若山照彦の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 若山照彦 - Wikipedia

    若山 照彦(わかやま てるひこ、1967年 - )は、生物学者。山梨大学生命環境学部教授。日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、材料科学技術振興財団山崎貞一賞等を受賞。
    引用元: 若山照彦 - Wikipedia

  • 若山照彦 - Wikipedia

    若山照彦 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 若山 照彦 (わかやま てるひこ、 1967年 - )は、 生物学 研究者。 理化学研究所 発生・再生科学研究センター チームリーダー、 東京大学 博士 (農学) 。 日本学術振興会賞 、 日本学士院学術奨励賞 等を受賞。 [ 編集 ] プロフィール 神奈川県 横須賀市 出身。小さいころから学校の成績は悪く、小学校の成績は5段階評価でほとんどが2だった。小学校6年間で理科に4が1つついたのみだった。心配した親が 注意欠陥・多動性障害 の検査を受けさせ、今でも追跡調査が送られてくる。高校では数学は1位となったものの、他の科目の成績は悪いままだった [1] 。 地元の公立高校から1浪して 茨城大学 農学部 に進学。1990年茨城大学農学部畜産学科育種繁殖学専攻を卒業。茨城大学の学生時代は 馬術 部...
    引用元: 若山照彦 - Wikipedia

  • クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における発生・再生医療 ...

    若山 照彦(ワカヤマ テルヒコ) 1967年、神奈川県横須賀市に生まれる。茨城大学農学部畜産学科卒業。東京大学大学院農学系研究科を経て、ハワイ大学柳町研究室に留学。同大医学部の助教授を務めた後、ロックフェラー大学助教授となり、現在は理化学研究所発生・再生科学総合研究センターゲノム・リプログラミング研究チームのチームリーダー。また、関西学院大学理工学部の客員教授も務める。ハワイ大学在籍中の1997年に世界で初めて体細胞クローンマウスを誕生させ、一躍注目を浴びる。2008年には、冷凍保存された16年前のマウスの死骸から体細胞クローンマウスの作成にも成功した。専門は発生生物学、特に動物繁殖学。体細胞クローン研究で世界の最前線を走る研究者の1人。2005年に文部科学大臣若手科学者賞、2006年には日本繁殖生物学会賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における発生・再生医療 ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - クローンマンモスへ ...

    若山 照彦(ワカヤマ テルヒコ) 1967年、神奈川県横須賀市に生まれる。茨城大学農学部畜産学科卒業。東京大学大学院農学系研究科を経て、ハワイ大学柳町研究室に留学。同大医学部の助教授を務めた後、ロックフェラー大学助教授となり、現在は理化学研究所発生・再生科学総合研究センターゲノム・リプログラミング研究チームのチームリーダー。また、関西学院大学理工学部の客員教授も務める。ハワイ大学在籍中の1997年に世界で初めて体細胞クローンマウスを誕生させ、一躍注目を浴びる。2008年には、冷凍保存された16年前のマウスの死骸から体細胞クローンマウスの作成にも成功した。専門は発生生物学、特に動物繁殖学。体細胞クローン研究で世界の最前線を走る研究者の1人。2005年に文部科学大臣若手科学者賞、2006年には日本繁殖生物学会賞を受賞した
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - クローンマンモスへ ...

  • オリンパス テクノゾーン:

    若山照彦 (Teruhiko Wakayama) 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター ゲノム・リプログラミング研究チームリーダー 農学博士 1967年、神奈川県横須賀市生まれ。茨城大学大学院で畜産学を、東京大学大学院に進み獣医学を専攻し、農学博士となる。1996年、ほ乳類の受精に関する研究で世界的権威の柳町隆造博士のいるハワイ大学に留学。97年、世界初のクローンマウス誕生に成功。ハワイ大学医学部助教授、ロックフェラー大学助教授を務め、2001年にはバイオのベンチャー企業(米)の研究員へ。2002年に帰国して理化学研究所発生再生科学綜合研究センターに所属。現在、同センターの専任研究員であり、ゲノム・リプログラミング研究チームのリーダー。 少年時代や研究にまつわる数々のエピソードは、兄の著書『リアル・クローン』(小学館)に詳しい。
    引用元: オリンパス テクノゾーン:

  • 若山照彦 - エキサイト キーワード

    若山照彦 - 2011-07-01 フリー百科事典 ウィキペディアより 若山照彦 若山 照彦(わかやま てるひこ、1967年 - )は、生物学研究者。理化学研究所発生・再生科学研究センター チームリーダー、東京大学博士 (農学)。日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞等を受賞。 プロフィール 神奈川県横須賀市出身。小さいころから学校… http://ja.wikipedia.org/wiki/若山照彦 ブログ 凍結細胞でマンモス再生 代理母はアフリカ象、凍結細胞でマンモス再生約1万年前に絶滅したマンモスをクローン技術で復活させる計画を進める入谷(いりたに)明・近畿大生物理工学研究科教授(京都大名誉教授)らの研究グループが、今年から取り組みを本格化させる。凍結細胞から正常… 2011年02月09日 10時18分 商品 クローンマンモスへの道―クローン技術最前線の技術における発生・再生医療...
    引用元: 若山照彦 - エキサイト キーワード

  • オンライン書店ビーケーワン:クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の ...

    若山 照彦著 税込価格:¥1,680(本体 : ¥1,600) bk1ポイント倶楽部 : 16 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : アドスリー 発売 : 丸善株式会社出版事業部 サイズ : 26cm / 79p ISBN : 978-4-900659-96-4 発行年月 : 2009.1 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 3 動物たちの奇行には理由がある Part2 ビジュアルブック骨 人生に必要な遺伝50 靴を履いたサイ 2 / 3 こんなにわかってきたゲノムの世界 野生生物保全事典 迷惑な進...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の ...

  • 若山照彦チームリーダーが「ナイス ステップな研究者」に選ばれる | 独立 ...

    若山照彦チームリーダーが「ナイス ステップな研究者」に選ばれる 独立行政法人 理化学研究所 平成20年12月25日 文部科学省 科学技術政策研究所が発表する「ナイス ステップな研究者」の「研究部門」に、若山照彦チームリーダー(神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター ゲノム・リプログラミング研究チーム)が選定されました。若山チームリーダーらにより、凍結した死細胞からのクローン個体作出に成功した業績が評価されものです。 「ナイス ステップな研究者」とは、科学技術政策研究所が、科学技術への顕著な貢献をした研究者を毎年末に選定するもので、2008年度は「研究部門」を含む4部門で10組12名が選ばれました。 < 関連リンク > 科学技術政策研究所の報道発表 16年間凍結保存のマウス死体からクローン個体を作成 (2008年11月4日 理化学研究所報道発...
    引用元: 若山照彦チームリーダーが「ナイス ステップな研究者」に選ばれる | 独立 ...

  • 若山照彦 - 百科事典ディスマス

    若山 照彦 (わかやま てるひこ、 1967年 - )は、 生物学 研究者。 理化学研究所 発生・再生科学研究センター チームリーダー、 東京大学 博士 (農学) 。 日本学術振興会賞 、 日本学士院学術奨励賞 等を受賞。 プロフィール 神奈川県 横須賀市 出身。小さいころから学校の成績は悪く、小学校の成績は5段階評価でほとんどが2だった。小学校6年間で理科に4が1つついたのみだった。心配した親が 注意欠陥・多動性障害 の検査を受けさせ、今でも追跡調査が送られてくる。高校では数学は1位となったものの、他の科目の成績は悪いままだった [1] 。 地元の公立高校から1浪して 茨城大学 農学部 に進学。1990年茨城大学農学部畜産学科育種繁殖学専攻を卒業。茨城大学の学生時代は 馬術 部に所属し、国立家畜衛生試験場(現 動物衛生研究所 )で マウス の世話の手伝いをしたこともある。 1992年茨城...
    引用元: 若山照彦 - 百科事典ディスマス

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    若山 照彦 ワカヤマ テルヒコ Teruhiko Wakayama 研究者リゾルバーID: 1000040360672 科研費研究者番号 : 40360672 所属(KAKENから): 独立行政法人理化学研究所/研究員 (※注)この項目の値は科学研究費補助金データベースにおける最も新しい報告書に記載された所属を表示しています.必ずしも現在の所属を示しているとは限りません. 研究者リンク KAKEN ReaD 検索(氏名および所属による)[日本語] Google 検索(氏名) 日本語 CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 検索(氏名) アルファベット CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 科研費研究課題の研究分野 資源保全学/生殖系列の世...
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • オリンパス テクノゾーン:Vol.62 研ぎすまされた眼と技が、ライフ ...

    若山照彦 / 宮澤 隆 植田康弘 基礎生物学の研究手段であるクローン技術。この「遺伝的に同一の個体」(クローン)をつくりだす実験には、世代交代の早いマウスでの成功こそが重要だった。世界に先駆け、クローンマウスに成功したのは日本の若き農学博士。現在、理化学研究所に所属する若山博士は、最先端科学の研究者であり、オリンパスの生物顕微鏡のユーザーでもある。一方、博士の眼と手元で作動するシステム生物顕微鏡を製造する工場には、組立てのスペシャリストがいる。類い稀な才能を持つ二人が出会い、語り合った。いま、生命の未知の扉を開くため、何が伝えられようとしているのか。 (インタビュー、構成――オリンパス・テクノゾーン編集室) ライフサイエンスカンパニーが追求する次代の医療技術のために。 微妙な「見え」の違いは、顕微鏡の手づくり工程から生じる...
    引用元: オリンパス テクノゾーン:Vol.62 研ぎすまされた眼と技が、ライフ ...

  • 理化学研究所|トピックス|若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞

    若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞 独立行政法人 理化学研究所 平成22年9月29日 若山照彦チームリーダー( 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター ゲノム・リプログラミング研究チーム )が、「生殖工学を用いた新たな動物繁殖技術の開発」の業績により第10回山崎貞一賞(バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野)を受賞することが発表されました。 この賞は、材料、半導体及び半導体装置、計測評価、バイオサイエンス・バイオテクノロジーの4分野を対象に、論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、実用化につながる優れた創造的業績をあげている研究者に与えられる賞で、平成13年度に創設されました。 贈呈式は、平成22年11月に都内で行われます。 関連リンク http://www.mst.or.jp/prize/2010/jushou.html 若山チームリーダーの略歴 <...
    引用元: 理化学研究所|トピックス|若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞

  • 理化学研究所|トピックス|若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞

    若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞 独立行政法人 理化学研究所 平成22年9月29日 若山照彦チームリーダー( 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター ゲノム・リプログラミング研究チーム )が、「生殖工学を用いた新たな動物繁殖技術の開発」の業績により第10回山崎貞一賞(バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野)を受賞することが発表されました。 この賞は、材料、半導体及び半導体装置、計測評価、バイオサイエンス・バイオテクノロジーの4分野を対象に、論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、実用化につながる優れた創造的業績をあげている研究者に与えられる賞で、平成13年度に創設されました。 贈呈式は、平成22年11月に都内で行われます。 関連リンク http://www.mst.or.jp/prize/2010/jushou.html 若山チームリーダーの略歴 <...
    引用元: 理化学研究所|トピックス|若山照彦チームリーダーが第10回「山崎貞一賞」を受賞

  • 理化学研究所|研究室の紹介|ゲノム・リプログラミング研究チーム

    チームリーダー 若山 照彦 (Ph.D.) 研究室プロフィール 近年、核移植技術の発達により体細胞からクローン動物を作出するだけでなく、体細胞からES細胞を作ることも可能になりました。しかしクローン動物の成功率は低く、たとえ生まれてきても原因不明の異常が多発します。おそらく分化している体細胞の核を、受精卵と同じ未分化な状態に戻すための核の初期化(genomic reprogramming)が不十分であるためだと考えられます。私たちは様々な条件でクローンマウスを作出することで、体細胞の核がどのように初期化されるのかを明らかにし、クローン動物の成功率の改善を試みています。また核移植によって作られたES細胞(ntES細胞)が、受精卵由来のES細胞と同じく再生医療へ応用可能なのか検討しています。 研究テーマ 体細胞核移植技術の安定化と成功率の向上 未受精卵子の初期化能の検討 体細胞由来E...
    引用元: 理化学研究所|研究室の紹介|ゲノム・リプログラミング研究チーム

  • 若山照彦|キーワード|コブス オンライン

    HOME > 人気 > キーワード > 若山照彦 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 若山照彦 若山 照彦(わかやま てるひこ、 1967年 - )は、 生物学 研究者、 独立行政法人 理化学研究所 ゲノム ・リプログラミング研究チームリーダー。 カテゴリー: 日本の生物学者1967年生 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー登録すると様々な特典を受けられます。 おトクなユーザー特典とは? 100マイポプレゼントキャンペーン COBSユーザー登録 登録情報変更 退会
    引用元: 若山照彦|キーワード|コブス オンライン

  • 若山照彦 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    若山 照彦(わかやま てるひこ、1967年 - )は、生物学研究者。理化学研究所発生・再生科学研究センター チームリーダー、東京大学博士 (農学)。日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞等を受賞。プロフィール 神奈川県横須賀市出身。小さいころから学校の成績は悪...
    引用元: 若山照彦 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 詳細情報 (図書)

    タイトル クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における発生・再生医療技術を探る 人名 若山 照彦/著 出版者 東京:アドスリー 東京:丸善株式会社出版事業部(発売) 出版年月 2009年01月 ページ数,サイズ,価格 79p,26cm,¥1600 ISBN 978-4-900659-96-4 分類 467.25 件名 遺伝子工学 若山 照彦 注記等 内容紹介: 2008年、世界で初めて冷凍保存されていた16年前のマウスの死骸から、体細胞クローンマウスを作り出すことに成功した研究者・若山照彦。その生い立ち、クローンとの出会い、次なる夢、クローン技術の最前線などを紹介。 著者紹介: 〈若山照彦〉1967年神奈川県生まれ。茨城大学農学部畜産学科卒業。ロックフェラー大学助教授等を経て、理化学...
    引用元: 詳細情報 (図書)

  • 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)

    若山 照彦 Ph.D. 体細胞から無限にクローン動物を作り出す。一昔前までサイエンスフィクションだったクローン技術はマイクロマニピュレーション技術の改良によりすでに現実のものとなっている。しかし成功率はわずか数パーセントしかなく、しかも生まれたクローン動物のほとんどには深刻な異常が生じてしまう。おそらく核移植技術が不完全で体細胞の初期化(リプログラミング)に失敗したためだと考えられているが、そのメカニズム、異常の原因、改善方法などはまったく分かっていない。だがこのクローン技術を再生医学へ応用すると、自分の体細胞から免疫拒絶が生じない自分自身のES細胞を作り出すことも可能になるのである。 我々はマウスを用い、様々な条件でクローンマウスを作出し解析することで成功率の改善や初期化のメカニズムの解明、および体細胞由来ES細胞の特性解析を試みている。また同時に我々は、核移植と同様...
    引用元: 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)

  • 医療審査の独り言 Doctors Blog 医師が発信するブログサイト

    理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの若山照彦チームリーダーらは、16年間凍結保存したマウスの死体から正常なクローンマウスを作ることに成功した。マンモスなど絶滅した動物を、現代に復活させる技術開発の足がかりになる成果だ。米科学アカデミー紀要(電子版)に4日、掲載された。 若山チームリーダーらは、クローン作りにマンモスが発見されるロシアの永久凍土のようなセ氏零下20度で保存したマウスを利用した。凍結すると細胞は壊れてしまうが、脳をすりつぶして得た細胞の核を、別のマウスの核を取り除いた卵子に移植。これから万能細胞の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を作り、さらに2度目の核移植などしてマウスの子宮に入れたところ、クローンマウスが生まれた。 実験で生まれた4匹のうち2匹はすぐ死んだが、残りは正常だった。凍結保存した期間が長くても正常に発育し、生殖能力にも問題はなかった。脳以外の血液などでもクロー...
    引用元: 医療審査の独り言 Doctors Blog 医師が発信するブログサイト

  • 「神の手」実は劣等生 - default / Slownet SNS

    先週の日経夕刊に、理化学研究所の若山照彦さんの「人間発見」が五回にわたり紹介です。 題して、<「神の手」実は劣等生>になっています。 「神の手」はよく聞く言葉で臨床医が活躍する場面で見かけますね。 つまり、並みのドクターなんどでは手術ができない。 そこに神様のような摩訶不思議なマジシャンが登場する、そして治療が可能となった、ハピーエンド‥ しかし、若山さんは、基礎医学(生物学?)今ではクローンやDNAの世界で「神の手」を使って活躍しているのです。 その彼は、実は「劣等生」だったというのです。 しかし、通読すると単に英語に弱いだけのようですね。 この英語が学生時代からまるでダメ、 それも現代まで続いているのですから。 (科学者として最大最悪の欠点でしょうか) 大変な業績を上げているのですが、ネックが英語だとうちあけます。 しかも正直にその欠点が克服できていないようで、 それでも告白するのです...
    引用元: 「神の手」実は劣等生 - default / Slownet SNS

  • 送料無料|本|クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における ...

    本 > 人文・社会 > 理学 > 生命科学 > 生命科学一般 クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における発生・再生医療技術を探る 著者 : 若山照彦 (著) 出版社名 : アドスリー 発行年月 : 2009年 01月 ISBNコード : 9784900659964 ページ数 : 79P 定価 : ¥1,680(税込) boox storeポイント : 48 pt 発送可能日 : 当日~3日で発送 ( 発送可能日について ) 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について 目次 君と研究を共にしたい/1 若山照彦を見る/2 「クローンとの出会い」/3 次なる夢―死骸からクローン/...
    引用元: 送料無料|本|クローンマンモスへの道 クローン技術最前線の技術における ...

  • KAKEN - 若山 照彦(40360672)

    絶滅動物の細胞再生および有用遺伝子回収方法の確立 若山 照彦 研究期間 : 2011年度~2011年度 研究分野 : 応用動物科学 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 独立行政法人理化学研究所 卵子による核の初期化機構の解明およびその促進方法の開発 若山 照彦 研究期間 : 2008年度~2011年度 研究分野 : 生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク 研究種目 : 特定領域研究 研究機関 : 独立行政法人理化学研究所 ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤による初期化促進の分子機構解明とその応用 岸上 哲士 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 応用動物科学 研究種目 : 基盤研究(B) 研究機関 : 独立行政法人理化学研究所 → 近畿大学 核の初期化促進方法の確立およびクローン胚から作成したntES細胞の...
    引用元: KAKEN - 若山 照彦(40360672)

若山照彦 の相関図を読込中

若山 照彦(わかやま てるひこ、1967年 - )は、生物学者。山梨大学生命環境学部教授。日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、材料科学技術振興財団山崎貞一賞等を受賞。

スポンサードリンク