長田敏行の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 長田 敏行

    氏名 ながた としゆき 長田 敏行 所属 東京大学 大学院理学系研究科 理学部 附属植物園 教授 所属先住所 〒112-0001 東京都文京区白山3-7-1 ホームページ http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/seiripl/lab.html ReaD & Researchmap [ReaD & Researchmapページへ] 研究キーワード 脱分化, サイトカイニン, プロトプラスト植物の, 細胞分裂の制御 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資金獲得の実績主な公開特許保有する主な研究設備,測定機器 装置NEDO,経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ産学連携への思いや産業界へのひとこと著書 共著など 検索経路 大学 独立法人別 東京大学 役職別 教授 担当科目別 データなし ReaD & Resea...
    引用元: 長田 敏行

  • 細胞工学の基礎 (単行本) | 長田 敏行 | イーブックオフ

    細胞工学の基礎 作家: 長田 敏行 1,313円 (新品定価: 2,520 円 → 1,207円おトク) 在庫なし 長田 敏行の在庫あり商品を探す お気に入りに追加 この商品をお友達に紹介 商品の詳細 出版社 : 東京化学同人 サイズ : 単行本 出版社シリーズ : 発売年月日 : 2004年6月1日 ISBN : 4807914219 (9784807914210) 商品紹介 ( 楽天ブックス ) 応用生命科学シリ-ズ 永井和夫 富田房男 東京化学同人発行年月:2004年06月 ページ数:196p サイズ:全集・双書 ISBN:9784807914210 永井和夫(ナガイカズオ)1941年東京に生まれる。1964年東京大学農学部卒。現、中部大学応用生物学部教授。東京工業大学名誉教授。専攻は細胞工学、微生物学。農学博士冨田房男(トミタフサ...
    引用元: 細胞工学の基礎 (単行本) | 長田 敏行 | イーブックオフ

  • 法政大学|学部・大学院|学部|生命科学部|生命機能学科:植物医科学専修|教員紹介

    生命科学部 > 生命機能学科:植物医科学専修 > 教員紹介 教員紹介 長田 敏行 教授 専門(担当)分野 栽培植物学、細胞工学、植物生理学、植物分子生物学 経歴 東京大学大学院理学系研究科教授、同附属植物園園長 主な業績 植物プロトプラストよりの個体再生系の確立、モデル植物細胞培養系の確立 西尾 健 教授 専門(担当)分野 植物医科学、フードセイフティ論、農業・環境政策論 経歴 横浜植物防疫所病菌課長、環境庁土壌農薬課長、農林水産技術会議事務局研究総務官、農林水産政策研究所長 主な業績 植物病原体の診断技術の開発、国際植物防疫条約改正、ダイオキシン土壌汚染対策など 堀江 博道 教授 専門(担当)分野 植物臨床医科学、植物病原菌類学、樹木医演習 経歴 東京都農業試験場大島園芸技術センター所長、同・環境部長、東京都病害虫担当専門技術員、東京大学大学院農学生命科学研究科特任教授(寄付講座「植物医...
    引用元: 法政大学|学部・大学院|学部|生命科学部|生命機能学科:植物医科学専修|教員紹介

  • セブンネットショッピング - 書籍 - 植物工学の基礎 - 長田敏行/編

    著者情報 長田 敏行(ナガタ トシユキ) 1945年長野県に生まれる。1968年東京大学理学部卒。現、東京大学大学院理学系研究科教授。専攻は植物生理学、植物分子生物学。理学博士 ※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
    引用元: セブンネットショッピング - 書籍 - 植物工学の基礎 - 長田敏行/編

  • CiNii Article - 新任教官紹介

    新任教官紹介 井本 英夫 長田 敏行 古川 行夫 永田 敬 小柳 義夫 河東 泰之 多田 隆治 邑田 仁 本文を読む/探す 機関リポジトリ本文(無料) Webcat Plus刊行物・所蔵情報 収録刊行物 東京大学理学部廣報 東京大学理学部廣報 23(1), 9-25, 1991-06 東京大学理学部,東京大学理学部 化学教室,東京大学理学部植物学教室,東京大学理学部情報学教室,東京大学理学部数学教室,東京大学理学部地質学教室,東京大学理学部植物園日光分園 各種コード NII論文ID(NAID): 120001631243 NII書誌ID(NCID): AA11686521 本文言語コード: JPN 資料種別: Departmental Bulletin Paper ...
    引用元: CiNii Article - 新任教官紹介

  • タバコBY2細胞株 - 実験生物ものがたり - 理学部ニュース - 東京 ...

    タバコBY2細胞株 長田 敏行(生物科学専攻) 微小管を構成するチューブリン分子に緑色蛍光を発するタンパク質をマーカーとして付けた遺伝子を発現させているので(中央部分、グレー)、細胞周期のM期からG1期への微小管の変化を顕微鏡下で直接見ることができる。さらに、その細胞の液胞膜を染色(周辺部分)しているので両者の関係がよくわかる。 写真提供 朽名夏麿・馳澤盛一郎 私達の研究グループから世界へ広がったタバコ培養細胞BY-2は、植物細胞として世界で最も著名な細胞株になった。実際、私の把握しているだけで世界27カ国に広がり(闇ではもっと広がっているようであるが)、1990‐1999年の間にこの細胞を使って書かれた論文がデータベースで見ると500を越えている。その理由は、細胞が複製する時間が13‐14時間と短く、このため1982年以来細胞周期の高度な同調系が確立しているからである。2001年のノーベ...
    引用元: タバコBY2細胞株 - 実験生物ものがたり - 理学部ニュース - 東京 ...

  • 組織 | Institute for Sustainability ...

    氏 名 身分 運営 委員会 所 属 舩橋 晴俊 機構長 委員 政策科学研究科 (環境政策プログラム) 長田 敏行 研究プロジェクト・リーダー 委員 生命科学部 ・ 工学研究科 西海 英雄 研究プロジェクト・リーダー 委員 工学研究科 陣内 秀信 研究プロジェクト・リーダー 委員 デザイン工学研究科 長谷部 俊治 研究プロジェクト・リーダー 委員 政策科学研究科 河村 哲二 研究企画委員会委員長・ 研究プロジェクト・リーダー 委員 経済学研究科 宮城 孝 研究プロジェクト・サブリーダー 委員 人間社会研究科 熊田 泰章 事業プロジェクト・リーダー 委員 大学院委員会議長・ 国際文化研究科 鈴木 玲 事業プロジェクト・リーダー 委員 大原社会問題研究所 常盤 祐司 事業プロジェクト・リーダ...
    引用元: 組織 | Institute for Sustainability ...

  • 植物工学の基礎: 紀伊國屋書店BookWeb

    長田敏行 [ナガタトシユキ] 1945年長野県に生まれる。1968年東京大学理学部卒。現、東京大学大学院理学系研究科教授。専攻は植物生理学、植物分子生物学。理学博士
    引用元: 植物工学の基礎: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 細胞工学の基礎: 紀伊國屋書店BookWeb

    長田敏行 [ナガタトシユキ] 1945年長野県に生まれる。1968年東京大学理学部卒。現、東京大学大学院理学系研究科教授。専攻は植物生理学、植物分子生物学。理学博士
    引用元: 細胞工学の基礎: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 長田 敏行 - Webcat Plus

    長田 敏行 (1945-) 人物名ヨミ ナガタ トシユキ 人物別名 Nagata, Toshiyuki Nagata, Tosiyuki 長田, 敏行 長田敏行 生年 1945年 没年 - 職業・経歴等 - 書名 著作者等 出版元 刊行年月 新・生命科学シリーズ 太田次郎 [ほか] 編 裳華房 2010- 細胞工学の基礎 永井和夫, 冨田房男, 長田敏行著 東京化学同人 2004.6 植物工学の基礎 長田敏行編 東京化学同人 2002.4 新編生物IB - 数研出版 [1998] いまなぜイチョウ? : イチョウ精子発見百周年記念市民国際フォーラム・リポート - 現代書林 1997.5 植物の遺伝子発現 長田敏行, 内宮博文編 講談社 1995.2 植物プロトプラストの細胞工...
    引用元: 長田 敏行 - Webcat Plus

  • ALB_form_catalog

    「 いまなぜ イチョウ? イチョウ精子発見百周年記念市民国際フォーラム・リポート 」 長田敏行、堀輝三、M.ハップス、岩槻邦男著 1997(平成9)年初版 現代書林刊 B6判 150頁 表紙カバー付。「正誤表」付。未使用、新品同。内容:1996年は、平瀬作五郎がイチョウの精子(精虫)を発見して100年目にあたり、本書はこの世界的な発見を記念して催されたイチョウ精子発見百周年記念市民国際フォーラム「いまなぜイチョウか」の講演内容を中心に構成されています。イチョウ精子発見百周年の今日的意義(イチョウ精子発見百周年記念事業実行委員会・長田敏行)、イチョウの植物学特性(堀輝三)、イチョウと人類の健康(M.ハップス)、野生の植物たちからのメッセージ(岩槻邦男)、他。
    引用元: ALB_form_catalog

  • 植物の遺伝子発現 書籍情報 講談社サイエンティフィク

    植物の遺伝子発現 タイトル読み ショクブツノイデンシハツゲン 著者ほか 長田敏行/内宮博文・編 著者ほか読み ナガタトシユキ/ウチミヤヒロフミ シリーズ 発行 1995/02/10 サイズ A5判 ページ数 246 ISBN 978-4-06-153538-1 定価(税込) 6,426円 在庫 在庫無し 書籍を購入する 定価(税込) 6,426円 購入方法について ニュートリノで購入する 丸善で購入する 特殊な取り扱いの書籍 内容紹介 遺伝子発現を中心に植物の生命現象を解説。転写、ホルモン、シグナル伝達、生体防御、形態形成について、そのダイナミックな働きをストーリー性をもって紹介。第一線の研究者による最新の成果を盛り込んだ。 目次 1 転写制御の分子機構 1.転写装置のはたらき 2.転写を制御する因子 3.光合成遺伝子の発現制御 4.転写制御因子間の相互作用 2...
    引用元: 植物の遺伝子発現 書籍情報 講談社サイエンティフィク

  • Laboratory of plant physiology

    教授:長田 敏行 助教授:川口 正代司 助手:石田 さらみ ***お知らせ**** 長田先生は来る2007年3月末日に定年を迎えられ、東京大学をご退職されます。 つきましては2007年3月9日午後3時より、理学部二号館4階大講堂にて 最終講義が行われます。 最終講義のタイトルなどは、決まりましたらこのページからお知らせいたします。 *********** 更新情報 2007年 1月25日 メンバーのページ を更新しました! 2006年 11月13日 川口先生のページ を更新しました!
    引用元: Laboratory of plant physiology

  • 法政大学|学部・大学院|学部|生命科学部|学部学科紹介|学部長メッセージ

    長田 敏行 教授 現代における生命科学の進歩は目覚ましいものがあります。今日生命科学分野から発信された知見や技術は医療、工学、農学等、さまざまな産業分野に影響をおよぼし始めています。また地球環境の変化がきわめて深刻な状況で進んでいる現在、人類と環境、資源との共生との観点から生命科学の応用分野の発展がもとめられています。また、現代化学の手法を用いた環境保全や新しいエネルギーの創出のためのさまざまな新規物質の開発とその応用技術の確立も急がれています。21世紀の社会の発展において、生命科学と現代化学の果たす役割は極めて大きいと考えられます。そのような社会的背景を踏まえて2008年4月に小金井キャンパスに生命科学部が開設されることとなりました。 本学部は、生命機能学科(生命機能学専修、植物医科学専修)および環境応用化学科の2学科から構成されています。生命機能学科・生命機能学専修では、生命体...
    引用元: 法政大学|学部・大学院|学部|生命科学部|学部学科紹介|学部長メッセージ

  • 第8回サス研フォーラム(2010年 7月15日) | Institute ...

    第8回サス研フォーラムが、7月15日市ヶ谷キャンパス富士見坂校舎遠隔講義室で開かれました。今回は、本学生命科学部の長田敏行教授が「食料のサステイナビリティⅠ―科学的基礎―」というテーマで講演をされました。 第8回サス研フォーラム 講演者の長田敏行氏; 長田教授は、冒頭、世界人口の増加に伴う食料のサステイナビリティの問題には、耕地の拡大が望めないところから、品種改良によって植物の生産をあげることが最も有効な手段であると強調されました。 食料のサステイナビリティについて 緑色革命」とは? 品種改良は、「緑色革命」に見られるようにある一定の成果をあげたが、有用な遺伝子が交配できる範囲になければ有効ではなくなる。そこで、そのような場合には、他種生物の遺伝子を導入して、植物に新しい形質を賦与することが必要になると指摘されました。 遺伝子導入の方法について 細胞内のメ...
    引用元: 第8回サス研フォーラム(2010年 7月15日) | Institute ...

  • NL30_2

    トピック ゲーテと植物II 長田 敏行 本ニュースレター前号で形態学の創始者としてのゲーテの概要について述べたが,思いもかけず何人かの方に面白かったといっていただけた。ゲーテにあのような側面があったことを紹介したことは無駄ではなかったという思いが幾分私を勇気付けた。そこで,今回はゲーテが個々の植物についてどのように接したか,それが形態学へとどのように昇華して行ったかを具体例を幾つか挙げて述べ,ゲーテと植物の関わりの実像に迫りたいと思う。これは事実を重視したゲーテが,いかにして概念を構築していったかのプロセスの追跡でもある。 1.植物アラカルト リンドウ :ゲーテは幼時から植物に親しみ,学問の遍歴時代にも多くの植物に接したが,科学的見地から最初に興味を持ったのはリンドウであった。ゲーテは,1781年9月チューリンゲンの森(Thüringer Wald)を横断する旅行を持ったが,そこで見たリン...
    引用元: NL30_2

  • NL22_4th

    メンデリアヌム再々訪問記 長田敏行 俚諺に二度あることは三度あるといいますが、私はメンデリアヌム訪問に関してまさにそのような経験をすることとなりました。先々号で紹介したようにメンデリアヌムを二年連続して訪問し、次の訪問までは暫くは間があろうと思っていましたが、本年も訪問することになったからです。今年7月には第17回国際植物成長物質会議がブルノでありましたが、既にこの場所は二度も訪れているので当初は申し込みを致しませんでした。ところがヨーロッパの友人より来て話さないかという誘いがあり、それならばと応諾しました。この間に小石川植物園よりブルノへ里帰りしたメンデルブドウはある範囲で知られるようになり、今回の訪問の直前に、駐チェコ共和国日本大使の石田寛人氏よりこれに関連して、プラハ経由でブルノへ行くなら、プラハを案内しましょうというご親切なお誘いを受けました。一寸びっくりしましたが、石田大使の前職...
    引用元: NL22_4th

  • KAKEN - 長田 敏行(10012519)

    新奇高分子性細胞分裂誘導因子の機能解明 長田 敏行 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究分野 : 植物生理・分子 → 植物分子生物・生理学 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 東京大学 → 法政大学 植物モデル細胞の高度利用と関連情報の統合に関する調査研究 松岡 健 研究期間 : 2004年度~2004年度 研究分野 : 植物生理・分子 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 独立行政法人理化学研究所 異型葉形成の生理機構の解析 長田 敏行 研究期間 : 2002年度~2003年度 研究分野 : 植物生理 → 植物生理・分子 研究種目 : 萌芽研究 研究機関 : 東京大学 植物培養細胞の馴化(ハビチュエーション)の分子機構の解明 長田 敏行 研究期間 : 2001年度~2003年度 研究分野 : 植物生理...
    引用元: KAKEN - 長田 敏行(10012519)

  • KAKEN - 長田 敏行(10012519)

    新奇高分子性細胞分裂誘導因子の機能解明 長田 敏行 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究分野 : 植物生理・分子 → 植物分子生物・生理学 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 東京大学 → 法政大学 植物モデル細胞の高度利用と関連情報の統合に関する調査研究 松岡 健 研究期間 : 2004年度~2004年度 研究分野 : 植物生理・分子 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 独立行政法人理化学研究所 異型葉形成の生理機構の解析 長田 敏行 研究期間 : 2002年度~2003年度 研究分野 : 植物生理 → 植物生理・分子 研究種目 : 萌芽研究 研究機関 : 東京大学 植物培養細胞の馴化(ハビチュエーション)の分子機構の解明 長田 敏行 研究期間 : 2001年度~2003年度 研究分野 : 植物生理...
    引用元: KAKEN - 長田 敏行(10012519)

  • CiNii Article - 研究紹介

    研究紹介 杉本亜砂子 近藤 矩朗 松井 泰 長田 敏行 杉山 宗隆 田中 培生 川崎 雅裕 本文を読む/探す 機関リポジトリ本文(無料) Webcat Plus刊行物・所蔵情報 抄録 線虫の発生プログラムにおける細胞死の制御/植物は紫外線を利用している?/細胞がそれ本来の固有の形態をつくるための機構/植物細胞の増殖の特性/植物の脱分化と器官再生の遺伝学的解剖/近赤外水素分子振動回転輝線で見る星形成/宇宙のバリオン数の起源、暗黒物質、Qボール 収録刊行物 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 32(2), 22-30, 2000-09 東京大学大学院理学系研究科・理学部,生物化学専攻,生物科学専攻,附属植物園,天文学教育研究センタービックバン宇宙国際研究セ...
    引用元: CiNii Article - 研究紹介

  • プロトプラストの遺伝工学 エキサイト ブックス

    プロトプラストの遺伝工学 【著者】 長田 敏行 イメージを拡大 amazonに在庫がありません。 ユーズド価格:¥ 2,250 ( ユーズド出品リスト ) 単行本 ;122 p ;サイズ : 866(hundredths-inches) 出版社 : 講談社 Amazon.co.jp 売上ランキング: 1900738 このページのトラックバック(0) ※以下の内容は個人が運営するブログに書かれたエントリです。 こちら をご一読の上、ご覧下さい トラックバックはありません エキサイトブログ ユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページに トラックバック できます。 このページのトラックバックURL: この著者の他の作品を見る 長田 敏行 レビュー この部分は ...
    引用元: プロトプラストの遺伝工学 エキサイト ブックス

  • (概要)生物の科学 遺伝

    『キトロギア』 (Cytologia) は,創刊80年を迎える! 長田 敏行(法政大学) シロアリ腸内微生物の多重共生 大熊 盛也・本郷 裕一(理化学研究所・東京工業大学)
    引用元: (概要)生物の科学 遺伝

  • 「自然食ニュース」テキストデータ 1997-06 (282号)

    痴呆症予防で脚光を浴びるイチョウ葉 その多彩な効能・効果 東京大学大学院理学系研究科 東京大学理学部付属植物園長 長田敏行教授 高齢化時代到来で痴呆症対策にイチョウ葉エキスが脚光を… 高齢化社会を迎え、老人性痴呆症の増加が深刻な問題となっています。現在、痴呆症患者は全国で100万人を超え、2000年には150万人に達すると予想されています。しかも40代、50代の働き盛りを襲う若年性痴呆症も急増中で、痴呆症対策は重要課題となっています。 そんな中、痴呆症予防に効果があるとして世界的に脚光を浴びているのが、日本人には街路樹などで馴染みの深いイチョウの葉から抽出したエキスです。 古くからギンナンは漢方薬として知られていましたが、葉の薬効はほとんど注目されていませんでした。それが、1960年代からドイツやフランスを中心にイチョウ葉エキスの研究が始まり、今や両国では、血行障害や老人性痴呆症の治...
    引用元: 「自然食ニュース」テキストデータ 1997-06 (282号)

  • 閲覧と論文公開

    日本メンデル協会会長 長田敏行 (法政大学教授・東京大学名誉教授)
    引用元: 閲覧と論文公開

  • CiNii Article - 植物の遺伝子発現 長田敏行 内宮博文編 ...

    すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり 論文名 著者名 著者所属 刊行物名 ISSN 巻 号 ページ 出版者 参考文献 出版年 年から 年まで すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり
    引用元: CiNii Article - 植物の遺伝子発現 長田敏行 内宮博文編 ...

  • 細胞工学の基礎 (応用生命科学シリーズ) エキサイト ブックス

    細胞工学の基礎 (応用生命科学シリーズ) 【著者】 永井 和夫 長田 敏行 冨田 房男 イメージを拡大 価格:¥ 2,520 (税込) ユーズド価格:¥ 1,178 ( ユーズド出品リスト ) 発送可能時期:在庫あり。 単行本 ;196 p ;サイズ : 827(hundredths-inches) 出版社 : 東京化学同人 Amazon.co.jp 売上ランキング: 675452 このページのトラックバック(0) ※以下の内容は個人が運営するブログに書かれたエントリです。 こちら をご一読の上、ご覧下さい トラックバックはありません エキサイトブログ ユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページに トラックバック できます。 このページのトラックバックURL: この本を買...
    引用元: 細胞工学の基礎 (応用生命科学シリーズ) エキサイト ブックス

  • 西田 生郎 - Webcat Plus

    西田 生郎 (1955-) 人物名ヨミ ニシダ イクオ 人物別名 Nishida, Ikuo 西田, 生郎 西田生郎 生年 1955年 没年 - 職業・経歴等 - 書名 著作者等 出版元 刊行年月 植物工学の基礎 長田敏行編 東京化学同人 2002.4 植物培養細胞の馴化(ハビチュエーション)の分子機構の解明 研究代表者 長田敏行 長田敏行 2004.5 植物の細胞膜リン脂質組成の遺伝子工学的改変とその凍結耐性における意義 研究代表者 西田生郎 西田生郎 1999.3 情報を取得できませんでした。 件が連想されています 情報を取得できませんでした。
    引用元: 西田 生郎 - Webcat Plus

  • (著者紹介)生物の科学 遺伝

    編集顧問 田島 弥太郎 中島 雄次郎 山口 彦之 編集委員 石浦 章一 伊藤 元己 大路 樹生 大政 謙次 五條堀 孝 佐倉 統 城石 俊彦 田幡 憲一 中込 弥男 長田 敏行 正木 春彦 森脇 和郎
    引用元: (著者紹介)生物の科学 遺伝

  • JAIRO | 研究紹介

    研究紹介 研究紹介 "/杉本亜砂子/" 杉本亜砂子 , "/近藤 矩朗/" 近藤 矩朗 , "/松井 泰/" 松井 泰 , "/長田 敏行/" 長田 敏行 , "/杉山 宗隆/" 杉山 宗隆 , "/田中 培生/" 田中 培生 , "/川崎 雅裕/" 川崎 雅裕 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 32 ( 2 ) , pp.22 - 30 , 2000-09 , 東京大学大学院理学系研究科・理学部 , 生物化学専攻 , 生物科学専攻 , 附属植物園 , 天文学教育研究センタービックバン宇宙国際研究センター NII書誌ID(NCID):AA11686565 本文を読む http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/27022/1/rgn32_2_5.pdf このアイテ...
    引用元: JAIRO | 研究紹介

  • 小石川植物園後援会NL28

    2005年1月 小石川植物園後援会 ニュースレター 第28号 目次 後援会創設25周年:巻頭随筆 思いだすこと 竹内 正幸 トピック ウィーンにイチョウを探索する 長田 敏行 ご報告 後援会25周年記念式典 ご報告 植物学会特別賞受賞 お知らせ 新しい植物園案内
    引用元: 小石川植物園後援会NL28

  • 小石川植物園後援会NL30

    2005年12月 小石川植物園後援会 ニュースレター 第30号 目次 巻頭随筆 柴田記念館改修完成に際して 柴田 承二 トピック ゲーテと植物II 長田 敏行
    引用元: 小石川植物園後援会NL30

  • 教員紹介 - 自然科学系

    東京学芸大学 >自然科学系 教員紹介 前のページに戻る 2006年以前の研究業績 著書 2006 新編生物I 生命の世界へ 教授資料 数研出版(東京) 2006 改定版新編 生物I 生命の世界へ 黒岩常祥、長田敏行、久保田洋、鈴木孝仁 他 数研出版(東京) 1996 Muscarinic action on smooth muscle membrane of guinea-pig urinary bladder. Smooth Muscle Excitation Academic Press Limited, /,215-225 1991 Caチャネルとモジュレーター、カルシウムと情報伝達系(平滑筋研究の現状と実験法) 文永堂出版 1991 パッチクランプ法、カルシウムと情報伝達系(平滑筋研究の現状と実験法) 文永堂出版 1...
    引用元: 教員紹介 - 自然科学系

  • Syllabus system

    ○参考書 永井和夫、大森 斉『細胞工学』講談社サイエンティフィク 1992年 永井和夫、冨田房男、長田敏行『細胞工学の基礎』東京化学同人 2004年
    引用元: Syllabus system

  • 理研 BRC 実験植物開発室

    伊藤正樹(名古屋大学)、岡崎光雄(信州大学)、小川京子(日本女子大学)、王子製紙株式会社、上硲和輔(武庫川女子大学)、駒嶺穆(進化生物学研究所)、篠崎一雄(理研)、庄野邦彦(日本女子大学)、長田敏行(東京大学)、萩原保成(京都府農業資源研究センター)、福田裕穂(東京大学)、三井化学株式会社、Dr.Michele Axelos(INRA)
    引用元: 理研 BRC 実験植物開発室

長田敏行 の相関図を読込中

氏名 ながた としゆき 長田 敏行 所属 東京大学 大学院理学系研究科 理学部 附属植物園 教授 所属先住所 〒112-0001 東京都文京区白山3-7-1 ホームページ http://www

スポンサードリンク