遠藤守信の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 遠藤守信 - Wikipedia

    遠藤 守信(えんどう もりのぶ、1946年9月28日 - )は、長野県須坂市生まれの化学者。信州大学工学部教授。
    引用元: 遠藤守信 - Wikipedia

  • 野原の奥、科学の先。 遠藤守信のクリエイティブ・スピリッツ/遠藤守信/著 ...

    遠藤 守信(エンドウ モリノブ) 1946(昭和21)年9月28日、長野県須坂市生まれ。名古屋大学工学博士、フランス・オルレアン大学博士。長野県須坂高等学校(当時・須坂西高校)から信州大学工学部電気工学科(現・電気電子工学科)に進み、71年、同大大学院工学研究科修士課程を修了。一年間の日立製作所勤務を経て、信州大学助手(72年)、講師(77年)、助教授(78年)ののち、90年から教授。93年4月より2年間、信州大学地域共同研究センター長。95年、炭素材料科学会賞。2001年、アメリカ炭素学会・チャールズ・E・ペティーノス賞(日本人で二人目)。03年、石川カーボン賞、信毎賞。04年7月、米炭素学会より最高賞の科学技術功績メダル。研究分野は、炭素科学、電気・電子物性論とそのエネルギー工学への応用研究。03年10月、昭和電工との共同出資により大学発ベンチャー企業「MFES」を設立し、取締役最高...
    引用元: 野原の奥、科学の先。 遠藤守信のクリエイティブ・スピリッツ/遠藤守信/著 ...

  • 野原の奥、科学の先。: 紀伊國屋書店BookWeb

    遠藤守信 [エンドウモリノブ] 1946(昭和21)年9月28日、長野県須坂市生まれ。名古屋大学工学博士、フランス・オルレアン大学博士。長野県須坂高等学校(当時・須坂西高校)から信州大学工学部電気工学科(現・電気電子工学科)に進み、71年、同大大学院工学研究科修士課程を修了。一年間の日立製作所勤務を経て、信州大学助手(72年)、講師(77年)、助教授(78年)ののち、90年から教授。93年4月より2年間、信州大学地域共同研究センター長。95年、炭素材料科学会賞。2001年、アメリカ炭素学会・チャールズ・E・ペティーノス賞(日本人で二人目)。03年、石川カーボン賞、信毎賞。04年7月、米炭素学会より最高賞の科学技術功績メダル。研究分野は、炭素科学、電気・電子物性論とそのエネルギー工学への応用研究。03年10月、昭和電工との共同出資により大学発ベンチャー企業「MFES」を設立し、取締役最高技術...
    引用元: 野原の奥、科学の先。: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 2004年09月 - 美日常と小布施*おぶせ写真帖 - 文屋・木下豊 ...

    遠藤守信先生のサインです。 朝4時から午前中は仕事場にて。昼過ぎに、長野市の信州大学工学部遠藤研究室へ。アシスタントの戸谷由美子さんから、ナノテク博士・遠藤守信先生のサイイン入りの本『野原の奥、科学の先。』を受け取りました。初めて受け取ったサイン入りです。 うらやまし〜と思う方も多いかもしれませんが、じつはこの本、私のものではないのです。とある会社の方々からの特注品でして、あたくしも(戸谷さんさえも)まだサイン本をいただいておりません。それほど貴重なものなのです。ここで、その写真だけでも、ご紹介させていただきますね。遠藤先生、お許しください! そのあと、新光電気工業さんへ。創業者・光延丈喜夫さんの世界を再現する建物の構想会議に夜9時まで、参加しました。 途中1時間ほど中座。平安堂新長野店にて今月末頃から開かれる予定の、「松岡正剛の千夜千冊の世界〜おもかげの国・日本」(仮称)の打ち合わせ...
    引用元: 2004年09月 - 美日常と小布施*おぶせ写真帖 - 文屋・木下豊 ...

  • 遠藤守信 - 韓国辞書、ウィキペディア

    遠藤守信 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 遠藤 守信 (えんどう もりのぶ、 1946年 9月28日 - )は、 長野県 須坂市 生まれの 化学者 。 信州大学 工学部 教授 。 目次 1 専門分野 2 現職 3 略歴 4 賞歴 5 脚注 6 外部リンク 専門分野 カーボンナノチューブ、新炭素体の科学と応用。 化学気相成長 法による カーボンナノチューブ の大量生産技術を開発した。「 遠藤ファイバー 」と呼ばれるこのカーボンナノチューブは リチウム電池 などに使用されているほか、 電子デバイス 等多くの分野で注目を集めている。 上記の実績により、2002年から ノーベル賞候補 にノミネートされ、毎年ノーベル賞発表時期になると地元マスコミで大々的に取り上げられる。 現職 信州大学 工学部 教授 カーボ...
    引用元: 遠藤守信 - 韓国辞書、ウィキペディア

  • 遠藤守信 - Wikipedia

    遠藤守信 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 遠藤 守信 (えんどう もりのぶ、 1946年 9月28日 - )は、 長野県 須坂市 生まれの 化学者 。 信州大学 工学部 教授 。 目次 1 専門分野 2 現職 3 略歴 4 賞歴 5 脚注 6 外部リンク [ 編集 ] 専門分野 カーボンナノチューブ、新炭素体の科学と応用。 化学気相成長 法による カーボンナノチューブ の大量生産技術を開発した。「 遠藤ファイバー 」と呼ばれるこのカーボンナノチューブは リチウム電池 などに使用されているほか、 電子デバイス 等多くの分野で注目を集めている。 上記の実績により、2002年から ノーベル賞候補 にノミネートされ、毎年ノーベル賞発表時期になると地元マスコミで大々的に取り上げられる。 [ 編集 ] 現職 信州大...
    引用元: 遠藤守信 - Wikipedia

  • 遠藤教授 - 遠藤研究室

    遠藤守信 (Morinobu Endo) 現職 信州大学工学部 教授 生年月日 1946年9月28日 学歴 信州大学工学部電気工学科卒業(1969年3月卒業) 信州大学大学院工学研究科修士課程(1971年3月修了) 学位 名古屋大学、工学博士 オルレアン大学博士 職歴 日立製作所を経て1972年信州大学助手 1977年 信州大学工学部講師 1978年 信州大学工学部准教授 1990年 信州大学工学部教授 1993年4月〜1995年3月地域共同研究センター長 2004年1月 炭素材料学会 会長 この間、フランスCNRS客員研究員、MIT招聘研究員など歴任 現在 MEFS株式会社CTO(大学発ベンチャー2003.10-) カーボン科学研究所所長、信州大学学長補佐 兼務(2005.4- ) 九州大学教授 併任 東北大学多元物質科学研究所教授 併任(2005.9-2006. ...
    引用元: 遠藤教授 - 遠藤研究室

  • 遠藤守信とは - Weblio辞書

    遠藤守信 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/17 12:45 UTC 版) 遠藤 守信 (えんどう もりのぶ、 1946年 9月28日 - )は、 長野県 須坂市 生まれの 化学者 。 信州大学 工学部 教授 。 脚注 [ ヘルプ ] ^ “ 中日文化賞:第61回(平成20年) ” . 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。 [ 続きの解説 ] 「遠藤守信」の続きの解説一覧 1 遠藤守信とは 2 遠藤守信の概要 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー
    引用元: 遠藤守信とは - Weblio辞書

  • ナノネットインタビュー : 量産化が拓くカーボンナノチューブの時代 ...

    遠藤 守信(えんどうもりのぶ)氏 1969年3月 信州大学工学部電気工学科卒業 1971年3月 信州大学大学院工学研究科修士課程修了 1972年 (株)日立製作所を経て信州大学助手 1977年 信州大学工学部講師 1978年 信州大学工学部助教授 1990年 信州大学工学部教授 1993年4月 〜1995年3月 地域共同研究センター長 この間、フランスCNRS客員研究員、MIT招聘研究員など歴任 学位 名古屋大学,工学博士 オルレアン大学 博士 受賞 1995年 炭素材料学会賞受賞 2001年 American Carbon Society,The Charles E.Pettinos賞受賞(米国・カーボン学会 、チャールス・E・ぺティーノス賞) 2002年 LEE HSUN Lecture Series 賞受賞(Institute o...
    引用元: ナノネットインタビュー : 量産化が拓くカーボンナノチューブの時代 ...

  • 第7回 工学部 遠藤守信教授 <後編> |信州大学

    工学部 電気電子工学科 機能デバイス 教授 遠藤 守信 (えんどう もりのぶ) <プロフィール> 1946年長野県須坂市生まれ。1971年信州大学工学研究科修士課程修了。日立製作所を経て1972年信州大学助手。工学博士・オルレアン大学博士。1990年より現職。信州大学カーボン科学研究所所長。
    引用元: 第7回 工学部 遠藤守信教授 <後編> |信州大学

  • イチオシ番組 | ABN長野朝日放送

    みどころ 出演者:遠藤守信(信州大学工学部教授) リポーター:蔵田玲子、平沢幸子(ABNアナウンサー) いま日本のものづくりの現場で、画期的な突破口になるかもしれない動きが進んでいる。それが「ナノ・テクノロジー」の採用だ。 景気回復の兆しが見えてきたというものの、決して「元気」とまでは言えない長野県の産業界。その長野の産業と「ものづくり」を活性化し、大きく発展させる一つの鍵が「ナノ・テクノロジー」だと信州大学工学部の遠藤守信教授は主張する(遠藤教授はカーボン・ナノチューブの発見者で、毎年ノーベル賞候補に挙がるナノ科学の第一人者)。 この番組では、遠藤教授の主張と展望を軸にして、長野県内でナノ・テクを既に採用したり、採用を考えている先進的で「元気な」企業を紹介。ナノテクによる「ものづくり革命」と、長野の産業、ひいては日本経済の発展の夢と可能性を追う。 《ナノ・テクノロジーとは》 「ナノ」とは...
    引用元: イチオシ番組 | ABN長野朝日放送

  • メガネ状二芯型カーボンナノケーブルの開発 2004/09/08(水 ...

    信州大学工学部の遠藤守信教授らの研究グループは、米国MIT、メキシコIPICyTとの共同で、メガネ状の構造をもつ『2芯カーボンナノケーブル』”Bi−cable”の創成に成功した。 この成果は、選択的に制御し合成された2層のカーボンナノチューブを熱的に融合させ、径の大きなナノチューブに包まれた2本の単層ナノチューブを形成させたもの。その特徴としては、比較的安定な2本の2層ナノチューブの外層が相互に融合し、再構成する際にも内部の単層チューブは損傷せず、2本が独立して径が増大したチューブの内部にメガネ状・2芯ケーブルのように存在しているところにある。 同グループでは「この構造は特定の温度域で安定に存在するもので、熱処理によって特異的なナノ構造体を調整できる。それだけに、センサー、電子デバイスとしての応用が考えられ、ナノテクの新分野への開拓が期待できる」としている。
    引用元: メガネ状二芯型カーボンナノケーブルの開発 2004/09/08(水 ...

  • asahi.com:母校の後輩に応援歌-マイタウン長野

    「野原の奥、科学の先。」 「野原の奥、科学の先。」 須坂市出身で、ここ数年、ノーベル化学賞の候補とされている遠藤守信・信州大学工学部教授。今年も朗報は届かなかったが、県内を拠点に世界的な研究を続け、県民に大きな夢と勇気を与えている。 そんな遠藤教授が自身の歩みを振り返り、「クリエーティブ・スピリッツ(創造的精神)」を語る。母校・須坂高校での講演内容をもとに、これまでの講演や新たなインタビューを加えた。 雪の結晶に心を奪われた少年時代から、留学先での新素材発見、現在の研究までを平易な語り口で紹介する。 「幸運の女神は準備を整えた人にほほえむ」。遠藤教授は母校の後輩にこうエールを送る。ノーベル賞候補からの応援歌に多くの人が励まされるだろう。 文屋(上高井郡小布施町、026・242・6512)。定価840円(税込み)。
    引用元: asahi.com:母校の後輩に応援歌-マイタウン長野

  • 遠藤守信博士との対話 - 美日常と小布施*おぶせ写真帖 - 文屋・木下豊 ...

    遠藤守信博士との対話 朝から仕事場にて資料読みと編集。午後3時、小布施駅の六斎舎にて、日本料理・喜仙(北須坂)の料理人・花岡和幸さんとお会いして打ち合わせ。 内容は、20日夜にここで開く、日韓交流懇談会のお料理について。この日、韓国と日本から各約20人、合わせて40数人が、東京からバスで、長野県庁経由にて小布施を来訪。小布施町長の市村良三さんと懇談したあと、おぶせ温泉を楽しみ、六斎舎にて懇親会を開きます。一行は、東京の政策学校・一新塾が募った塾生や卒塾生、それに韓国の次代を担う各界の人たち。熱く楽しい懇親会になることでしょう。あたくしも、塾の6期生として、受け入れ準備をさせていただき、当日はお仲間に入れていただきます。なお翌朝は、全員でわが家を訪問してくださる予定です。お茶と野沢菜と自家製の栗餡にておもてなしさせていただきます。 夕方。 小布施堂さんの小布施ッションへ。講師は信大工学部...
    引用元: 遠藤守信博士との対話 - 美日常と小布施*おぶせ写真帖 - 文屋・木下豊 ...

  • 事務局からのお知らせ

    「野原の奥、科学の先〜遠藤守信のクリエイティブ・スピリッツ」(遠藤守信講演録) 文屋文庫(50冊) 遠藤守信(高17回)、木下豊(高29回)寄贈 「Masao AOKI作品集」 青木正夫(高4回)寄贈 「芸術総典」遊美堂 芦田喜代恵(高6回)寄贈 「しあわせ みーつけた」 仁科 スミ江(高9回)寄贈 「ちょっと先を見て動きなさい!」B・ネルソン著 「考える力を捨てた日本人」仲井斌著 三笠書房 押鐘冨士雄(高12回生)寄贈 「かたりあう近未来 BASIC NOTE 志賀高原」 「食と農のブランド力とまちづくり(玉村豊男講演録)」 「いい会社をつくりましょう」(塚越寛著)文屋文庫 木下豊(高29回)寄贈
    引用元: 事務局からのお知らせ

  • 放送番組審議会報告 | abn長野朝日放送

    長野朝日放送・放送番組審議会(第197回) 1. 開催年月日 2010年11月25日 木曜日 2. 開催場所 本社4階 役員会議室 3. 出席者 (出席委員)田中誠二委員長 遠藤守信副委員長 小川正芳副委員長 埋橋茂人委員 神津良子委員 中馬清福委員 立花研司委員 (レポート)安藤善二委員 (会社側出席者)菊地誠一代表取締役社長 鈴木明治常務取締役・放送番組審議会事務局長 下平彰一報道制作局長 五十嵐洋人編成業務局長 山岸寿美編成部長 4. 議題 (1) 課題番組「おぉ!信州人~魚に恋した信州人~」についての審議 (2)その他の番組に対する意見要望について (3)BPOについて (4)第79回系列24社放送番組審議会代表者会議報告 (5)BPO報告 (6)「abnに寄せられた視聴者の声」の概要について (7) 2010年12月、2011年1月の単発番組について (8) 次回課題番組について...
    引用元: 放送番組審議会報告 | abn長野朝日放送

遠藤守信 の相関図を読込中

遠藤 守信(えんどう もりのぶ、1946年9月28日 - )は、長野県須坂市生まれの化学者。信州大学工学部教授。カーボンナノチューブ、新炭素体の科学と応用。1991年、日本の飯島澄男(名城大学大学院理

スポンサードリンク