飯島澄男の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 飯島澄男 - Wikipedia

    飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。埼玉県越谷市出身。文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者。日本学士院会員。カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事で、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。ノーベル化学賞・物理学賞の有力候補とも見られている。NEC特別主席研究員、名城大学教授をはじめ多数の職を現職で兼任する。
    引用元: 飯島澄男 - Wikipedia

  • 飯島澄男の掲示板トップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

    飯島澄男 といえば… →[ 名城大学 飯島澄男 ] →[ 飯島澄男 日本電気研究所 ] →[ 飯島澄男 ノーベル賞 ] →[ 飯島澄男 高校 ] →[ 飯島澄男 名城大 ] 澄男 飯島 人 →[ 飯島澄男 人 ] 先生 →[ 飯島澄男 先生 ] 博士 →[ 飯島澄男 博士 ] 名前 →[ 飯島澄男 名前 ] 学科 →[ 飯島澄男 学科 ] 無理 →[ 飯島澄男 無理 ] NEC →[ 飯島澄男 NEC ] 飯島澄男とは 飯島 澄男(いいじま すみお、男性、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。2002年日本学士院恩賜賞。 カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 名城大学 理工学部 教...
    引用元: 飯島澄男の掲示板トップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

  • 飯島澄男のニューストップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

    飯島澄男 といえば… →[ 名城大学 飯島澄男 ] →[ 飯島澄男 日本電気研究所 ] →[ 飯島澄男 ノーベル賞 ] →[ 飯島澄男 高校 ] →[ 飯島澄男 名城大 ] 飯島 澄男 ナノ →[ 飯島澄男 ナノ ] 研究 →[ 飯島澄男 研究 ] チューブ →[ 飯島澄男 チューブ ] カーボン →[ 飯島澄男 カーボン ] 科学 →[ 飯島澄男 科学 ] 主席 →[ 飯島澄男 主席 ] 特別 →[ 飯島澄男 特別 ] 飯島澄男とは 飯島 澄男(いいじま すみお、男性、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。2002年日本学士院恩賜賞。 カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 名城大...
    引用元: 飯島澄男のニューストップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

  • 産総研:トピックス - 飯島澄男新炭素系材料開発研究センター長 日本学士 ...

    氏名 飯島 澄男 (いいじま すみお) 生年月日 1939年5月2日 現職 独立行政法人産業技術総合研究所新炭素系材料開発研究センターセンター長 日本電気株式会社NECラボラトリーズ特別主席研究員 名城大学理工学部材料機能工学科教授 科学技術振興事業団国際共同研究事業 「ナノチューブ状物質」プロジェクト 代表研究者 勤務地 〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1つくば中央第5事業所(AIST) 〒305-8501 茨城県つくば市御幸が丘34番地(NEC) 〒468-8502 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501(名城大学) 学歴 1963 電気通信大学通信学科卒業 1965 東北大学大学院理学部修士(物理) 1968 東北大学大学院理学部博士(物理) 経歴 1968 - 1970 東北大学科学計測研究...
    引用元: 産総研:トピックス - 飯島澄男新炭素系材料開発研究センター長 日本学士 ...

  • 飯島澄男 - Yahoo!百科事典

    飯島澄男(いいじますみお) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1939― ) 材料科学、 電子顕微鏡 学者。埼玉県生まれ。1963年(昭和38) 電気通信大学 卒業。68年に東北大学大学院理学研究科物理学科博士課程を修了し理学博士。68年から70年まで 東北大学 科学 計測 研究所で助手を務め、電子線 干渉顕微鏡 の実験を行う。70年から82年までアメリカの アリゾナ州立大学 研究員として、高分解能電子顕微鏡の開発と結晶材料の研究を行う。87年に日本電気に入社、2001年(平成13)特別主席研究員となる。1998~2002年 科学技術 振興 事業団 (現科学技術振興機構)国際共同研究事業「ナノチューブ状物質」プロジェクトのプロジェクトリーダー。1999年から 名城大学 教授。2001年からは、産業技術総合研究所新炭素系材料開発研究センターのセンター長を務める。2003年 文化功労者...
    引用元: 飯島澄男 - Yahoo!百科事典

  • 飯島澄男--経歴--

    ■名前 飯島澄男・理学博士・5月2日生まれ (専門:ナノ材料学、材料科学、電子顕微鏡学、固体物理、結晶学) PAGETOP↑ ■現職 名城大学大学院理工学研究科 教授 <兼任>産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター センター長 <兼任>名古屋大学高等研究院 特別招聘教授 <兼任>日本電気株式会社 特別主席研究員 PAGETOP↑ ■所属アカデミー 米国科学アカデミー(NAS)外国人会員 ノルウェー科学人文アカデミー外国人会員 日本学士院会員 PAGETOP↑ ■職歴 1968-1974: 東北大学科学計測研究所助手 1970-1982: 米国アリゾナ州立大学研究員 (1979): 英国ケンブリッジ大学客員研究員 1982-1987: JST-ERATO林超微粒子プロジェクト基礎物性グループリーダー 1987-現在: NEC特別主席研究員 1998-現在: 名...
    引用元: 飯島澄男--経歴--

  • 飯島 澄男(

    飯島 澄男 ( いいじま すみお 、男性、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。2002年日本学士院恩賜賞。 カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 目次 1 現職 2 略歴 3 研究分野 4 学会活動など 5 外部リンク 現職 名城大学 理工学部 教授 NEC 研究開発グループ 特別主席研究員 産業技術総合研究所 ナノカーボン研究センター センター長 略歴 1939年 埼玉県生まれ 1958年 東京都立上野高等学校卒業。(在学中上野高等学校山岳部に所属) 1963年 電気通信大学電気通信学部卒業。(在学中同大学音楽部に所属) 1965年 東北大学大学院物理学科修士課程修了 ...
    引用元: 飯島 澄男(

  • 2010年07月13日07:00のアクセスランキング(1位:尾河 2位 ...

    2位 飯島澄男 1時間前:圏外(113人) 飯島澄男とは 飯島 澄男(いいじま すみお、男性、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。2002年日本学士院恩賜賞。カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 名城大学 理工学部 教授 NEC 研究開発グループ 特別主席研究員 産業技術総合研究所 ナノカーボン研究センター センター長 1939年 埼玉県生まれ 1958年 東京都立上野高等学校卒業。(在学中上野高等学校山岳部に所属) 1963年 電気通信大学電気通信学部卒業。(在学中同大学音楽部に所属) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 飯島澄男の記事 2010年ノーベル物理学賞、英マンチェスター大学ロシア...
    引用元: 2010年07月13日07:00のアクセスランキング(1位:尾河 2位 ...

  • 飯島澄男特別栄誉教授の文化勲章受章記念シンポジウム【1月26日 開催】

    飯島澄男特別栄誉教授の文化勲章受章記念シンポジウム【1月26日 開催】 印刷機能を使用する場合はJavaScriptを有効にしてください。 2009年12月18日 この度、本学の飯島澄男特別栄誉教授が平成21年度文化勲章を受章されました。これを記念してナノテクノロジーの最前線に関する記念シンポジウムを下記の通り開催します。 ナノテクノロジーの一つであるナノマテリアル作製技術の進展により、ナノマテリアルから発現される新しい機能を利用したエネルギーや環境にわたる次世代デバイスやシステムの展開が期待されます。本学の揚げる総合コミュニケーション科学の創造においてもナノマテリアル研究の進展は重要なテーマの一つです。ぜひご出席くださるようご案内します。 【日時】 平成22年1月26日(火) 14:00~17:40 (どなたでも参加いただけます。) 【会場】 電気通信大学 講堂 (13:30より入場でき...
    引用元: 飯島澄男特別栄誉教授の文化勲章受章記念シンポジウム【1月26日 開催】

  • 東北大学 - 【2010.7.10】飯島澄男先生 文化勲章受章記念講演会

    飯島澄男先生 文化勲章受章記念講演会 飯島澄男先生は、カーボンナノチューブの発見者として、広くその名が知られています。この発見の舞台となった電子顕微鏡を使った研究は、約50年前、東北大学(旧)科学計測研究所(現在の多元物質科学研究所)での電子顕微鏡との出会いから始まりました。 先生は昭和43年4月から昭和49年6月まで旧科学計測研究所に在職され,昨年11月文化勲章を受章されました。 その受章を記念しまして、受章記念講演会及び懇親会を以下により開催することとなりました。 皆様お誘い合わせの上、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。 なお,詳細は ポスター をご覧ください。 ( 飯島先生のプロフィール :名城大学HP) (記念講演会) 日 時 : 2010年7月10日(土)16:00〜17:30 会 場 : 東北大学片平キャンパス 材料・物性総合研究棟1号館...
    引用元: 東北大学 - 【2010.7.10】飯島澄男先生 文化勲章受章記念講演会

  • 特別招へい教授 飯島澄男

    飯島 澄男 プロフィール 1963 電気通信大学通信学科卒業 1965 東北大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了 1968 東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了 研究経歴 1968-1974 東北大学科学計測研究所助手 1970-1982 米国アリゾナ州立大学研究員 (1979) 英国ケンブリッジ大学客員研究員 1982-1987 新技術開発事業団(現 科学技術振興機構)創造科学推進事業 グループリーダー 1987- NEC特別主席研究員 1998-2002 科学技術振興事業団(現 科学技術振興機構)国際共同研究事業 プロジェクト代表研究者 1998- 名城大学大学院理工学研究科教授 2001- 独立行政法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター長 2002-2006 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 プロジェクトリーダー 2003...
    引用元: 特別招へい教授 飯島澄男

  • 飯島澄男 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    飯島澄男 - Wikipedia 飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。 文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者。 カーボンナノチューブの発見 (1991年)と電子顕微鏡による構造決定... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B3%B6%E6%BE%84%E7%94%B7 カーボンナノチューブ 飯島澄男 特別主席研究員 研究者の素顔 | NEC カーボンナノチューブの研究者、 飯島澄男 NEC特別主席研究員を紹介しています。 http://www.nec.co.jp/rd/innovative/cnt/myself.html 飯島澄男 氏インタビュー 東京大学・荒川泰彦氏 · 産業技術総合研究所 飯島澄男 氏 · 信州大学・遠藤守信氏 · 神奈川科学技術アカデミー 藤嶋昭氏 · ...
    引用元: 飯島澄男 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 名城大学|育て達人

    飯島 澄男(いいじま・すみお) 埼玉県出身。電気通信大学卒、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。1991年にカーボンナノチューブを発見。99年から名城大学理工学部教授。NEC特別主席研究員、産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター長。ベンジャミン・フランクリン賞、日本学士院賞、藤原賞、アストゥリアス皇太子(スペイン)賞などを受賞。69歳。
    引用元: 名城大学|育て達人

  • 「カーボンナノチューブの発見」飯島 澄男 名城大学教授 : 創造性の育成 ...

    飯島 澄男 先生 プロフィール 物理学者および化学者。独立行政法人産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センターセンター長。新エネルギー・産業技術総合開発機構カーボンナノチューブキャパシタ開発プロジェクトリーダー。文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞。カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。ノーベル化学賞の有力候補とも見られている。 ※カーボンナノチューブ:炭素の同素体。「カーボン=炭素」「ナノ=ナノメートル(nm)」「チューブ=円筒」と3つの言葉を合わせた言葉。炭素原子が網目のように結びついて筒状になったもので、直径はナノメートル単位ととても細く、人の髪の毛の5万分の1の太さ。
    引用元: 「カーボンナノチューブの発見」飯島 澄男 名城大学教授 : 創造性の育成 ...

  • ナノネットインタビュー: ナノチューブとナノホーン 〜ナノテクノロジーの ...

    飯島 澄男(いいじま すみお)氏 名城大学 理工学部材料機能工学科 教授 NEC研究所 特別主席研究員 独立行政法人 産業技術総合研究所 新炭素系材料開発研究センター長 科学技術振興事業団 基礎的研究発展推進事業 “CNTプロジェクト” 研究代表者 1968年 東北大学 大学院理学研究科 物理学専攻 博士課程修了 東北大学 科学計測研究所 助手 1970年 〜1982年 米国アリゾナ州立大学 研究員 1979年 英国ケンブリッジ大学 客員研究員 1982年 新技術事業団 創造科学推進事業 林超微粒子プロジェクト基礎物性グループ グループリーダー 1987年 〜現在 日本電気株式会社 NECラボラトリーズ(現 研究所) 特別主席研究員 1988年 〜2002年 科学技術振興事業団 国際共同研究事業「ナノチューブ状物質」プロジェクト研究代表者 1999年 〜現在...
    引用元: ナノネットインタビュー: ナノチューブとナノホーン 〜ナノテクノロジーの ...

  • 本研究科物理学専攻出身飯島澄男先生 2009年文化勲章受章

    本研究科物理学専攻出身飯島澄男先生 2009年文化勲章受章 印刷用表示 | テキストサイズ 小 | 中 | 大 | -- [Interview] 2009/11/10 本学大学院理学研究科の出身(1968年博士課程修了、科学計測研究所助手)である、飯島澄男先生(現在名城大学教授、名古屋大学特別招聘教授、NEC特別主席研究員、産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター長、本学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR) adjunct professor )が平成21年度文化勲章受章者に選出され、2009年11月3日(火)に皇居で行われた文化勲章親授式において受章されました。 研究科教職員、学生一同を代表しまして、こころよりお祝い申し上げます。 文化勲章を胸に下げた飯島澄男教授 飯島先生受章記念のケーキ 飯島先生は、高分解能電子顕微鏡を駆使し、アーク放電装置にとりつけられた炭素電極を...
    引用元: 本研究科物理学専攻出身飯島澄男先生 2009年文化勲章受章

  • 目黒会について/事業内容/同窓会賞/平成7年飯島澄男氏

    平成7年同窓会賞 ---飯島 澄男--- ( 昭和38年電波通信学科卒) ■ 推薦理由 飯島氏は高分解能電子顕微鏡を駆使して、カーボンナノチューブが炭素電極を用いたアーク放電によって陰極上に形成されることを発見した。この発見は世界的に高く評価されている。 ■ 受賞者略歴 昭和14年5月2日 : 生 昭和38年3月 : 電気通信大学 電波通信学科 陸上通信専攻卒業 昭和43年 : 東北大学大学 院博士課程 (物理専攻)修了 理学博士 昭和43年 : 東北大学科学計測研究助手 昭和45〜57年 : アリゾナ州立大学助手を経て、 同個体科学研究センター上級研究員 昭和57〜62年 : 新技術開発事業団創造科学技術推進事業 超微粒子プロジェクト参加 昭和62年 : 日本電気(株)基礎研究所主幹研究員 昭和63年 : ...
    引用元: 目黒会について/事業内容/同窓会賞/平成7年飯島澄男氏

  • 産総研:プレスリリース「ベンジャミンフランクリンメダル」の受賞について

    氏名: 飯島 澄男 (いいじま すみお) 生年月日: 1939年5月2日 現職: 日本電気株式会社 NECラボラトリーズ 特別主席研究員 名城大学理工学部材料機能工学科教授 科学技術振興事業団 国際共同研究事業 「ナノチューブ状物質」プロジェクト 代表研究者 独立行政法人産業技術総合研究所 新炭素系材料開発研究センター センター長
    引用元: 産総研:プレスリリース「ベンジャミンフランクリンメダル」の受賞について

  • 飯島澄男:マピオン大百科

    飯島澄男 人物情報 誕生 1939年 5月2日 (72歳) 埼玉県 越谷市 国籍 日本 学問 母校 電気通信大学 東北大学 主な業績 カーボンナノチューブ の発見 (1991年) 表示 飯島 澄男 (いいじま すみお、 1939年 5月2日 - )は、 日本 の 物理学者 および 化学者 。 文化功労者 、 日本学士院恩賜賞 受賞者、 文化勲章 受賞者。 カーボンナノチューブ の発見(1991年)と 電子顕微鏡 による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子が アメーバ のように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 ノーベル化学賞 ・ 物理学賞 の有力候補とも見られている。 NEC 特別主席研究員、 名城大学 教授をはじめ多数の職を現職で兼任する。 目次 1 現職 2 略歴 3 研究分野 4 主な所属学会 ...
    引用元: 飯島澄男:マピオン大百科

  • 研究者プロフィール 飯島 澄男 産学連携 MeidaS(メイダス)

    トップページ > 研究者検索 > 研究者プロフィール(基本情報) 飯島 澄男(イイジマ スミオ) 更新日 2011 年 3 月 28 日 氏名 飯島 澄男 イイジマ スミオ お問い合わせ 個人情報保護方針 〒468-8502 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501 TEL:052-838-2036 FAX:052-833-7200 学術研究支援センター 産官学連携グループ Copyright(c) Since 2005. Meijo University.All Rights Reserved.
    引用元: 研究者プロフィール 飯島 澄男 産学連携 MeidaS(メイダス)

  • ニュース大好き: 飯島澄男 経歴

    飯島澄男 経歴 学会発表オープンに 学者が市民に分かりやすく説明 中日新聞 ノーベル賞候補とも言われるカーボンナノチューブ発見者の飯島澄男名城大教授らが最先端の研究を分かりやすく講演した。 学会の市民開放が広がる理由について、日本植物生理学会広報委員の石黒澄衛名古屋大准教授は「研究資金の大部分は税金。その成果を示すことは時代の ... (続きを読む) ナノチューブというのがよく解りません。これはどんなもので、どんな風に、何故、... ナノチューブというのがよく解りません。これはどんなもので、どんな風に、何故、何に役に立つのでしょうか?? (続きを読む) 飯島澄男 飯島澄男 名城大教授。ノーベル賞有力候補.(続きを読む) (続きを読む) posted by news101 at 05:33| ホットなニュース
    引用元: ニュース大好き: 飯島澄男 経歴

  • 飯島 澄男博士電気通信大学

    サイト内の現在位置 大学ホーム 大学案内 大学基本情報|特別栄誉教授 飯島 澄男博士 特別栄誉教授 印刷機能を使用する場合はJavaScriptを有効にしてください。 飯島 澄男(いいじま すみお)博士 所属・職 名城大学大学院理工学研究科 教授 NEC特別主席研究員 (独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター長 称号授与理由 炭素から成る新物質相「カーボンナノチューブ」を1991年に発見した飯島澄男博士は、ナノチューブ構造の詳細な観察と解析を通してナノチューブの成長や折れ曲がり構造の発生に関するモデルの提唱、ナノチューブ管内に異種物質が入り込む毛細管現象の発見、単層ナノチューブの合成を続けて行っている。現在、ナノチューブに関する材料科学の基礎から応用にまでおよぶ新分野を開拓しつつあり、科学界のみならず産業化へも大きなインパクトを与えている。これらの業績に対して...
    引用元: 飯島 澄男博士電気通信大学

  • 飯島澄男 - Wikipedia

    飯島澄男 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 飯島澄男 人物情報 誕生 1939年 5月2日 (72歳) 埼玉県 越谷市 国籍 日本 学問 母校 電気通信大学 東北大学 主な業績 カーボンナノチューブ の発見 (1991年) 表示 飯島 澄男 (いいじま すみお、 1939年 5月2日 - )は、 日本 の 物理学者 および 化学者 。 文化功労者 、 日本学士院恩賜賞 受賞者、 文化勲章 受賞者。 カーボンナノチューブ の発見(1991年)と 電子顕微鏡 による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子が アメーバ のように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 ノーベル化学賞 ・ 物理学賞 の有力候補とも見られている。 NEC 特別主席研究員、 名城大学 教授をはじめ多数...
    引用元: 飯島澄男 - Wikipedia

  • 一般社団法人 企業研究会

    飯島 澄男氏 91年同氏により発見されたカーボンナノチューブ(CNT)は、一連の電子顕微鏡に関する研究の過程で発見された。決して偶然(セレンディピティー)ではなく必然とも言えるもので、「観察」の重要性が指摘された。 また、CNTについて現在進展しているいくつかの応用研究(半導体、Super Capacitor application、コンポジット、MEMS他)が紹介された。産業の発展におけるサイエンスの重要性が強調されたが、同時に、科学(基礎研究、ナノサイエンス、ナノ物質・・・)と工業(応用開発研究、役立つ、経済的につくる・・・)の間には大きな壁がある現状も併せ指摘された。
    引用元: 一般社団法人 企業研究会

  • 事務局より

    飯島澄男氏(いいじま・すみお)70歳。名城大教授。1963年電気通信大学の学部 電波通信学科を卒業。電通大初の特別栄誉教授、称号授与者。また1995年電通大第一回目の同窓会賞の受賞者。大学の関連記事は こちらから 、同窓会賞の詳細は こちらから 飯島博士は電子顕微鏡の分解能を原子レベルにまで高め、結晶の原子配列観測に成功。またカーボンナノチューブを発見し、基本構造を明らかにしたことで、新材料としての産業応用の道を開いた。
    引用元: 事務局より

  • 分子研レターズ49|出版物|分子研について|分子科学研究所

    受賞者紹介 (1ページ、12k) 飯島澄男教授に文化功労者 外国人研究員の紹介 (4ページ、22k) Prof. ISHKHANYAN, Artur Prof. HOLOVKO, Myroslav F. Prof. KWON, Yong-seung Prof. PULAY, Peter 新人自己紹介 (8ページ、102k) 総合研究大学院大学 (1ページ、11k) 平成15年度総合研究大学院大学学位取得者及び学位論文名 総合研究大学院大学平成15年度(10月入学)新入生紹介
    引用元: 分子研レターズ49|出版物|分子研について|分子科学研究所

  • 飯島澄男--飯島について--

    飯島澄男博士の業績といえば、とかく1991年の"カーボンナノチューブの発見"だけが大きく取り上げられがちですが、博士はナノチューブの発見以前から、高分解能電子顕微鏡法の開発に関してはすでに世界的に有名な研究者でありました。「電子顕微鏡を使って原子配列を直接見よう」という博士の30数年におよぶ一貫した研究を振り返れば、カーボンナノチューブの発見でさえ付加的なものにすぎない気がするくらいです。 ここでは、飯島博士の業績として、カーボンナノチューブの発見だけでなく、そこに至るまでの博士の一貫した研究を紹介します。
    引用元: 飯島澄男--飯島について--

  • 中部地域産学官連携サミット

    名城大学理工学部教授 産業技術総合研究所 新炭素系材料開発研究センター長 飯島 澄男 ● 生年月日 昭和14年5月2日(63歳) ● 学 歴 昭和43年 東北大学大学院理学研究科博士課程修了 ● 職 歴 昭和43年 東北大学科学計測研究所助手 昭和45年 米国アリゾナ州立大学研究員 昭和57年 新技術開発事業団(現 科学技術振興事業団) 昭和62年 日本電気株式会社 入社 平成11年 名城大学理工学部教授(兼務) 平成13年 産業技術総合研究所 新炭素系材料開発研究センター長(兼務)
    引用元: 中部地域産学官連携サミット

  • 勘とは経験の蓄積である WEDGE infinity

    飯島澄男(いいじま・すみお) 1939年生まれ。東北大学大学院物理学科博士課程修了。91年に第5の炭素物質・カーボンナノチューブを発見。現在は名城大学大学院理工学研究科教授、NEC特別主席研究員などを兼ねる。文化勲章受章者。 写真:田渕睦深
    引用元: 勘とは経験の蓄積である WEDGE infinity

  • 名城大学|飯島澄男教授が第1回カヴリ賞を受賞

    名城大学の飯島澄男大学院教授(NEC特別主席研究員、独立行政法人産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センター長)が第1回カヴリ賞(ナノ科学部門)を受賞することが決まりました。 カヴリ賞はノルウェー系米国人フレッド・カヴリ氏の提唱により、カヴリ財団とノルウェー教育研究省、ノルウェー科学人文アカデミーの共同事業として本年度から設立されたもので、天体物理学、ナノ科学、神経科学の3部門からなり、各分野の優れた研究に対して、それぞれ100万USドル(ノーベル賞は130万ドル)の賞金とメダル・賞状が贈られます。 今回の受賞は、1991年に飯島教授(当時NEC基礎研究所主席研究員)が発見したカーボンナノチューブの研究開発に対して与えられたものです。カーボンナノチューブは、鋼鉄より高い強度を持つこと、作り方によって半導体にも金属にもなること、優れた熱的特性を有することなど、様々なユニークな特性を持ち、ナ...
    引用元: 名城大学|飯島澄男教授が第1回カヴリ賞を受賞

  • 飯島澄男 - 辞書すべて - goo辞書

    「飯島澄男」で始まる言葉 - 辞書すべての検索結果 すべて 国語 類語 英和 和英 中日 日中 Wikipedia記事検索 の検索結果 1~1 / 全1件 飯島澄男 飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。 文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者。 「飯島澄男」の使用例を検索する ソーシャルブックマークに追加: 便利なツール スマートフォン版goo辞書 国語・英和・和英辞書を搭載 goo辞書Twitter 漢字クイズや「今日の名言」配信中 goo辞書 for IE8 IE8 日本語版 RC1 アクセラレータ機能に対応しました! goo複合検索 「ウェブ検索」「教えて!goo検索」「goo辞書検索」など、6種類の検索結果を一画面内で閲覧できます...
    引用元: 飯島澄男 - 辞書すべて - goo辞書

  • 「学者・研究者の転職をすすめる」---飯島 澄男氏 - 産業動向 ...

    「学者・研究者の転職をすすめる」---飯島 澄男氏 2003/09/01 00:00 神保 進一 出典:日経ナノテクノロジー, (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります) カーボンナノチューブを発見した(1991年)ことで知られている飯島 澄男氏が2003年8月29日,「第64回応用物理学会学術講演会」において「ナノチューブの科学・技術」と題して講演し,同氏の過去の業績を振り返って「転職のたびに新しい業績を立ててきた」として,聴講者に“転職のすすめ”論を展開した。これは,飯島氏が今春「第3回応用物理学会業績賞」を受賞したことを記念して,一般講演 合同セッション「カーボンナノチューブの基礎と応用」で講演したもの。 講演では,2002年日本学士院賞・恩賜賞を受賞したときには,「当初カーボンナノチューブに対しての受賞であったが,過去の電子顕微鏡に対する業績も付け加えてほし...
    引用元: 「学者・研究者の転職をすすめる」---飯島 澄男氏 - 産業動向 ...

  • 飯島澄男 | web R25

    飯島澄男 飯島澄男とは R25のキーワード:飯島澄男 飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者。カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定の仕事にて、世界的に有名になった。金の原子がアメー... 飯島澄男についてもっと知る 「飯島澄男」の引用元:Feぺディア(出典:Wikipedia)/2011年7月22日時点 本ページの情報につきましては定期的に更新を行っておりますが、 Feペディアでの内容と差異が生じる可能性がございます。 あらかじめご了承の上ご利用頂きますようお願い申し上げます。 最新の情報につきましては、Feペディアの該当ページをご確認ください。 ページトップへ 今週の彼女 剛力彩芽 引っ張ってくれる日本男児が好き。「恋愛観が昭和だね」ってよく言われます 20...
    引用元: 飯島澄男 | web R25

  • 特別招へい教授

    飯島 澄男 益川 敏英 2009年 文化勲章受章 カーボンナノチューブの発見 2008年 ノーベル物理学賞受賞 第5、第6のクォークに関わる 「小林・益川理論」の提唱 プロフィール プロフィール 小林 誠 下村 脩 2008年 ノーベル物理学賞受賞 第5、第6のクォークに関わる 「小林・益川理論」の提唱 2008年 ノーベル化学賞受賞 緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見 プロフィール(準備中) プロフィール
    引用元: 特別招へい教授

  • 飯島澄男 Sumio Iijima - 世界の化学者データベース ...

    飯島澄男 Sumio Iijima (写真: Nanoscienceworks.org ) 概要 飯島澄男 (いいじま すみお、1939年5月2日-)は日本の物理学者・化学者。名城大学理工学部教授、 NEC研究開発グループ・特別主席研究員、産総研ナノカーボン研究センター長。 フラーレンと並び炭素ナノテクノロジーの主役を担う、 カーボンナノチューブ の発見者として世界的に有名。トムソンISI社の調査により、2007年ノーベル物理学賞候補として名前が挙がりました。 経歴 1939年埼玉県に生まれる。 1963 電気通信大学電気通信学部 卒業 1968 東北大学大学院物理学科 博士号取得 1968 東北大学科学計測研究所 助手 1970 米国アリゾナ州立大学研究員 1979 英国ケンブリッジ大学客員研究員 1987 日本電気株式会社特別主席研究員 1998- 名城大学理工学部教授 200...
    引用元: 飯島澄男 Sumio Iijima - 世界の化学者データベース ...

  • 東北大学萩友会(しゅうゆうかい)|数字に見る東北大学

    二人の東北大学同窓生「日沼頼夫博士」・「飯島澄男博士」、文化勲章を同時受章。 世界初のレトロウイルスの発見。夢の新素材カーボンナノチューブ の生みの親。ノーベル賞の有力候補の両博士です。 東北大学同窓生2博士、平成21年度文化勲章を同時受章 専攻 お名前 東北大学経歴 受章業績 ウイルス学 日沼頼夫 博士 医学部卒 大学院終了 歯学部教授 成人T細胞白血病(ATL)の ウイルス病因の発見 材料科学 飯島澄男 博士 大学院物理学科 博士課程修了 東北大学科学計測 研究所助手 カーボンナノチューブの発見と 高分解能電子顕微鏡の開発 文化勲章とは、学術や芸術の分野の、日本における最高の栄誉です。平成21年度は、5氏が晴れて受章。学術関係3氏のうちの2氏、日沼頼夫博士と飯島澄男博士は東北大学の出身でした。 両博士の文化勲章受章に至...
    引用元: 東北大学萩友会(しゅうゆうかい)|数字に見る東北大学

  • 飯島澄男先生 ... | ニュース | 東北大学 -TOHOKU ...

    2010年7月21日 14:00 | ニュース 飯島澄男先生 文化勲章受章記念講演会実施報告 多元研では、丘友会(旧科学計測研究所同窓会)との共催で、文化勲章受章者の飯島澄男先生をお迎えして、「カーボンナノチューブの発見」と題して、記念講演会を去る7月10日(土)に開催しました。 飯島澄男先生は、カーボンナノチューブの発見者として、広くその名が知られています。 記念講演会には、丘友会会員はじめ、多元研の教職員、学生、他部局の教員、学生等約100名が参加しました。 飯島澄男先生は、天皇陛下から文化勲章を授与されたときの様子や在職していた旧科学計測研究所での電子顕微鏡との出会いからカーボンナノチューブを発見 するまでのお話しをわかりやすく説明され、参加者は興味深い様子で聴き入っていました。
    引用元: 飯島澄男先生 ... | ニュース | 東北大学 -TOHOKU ...

  • 『飯島澄男』人物情報 - NAVER人物検索

    http://www.nec.co.jp/press/ja/0805/2904.html 飯島澄男 いいじますみお 生年月日 1939年5月2日 職種 科学者 性別 男 星座 おうし座 出身 埼玉(日本 ) 関連リンク NANOTUBULITES 飯島澄男との関連検索 同じ年生まれの人物 同じ職種の人物 同じ出身の人物 同じ星座の人物 今、話題の人物 もっと見る 成田童夢 引退会見 サブカルタレントへの転身を発表 YELLOW FRIED CHICKENz パリで欧州ツアースタート 藤原紀香 藤原紀香、証券アナリストと交際発覚 人物ファインダー 職種などによる絞り込み検索
    引用元: 『飯島澄男』人物情報 - NAVER人物検索

  • 2010月10月6日「飯島澄男氏カーボンナノチューブの評価は ...

    【2010年10月6日 飯島澄男氏カーボンナノチューブの評価は 】 今年のノーベル物理学賞は、グラフェンを実際につくり、性質を分析した英マンチェスター大学の2教授に授与されることになった(2010年ニュース【 グラフェン発見の英大学教授2人にノーベル物理学賞 】参照)。 国際文献情報企業「トムソン・ロイター」は、研究者の注目論文がどれだけ引用されているかを分析したデータを基に、毎年その年のノーベル賞受賞有力候補を発表している。ノーベル物理学賞に輝いたアンドレ・ガイム、コンスタンチン・ノボセロフ両教授は、2年前にトムソン・ロイターが発表した物理学賞の有力候補者に挙げられていた。 炭素(C)という地球にありふれた元素がナノレベルで多様な形態、性質を持つことは、特に近年、研究者たちの大きな関心を集めている。1996年には、サッカーボールのような形をした「フラーレンC60」を発見した米国人2...
    引用元: 2010月10月6日「飯島澄男氏カーボンナノチューブの評価は ...

  • 会員個人情報 | 日本学士院

    会員個人情報 氏名 飯島澄男 (いいじま すみお) 所属部・分科 第2部第5分科 選定年月日 平成22年12月13日 専攻学科目 物質科学 現職等 名城大学大学院理工学研究科教授 独立行政法人産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター長 名古屋大学高等研究院特別招へい教授 受賞等 国内 仁科記念賞(昭和60年) 朝日賞(平成9年) 恩賜賞・日本学士院賞(平成14年) 文化功労者(平成15年) 藤原賞(平成19年) 文化勲章(平成21年) 海外 バートラム ワーレン賞(米国結晶学会)(1976年) マックグラディ新材料賞(米国物理学会)(2002年) アジレント欧州物理学賞(2002年) フランクリンメダル・物理学賞(2002年) カウリー メダル国際顕微鏡学会連合(2006年) グレゴリ...
    引用元: 会員個人情報 | 日本学士院

  • 名城大学|ノーベル賞受賞候補者予測に飯島澄男教授

    Home > ニュース・イベント > ニュース > ノーベル賞受賞候補者予測に飯島澄男教授 2007年9月14日掲載 ノーベル賞受賞候補者予測に飯島澄男教授 アメリカの文献データ会社「トムソンサイエンティフィック」は、ノーベル物理・化学賞等の受賞候補者の予測を発表。この中で本学理工学研究科の飯島澄男教授が物理学賞の候補に挙げられました。 この発表については、12日の毎日新聞、中日新聞も記事として取り上げました。ノーベル賞の発表は10月9日物理学賞、10日化学賞となっています。 前のページへ戻る ページトップへ戻る
    引用元: 名城大学|ノーベル賞受賞候補者予測に飯島澄男教授

  • 東京電機大学 - ニュースリリース

    著名技術者のオーラルヒストリー 報告書完成 飯島澄男氏、岡村總吾氏、白川英樹氏、中村修二氏、西沢潤一氏など63名 学校法人東京電機大学 東京電機大学(学長 古田勝久)が中心で研究を行なった「オーラルヒストリーによる戦後技術の調査研究−電気技術について−」の報告書が完成しましたので、ご案内いたします。 オーラルヒストリーとは、関係者にインタビューを行うことで、成果にいたる経緯や関係者の想いなど、正式な記録に残りにくい内容を口述筆記し蓄積していこうとする試みで、政治の分野では東大先端科学技術研究センターの御厨貴教授の取組みが有名です。 今回の試みは、この半世紀、日本の目覚しい技術革新を担った技術者に焦点をあて、人格面からの記録を残すことで、その思いや精神を記録しようとする試みです。科学技術では論文や特許など成果は記録されますが、人格面からのアプローチは、従来ほとんど行なわれてきません...
    引用元: 東京電機大学 - ニュースリリース

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    NEC研究開発グループ主席研究員、名城大学理工学部教授、科学技術振興事業団・国際共同事業 ナノチューブ状物質プロジェクト研究代表の理工博士・飯島澄男さんの研究を紹介。飯島博士は、1991年、実験中に、炭素物質から、炭素原子でできたナノサイズのチューブ、「カーボンナノチューブ」を発見した。博士の発見によって、カーボンナノチューブは世界中から新しい材料として注目されることとなる。カーボンナノチューブの特徴は、第1にとにかく小さいこと。ナノレベルの材料になると、本来の炭素材料とは全く違った性質を持つ。今、特に注目されているのが、電気の伝導性。ナノチューブは、同じチューブでも、原子の並び方を変えたり、形を変えたりすることが出来る。その形の変異によって電気を通したり通さなかったりするのである。その他にも、いろんな特徴が見つかっているが、それは大型の高画質テレビの画面に使われたり、将来的な自動...
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 産総研 - トピックス - 飯島澄男ナノカーボン研究センター長 米国炭素 ...

    飯島澄男ナノカーボン研究センター長 米国炭素学会「科学技術功績メダル」受賞 炭素の研究に関する優れた業績に贈られる米国炭素学会の「科学技術功績メダル」の受賞者に飯島澄男博士(ナノカーボン研究センター長、NEC特別主席研究員、名城大学教授)と遠藤守信博士(信州大学教授)が選ばれました。 授賞理由は極めて細い筒状の炭素物質カーボンナノチューブの「発見と合成に関する先駆的研究」で、飯島、遠藤両氏のほか米国のドナルド・ベチューン博士も受賞しました。 飯島博士は、「電子顕微鏡を使って原子配列を直接見る」という研究を進めて行くなかで、1991年高度な電子顕微鏡技術を駆使することでアーク放電炭素電極の堆積物の中から、カーボンナノチューブを発見しました。 関連情報 2002.6.10 トピックス: 飯島澄男新炭素系材料開発研究センター長 日本学士院賞・恩賜賞を受賞 2002.1.29 発表 プレス...
    引用元: 産総研 - トピックス - 飯島澄男ナノカーボン研究センター長 米国炭素 ...

飯島澄男 の相関図を読込中

飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者。埼玉県越谷市出身。文化功労者、日本学士院恩賜賞受賞者、文化勲章受賞者。日本学士院会員。カーボンナノチューブの発見

スポンサードリンク