菅井俊樹の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://www.sci.toho-u.ac.jp/chem/lab/materchem_lab/sugai.html

    菅井俊樹/准教授物性化学教室に戻る氏名菅井俊樹(Toshiki Sugai)経歴 東京大学理学部化学科卒業 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士 博士課程修了 博士(理学)取得 名古屋大学理学部化学科助教、名古屋大学物質科学国際研究センター助教、 Northwestern大学 博士研究員を経て 東邦大学理学部化学科准教授専門分野物理化学 ナノ物質科学 測定機器開発主な研究課題 2層カーボンナノチューブの生成と物性解明およびデバイスへの応用 気相移動能法によるナノ物質の構造測定と構造制御法の開発主な研究業績<論文> S. Kuwahara, S. Akita, M. Shirakihara, T. Sugai, Y. Nakayama, and H. Shinohara (2006):  Fabrication and characterization of high-resolution...
    引用元: http://www.sci.toho-u.ac.jp/chem/lab/materchem_lab/sugai.html

  • http://www.sci.toho-u.ac.jp/chem/lab/materchem_lab/index.html

    所属教員 森山広思/教授 菅井俊樹/准教授研究室紹介 炭素ナノ材料(フラーレンやナノチューブ)を素材に、新しい固体を創製しその物性を探究することが私たちの研究テーマです。分子はそれ自身でも触媒作用などの機能を持ちますが、分子が規則正しく集合した結晶状態では、伝導性や磁性などの分子集合体としての興味深い機能発現が期待できます。また、結晶で見られるような規則性を持たないアモルファス物質においても、半導体特性など特異な物性のさらなる探索が待たれます。  新規分子集合体の設計と物性開発をテーマに、フラーレンやナノチューブなどのπ電子系物質を構成分子ユニットとする新たな機能物質の研究と開発を進めています。化学結合を駆動力とした自己集積能による機能界面を持つ有機ナノ薄膜の形成や、さらに単層カーボンナノチューブの官能基化による可溶化によって、新たな機能薄膜創製をめざしています。また、2層カーボンナノチュ...
    引用元: http://www.sci.toho-u.ac.jp/chem/lab/materchem_lab/index.html

菅井俊樹 の相関図を読込中

菅井俊樹/准教授物性化学教室に戻る氏名菅井俊樹(Toshiki Sugai)経歴 東京大学理学部化学科卒業 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士 博士課程修了 博士(理学)取得 名古屋大学理学部化学

スポンサードリンク