阿保徹の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 立ち読み|医者いらず 老い知らずの生き方

    阿保 徹 1947年,青森県生まれ。 1972年,東北大学医学部卒業。 1991年より,新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 (国際感染医学講座 免疫学 医動物学分野)。 米アラバマ大学に留学中の1980年,「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体」を作成。 1989年,胸腺外分化T細胞を発見。 1996年,白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。 2000年,胃潰瘍の原因が胃酸であるとの定説を覆して注目される。 『免疫革命』(講談社インターナショナル), 『未来免疫学』(インターメディカル), 『体温免疫力』(ナツメ社), 『こうすれば病気は治る』(新潮社), 『絵でわかる免疫』(講談社) 『ガンは自分で治せる』(マキノ出版)など著書多数
    引用元: 立ち読み|医者いらず 老い知らずの生き方

  • http://pokapokamura.com/dialy/h23/jan/15.html

    伊勢自然療法学院【病気は自分で治す】 阿保徹 TOP 自然療法学院 施設の見取り図 気功セミナー 養成講座 大阪 東京 養成講座 気功整体院 about as 挨拶 ビジョン 幸多き人が住まう国 感想 ぽかぽか村 気功整体師養成講座 気功セミナー 手作り酵素体験 質疑応答 気功整体術師養成講座 食事について 会社概要等 会社概要 特定商取引 プライバシー プロフィール スタッフ 上空写真 コース 自然療法学院 心身リラックスコース 高齢者住宅 スケジュール アクセス JR二見浦駅から歩いて 電車 大阪方面から 京都方面から 名古屋から 自動車 伊勢ICから 大阪から 名古屋から 京都から 問い合わせ 伊勢自然療法学院“ぽかぽか村”健康で幸せな人生を生きるための健康道場 ぽかぽか村 イベント情報 陽あたり ブログさおりの ブログ 新着情報お知らせ --------------...
    引用元: http://pokapokamura.com/dialy/h23/jan/15.html

  • http://www.buddhology.jp/wp/archives/348

    「健康と免疫」阿保徹先生 第30回 佛立研究所の公開講演会を開催!!2009年6月8日(月) ~健康でご信心をさせていただくヒントにもつながる~  佛立研究所(所長 植田日事師)による公開講演会が、去る5月23日、名古屋佛立寺(住職 面家日瑩師)を会場に開催された。公開講演会は今回で30回目となるが、広く一人でも多くの方に聞いていただこうと、宗務本庁外での開催となって4回目である。当日は第三支庁長 妙典寺住職 奥山日典師、管内寺院の御住職また修学塾の協力もいただき教務師方も多数参加され、寺内外のご信者、宗外の方も含め約250名が聴講され会場は埋め尽くされた。今回の講演会講師は、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 安保徹先生をお招きして講演をいただいた。先生は、昭和22年(1947)青森県生まれ、東北大学医学部卒業。アメリカ アラバマ大学留学中の昭和55年(1980)、「ヒトNK細胞抗原CD...
    引用元: http://www.buddhology.jp/wp/archives/348

  • http://viva-books.iza.ne.jp/blog/entry/30947/

     医師である阿保徹氏と、僧侶の無能唱元氏、お二人とも数多くの書籍を出しておられますが、本書では、“免疫” について、阿保氏が“しろうと”の無能さんに教える、あるいは疑問に応えるという形の対談です。  私は、今から8年くらい前、胃潰瘍(正確には十二指腸)で手術、入院の経験 があります。医者から、原因は“ストレス” と言われ、“へぇ~、ストレスってやつは、胃に穴をあけちゃうんだ” と身をもってストレスの恐ろしさを思い知ったわけです。  入院中から、それ以降も、ストレスや免疫というものに関して、非常に興味を持ち、いろいろと本を読みましたが、その中で最も印象深かったものの中の一冊が本書です。  アトピーや他のアレルギー、胃潰瘍、さらにガンやリュウマチまで、すべてストレスが引き金となっており、治療に当たっては対症療法をやめて原因療法を推進すべきだという阿保氏は主張します。基本的には薬に頼りすぎで、そ...
    引用元: http://viva-books.iza.ne.jp/blog/entry/30947/

  • http://blog.goo.ne.jp/doushi/e/31c83c1a044805b5caaa6376807c2555

    免疫って大切なんですね 阿保徹教授の本を見て2009年06月08日 | Weblog先日、佛立研究所を訪ねました。山村女史に勧められ、新潟大学大学院教授、安保徹氏の本を2冊、余っているからというので分けてもらいました。 これがすばらしい内容で、買って良かったというのが偽らぬ感想。 この高名な先生に、名古屋での講演会を依頼したというのですから研究所はなかなか素晴らしい人選びの術を心得ていると感心しました。 安保教授はアメリカ アラバマ大学留学中の1980年に、ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体を発見、89年には胸腺外文化T細胞を発見、9年前の2000年には、胃潰瘍の原因が胃酸だという定説を覆して注目された免疫学の権威です。 200を超える英文論文を発表している国際的に活動している先生で、著書多数。 そのうち、今回購入したのは、「病気は自分で治す」(新潮文庫)と「安保...
    引用元: http://blog.goo.ne.jp/doushi/e/31c83c1a044805b5caaa6376807c2555

  • http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/2dc568718453b4bac559509bd5fa3b5a

    『免疫学問答』 阿保徹、無能唱元2006年08月28日 / 科学   私は、今から8年くらい前、胃潰瘍(正確には十二指腸)で手術、入院の経験 があります。医者から、原因は“ストレス” と言われ、“へぇ〜、ストレスってやつは、胃に穴をあけちゃうんだ” と身をもってストレスの恐ろしさを思い知ったわけです。 入院中から、それ以降も、ストレスや免疫というものに関して、非常に興味を持ち、いろいろと本を読みましたが、その中で最も印象深かったものの中の一冊が本書です。 医師である阿保徹氏と、僧侶の無能唱元氏、お二人とも数多くの書籍を出しておられますが、本書では、“免疫” や“ストレス” について、阿保氏が“しろうと”の無能さんに教える、あるいは疑問に応えるという形の対談です。 アトピーや他のアレルギー、胃潰瘍、さらにガンやリュウマチまで、すべてストレスが引き金となっており、阿保氏は、治療に当たっ...
    引用元: http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/2dc568718453b4bac559509bd5fa3b5a

  • http://sukkiri.area9.jp/article/0091422.html

    第2回 阿保徹先生&大田篤先生 講演会目からウロコ…の健康術〜21世紀の医学〜21世紀の医学.pdf予定表.pdf 全国で大きな反響を巻き起こしている二人の講演会、福岡で3年ぶりの開催です。ベストセラー、「免疫革命」の著者で医学会をリードする世界的免疫学者、新潟大学院医歯学総合研究家阿保徹教授、世界中で多くの人を救い阿保教授が「世界一のパワーの持ち主」絶賛する気(エネルギー)医学 代替医療の伝導者、大田篤先生。 常識が変わる二人の話で心を軽くしてください。安心と希望が見つかる講演会です。◎こうすればガンができる、こうすればガンが消える。 ◎日本だけが大騒ぎ、新型インフルエンザ、本当に恐いの? ◎コレステロール 高い人のほうが長生きするって知ってますか? ◎日本が世界一の介護大国になった本当の原因●日 時/ 2010年3月20日(土)13:00〜16:30 ●場 所/ 福岡市立南市民センター...
    引用元: http://sukkiri.area9.jp/article/0091422.html

  • http://sennnokai.cocolog-nifty.com/kagesan/2009/09/post-aba6.html

    阿保徹先生&船瀬俊介講演会先週の日曜日に3人で講演会に行ってきました。講師の先生は、免疫革命の著者でも知られる新潟大学医学部の医師、阿保徹先生と、抗癌剤で殺されるなど多数の書籍を書かれている医療ジャーナリストの船瀬俊介先生の講演でした。玄米自然食を普及指導している正食協会の主催です。お二人の著作物は、健康を考える上ではとても参考になることが多く私もたくさん読ませていただいております。ユーモアを交えて軽妙にお話される船瀬氏と、いかにも学者らしき口調でトツトツと話される阿保先生は対照的ですが、健康になるための真理を説かれる姿勢には相通ずるものがあります。この会場で船瀬氏の著書を2冊購入してきました。『知ってはいけない』と『新、知ってはいけない』この本の書かれている内容は、知れば知るほど恐ろしくなることばかりなので、知ってはいけないというタイトルになったようです。せっかくなので、私が興味のある医...
    引用元: http://sennnokai.cocolog-nifty.com/kagesan/2009/09/post-aba6.html

  • http://thai-massage-therapist-yoga.blogspot.jp/2012/09/blog-post_2644.html

    ヨガ的カラダの見解 ② 阿保徹先生の興味深い話 (注:女性ホストに問題があり、この動画もいつ削除されるか分かりません。)新潟大学医学部教授 阿保徹先生の話先生のHPは↓http://toru-abo.com/index.php?FrontPage 上の動画の第二部、29分くらいからが、面白いです。先生のお話を、かいつまんで説明すると、地球に生命が誕生したのがおよそ38億年前。38億年前~20億年くらい前まで生命体は無酸素でエネルギーを作っていた。20億年位前、太陽光でエネルギーを作る細菌が生まれ、地球の酸素が1%に上昇。(現在は21%)無酸素で生きていた生命体(私達の祖先)には行きにくい状況で絶滅寸前に。その頃、増え続ける酸素を使って効率よくエネルギーを作るミトコンドリア生命体が誕生。それまで無酸素で生きていた、ブドウ糖、乳酸を作る解糖系と、ミトコンドリア生命体が共生関係になるも、安...
    引用元: http://thai-massage-therapist-yoga.blogspot.jp/2012/09/blog-post_2644.html

  • http://sakura78.exblog.jp/14521037/

    疲れない体をつくる免疫力 阿保徹著 疲れには2種類あるらしい。交感神経が優位になったことによる疲れと副交感神経優位による疲れ。つまり忙しすぎていつも疲れているタイプは、交感神経優位の場合で、リラックスしすぎて、身体の機能が低下し、すぐに疲れが出るタイプは副交感神経優位の場合。リラックスしすぎても疲れが出るなんて…もうびっくり。これには、あなたの場合はどちらのタイプかという質問が20問ほどあって、バランスよく同じくらいの数が理想的なんだけれど、何と私の場合、副交感神経優位が17…。どれだけまったり過ごしているんだか。呼吸法や爪もみ、その日のうちに寝る…など実行できるものから始めて行こう。疲れない体=疲れをためないということで、身体の声をよく聴き、こまめに伸びをするなどの対処をする。そして、「大自然のリズムに合わせて生きる」に尽きるのかもしれない。日の出とともに起き、日が沈めば家に帰って休む。...
    引用元: http://sakura78.exblog.jp/14521037/

  • http://qigongcatherine.blog94.fc2.com/blog-entry-488.html

    阿保徹先生の講演 2009.12.21 03:26|光に向かって| 来年(の話をすると 鬼が笑いますかね…)3月21日(日)に福岡県 筑紫郡 那珂川町の「ミリカローデン」 で(前売り2,000円 当日2,500円 詳しくは 未定です。)阿保 徹先生と大田 篤先生がお二人で再び福岡で講演会をして下さいます。前回は2007年10月に電気ホールでありましたね。阿保 徹 先生は、新潟大学大学院歯学部教授で、世界的免疫学の権威の方ですね。太田 篤 先生は、上海气功院(故小野謙一師匠)によく来て下さっていました。ちょっと よそよそしく 写っていますが故小野謙一師匠の所で 写してもらった 太田先生と私の 写真です。大田 篤 先生は、「地球と子供の未来を守るネットワーク」の代表でいらっしゃいます。気(エネルギー)医学の世界的トップリーダーだそうです。常識を覆す お二人のお話は、必聴です。詳しいことがわかり...
    引用元: http://qigongcatherine.blog94.fc2.com/blog-entry-488.html

  • http://blog.livedoor.jp/edoger_-0821/archives/1767247.html

    2008年06月10日 『病気が逃げ出す生き方』阿保徹 石原結み『病気が逃げ出す生き方』阿保徹 石原結み←「み」の字が変換できず。  講談社です。 現代の日本人は低体温の人が多いということは前から聞いたことがあったのですが、そのせいでうつ病の人や自殺する人が多いと言うことを友達から聞き、びっくりしました。 たまたま、姑が読んでいた本にそのようなことが書いてあったので、今読んでいます。 おまけにガン細胞が一番活発に増殖する体温が35℃なので、血流が悪化した低体温の状態と言うのは非常にガン細胞が増殖しやすい環境なんですって。 また、読み終わったら、アップしますね。 石原先生の本は他にも読んだことがあります。 しょうが紅茶がお勧めですね。私も体温計ったら、35.7℃だったので、それ以来、毎日3杯ぐらい飲んでます。 コメント数:0 コメント by のびのびまま < 前の記事 次の記...
    引用元: http://blog.livedoor.jp/edoger_-0821/archives/1767247.html

  • http://www.buddhology.jp/wp/archives/category/speech

    「健康と免疫」阿保徹先生 第30回 佛立研究所の公開講演会を開催!!2009年6月8日(月) ~健康でご信心をさせていただくヒントにもつながる~  佛立研究所(所長 植田日事師)による公開講演会が、去る5月23日、名古屋佛立寺(住職 面家日瑩師)を会場に開催された。公開講演会は今回で30回目となるが、広く一人でも多くの方に聞いていただこうと、宗務本庁外での開催となって4回目である。当日は第三支庁長 妙典寺住職 奥山日典師、管内寺院の御住職また修学塾の協力もいただき教務師方も多数参加され、寺内外のご信者、宗外の方も含め約250名が聴講され会場は埋め尽くされた。今回の講演会講師は、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 安保徹先生をお招きして講演をいただいた。先生は、昭和22年(1947)青森県生まれ、東北大学医学部卒業。アメリカ アラバマ大学留学中の昭和55年(1980)、「ヒトNK細胞抗原CD...
    引用元: http://www.buddhology.jp/wp/archives/category/speech

  • http://sennnokai.cocolog-nifty.com/kagesan/2009/09/index.html

    阿保徹先生&船瀬俊介講演会先週の日曜日に3人で講演会に行ってきました。講師の先生は、免疫革命の著者でも知られる新潟大学医学部の医師、阿保徹先生と、抗癌剤で殺されるなど多数の書籍を書かれている医療ジャーナリストの船瀬俊介先生の講演でした。玄米自然食を普及指導している正食協会の主催です。お二人の著作物は、健康を考える上ではとても参考になることが多く私もたくさん読ませていただいております。ユーモアを交えて軽妙にお話される船瀬氏と、いかにも学者らしき口調でトツトツと話される阿保先生は対照的ですが、健康になるための真理を説かれる姿勢には相通ずるものがあります。この会場で船瀬氏の著書を2冊購入してきました。『知ってはいけない』と『新、知ってはいけない』この本の書かれている内容は、知れば知るほど恐ろしくなることばかりなので、知ってはいけないというタイトルになったようです。せっかくなので、私が興味のある医...
    引用元: http://sennnokai.cocolog-nifty.com/kagesan/2009/09/index.html

阿保徹 の相関図を読込中

阿保 徹 1947年,青森県生まれ。 1972年,東北大学医学部卒業。 1991年より,新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 (国際感染医学講座 免疫学 医動物学分野)。 米アラバマ大学に留学

スポンサードリンク