吸収されるのを妨げる「SSRI」というタイプの薬だ。 神経因性疼痛の発症メカニズムは長年の謎だったが、井上教授は2003年、脊髄にあるミクログリアという細胞の表面で情報伝達にかかわるタンパク質「P2X4」が、発症に関与していることを明らかにした。 P2X4の働きを抑える薬を探し、パロキセチンの効果...
    引用元: 難治性疼痛に抗うつ薬有効/福岡大と九州大が確認 | 全国ニュース | 四国新聞社

  • デンタルトピックス/原因不明の痛みに

    異常な痛みが続く慢性の病気で、治療法がなかった「神経因性疼痛(とうつう)」に、既存の抗うつ薬が有効であることが、美根和典(みね・かずのり)福岡大教授(心身医学)や井上和秀(いのうえ・かずひで)九州大教授(神経薬理学)らの研究で明らかになった。 神経因性疼痛は痛みの直接の原因がなくなった後も激痛が続き、患者数は世界で約1500万人。開発に時間もお金もかかる新薬ではなく、既存の薬による治療に道を開く成果として注目される。 治療効果が確認された抗うつ薬は「パロキセチン」(商品名パキシル)。神経細胞から放出された神経伝達物質セロトニンが再び細胞に吸収されるのを妨げる「SSRI」というタイプの薬だ。 神経因性疼痛の発症メカニズムは長年の謎だったが、井上教授は2003年、脊髄(せきずい)にあるミクログリアという細胞の表面で情報伝達にかかわるタンパク質「P2X4」が、発症に関与していることを明らかにした...
    引用元: デンタルトピックス/原因不明の痛みに

  • 脳溢血と脳梗塞について: 難治性疼痛に効く

    難治性疼痛に抗うつ薬有効 福岡大と九州大が確認 共同通信社(2008年2月19日) 異常な痛みが続く慢性の病気で、治療法がなかった「神経因性疼痛(とうつう)」に、既存の抗うつ薬が有効であることが、美根和典(みね・かずのり)福岡大教授(心身医学)や井上和秀(いのうえ・かずひで)九州大教授(神経薬理学)らの研究で明らかになった。 神経因性疼痛は痛みの直接の原因がなくなった後も激痛が続き、患者数は世界で約1500万人。開発に時間もお金もかかる新薬ではなく、既存の薬による治療に道を開く成果として注目される。 治療効果が確認された抗うつ薬は「パロキセチン」(商品名パキシル)。神経細胞から放出された神経伝達物質セロトニンが再び細胞に吸収されるのを妨げる「SSRI」というタイプの薬だ。 神経因性疼痛の発症メカニズムは長年の謎だったが、井上教授は2003年、脊髄(せきずい)にあるミクログリアという細胞の表...
    引用元: 脳溢血と脳梗塞について: 難治性疼痛に効く

美根和典 の相関図を読込中

氏名 みね かずのり 美根 和典 所属 九州大学 薬学研究院 医療薬科学部門 教授 所属先住所 〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1 ファックス 092-642-6573 ホーム

スポンサードリンク