豊田佐吉の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 豊田佐吉 - Wikipedia

    豊田 佐吉【とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日)- 1930年(昭和5年)10月30日】は、静岡県湖西市出身の日本の発明家、実業家。豊田式木鉄混製力織機(豊田式汽力織機)、無停止杼換式自動織機(G型自動織機)をはじめとして、生涯で発明特許84件、外国特許13件、実用新案35件の発明をした。豊田紡織(現 トヨタ紡織)、豊田紡織廠、豊田自動織機製作所(現 豊田自動織機)を創業。トヨタグループの基礎をつくる。
    引用元: 豊田佐吉 - Wikipedia

  • 豊田佐吉

    豊田佐吉 とよだ さきち TOYODA Sakichi 1867-1930 遠江国敷知郡 (とうとうみのくに・ふちのこおり) 山口村(現在の静岡県湖西市)生まれ。 明治・大正期の機械発明家。独力で世界最高の自動織機を発明。長男の喜一郎を通して現在のトヨタ自動車の基礎を築く。 経歴と業績 静岡県の大工の家に生まれる。小学校卒業後は家業を手伝うかたわら手織機の改良に努め、木製人力織機を発明して国産機最初の特許を取得した。のち木製自動織機を発明して工場を経営したが、発明でも企業経営でも苦労を重ねた。1902年の豊田商会にはじまり、1918年には豊田紡織株式会社を創立した。彼はこの間も世界最高の自動織機の発明をめざしてついに1924年、無停止杼替 (ひがえ) 式豊田自動織機(G型自動織機)を完成させた。1929年にはこの特許権をイギリスのブラット社に譲渡し、得...
    引用元: 豊田佐吉

  • 豊田佐吉とは - 近代日本人の肖像 Weblio辞書

    豊田佐吉 とよだ さきち 写真 1:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 写真 2:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 写真 3:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 慶応3年 2月14日 ~ 昭和5年 10月30日 ( 1867 ~1930) 静岡 生まれ 。実業家、 発明家 。父は 大工 。 名古屋 に出て 織物 工場 の 職工 となり、 明治23年 (1890) 最初 の 発明 木製 人力 織機 、 30年 (1897) 日本初 の 動力織機 を 完成 させる。 三井物産 が 注目 し 32年 (1899) 井桁 商会 を 設立 、佐吉は 技師 長に 就任 。 39年 (1906)には 三井 の 資金 提供で 豊田 式 織機 株式会社 が 創立 され、佐吉は 常務 兼 技師 長となったが、 方針 の 違い により 43年 (1910)...
    引用元: 豊田佐吉とは - 近代日本人の肖像 Weblio辞書

  • 豊田佐吉 | 近代日本人の肖像

    豊田佐吉 とよだ さきち 慶応3年2月14日〜昭和5年10月30日(1867〜1930) 写真1:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 写真2:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 写真3:豊田佐吉伝 白黒 ; 14.6×10.4cm 静岡生まれ。実業家、発明家。父は大工。名古屋に出て織物工場の職工となり、明治23年(1890)最初の発明木製人力織機、30年(1897)日本初の動力織機を完成させる。三井物産が注目し32年(1899)井桁商会を設立、佐吉は技師長に就任。39年(1906)には三井の資金提供で豊田式織機株式会社が創立され、佐吉は常務兼技師長となったが、方針の違いにより43年(1910)辞任した。大正15年(1926)に画期的な豊田式自動織機を完成、豊田自動織機製作所を創設。晩年まで研究を重ね、多数の特許を取得した。 キーワード ...
    引用元: 豊田佐吉 | 近代日本人の肖像

  • 静岡県/静岡大会をPR

    豊田佐吉記念館(湖西市) 〜障子を開けてみよ 外は広いぞ〜 静岡県は全国有数の「ものづくり県」。産業発展の歴史や活発な企業活動を反映して、博物館や工場など私たちが見学できる「ものづくり関連施設」がたくさんあります。このコーナーでは、技術や技能に触れられる県内の施設を紹介していきます。 第1回の今回は、世界に冠たるトヨタグループの創始者、豊田佐吉の生涯と数々の発明品などを紹介していて、佐吉の情熱や志、研究と創造の精神に触れることのできる「豊田佐吉記念館」です。 豊田佐吉は、1867年(慶応3年)吉田領山口村、現在の湖西市に生まれました。豊田佐吉記念館は、佐吉の生誕120年を記念して、1988年(昭和63年)10月、当時のトヨタ自動車(株)社長の豊田章一郎氏の手により、佐吉生誕の地に開館されました。 裏山を抱く敷地内には、母屋のほか、展示室、研究を続けた納屋、平成2年に復元した生家などがありま...
    引用元: 静岡県/静岡大会をPR

  • 豊田佐吉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    豊田佐吉 - Wikipedia 豊田 佐吉(とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日) - 1930年(昭和5年)10 月30日)は、日本の実業家、発明家。 ... 禎吉郎豊田伊吉 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┣ ━━╋━━ 豊田佐吉 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┏豊田達郎 えい ┃ ... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E4%BD%90%E5%90%89 TOYOTA ~ 豊田佐吉 記念館~ 豊田佐吉 記念館. 障子をあけてみよ 外は広いぞ. 豊田佐吉 は、1867(慶応3)年にこの地に 生まれました。 1890年、東京で開催された内国勧業博覧会で外国製織機を見、独力で「 豊田式木製人力織機」を発明しました... http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/facili...
    引用元: 豊田佐吉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • TOYOTA 〜豊田佐吉記念館〜

    豊田佐吉は、1867(慶応3)年にこの地に生まれました。 1890年、東京で開催された内国勧業博覧会で外国製織機を見、独力で「豊田式木製人力織機」を発明しました。その後も研究と改良を続け、1924年にはその当時世界一と評価された「G型自動織機」を完成しました。そのたゆみない研究と創造の精神は脈々と受けつがれ、現在のトヨタグループの礎となっています。 トヨタは、自動織機の発明にとどまらず、自動車をはじめとする日本の産業の発展へと大きく広がった佐吉の志に少しでもふれていただきたく、ここに豊田佐吉記念館を開館しました。 折りにふれこの記念館にお立ち寄りいただき、佐吉の志・情熱を感じ親しんでいただければ幸いです。 4月1日〜9月30日 AM9:30〜PM5:00 10月1日〜3月31日 AM9:30〜PM4:30 毎...
    引用元: TOYOTA 〜豊田佐吉記念館〜

  • 豊田佐吉

    豊 田 佐 吉 (とよた さきち) 豊田佐吉は、江戸時代の末期、慶応3年(1867)に、遠江国(現在の静岡県)に生まれました。 佐吉の両親は、彼を大工にさせようと修行させましたが、発明・工夫の夢がすてられず、24才のときに、布地を織るバッタン式の木製織機 (もくせいしょっき) を改良し、特許を得ました(明治24年)。 その後、東京に出て会社を作り、自分で改良した機械を販売しようとしましたが、うまくいかず故郷に戻っていきます。 しかし、故郷に戻ってからは、取扱いが簡単で能率のよい糸繰返機(かせくりき)を発明したり、木製織機を動力化したり、数々の発明を生み出し成功をおさめます。 彼は、昭和5年(1930)、64才で死亡するまで、自動織機の改良を続け、特許を84件、実用新案権は35件も得ています。 この豊田佐吉の成功をもとに、息子の喜一朗 (きいちろう) がつくった自動車...
    引用元: 豊田佐吉

  • 豊田佐吉記念館

    豊田佐吉生家 (1990年10月復元) トヨタ自動車をはじめ、トヨタグループの始祖がここにある。佐吉翁はもちろん、トヨタ自動車の創始者、喜一郎氏もここで産声を上げていると言う。周辺には展望台や記念碑も見ることが出来ます。入場は無料です。 記念館入り口 自動織機などの発明者である豊田佐吉翁のゆかりの品々が展示してあります。敷地内には、父親に隠れて、研究に明け暮れた納屋。毎晩のように夜学会を開いていた観音堂などたくさんの遺産を見学する事が出来ます。 障子を開けてみよ。外は広いぞ 佐吉翁が言ったこの言葉の中に含まれる意味の 広さを感じるのは、私だけではないと思う。 貧しい暮らしの中で母親に楽をさせてあげたい と言う気持ちから、 世界に冠たる発明を達成させてきた佐吉翁らしい 表現ではないでしょうか。 佐吉翁の胸像 豊田佐吉翁は、1867年この地に生まれ...
    引用元: 豊田佐吉記念館

  • 日本の墓:著名人のお墓:豊田佐吉

    静岡県に生まれた豊田佐吉は、小学校を卒業後、父の大工仕事を手伝っていた。 内気で無駄口はきかず、何を考えているのか分からないようなところがあったため“ムッツリ佐吉”と言われたらしい。 二十歳で友人と東京へ家出し、軍人を志望しながらも知識欲の旺盛だった佐吉は、大工仕事のかたわら工場見物と織物の研究に熱中する。 第三回内国勧業博覧会で外国製の織機を見て、明治二十三年には独力で豊田式人力織機を発明した。 さらに改良を重ねて、大正十三年には世界最高という評価を得たG型自動織機を完成させ“世界の織機王”と言われるまでになる。 晩年は自動車に着目していたが、長男の喜一郎が父の夢を受け継いで自動車工業を発展させた。 墓は、先祖の祀り方を知っている墓だと感じられる。代々墓石の高さが統一されていて、清々しい。 戒名 顕本院殿行徳圓大居士 玉垣 - 職業 明治・大正の織機発明家 境石 ...
    引用元: 日本の墓:著名人のお墓:豊田佐吉

  • TOYOTA.CO.JP〜トヨタ鞍ケ池記念館〜

    トヨタのルーツは、豊田佐吉翁が生涯をかけて発明に取り組んだ「織機」にあります。そして「紡織機から自動車へ」と想いを継承発展させていった父佐吉・息子喜一郎のプロフィールを紹介しています。 左:木鉄混製豊田動力織機 明治29年(1896) 右:無停止杼換式豊田自動織機(G型)大正13年(1924) (とよだ さきち) 慶応3年(1867)〜昭和5年(1930) 国をあげて近代化への努力が払われた時代に生まれた佐吉は、18歳のとき、発明立国を志し、数々の難関を克服し、ついに画期的な自動織機を完成。その技術を世界のレベルに引き上げました。 (とよだ きいちろう) 明治27年(1894)〜昭和27年(1952) “父が織機なら、私は自動車だ”と当時、冒険的と思われた自動車工...
    引用元: TOYOTA.CO.JP〜トヨタ鞍ケ池記念館〜

  • 豊田佐吉 とは - コトバンク

    デジタル大辞泉 の解説 とよだ‐さきち【豊田佐吉】 [1867~1930]発明家・実業家。静岡の生まれ。 日本 で 最初 の木製動力織機を発明、のち豊田式織機 株式会社 を設立。大正13年(1924)杼換 (ちょかん) 式自動織機を完成、その 特許権 使用料を トヨタ自動車 創業の 基礎 とした。 この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文 編集協力:曽根脩 (C)Shogakukan Inc. それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。 全文を表示する
    引用元: 豊田佐吉 とは - コトバンク

  • 豊田佐吉 - Yahoo!百科事典

    豊田佐吉(とよださきち) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (全1件) (1867―1930) 織機 の発明家、事業家。慶応(けいおう)3年 2月 14日、 遠江国 (とおとうみのくに)(静岡県)敷知(ふち)郡吉津村(現湖西(こさい)市)に生まれる。家は代々農業で、父は大工を兼業していた。村の 妙源寺 で寺子屋教育を受けたのち、 小学校 を卒業し、父の大工仕事を手伝った。 [ 執筆者:山崎俊雄 ] 豊田佐吉 目次 豊田佐吉 発明家への道 自動織機の研究 国際的評価の確立
    引用元: 豊田佐吉 - Yahoo!百科事典

  • 豊田佐吉[とよださきち]トヨタグループ創業者

    トヨタグループ創業者 豊田佐吉[とよださきち] (1867〜1930) 1867年(慶応3年)2月14日、吉田領山口村(後の敷知郡吉津村字山口、現在の湖西市山口)に大工・伊吉の子として生まれる。少年時代から織布機械の改良に没頭。1890年(明治23年)のとき、最初の発明「豊田式木製人力織機」を完成させ、翌1891年(明治24年)、この「豊田式木製人力織機」で初めての特許を取得する。その後も、1894年(明治27年)にはかせくり機を、1896年(明治29年)には木鋳混製動力織機を発明するなど、その発明は生涯を通じて119件にものぼった。 1902年(明治35年)豊田商会を設立。1911年(明治44年)豊田自動織布工場を設立。1918年(大正7年)1月豊田紡織株式会社を設立。1926年(大正15年)株式会社豊田自動織機製作所を設立。現在のトヨ...
    引用元: 豊田佐吉[とよださきち]トヨタグループ創業者

  • 株式会社豊田自動織機 始祖 豊田佐吉翁:2ページ−先駆者たちの大地

    豊田佐吉翁は、1867年(慶応3年)、現在の静岡県湖西市に生まれた。幼少時代から優れた資質を持ち、13歳を過ぎた頃より新聞・雑誌を読みふけり、国家や社会、人生などについて深く考えこみ、何か成しうる国家的事業は無いかと考慮を重ねる毎日だった。1885年(明治18年)、18歳の時に専売特許条例が公布され、一生を通じて発明事業に没頭することに決め、それ以来、発明を志した。そうして、最初に原動力を案出しようと永久・無限動力の発明にとりかかった。しかし、なるべく早く、国・社会のためになるものを、との思いから、当時政府の主導で機械化され大規模に行われ始めた糸紡ぎ以上に、作業負荷の高い織布こそ機械化して、大仕掛にする必要があるとの考えのもと、動力機械の発明・研究に専念した。 ただし、当時の織布業の経営実態などを考慮して、まず簡単で身近な手織機から着手し、苦労の末に1890年「豊田式木製人力織機」を発明し...
    引用元: 株式会社豊田自動織機 始祖 豊田佐吉翁:2ページ−先駆者たちの大地

  • 豊田紡織の歴史|トヨタ紡織Discover Cruise|トヨタ紡織株式会社

    豊田佐吉は慶応3年2月14日、遠江国敷知郡山口村(現 静岡県湖西市)に生まれる。 独立心旺盛だった佐吉は、家業であった農業や大工業には馴染まなかった。 20歳の春、一大決心して上京し、近代工場や最新機械を見学して強い刺激を受け、機械や動力の魅力に引き込まれた。佐吉は、帰郷するなり身のまわりのものから研究を始め、当時不便で非能率な手織機の改良に没頭した。 そして明治23年、最初の発明である「豊田式木製人力織機」を完成させた。しかし、織機で製織した布は売れたが織機はほとんど売れなかった。次に佐吉は動力織機の研究に方向を変え、29年11月には日本で最初の木鉄混製「豊田式汽力織機」を発明する。これが本格的な動力織機開発への足場を築いた瞬間であった。
    引用元: 豊田紡織の歴史|トヨタ紡織Discover Cruise|トヨタ紡織株式会社

  • はんだ郷土史ブログ

    豊田佐吉は1925年(大正14)に帝国発明協会に蓄電池発明の懸賞金として100万円を寄付している。その後、褒章を受けているので、その意味もあったであろうが、佐吉の発明に対する率直な気持ちの表れと理解したい。戦後でも「100万長者」と言われていたのだから、大正時代の100万円は相当な高額であることは間違いない。この帝国発明協会は1947年(昭和22)に発明協会と改称している。現在の会長は豊田佐吉の孫にあたる豊田章一郎氏である。 トヨタ自動車はハイブリッド車に力を入れている。だが、将来の自動車がどのようなエンジンの型式になるかは、予測できない。やはり、低公害がキーワードになると思う。今考えられているのは次の6種類だそうである。①電気自動車(PEV) ②燃料電池自動車(FCV) ③直噴エンジン自動車(ガソリン,ディーゼル) ④天然ガス自動車 ⑤バイオ燃料 ⑥ハイブリッド電気自動車(HEV PEH...
    引用元: はんだ郷土史ブログ

  • 豊田喜一郎氏

    豊田佐吉翁から喜一郎へ〜受け継がれた魂 豊田喜一郎氏は書くことの好きな経営者であった。その文章はどれも面白い。氏がトヨタ自動車を創るために格闘した時代の日本の産業の姿について、他の文献からは得られない発見が必ずある。 その喜一郎氏に自動車ではなく自動織機のことを書いた『自動織機生い立ちの記』という文章があることを私は長い間知らなかった。二年前に出た和田一夫氏の労作『豊田喜一郎文書集成』(名古屋大学出版会)ではじめて読んだが、やはり発見があった。氏を見る眼が少し変わった。 喜一郎氏は1920年に東京帝国大学を卒業して、直ちに、父君豊田佐吉翁の豊田紡織に入社されるが、佐吉翁から「発明などというものはなかなか出来るものではない。そんなものに没頭するより紡績事業を一生懸命やれ」といわれる。この佐吉翁のことばも面白い。 この頃、佐吉翁は上海豊田紡績廠廠設立の陣頭指揮のため上海の大邸宅に住み、時々日...
    引用元: 豊田喜一郎氏

  • ilmil いるみる -工場見学、会社見学へ行こう! | 豊田佐吉記念館

    工場見学や企業博物館、ショールームなどの情報を紹介 | HOME | 見学地名 豊田佐吉記念館 住所 〒531-0441 静岡県湖西市山口113-2 企業名 トヨタ自動車(株) 業種 輸送用機器 証券コード 7203 お問合せ先 電話番号 053-576-0064 FAX番号 - eメール - 入館料 大人 0円 大学生 0円 高校生 0円 中学生 0円 小学生 0円 園児以下 0円 シニア 0円 営業日時 営業日 水(祝日の場合は翌木曜日)、年末年始(12/26-12/31、1/6-1/8)、2月最後の水の直前の月・火、9月第1水直前の月・火以外 営業時間 4/1-9/30: 9:30-17:00 10/1-3/31:9:30...
    引用元: ilmil いるみる -工場見学、会社見学へ行こう! | 豊田佐吉記念館

  • 豊田佐吉

    主要な業績の説明 豊田佐吉の主な業績は、自動織機の発明とその企業化にある。彼は西洋の機械に劣らない優れた国産機械をつくることをめざして、独力で無停止杼替式自動織機を発明した。この機械は織布の品質向上と優れた生産能力で世界の注目を浴び、その普及によって日本の織物業はおおいに発展して綿織物は輸出品目の第1位を占めるに至った。彼はこの成功に満足せず、さらに新しい可能性に挑戦して前人未踏の環状織機を開発したが実用化には至らなかった。 ●自動織機の発明 自動織機とは、運転中に横糸が切れたり無くなったりした時に横糸を自動的に補充して、 運転を止めないで連続して機織り作業ができるようにした織物機械である。 豊田は小学校卒業後、家業を手伝いながら、静岡県湖西地方の特産品である綿織物用の手織機の改良に努めた。1885年 に専売特許制度ができたことに刺激されて発明家を志し、1890年に...
    引用元: 豊田佐吉

  • 豊田佐吉さんの言葉: マナの海 スピリチュアル・タロット

    豊田佐吉さんの言葉 先日、奇門遁甲で、自由ヶ丘の熊野神社を訪れた際に、東京都神社庁のポスターを目にしました。そこには、「人間がやったことは人間がまだやれることの百分の一にすぎない(豊田佐吉)」と書かれていました。 〜人間は様々なことを考え発明し、行動してきているがそれはまだほんの一部でありまだまだたくさんの可能性が秘められている〜 本当にそうだと思います。人間とは大いなる可能性を持った存在。だから、人は変わること、変化・進化・成長することができるのです。 ・・・にも拘らず、自らを過小評価したり、自らの可能性を信じられない方が多いと感じます。 人間である自分の可能性をもっと信じてみませんか? そして、勇気を持って一歩を踏み出していきましょう。 それでも、どうしても進めない時は、私のところへ来て下さい。 あなたが進むことのお手伝いをさせていただきます。 磨奈 最近の鑑定スケジュールは以下の通り...
    引用元: 豊田佐吉さんの言葉: マナの海 スピリチュアル・タロット

  • 豊田佐吉記念館

    豊田佐吉記念館は、トヨタグループ創業者 豊田佐吉の生誕120年を記念して、佐吉の生誕の地に1988年10月に開館。佐吉の生家を中心に、佐吉が発明した数々の織機やゆかりの品々を展示。自動織機の発明にとどまらず、自動車をはじめとする日本の産業の発展に努力した、佐吉の志、情熱を感じ、親しんでいただけます。 住所 静岡県湖西市山口113-2 代表者番号 053-576-0064 オープン時間 4月1日〜9月30日 9:30〜17:00 10月1日〜3月31日 9:30〜16:30 休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日) 年末 12/26〜12/31、年始 1/6〜 1/8 2月最後の水曜日の直前の月・火曜日 9月第1水曜日の直前の月・火曜日 料金 無料 アクセス JR東海道線鷲津駅より2km URL http...
    引用元: 豊田佐吉記念館

  • 『豊田佐吉』授業 子供の感想

    もどる 『豊田佐吉』の授業(4年生の3学期に行いました) 子供の感想 (読みやすいように漢字に直してあります) 【Yくん】豊田佐吉さんは最後までがんばってすごいと思いました。 死にそうになるまで研究をしてすごいと思いました。 【Nさん】豊田佐吉さんはすごい努力をする人だなぁと思いました。 【Aさん】親子で有名になってすごいと思いました。 なぜ豊田喜一郎さんのお父さんは、自動車と言ったのですか。 【Tくん】豊田佐吉さんと豊田喜一郎さんは、二人して王様と言われてすごいなぁと思いました。 【Tさん】管理人さんがあんな言葉を言っても豊田佐吉さんは諦めなかったところがすごいなと思いました。 【Nさん】兄弟で機械を作る仕事をやるっていうことはすごいと思いました。 【Yくん】佐吉さんは父の大反対があったのに織機王になるなんてすごいなぁと思った。 【Yくん】豊田佐吉さんはすごいなぁと思った。機械を作...
    引用元: 『豊田佐吉』授業 子供の感想

  • 東人雑記:彷徨へる豊田佐吉 〜蕨町訪問のナゾ〜 4 - livedoor ...

    彷徨へる豊田佐吉 2008年02月08日 彷徨へる豊田佐吉 〜蕨町訪問のナゾ〜 4 17 時代は環境文明へむかう 豊田佐吉は天才型の発明家ではなかった。織機だけに一極集中して改良、検証を繰り返し、あくまでも実用化にエネルギーを集中させていった。手本に触発され、それを自分に引き寄せながらもがき苦しむ閉鎖系の改良家だった。この一途に内向する執着心と心的エネルギーがよほど強くなければ30数年にわたる発明の仕事は継続できなかっただろう。 彼のそばで支えてくれた側近の人々、資金面でバックアップしてくれたパトロン。そして各地には刺激しあった発明家、改良家もいた。佐吉の個性に引き込まれた人たちは随所にいたはずで、それら数知れない人びととの出会いによって佐吉は解放され世に出ることができた。 いま、豊田佐吉を創始者とするトヨタは超大企業となった。初期の織機メカニズムからエンジンのシステムへの転換を...
    引用元: 東人雑記:彷徨へる豊田佐吉 〜蕨町訪問のナゾ〜 4 - livedoor ...

  • 送料無料豊田【小説トヨタ王国 天馬無限 上下巻】邦光史郎 ...

    ■浜名湖畔の寒村に生まれた豊田佐吉は、学歴も財力もなかった。しかし、彼がとりつかれたのは“発明”の二文字。その対象となったのが、いつも身近にあった織機である。試行錯誤をくり返しながら、彼はやがて、世界にも負けない豊田式動力織機を産み出す。会社経営を、家庭を犠牲にして、己の夢を実現するため、ひたすら邁進した佐吉。〈世界のトヨタ〉の原点に迫る。 大なり小なり功を遂げた豊田佐吉が、長男の喜一郎に託した夢は、輸入車全盛の時代にあって、純国産車の生産だった。同時に喜一郎も外遊で見聞を広め、モータリゼーションの到来を予感する。そして、父と同様、悪戦苦闘の末、国産車を世に送り出す。親子二代にわたる“発明”へのあくなき追求を、綿密な取材で描き出す長編企業小説。
    引用元: 送料無料豊田【小説トヨタ王国 天馬無限 上下巻】邦光史郎 ...

  • 1867年(慶応3年)〜 | 沿革 - 株式会社 豊田自動織機

    豊田佐吉生誕 1867年 (慶応3年) 1890年 (明治23年) 豊田佐吉、豊田式木製人力織機を発明。 1896年 (明治29年) 豊田佐吉、豊田式木鉄混製動力織機を発明。 1906年 (明治39年) 豊田佐吉、環状織機を発明。 1924年 (大正13年) 豊田佐吉、無停止杼換式豊田自動織機(G型)を完成。 豊田佐吉発明の「自動織機」を製造するため、愛知県碧海郡刈谷町 (現刈谷市)に株式会社豊田自動織機製作所 〈現株式会社豊田自動織機〉を設立。 1926年 (大正15年) 刈谷工場完成,一部が稼動。 1927年 (昭和2年) 1929年 (昭和4年) 精紡機の生産開始。 イギリスのプラット社と、自動織機の特許権譲渡契約を締結。 ...
    引用元: 1867年(慶応3年)〜 | 沿革 - 株式会社 豊田自動織機

  • 子供たちの豊かな未来を創造する、英語教材・知育開発・幼児教材 | いずみ ...

    豊田佐吉は、子どものころ習字とそろばんを習ったていどで、教育らしい教育はほとんど受けていません。機械技術を人に教わったわけでもありません。およそ40年のあいだ、ただひたすらに自分の頭だけで研究を続けて、自動織機を完成させました。「私は頭がよかったのではない。努力しただけだ」と語っているのはとうぜんです。しかも、研究費も、すべて自分でつくりださねばなりませんでした。40歳のとき、三井物産系の事業家たちに望まれて、いっしょになって豊田式織機会社を設立しました。ところが、重役たちは機械を売って利益をあげることばかり考え、研究費をだそうとしませんでした。それどころか会社が軌道にのると、佐吉はやめさせられてしまいました。その後、佐吉は、自分で紡績会社をつくり、その利益で研究を続けたということです。こうして完成した自動織機は、日本の紡績産業の発達に、すばらしい光を与えました。そのうえ、もうひとつ、その...
    引用元: 子供たちの豊かな未来を創造する、英語教材・知育開発・幼児教材 | いずみ ...

  • 無題ドキュメント

    【 豊田佐吉の発明品 】 H19.2.26 2/11 仕事で尾張に出張ったとき、休日を利用してひとり社会見学をした。 何回も名古屋に来ているが、こんな経験初めて。 トヨタテクノミュージアム「産業技術記念館」にいってみた。名古屋駅から十分歩けるところにある。 明治44年、トヨタグループの創始者・豊田佐吉が自動織機開発のための実験工場として 「豊田自働織布工場」を開設した場所とのこと。 ロビーには 豊田佐吉が発明した「環状織機」(1906年開発)が展示されていた。 立体的に布を織るなどの独創的な技術が数多く使われており、 産業技術記念館のシンボルとして展示しているとのこと 。 天井より吊り下げられた円筒はこの環状織機で織り上げた布だそうな。 ちょうど、タイミングよく<デモ>の時間帯だったのでビデオに撮ってみた。 1906年のものがいまだに稼働できて、実際に織機とし...
    引用元: 無題ドキュメント

  • トヨタグループの創始者 豊田佐吉 について - Yahoo!知恵袋

    トヨタグループの創始者 豊田佐吉 について dualjihad さん トヨタグループの創始者 豊田佐吉 について ウィキペディアにて、豊田市のところをみていたら 「豊田佐吉は遠江国豊田郡(現在の静岡県磐田市郊外)に生まれ、豊田式自動織機という独自の織機を作り、アメリカ、イギリスを含めて7ヶ国の特許を取得した。後にこの自動織機を取り入れた豊田自動織機が造られた。」(一部抜粋) とありました。 確か実際には湖西市生まれ(出身)とあったのですが、湖西市の生まれのほうが正しいのでしょうか? 湖西市内ページ → http://www.city.kosai.shizuoka.jp/03ijin/index.html ウィキペディア内の豊田佐吉について → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E4%BD%90%E5%90%89 違反報告 ...
    引用元: トヨタグループの創始者 豊田佐吉 について - Yahoo!知恵袋

  • 日本卓球リーグ実業団連盟:豊田自動織機

    会社紹介 当社は、豊田佐吉が発明した自動織機の製造・販売を目的として1926年に創立されました。 現在では自動車、産業車両等事業を拡大し、生産拠点を欧米・北米・アジアへと展開し、グローバルな事業を推進しています。 チームの目標 企業スポーツとしての誇りを持ち、プレーでもマナーでも、卓球界の見本となれるよう日々努力しています。 一戦一戦全力で臨み、「1部昇格」という目標を実現できるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。
    引用元: 日本卓球リーグ実業団連盟:豊田自動織機

  • 豊田佐吉 - Wikipedia

    豊田佐吉 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 豊田 佐吉 (とよだ さきち) 豊田佐吉 生誕 1867年 2月14日 日本 遠江国 敷知郡 山口村 (現在の 静岡県 湖西市 ) 死没 1930年 10月30日 (満63歳没) 職業 実業家 、発明家 子供 長男 豊田喜一郎 ( 実業家 ) 長女 愛子( 豊田利三郎 の妻) 表 ・ 話 ・ 編 ・ 歴 豊田 佐吉 (とよだ さきち、 1867年 3月19日 ( 慶応 3年 2月14日 ) - 1930年 ( 昭和 5年) 10月30日 )は、 日本 の 実業家 、発明家。 目次 1 略歴 2 家族 3 系譜 4 人物像 4.1 発明生活 4.2 佐吉の思い出 5 受章・受賞 6 参考文献 7 関連 8 脚注 9 外部リン...
    引用元: 豊田佐吉 - Wikipedia

  • 新着情報_豊田佐吉記念館とロックフィールド静岡ファクトリー

    豊田佐吉記念館とロックフィールド静岡ファクトリー 2006年1月24日、トヨタ自動車関連の博物館の一つである「豊田佐吉記念館」と、安藤忠雄氏が建築設計した「ロックフィールド静岡工場」を見学した。 豊田佐吉記念館 (所在地:静岡県湖西市山口113-2) 1988年に開館した豊田佐吉記念館は、トヨタ関連施設の博物館では唯一愛知県外にある。展示物を通してトヨタの歴史を知るのではなく、トヨタ自動車の創設者・豊田喜一郎の父親・豊田佐吉の生家を見学することで、発明王・佐吉がどのようにして生きたかを知ることができた。 そこにはトヨタのルーツがあり、長男の喜一郎もそこで生まれ育っている。凧揚げの紐を引っ張ると、凧が逆に自分の紐を引っ張る力をヒントに発明した佐吉の第一号の発明品「豊田式人力織機」をはじめ、「糸繰返機」「木鉄混製動力織機」「G型自動織機」が展示されている。 佐吉は1924年に完成...
    引用元: 新着情報_豊田佐吉記念館とロックフィールド静岡ファクトリー

  • 豊田佐吉 - 百科事典ディスマス

    豊田 佐吉 (とよだ さきち) 豊田佐吉 生誕 Template:Safesubst: 1867年 2月14日 Template:Safesubst: 日本 遠江国 敷知郡 山口村 (現在の 静岡県 湖西市 ) 失踪 Template:Safesubst: Template:Safesubst: 死没 1930年 10月30日 (満63歳没)Template:Safesubst:Template:Safesubst: 墓地 Template:Safesubst:Template:Safesubst: 職業 実業家 、発明家 子供 長男 豊田喜一郎 ( 実業家 ) 長女 愛子( 豊田利三郎 の妻) 豊田 佐吉 (とよだ さきち、 1867年 3月19日 ( 慶応 3年 2月14日 ) - 1930年 ( 昭和 5年) 10月30日 )は、 日本 の 実業家 、...
    引用元: 豊田佐吉 - 百科事典ディスマス

  • 豊田佐吉の階段

    トヨタグループの創始者、豊田佐吉が知多半島の乙川村(現・半田市)で発明家として開花したことは意外に知られていない。 豊田式力織機発祥の地 1894年(明治27年)頃、豊田佐吉は愛知県知多郡乙川村の庄屋石川藤八邸に身を寄せ、新型力織機の研究を本格的に始めました。(右=佐吉27歳の時)。 その頃の佐吉は、糸繰返機(かせくりき)の特許をもつ若き発明家でした。そんな佐吉の才能を認め、惜しみなく援助を続けたのが七代目石川藤八(下)です。 豊田佐吉に初めて本格的なスポンサーがついたのです。 佐吉は弟の豊田平吉も呼び寄せ、新型織機の発明に没頭しました。その時期、 佐吉に研究室兼寝室として、あてがわれたのが石川藤八邸の中二階の六畳間です。天井はなく、屋根が斜めになっている部屋でした。 佐吉の部屋のある藤八邸と試験工場は離れたところにありました。昼夜を...
    引用元: 豊田佐吉の階段

  • 豊田佐吉記念館-ilmilサーチ - いるみる

    xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="" lang=""> 豊田佐吉記念館 [ More ] [ New Window ] すべての語を含む いずれかの語を含む ilmilさがすで Yahoo!で Googleで 次ページで 別窓で [ 他のカテゴリ ] [ サイトマップ ] [ ヘルプ ] 豊田佐吉記念館 [企業名]:トヨタ自動車(株) [所在地]:愛知県 [タイプ]:博物館 [見 所]:創業者・豊田喜一郎の父の生まれた家 評価: 0 (投票数 0 ) 【その他のカテゴリ】 [ ↑ページTOPへ ] Yomi-Search [ XOOPS ] Ver. 0.86a Based on - Yomi-Search Ver4.19 - Powered by PHP 広告 検索 新着...
    引用元: 豊田佐吉記念館-ilmilサーチ - いるみる

  • 設立目的 | 館紹介 | トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

    設立の目的 トヨタグループ13社の共同事業として設立した産業技術記念館は、豊田佐吉が明治44年に自動織機の研究開発のために創設した試験工場の場所と建物を利用して建設しました。 建築史的に評価された赤レンガの建物を、グループ全体の歴史的遺産として保存しながら広く社会の皆様にご利用いただき、社会の健全な発展に役立つことを目的としております。 館の創設と基本理念 産業技術記念館は、1994年6月、名古屋市西区・栄生の地に開館しました。往時の様子をとどめる豊田自動織機栄生工場(豊田紡織より移譲)を産業遺産として保存しながら、近代日本の発展を支えた基幹産業の一つである繊維機械と、現代を開拓し続ける自動車の技術の変遷を通して、日本の産業技術史について次代を担う人たちへ系統的に紹介するための施設です。 織機の発明に一生を捧げた豊田佐吉。その長男として自動車製造に取り組み、トヨタ自動車工業を創業した豊田喜...
    引用元: 設立目的 | 館紹介 | トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

  • 豊田佐吉

    【参考資料】 ■池田宣政『豊田佐吉』(世界伝記全集34)ポプラ社 ■藤岡信勝『教科書が教えない歴史3』産経新聞社 ■家庭読本編纂会『嵐の中の灯台』明成社 ■『湖西市に生まれた偉人、豊田佐吉。豊田佐吉記念館』 http://www.asmo.co.jp/001kou/06toyota/frame.htm ■『トヨタ産業技術記念館』 http://www.tcmit.org/sub5.html ■『とうよこ沿線フィルムライブラリー』 http://www.ynet.co.jp/touyoko/seikatu.html ■『TOYOTA』 http://www.toyota.co.jp/index.html
    引用元: 豊田佐吉

  • 豊田佐吉・盛田昭夫の霊言 - 幸福の科学を信じています - Yahoo!ブログ

    豊田佐吉・盛田昭夫の霊言 傑作(1) 2010/8/24(火) 午後 4:23 幸福の科学出版 会社経営 Yahoo!ブックマークに登録 ●○●○●○●○●○● 『未来産業のつくり方』 公開霊言 豊田佐吉・盛田昭夫 ●○●○●○●○●○● こんにちは!(^^) 「経営の神様」松下幸之助先生の霊言(『松下幸之助 日本を叱る』)の発刊に続き、またまた、なんと2人も世界的に経営者、ビジネスマンの方々から尊敬を受けてやまない創業者がご降臨されました! まさに、奇跡です!(T_T) 世界のトヨタ・ソニーの創業者のお2人の霊示が発刊されます^^ 「ある程度のベストセラーを狙いたいね。そして、トヨタグループやソニーグループを当会、幸福実現党のシンパ層に取り込んでいきたいね」 トヨタグループを主要先とする直接取引企業は約2万6000社、取引先数はJALグループの10倍超。(帝国データバンク...
    引用元: 豊田佐吉・盛田昭夫の霊言 - 幸福の科学を信じています - Yahoo!ブログ

  • 株式会社豊田自動織機 始祖 豊田佐吉翁:1ページ−先駆者たちの大地

    今や世界に冠たるトヨタグループ、その成長の原点をたどると、始祖、豊田佐吉翁の「自働」の考え方に行き着く。その生涯で、実に119件もの特許を取得し、それぞれ世界20カ国で特許を取得。1985年には「日本の偉大なる発明者10人」に選ばれた佐吉翁。すべての動力化への発念は、国家のため、社会のため、人のためにあり、そして人の知恵をもって無駄を排除し、絶えず動き続ける「自働」の思想は、ものづくりの基軸として、今なお受け継がれ続けているのである。 1935年、佐吉翁の六回忌にまとめられ発表された「豊田綱領」は、全トヨタグループの全経営者、全従業員のよりどころとなってきた。その精神は時代の変転にもゆがめられることなく、言葉は古くともその内容はいつの日も新しく、発展を願う人々の間で受け継がれ、今日の繁栄と団結の基礎となっているのだ。
    引用元: 株式会社豊田自動織機 始祖 豊田佐吉翁:1ページ−先駆者たちの大地

  • 豊田佐吉

    しかしこれは前例のない創案で世界18カ国の特許を取得し、発明家豊田佐吉の記念碑ともいえる機械である。唯一現存するこの機械は現在、名古屋市西区の豊田自動織機工場跡につくられた産業技術記念館のエントランス・ロビー中央に展示されており、その威容を見ることができる。 エピソード アメリカに新しい自動織機が出現して日本の業界がその話で持ちきりだったころ、現地視察を行って帰国した高辻奈良造博士の報告講演会が鐘紡兵庫工場で開かれた。日本中の有名紡織工場の技師長にまじって、豊田も後方でこれを聴いていた。高辻博士は彼がいるのに気づいて「ほう、名古屋からわざわざ」と思ったが、彼は途中から見えなくなり、そのまま戻ってこなかった。後日、博士が豊田に逢った時、「先日はどうなさいましたか」と聞いたところ、佐吉の返事はこうだった。「お話を拝聴しているうちに、5日間もどうしてもいい考えが浮かんでこなかったあ...
    引用元: 豊田佐吉

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    (89)豊田佐吉 歴史に名を残す科学者たち。彼らはどんな道を経て偉大な発明や発見にたどりついたのか。そんな彼らの人生を案内人が紹介していきます。さらに現代の研究者を取材することで、彼らの功績を浮き彫りにしていきます。 今回は、日本独自の技術で自動織機を発明した、豊田佐吉です。 及川わたる 神先忠 豊田佐吉記念館 事務長 (*)の番組は、都合によりインターネットでは放送できません。 ご了承ください。
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 事業紹介 - 株式会社 豊田自動織機

    事業紹介 豊田自動織機は、豊田佐吉が発明・完成した自動織機の製造・販売を目的として、1926年に創立されました。その後、多角化を進め、繊維機械、自動車(車両、エンジン、カーエアコン用コンプレッサーほか)、産業車両、エレクトロニクス、物流へと事業領域を拡大してきました。 生産拠点は、欧州、北米、アジア(中国、インド)に展開し、販売ネットワークは、産業車両や繊維機械を中心に全世界に拡がるなど、グローバルな事業活動を推進しています。 豊田自動織機は2006年11月に創業80周年を迎えました。更なる発展を目指し、豊田自動織機は、積極的な取り組みを続けていきます。 自動車部門 産業車両部門 物流部門 繊維機械部門 その他 ページトップへ戻る
    引用元: 事業紹介 - 株式会社 豊田自動織機

  • 豊田喜一郎 - Wikipedia

    父は、 豊田自動織機 創業者の 豊田佐吉 。 妻は 飯田新七 (元 高島屋 社長)の娘。 長男は トヨタ自動車 名誉会長(第6代社長)の 豊田章一郎 。 次男は相談役(第7代社長)の 豊田達郎 。 長女は 西田嚇 ( 全トヨタ労働組合連合会 会長、 西田太郎 (元 日本勧業銀行 (現 みずほ銀行 )総裁)の妻。 二女は 斎藤滋与史 (元静岡県知事、元建設相、 大昭和製紙 創業者一族、 斎藤了英 (元 大昭和製紙 会長)実弟)の妻の斎藤和可子 従兄弟は最高顧問(第5代社長)の 豊田英二 。 トヨタ自動車工業先代の 豊田利三郎 は義弟(異母妹の夫)。 豊田章男 は孫
    引用元: 豊田喜一郎 - Wikipedia

  • 佐吉の年譜 | トヨタヒストリー | 館紹介 | トヨタテクノ ...

    佐吉の年譜 日本初の動力織機や自動織機、独創的な環状織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献したトヨタグループの創始者、豊田佐吉の足跡をご紹介します。 1867 ・遠江国(とうとうみのくに)敷知郡(ふちのこおり) 山口村に生まれる 1890 ・東京の内国勧業博覧会を見学 ・「豊田式木製人力織機」を発明 1894 ・「糸繰返機」を発明 1896 ・「豊田式汽力織機」を発明 1897 ・乙川綿布を設立。動力織機の操業を開始 1899 ・井桁(いげた)商会を設立 1901 ・「たて糸送り出し装置」を発明 1902 ・豊田商会を設立 1904 ・「管替式自動織機」を発明 1906 ・「環状織機」を発明 1909 ・「自動杼換装置」を発明 1910 ・アメリカ、ヨーロッパを視察 1911 ・...
    引用元: 佐吉の年譜 | トヨタヒストリー | 館紹介 | トヨタテクノ ...

  • 豊田喜一郎伝

    この「無停止杼換式豊田自動織機」は、豊田佐吉が発明したものである。佐吉は1896年に日本で始めて動力織機を開発した人物である。彼は、その設計に20年以上にわたって改良をほどこし、このG型織機を1924年に発表した。この織機は、高速稼動中に自動的に杼換えを行う機構を持った世界最初の織機である。これによって織機1台の効率は向上し、1人の作業者はより多くの織機を受け持つことができるようになって、生産費は大幅に低下した。この織機は、1929年には西洋で販売されており、当時の主要な繊維機械製造業者であったオールダムのプラット社が、この織機の製造ライセンスを取得した。織機事業の利益とプラット社のライセンス料によって、豊田佐吉とその息子喜一郎は、トヨタ自動車工業株式会社を発足させた。
    引用元: 豊田喜一郎伝

  • 豊田佐吉記念館 - 観光・温泉ガイド - Yahoo!トラベル

    豊田佐吉記念館 [記念館] 自動織機を発明し、トヨタ自動車の礎を築いた豊田佐吉の業績を伝える記念館。公園のように整備された敷地内には、復元された生家や父親に隠れて研究を行った納屋、佐吉が発明した織機や特許証などゆかりの品々が並ぶ展示室などがある。みかん畑を抜ける散策路もある。所要40分。 名称 豊田佐吉記念館(とよださきちきねんかん) 所在地 静岡県湖西市山口113-2 アクセス JR鷲津駅→車5分 Yahoo!ロコ - 路線情報で行き方を調べる 駐車場 あり 料金 入館無料 営業時間 9時30分〜17時(10〜3月は〜16時30分) 休業日 水曜(祝日の場合は翌日)、2月最終水曜直前の月・火曜、9月第1水曜直前の月・火曜、1月6〜8日 問い合わせ先 TEL:053-576-0064 ※ 掲載されている観光地のデータは、取材時のものです。あらかじめご了...
    引用元: 豊田佐吉記念館 - 観光・温泉ガイド - Yahoo!トラベル

  • 会社情報|トヨタ紡織株式会社

    ホーム > 会社情報 取締役会長、取締役社長からのご挨拶です。 弊社の基本理念、ビジョン、 TB Way トヨタ紡織株式会社の会社概要です。 大正7年、豊田佐吉により創業された弊社の沿革を紹介します。 弊社が考えるグローバルなモノづくりとは。 弊社の調達活動について紹介します。 愛知県を中心に展開する弊社の拠点を紹介します。 世界中に拠点を持つ弊社のグローバルネットワークを紹介します。 子会社、関連会社をまとめて紹介します。 弊社の役員一覧です。
    引用元: 会社情報|トヨタ紡織株式会社

  • 豊田佐吉記念館(生家)の基本情報-じゃらん観光ガイド

    名称 豊田佐吉記念館(生家) (トヨダサキチキネンカン(セイカ)) 所在地 〒431-0443 静岡県湖西市山口113-2 TEL:053-576-0064 交通アクセス 鷲津駅から車で 営業時間 開館: 4月1日〜9月30日 9:30〜17:00 開館: 10月1日〜3月31日 9:30〜16:30 休館: 水 祝日の場合翌日 休館: 年末年始(12月26日〜12月31日・1月6日〜1月8日)・2月最後の水曜日の直前の月火曜日・9月第1水曜日の直前の月火曜日 料金 備考 : 無料 その他情報 建築年代1:江戸時代(復元) お問合わせ 053-576-0064 写真キャプション 写真:豊田佐吉記念館(生家)
    引用元: 豊田佐吉記念館(生家)の基本情報-じゃらん観光ガイド

豊田佐吉 の相関図を読込中

豊田 佐吉【とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日)- 1930年(昭和5年)10月30日】は、静岡県湖西市出身の日本の発明家、実業家。豊田式木鉄混製力織機(豊田式汽力織機)、無停止

スポンサードリンク