辰巳敬の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 辰巳 敬(たつみ たかし) | 役員一覧 | 大学概要 | 東工大について | 東京工業大学

    辰巳 敬(たつみ たかし)理事 副学長(研究担当)略歴学歴昭和45年 3月 東京大学 工学部 卒業 昭和47年 3月 東京大学 大学院工学系研究科 修士課程 修了 昭和49年 2月 東京大学 大学院工学系研究科 博士課程 退学 職歴昭和49年 3月 東京大学 工学部附属総合試験所 技官 昭和52年 5月 東京大学 工学部附属総合試験所 助手 昭和56年 4月 Texas A&M University Postdoctoral Research Associate (昭和57年8月まで) 昭和63年10月 東京大学 工学部 助教授 平成10年 6月 東京大学大学院 工学系研究科 助教授 平成10年10月 横浜国立大学 工学部 教授 平成17年 4月 東京工業大学 資源化学研究所 教授 平成23年 4月 東京工業大学 資源化学研究所長 兼務 受賞歴平成15年 触媒学会賞 平成17年 文部科学大...
    引用元: 辰巳 敬(たつみ たかし) | 役員一覧 | 大学概要 | 東工大について | 東京工業大学

  • 研究者プロフィール

    氏名 辰巳 敬 よみがな タツミ タカシ 職名 教授 所属(本務) 資源化学研究所/触媒化学部門 所属(協力) / 生年月 連絡先番号 045-924-5238 ホームページのURL E-mailアドレス ttatsumi\7992\cat.res.titech.ac.jp メールアドレスは自動収集を避けるため,正しく表記しておりません。 ご面倒ですが,「\」から「\」までの記号及び数字を「@」に書き換えてメールをお送りください。 研究テーマ 学歴 職歴 委員歴、役員歴 取得学位・学位論文 学位論文 共同研究 著書・発表論文 全件表示 受賞学術賞 日本化学会賞 (2007) 文部科学大臣表彰 科学技術賞 (2005) 平成14年度触媒学会賞 (2003) 所属学会 ...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 辰巳 敬

    氏名 たつみ たかし 辰巳 敬 所属 東京工業大学 資源化学研究所 触媒化学部門 教授 所属先住所 〒226-8503 横浜市緑区長津田町4259 R1-9 ホームページ http://www.res.titech.ac.jp/~shokubai/tatsumilab.html 研究キーワード 触媒化学 民間企業との共同研究の実績 産学に関わる競争的研究資金獲得の実績 主な公開特許 保有する主な研究設備、測定機器・装置 NEDO、経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ 産学連携への思いや産業界へのひとこと 著書・共著など 検索経路 大学・独立法人別 東京工業大学 役職別 教授 担当科目別 データなし ReaD登録有無別 データなし 研究分野別 データなし 所属学会・団体別 ...
    引用元: 辰巳 敬

  • 辰巳敬 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

    ヘルプ 辰巳敬 研究者情報 研究者情報 研究業績一覧 姓 辰巳 TATSUMI 名 敬 Takashi 所属組織 東京工業大学 資源化学研究所 Tokyo Institute of Technology Chemical Resources Laboratory 専門分野 触媒・資源化学プロセス (触媒・資源化学プロセス) 教員プロフィール 講義ノート TokyoTech Open Course Ware 学位論文 , 工学博士, .
    引用元: 辰巳敬 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

  • (著者紹介)第2版 石油辞典

    編集委員長 辰巳 敬 東京工業大学資源化学研究所 編集幹事 瀬川幸一 上智大学理工学部 反田久義 出光興産(株)製造部 葭村雄二 (独)産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門 編集委員 浦里延明 コスモ石油(株)中央研究所 大久泰照 (株)エス・ブイ・シー東京 岡崎 肇 新日本石油(株)中央技術研究所 岡田美津雄 新日本石油(株)潤滑油事業本部 志村光則 千代田化工建設(株)研究開発センター 関根和喜 横浜国立大学安心・安全の科学研究教育センター 仁田健次 (財)石油産業活性化センター石油情報プラザ 廣谷 修 (社)石油学会 前川 忠 (財)日本エ...
    引用元: (著者紹介)第2版 石油辞典

  • J-GLOBAL - アニオン界面活性剤を用いた特異な構造を有・・・ 【文献】

    辰巳敬 所属機関: 東京工業大学 資源化学研究所 研究分野: 無機化合物 石油工業一般 各種有機化合物の製造 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA 横井俊之 所属機関: 東京工業大学 資源化学研究所 触媒化学部門 資源化学研究所 触媒化学部門 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - アニオン界面活性剤を用いた特異な構造を有・・・ 【文献】

  • 公益社団法人石油学会|新エネルギー部会|次世代バイオ燃料分科会委員名簿

    ◎ 辰巳 敬 東京工業大学 ○ 神本 武征 東京工業大学 △ 斎藤 健一郎 新日本石油(株) 仙北屋 茂夫 出光興産(株) 大塚 宏明 コスモ石油(株) 大野 真美 (株)ジャパンエナジー 池澤 広 昭和シェル石油(株) 古関 惠一 東燃ゼネラル石油(株) 川上 円 千代田化工建設(株) 茂木 准一 東洋エンジニアリング(株) 森光 信孝 トヨタ自動車(株) 種田 大介 日揮(株) (◎:分科会委員長、○:副委員長、△:幹事)
    引用元: 公益社団法人石油学会|新エネルギー部会|次世代バイオ燃料分科会委員名簿

  • 第2版 石油辞典

    編集委員会 (五十音順) 編集委員長 辰巳 敬 東京工業大学資源化学研究所 編集幹事 瀬川幸一 上智大学理工学部 反田久義 出光興産(株)製造部 葭村雄二 (独)産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門 編集委員 浦里延明 コスモ石油(株)中央研究所 大久泰照 (株)エス・ブイ・シー東京 岡崎 肇 新日本石油(株)中央技術研究所 岡田美津雄 新日本石油(株)潤滑油事業本部 志村光則 千代田化工建設(株)研究開発センター 関根和喜 横浜国立大学 安心・安全の科学研究教育センター 仁田健次 (財)石油産業活性化センター石油情報プラザ 廣谷 修 (社)石油学会 前川 忠 (財)日本エネルギー経済研究所石油情報センター 横山壽治 (株)三菱化学科学技術研究センターR&TD事業部門 六川修一 ...
    引用元: 第2版 石油辞典

  • 教員情報 - TOKYO TECH OCW

    923 33 English ? ホーム > 教員情報 教員情報 : 辰巳 敬 (Tatsumi Takashi) 所属部局 所属部局(大分類) 所属部局(小分類) 資源化学研究所 触媒化学部門 担当講義一覧 ●概要・シラバス・講義ノート ◎概要・シラバス 全て表示 0 7 公開 状況 No 講義名 学科・専攻名 開講年度 (推奨学期) 公開・ 更新日 アクセス指標 1 グローバルCOE化学 特別コロキウム1 物質科学専攻 H23年度 前期 2011/3/23 2 グローバルCOE化学 特別コロキウム5 物質科学専攻 H23年度 前期 2011/3/23 3 グローバルCOE化学 特別コロキウム6 物質科学専攻 H22年度 後期...
    引用元: 教員情報 - TOKYO TECH OCW

  • 教員プロフィール 辰巳 敬|教員一覧|東京工業大学大学院総合理工学研究科 ...

    トップページ > 教員・研究室の紹介 - 教員一覧 > 教員プロフィール 辰巳 敬(Takashi TATSUMI) 教員プロフィール 学 位 工学博士 専門分野 触媒化学、メソポーラス材料 研究内容 高性能ゼオライト触媒の開発、新しいメソポーラス材料の創生 略 歴 1970年 東京大学大学院生として低原子価金属錯体の合成と錯体触媒としての応用の研究を行う 1974年 東京大学大学院工学系研究科工業化学専攻博士課程 中退、同年 東京大学工学部総合試験所 文部技官 1977年 東京大学工学部合成化学科 助手 1988年 東京大学工学部合成化学科 助教授 1994年 東京大学工学部総合試験所 助教授 ゼオライトの合成と触媒反応 1998年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 助教授、同年 横浜国立大学工学部物質工学科 教授 ゼオライト触媒反応化学 2001年 改組により横浜国...
    引用元: 教員プロフィール 辰巳 敬|教員一覧|東京工業大学大学院総合理工学研究科 ...

  • EAJ NEWS:2006-112-7 2007 新入正会員のご紹介

    たつみ たかし 辰巳 敬 東京工業大学資源化学研究所教授 1948年大阪府生まれ。1974年東京大学大学院博士課程中退後、同大学技官、助手、助教授を経て、1998年横浜国立大学工学部教授。2005年より現職。専門は触媒化学(ゼオライト系物質の合成とその応用、グリーン化学)。
    引用元: EAJ NEWS:2006-112-7 2007 新入正会員のご紹介

  • キラルな環境を提供するシリカを合成、横国大辰巳氏ら 2004/06/18 ...

    横浜国立大学大学院工学研究院の辰巳敬教授らは、ラセミ体から一方の光学活性をもつ分子のみを取り出すことが期待できるシリカ材料の合成に成功した。アミノ酸のキラルな性質を利用して作製したアニオン界面活性剤が自己組織化していく過程で、シリカ化合物を混合して反応させた結果、キラリティが統制されたナノサイズの細孔をもつシリカが誕生した。この細孔を反応の場とした高効率・省エネルギーの不斉合成系が確立することが見込まれ、英科学雑誌『ネイチャー』に5月20日付けで掲載された。 鎮痛剤のサリドマイド事件では、分子の右旋性と左旋性の違いが原因で催奇性毒が生じ、先天的にアザラシのような手足を持つ四肢欠損症の小児が生まれた。このため不斉合成系の確立は、キラルな分子が多い医薬品などの創製で必須条件になっている。また光学活性分子の片側だけを合成する方法は2001年、野依良治博士がノーベル化学賞を受賞して重要性が改めて...
    引用元: キラルな環境を提供するシリカを合成、横国大辰巳氏ら 2004/06/18 ...

辰巳敬 の相関図を読込中

辰巳 敬(たつみ たかし)理事 副学長(研究担当)略歴学歴昭和45年 3月 東京大学 工学部 卒業 昭和47年 3月 東京大学 大学院工学系研究科 修士課程 修了 昭和49年 2月 東京大学 大学院工

スポンサードリンク