須藤誠一の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 須藤 誠一

    氏名 すどう せいいち 須藤 誠一 所属 秋田県立大学 システム科学技術学部 機械知能システム学科 流体システム工学講座 教授 担当科目 流体力学Ⅰ 流体力学Ⅱ 基礎物理学 所属先住所 〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4 ファックス 0184-27-2188 ホームページ http://www.akita-pu.ac.jp/system/mise/flu ...
    引用元: 須藤 誠一

  • 地域連携・研究推進センター − 公立大学法人秋田県立大学

    氏名 須藤 誠一 フリガナ スドウ セイイチ 学部 システム科学技術学部 学科 機械知能システム学科 職名 教授 学位 工学博士 Eメール sudo 生年月日 1949・2・24生まれ 経歴 1971年 3月 東北学院大学工学部応用物理学科卒業 1971年 4月 東北大学助手(高速力学研究所) 1992年 3月 東北大学助教授(流体科学研究所) 1997年 4月 いわき明星大学教授(理工学部機械工学科) 1998年10月 東北大学客員教授 2002年 4月 いわき明星大学主任教授(理工学部機械工学科) 2005年 4月 秋田県立大学教授(システム科学技術学部) 受賞 1996年 7月 日本機械学会論文校閲感謝状 2004年 7月 日本実験力学会論文賞 2006年11月 日本AEM学会論文賞 2008年 6月 SEM R.E.Peterson A...
    引用元: 地域連携・研究推進センター − 公立大学法人秋田県立大学

  • ふく経ニュース

    トヨタ自動車九州株式会社(宮若市上有木、須藤誠一社長)は、4月1日、同社敷地内の「ウイング21」で09年度入社式を開いた。 昨年度は、派遣社員の雇用打ち切りなどで減産に対応したが、今年度は在庫調整が進んだことや、新車投入など業務量の確保にもめどが立っていることから、前年比38人増で過去最高の240人(うち女性50人)を採用した。内訳は事務技術職78人、技能職162人。式では、初めに同社役員が紹介され、新入社員は役員の挨拶ごとに大きな返事で答えた。その後社員全員の名前が読み上げられ、代表者に辞令が交付された。須藤誠一社長は新入社員に向けて「昨年は過去経験したことがないような厳しい経営環境に直面したが、人にとっての自動車の必要性は変わることがない。必ず市場は回復基調に向かうので、悲観することなく前向きに仕事に取り組んでほしい」と話した。 週刊経済:2009年4月7日発行 N...
    引用元: ふく経ニュース

  • いわき明星大学:教員紹介:須藤 誠一

    須藤 誠一 教授 工学博士 すどう せいいち, SUDO Seiichi [学生、受験生へのメッセージ] ナノ粒子を用いた血液のような人工知能流体の開発,電磁力を用いたワイヤレスで駆動する医療用マイクロマシンの開発,新素材と生物機能を融合して得られる革新的工学技術の開発を通して,医用工学や生命工学に関連する新しい学問,生命機械工学の構築を目指して日夜研究を続けています.このような研究は21世紀の人類の歩むべき道に密接に関連しています.皆さんにもぜひ須藤研究室の研究に参画し,人類の歴史に名前を刻んで欲しいと思っています. [略 歴] 1949年 2月24日宮城県生まれ 1971年 東北学院大学工学部応用物理学科卒業 1971年 東北大学高速力学研究所助手 1992年 東北大学流体科学研究所助教授 1997年 いわき明星大学理工学部教授 1998年 東北大学客員教授 ...
    引用元: いわき明星大学:教員紹介:須藤 誠一

  • のびねこコログ: 2005年8月

    万博大学第10回講義ノート「地球と社会のフロンティア・・・ロボットで未来を拓く」須藤誠一氏 先回の藤野氏に続き、今回も企業人であるトヨタ自動車の須藤氏が講演。今回はノート風にまとめる。 (須藤氏略歴)1951年生まれ。74年東京理科大学機械科卒業後トヨタ自動車に入社。2001年よりTMMNA(トヨタモータマニファクチュアリング・ノースアメリカ)社長。燃料電池やロボット開発に携わる。 【 パートナーロボットとは 】 従来のロボットから進んで、人の役に立つ「かしこさ、やさしさ」を有し、人と共生可能な知能化機械の創造をめざす。人と機械の共生のために、パートナーロボットに求められるものは、高いコミュニケーション能力、人に合わせる動作能力、安全・安心の柔らかい行動、である。 続きを読む "万博大学第10回講義ノート「地球と社会のフロンティア・・・ロボットで未来を拓く」須藤誠一氏" 2005/08/0...
    引用元: のびねこコログ: 2005年8月

  • いわき明星大学AO入試案内 [ 機械工学科 −須藤誠一教授− ]

    いわき明星大学AO入試案内 [ 機械工学科 ] 教授: 須藤 誠一 (すどう せいいち) 理工学部 機械工学科 教授 工学博士 略歴 : 1949年 2月24日生まれ 1971年 東北学院大学工学部応用物理学科卒 1971年 東北大学高速力学研究所助手 1992年 東北大学流体科学研究所助教授 1997年 いわき明星大学理工学部教授 1998年 東北大学客員教授 専門分野 : バイオメカニクス,知能流体工学,生命機械工学 研究内容 1. 昆虫の飛翔機能・機構に関する工学的研究 地球の長い歴史の中で進化してきた昆虫は実に優れた飛行機能を有している。小さな昆虫の翅翼形状や飛翔のメカニズムを工学的な観点から調べて,マイクロメカニズムの構築に役立てる研究を行っている。 2. 鳥類の飛行機能・機構に関する航空工学的研究 人類は大空を自由に飛ぶ鳥を見て航空機...
    引用元: いわき明星大学AO入試案内 [ 機械工学科 −須藤誠一教授− ]

  • トヨタのロボット開発,デバイス関連の技術課題は? - 半導体製造 ...

    トヨタ自動車の常務役員である須藤誠一氏は,ロボット技術開発の発表会場で,今後のデバイス関連の技術課題についてコメントした。特に気にしているのが「小型・軽量化と電池寿命の両立」(同氏)と言う。 今回発表した二足歩行のロボットは,さまざまなデバイス技術に支えられている。例えば,安川電機の協力を得て共同開発した小型・軽量のサーボ・モーターおよびモーター・ドライバである。姿勢制御には,ジャイロ・センサーを搭載し,加速度制御をしている。電池はNECの協力を得て小型・軽量で高出力のLiイオン電池を共同開発した。トランペットを吹くのに必要だった人工唇は,高分子樹脂製のメンブレンを採用した。トランペット以外の金管楽器も吹けることから,開発成果を公開する2005年3月開催の「2005年日本国際博覧会(愛・地球博)」では,チューバやホルンも吹かせる予定だという。課題となる電池については,現状では30分しかもた...
    引用元: トヨタのロボット開発,デバイス関連の技術課題は? - 半導体製造 ...

  • トヨタ自動車九州 社長交代の人事 渡辺氏から須藤氏へ:|NetIB ...

    トヨタ自動車は22日、生産子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)の社長に須藤誠一常務役員(57、現在は北米生産統括会社、トヨタモーターエンジニアリングアンドマニュファクチャリングノースアメリカ(TEMA)社長)をあてる人事を固めた模様。渡辺顕好(65)トヨタ九州社長は、空席の会長に就任の見通しで、6月の株主総会後の取締役会で正式決定する。 渡辺社長は就任から丸6年経っており若返りを図るため、また同社には社長職は65歳までという内規があるための人事の模様。 トヨタ九州は、今夏にハイブリッド車用ユニット工場を稼働、09年からは「レクサス」の生産も拡大する予定。須藤次期社長は、生産管理部などを経て北米で生産統括を担当、国内外で幅広い生産管理部門の経験を持つことから起用が決まったようだ。 一部報道では、須藤氏以外にも候補が挙がっており、場合によっては渡辺社長が例外的に1年間続投する可能性もある、...
    引用元: トヨタ自動車九州 社長交代の人事 渡辺氏から須藤氏へ:|NetIB ...

  • ロボットでも「実狙う」トヨタ---2足歩行型発表、先行するホンダに挑戦状 ...

    須藤誠一常務役員は「ロボットの画像解析や音声認識の技術は今後自動車の開発にも応用される可能性が高い」と言う。トヨタのロボットは動力源としてNECと共同開発したリチウムイオン電池を搭載しているが、これは今後ハイブリッド車への搭載が予想される。さらにその先には「ロボットの動力源として将来的に燃料電池を使うことも考えられる」(須藤常務役員)という構想もある。
    引用元: ロボットでも「実狙う」トヨタ---2足歩行型発表、先行するホンダに挑戦状 ...

  • ふく経ニュース

    車体メーカーのトヨタ自動車九州株式会社(宮若市上有木、須藤誠一社長)の10年3月期決算は、売上高は前期比26・6%増の9325億46百万円で増収、経常利益は75億19百万円(前期は117億29百万円の赤字)で黒字転換した。 リーマンショック以降は販売不振で大幅減産を強いられていたが、昨年投入した「レクサスHS250h」と「SAI」の両ハイブリッド車の販売がエコカー減税の効果もあり好調で、販売台数は同16・1%増の33万7878台に回復した。また、労務費削減や原価低減などの緊急収益改善活動が奏功し、利益面はすべて黒字化。営業利益79億27百万円(前期は127億21百万円の赤字)、当期純利益41億13百万円(同67億34百万円の赤字)となった。 今期の予想は発表していない。同社は「前期に引き続き販売台数の確保と原価改善活動に取り組み、今回の決算並みの黒字を目指したい」としている。 ...
    引用元: ふく経ニュース

  • 研究室メンバー - 生命流体システム工学研究室 秋田県立大学

    研究室メンバー紹介 教員 教授 須藤 誠一 (Sudo, Seiichi) E-mail: sudo@akita-pu.ac.jp Room: GII-305 研究者総覧 助教 二村 宗男 (Futamura, Muneo) E-mail: Room: GII-319 研究者総覧 助教 矢野 哲也 (Yano, Tetsuya) E-mail: yano@akita-pu.ac.jp Room: GII-319 研究者総覧 機械知能システム学実験,機械知能システム学実習を担当 学生 M2 塩野 正裕 (Shiono, Masahiro) M1 猪股 聡太 (Inomata, Sota) 北寺 幸平 (Kitadera, Kohei) 松本 晃治 (Matsumoto, K...
    引用元: 研究室メンバー - 生命流体システム工学研究室 秋田県立大学

  • 地域活性化リレーシンポジウムinFUKUOKA-「超モノづくりへの挑戦 ...

    トヨタ自動車九州社長 須藤 誠一氏 地場企業と研究の輪を拡大 トヨタ自動車は日本を除く世界53カ所で製造拠点を持っています。昨年の海外生産台数は431万台と国内での生産台数を9万台ほど上回り、過去最高を更新しました。一方、国内はトヨタ自動車九州などの15拠点を展開しています。 トヨタ九州は国内生産拠点の中で原価、品質、納期すべての面でトップを維持しています。九州で強固なサプライチェーンを築くことで、名実ともにトヨタの国内第2の生産拠点として認められています。生産車種はレクサスなど4車種。生産台数は順調に伸ばしており、売上高は昨年度で1兆円を超えました。 トヨタ九州はレクサスブランドをワールドワイドに高める企業を目指しています。レクサスブランドは一言で言えば高級の本質の追求です。われわれモノづくり企業に携わるものとしては、特に顧客に提供するときめきと安らぎ、この価値を実現する手段のベ...
    引用元: 地域活性化リレーシンポジウムinFUKUOKA-「超モノづくりへの挑戦 ...

  • トヨタ自動車九州株式会社 - Re:SOURCE

    企業概要 代表者名 須藤誠一 本社所在地 823-0015 福岡県宮若市 上有木1 企業URL http://www.toyota-kyushu.com/index.html 設立年月日 上場区分 従業員数 子会社・関連会社 主要株主 決算期 資本金 45,000,000,000円 売上高 経常利益 リリース 一覧 イベント・セミナー 一覧 オープンレター 一覧 電子カタログ 一覧 製品情報 一覧
    引用元: トヨタ自動車九州株式会社 - Re:SOURCE

  • 受賞関係 生命流体システム工学研究室 秋田県立大学

    須藤 誠一 1996年7月 日本機械学会論文校閲感謝状 2004年7月 日本実験力学会論文賞 2006年11月 日本AEM学会論文賞 2008年6月 SEM R.E.Peterson Award 2009年8月 日本実験力学会論文賞 矢野 哲也 2004年9月 生体医工学シンポジウム2004ベストリサーチアワード 2009年8月 日本実験力学会論文賞 学生の受賞 2008年3月 関根 克也 日本機械学会畠山賞 2008年11月 黒須 優一 日本フルードパワーシステム学会優秀講演賞 2009年3月 黒須 優一 日本機械学会三浦賞 2009年3月 芝崎 哲也 日本機械学会畠山賞 2009年8月 梨本 和正 日本実験力学会論文賞 2010年1...
    引用元: 受賞関係 生命流体システム工学研究室 秋田県立大学

須藤誠一 の相関図を読込中

氏名 すどう せいいち 須藤 誠一 所属 秋田県立大学 システム科学技術学部 機械知能システム学科 流体システム工学講座 教授 担当科目 流体力学Ⅰ 流体力学Ⅱ 基礎物理学 所属先住所

スポンサードリンク