高潤生の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • The modern letter research ...

    審査員 高潤生 現代印作作家 書家 東方書道篆刻会会長 皇学館大学講師 View 審査員 中世古二生 「現代文字研究所」理事 「国際CANつぶし協会」副会長 「 アルバトロスクラブ」所属 View 審査員 ミートンイン 中国国家級画家資格 中国美術協会浙江省会会員 全日本中国水墨会連盟理事 芸術学博士 View 審査員 宮本 光信 宝塚造形芸術大学大学院博士課程在籍 太平洋美術会同人 A・U (ART UNIDENTIFIED)会員 現代文字研究所 理事 View 審査員 ISO山本(山本 好美) 宝塚造形芸術大大学院博士課程在籍 デジタル書家 現代文字研究家 「 現代文字研究所」代表 「デジタル書作家協会」 副会長 A・U (ART UNIDENTIFIED) 会員...
    引用元: The modern letter research ...

  • 五十鈴塾 | 講師のご紹介

    高潤生(こう じゅんせい) 【GaoRunSheng (号 風魂)】 書家・現代印作創始者 中国書法家協会会員 黒龍江省篆刻研究会副会長 東方篆刻研究会主宰 1954年 ハルピン市生まれ 張鴻臣、游壽(介眉)に師事、古文学、書道を学ぶ。 中国全国書法篆刻展、散木藝術館「中国名家収蔵書法繪画展」、 黒龍江省美術館企画展「書法篆刻十人展」など多数入選、入賞。 1988年来日。 1989年以降、日本での個展活動を開始すると同時に、 国内外の展覧会に出品。伝統篆刻に加え、新しい篆刻表現を探究し、 情感の世界を表現する印作の領域を開拓し、「現代印作」男・女シリーズを創作。 「中国当代書法家辞典」、「中国当代藝術界名人録」、書道篆刻専門誌「書に遊ぶ」、 「書道賞評」、「篆刻」などで紹介される。 1997年「現代の書芸術-墨象の世界」(淡交社)で中国の代表作家として紹介され、作品「現代印作」が掲載...
    引用元: 五十鈴塾 | 講師のご紹介

  • 講師の紹介 || 五十鈴塾 || 伊勢志摩の旅 よいとこせ

    こう じゅんせい 高 潤生 【GaoRunSheng (号 風魂)】 書家・現代印作創始者 中国書法家協会会員 黒龍江省篆刻研究会副会長 東方篆刻研究会主宰 【経歴等】 1954年 ハルピン市生まれ 張鴻臣、游壽(介眉)に師事、古文学、書道を学ぶ。 中国全国書法篆刻展、散木藝術館「中国名家収蔵書法繪画展」、 黒龍江省美術館企画展「書法篆刻十人展」など多数入選、入賞。 1988年来日。 1989年以降、日本での個展活動を開始すると同時に、 国内外の展覧会に出品。伝統篆刻に加え、新しい篆刻表現を探究し、情感の世界を表現する印作の領域を開拓し、「現代印作」男・女シリーズを創作。 「中国当代書法家辞典」、「中国当代藝術界名人録」、書道篆刻専門誌「書に遊ぶ」、 「書道賞評」、「篆刻」などで紹介される。 1997年「現代の書芸術-墨象の世界」(淡交社)で中国の代表作家として紹介され、作品「現代印作」が...
    引用元: 講師の紹介 || 五十鈴塾 || 伊勢志摩の旅 よいとこせ

  • プロフィール | 随筆 | 高潤生ホームページ

    高潤生/GaoRunSheng (号 風魂) 現代印作作家 書道篆刻家 / 皇學館大学講師 / 国際手書き文字Art展審査員 / 五十鈴塾講師 第一回全国書法篆刻展、黒龍江省美術館十人展、�ケ散木芸術館展など多数入選、入賞。 ハルビン師範大学書道専任講師、黒龍江省書法家協会理事、黒龍江省青年書法美術家協会理事、黒龍印社理事、『青少年書法新聞』篆刻選評委員等を歴任。 1988年より芸術拠点を日本に移し、個展を中心に芸術活動を展開。 観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」などのロゴを制作。 伝統書道篆刻に加え、新しい文字アートのジャンル「現代印作」「かな篆刻」を開拓し国内外の芸術界の注目を集め、篆刻芸術の国際的な交流と発展に貢献している。 著書に『高潤生現代印作』、『かな篆刻』など。 <近年の主な芸術活動> 中国黒龍江省美術館 「高潤生《生命の楽章》現代印作・書作展」 三重県立美術館県民...
    引用元: プロフィール | 随筆 | 高潤生ホームページ

  • みえの文化びと詳細

    みえの文化びと詳細 地域 伊勢・志摩地域 名前 高 潤生(こう じゅんせい) 高 潤生さん プロフィール 書道篆刻家 現代印作作家 五十鈴塾講師 中国ハルビン書法家協会芸術顧問 国際手書き文字Art展審査員 1954年生まれ、游壽に師事。 1975年ハルビン工芸美術センター専属書家。 1980年より書道篆刻作品は第一回全国書法篆刻展、黒龍江省美術館十人展、 �ケ散木芸術館展など多数入選、入賞。 1983年ハルビン師範大学書道専任講師。 黒龍江省書法家協会理事、黒龍江省青年書法美術家協会理事、黒龍印社理事、『青少年書法新聞』篆刻選評委員等を歴任。 1988年より芸術拠点を日本に移し、個展を中心に芸術活動を展開し、国内外の展覧会に多く出品。 観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」などのロゴを創作。 伝統書道篆刻に加え、新しい文字アートのジャンル「現代印作...
    引用元: みえの文化びと詳細

  • ミキモトで高潤生「真珠」絵画展 - 銀座新聞ニュース

    ヘッドラインニュース ミキモトで高潤生「真珠」絵画展 ミキモト(中央区築地1-8-9、03-6226-9870)は2008年2月7日から2月12日までミキモト本店(中央区銀座4-5-5、03-3535-4611)の6階ミキモトホールで「高潤生ー現代印作・書作展ー真珠礼賛」を開催する。 中国人画家で書家の高潤生(こう・じゅんせい)さんはテーマに沿って文字を選び、その文字を造形して独自の作品を創りだしている。今回は「現代印作」や「かなてん刻」という手法を駆使して「真珠」をテーマにした作品約30点を紹介する。 「現代印作」は文字を素材に、てん刻手法に絵画の色彩表現法などを取り入れ、石刻とデジタル技法を使って表現する形式のことだ。 「かなてん刻」はかな、あるいはかなと漢字を素材とした日本語のてん刻のことで、高潤生さんは独特の「現代印作」や「かなてん刻」を考案している。 高潤生さんは1954年中国・...
    引用元: ミキモトで高潤生「真珠」絵画展 - 銀座新聞ニュース

  • TAB イベント - 祥洲 + 高潤生 展

    祥洲 + 高潤生 展 このイベントは終了しました。 マキイマサルファインアーツ にて メディア: 書道 上海井ART画廊、そしてマキイマサルファインアーツ主催により、上海そして東京を巡回する豪華企画展。4月26日~5月31日まで先行開催された上海井ART画廊展は、後援に日本国駐上海総領事館、また、イタリアを代表するデザイナーズ家具メーカーCassina(カッシーナ)をはじめ、中国の多数のメディアが協賛。開幕式典には会場入り口にまで来場者が溢れるほどの大きな反響を呼びました。 そして今回、同展の代表作品が日本初公開となります。 他の追随を許さない独自の墨美世界を展開する祥洲氏。 現代印作という新たな表現を創始した高潤生氏。 20年来の親友であるという両氏の初の二人展を是非お楽しみ下さい。 [画像: 「墨works 墨魂」 祥洲自家製墨と中国画仙紙 165.0 × 96.0cm] スケジュール...
    引用元: TAB イベント - 祥洲 + 高潤生 展

  • かな篆刻 東方篆刻研究会

    高潤生個展 −天地相合− 「天地相合」とは、紀元前6世紀の哲学者老子の言葉で、「天地陰陽が調和し、万物が栄える」との意である。本展では、現代印作・かな篆刻・書など文字アートの形式を通して、この「天地相合」の主題を表現する。 個展作品の用紙には伊勢和紙を中心に使用する。 会期:2011.5.28(土)〜6.26(日) 9:30〜16:30(6月5・12・19日は休館) (5月28・29日及び6月11・25・26日は作者が在館しております。) (6.11(土)の13:00〜14:30及び15:00〜16:30に作者による作品解説イベントを開催いたします。参加希望の方はギャラリーまで予約の程お願いします。) (5.29(日)6.18(土)6.25(土)の13:00〜16:00の間、「篆刻体験会」(材料費400円)を開催いたします。) 会場: 伊勢和紙ギャラリー 三重県伊勢市大世...
    引用元: かな篆刻 東方篆刻研究会

  • 個展:書道篆刻家の高さん、文字アート36点展示--伊勢 /三重 - 毎日 ...

    書道篆刻(てんこく)家の高潤生さんの個展「天地相合」が伊勢市大世古1の大豊和紙工業内の伊勢和紙ギャラリーで開かれている。26日まで。 高さんは中国黒龍江省の出身。1988年から活動の場を日本に移し、伝統的な篆刻作品のほか、かな文字を篆刻で彫った「かな篆刻」や篆刻とアートを融合させた「現代印作」など新たな文字アートを開拓した。 高さんの代表作36点を展示。南無阿弥陀仏と書かれた篆書に添えた「一切の苦しみをとり除く」と、かなを彫った独特の「かな篆刻」の世界をはじめ、甲骨文字を墨書した絵画のような作品など、独創性あふれる作品が並んでいる。中でも篆刻の印影をスキャナーで読み取り、パソコン上で色づけし、伊勢和紙にプリントした斬新な「現代印作」の作品の数々は、絵画のように見える印影に、「エレガント」や「あい」などの文字が隠されていて、遊び心にあふれている。 25日午後1時から4時まで篆刻体験会を開催(...
    引用元: 個展:書道篆刻家の高さん、文字アート36点展示--伊勢 /三重 - 毎日 ...

  • みえの中心市街地活性化NAVI:高 潤生現代印作展 当日の模様

    ホーム > みんなの活動紹介 > 鳥羽市 > 詳細情報 平成15年11月26日 高 潤生現代印作展 当日の模様 鳥羽市 手づくり工房きらり 10月30日〜11月4日までの6日間、鳥羽市の手づくり工房「きらり」において、「高 潤生 現代印作展 〜男と女の春夏秋冬〜 」が開催されました。 会期中約200名が「きらり」を訪れました。 2日には、作家自身による講演会も開かれました。 集まった聴衆は、会場に展示された『男女シリーズ』現代印作の作品を一つひとつ鑑賞しながら、 �� 男 女��の二文字の様々な造形を通して、時には穏やかに、時には激しく揺れ動く男女の情感を、 春→夏→秋→冬に例えての講演に熱心に聞き入っていました。 当日の模様は下の画像でご確認ください。 ※ 手づくり工房「きらり」ってどういう施設なの? 手づくり製品を扱うチャレンジショップです。 現在、陶芸、草木染め、トゥー...
    引用元: みえの中心市街地活性化NAVI:高 潤生現代印作展 当日の模様

  • The modern letter research ...

    近年の主な芸術活動 2000年 作品集『高潤生現代印作』出版(黒龍江美術出版社) 東方書道篆刻会創立 東方展1-6 プロデュース 2001年 中国黒龍江省美術館主催「高潤生《生命の楽章》現代印作・書作展」 黒龍江省テレビは特集で紹介 「かな篆刻」作品「古池」発表 2002年 名古屋ギャラリーチカシン個展「高潤生《情感の楽章》現代印作展」 書道篆刻専門誌『書に遊ぶ』特集「高潤生の現代印作」 三重県立美術館県民ギャラー個展「高潤生《情感世界》展」 新宿三越百貨店主催「新たな時代へのメッセージ六人展」 2003年カレンダー中国で出版(現代印作二点収録) 五十鈴塾講座「漢字の旅」スタート 『婦人之友』「高潤生現代印作」掲載 2003年 五十鈴塾主催「高潤生かな篆刻展」 五十鈴塾講座「かな篆刻」スタート 『明日の友』「高潤生現代印作」連載 『高潤生現代印...
    引用元: The modern letter research ...

  • みえの中心市街地活性化NAVI:鳥羽市の手づくり工房「きらり」で「高 潤 ...

    鳥羽市の手づくり工房「きらり」で、「高 潤生 現代印作展 〜男と女の春夏秋冬〜 」が開催中です。 11月2日には、作家自身による講演会も開催されます。 講演会は、席に限りがありますので、事前申込みが必要です。 展示、講演会とも入場(参加)は無料。 この機会に現代印作の世界に触れてみませんか。 場 所:手づくり工房「きらり」 (鳥羽市鳥羽一丁目4-59 TEL 0599-25-1372) 鳥羽駅から歩いてすぐです。 展 示:10月30日(木)〜11月4日(火) 10:00〜17:00 講演会:11月2日(土) 13:30〜15:30 ※要申込 申込先:手づくり工房きらりまたは人権・生活課(TEL0599-25-1142) ※ 現代印作って何ですか? 下の画像が実作の一例です。 鳥羽市役所のサイトに詳しい説明があります。興味のある方は、そちらも併せて ごら...
    引用元: みえの中心市街地活性化NAVI:鳥羽市の手づくり工房「きらり」で「高 潤 ...

  • 先鋒墨象・現代印作ー日中当代芸術展 祥洲/高潤生二人展

    中日当代芸術展 先鋒墨象・現代印作 祥洲/高潤生 二人展 2008年7月5日(土)〜7月13日(日) 中日当代芸術展 先鋒墨象・現代印作 祥洲/高潤生 二人展 上海井ART画廊、そしてマキイマサルファインアーツ主催により、上海そして東京を巡回する豪華企画展。4月26日〜5月31日まで先行開催された上海井ART画廊展は、後援に日本国駐上海総領事館、また、イタリアを代表するデザイナーズ家具メーカーCassina(カッシーナ)をはじめ、中国の多数のメディアが協賛。開幕式典には会場入り口にまで来場者が溢れるほどの大きな反響を呼びました。 そして今回、同展の代表作品が日本初公開となります。 他の追随を許さない独自の墨美世界を展開する祥洲氏。 現代印作という新たな表現を創始した高潤生氏。 20年来の親友であるという両氏の初の二人展を是非お楽しみ下さい。 卓越した技巧の持ち...
    引用元: 先鋒墨象・現代印作ー日中当代芸術展 祥洲/高潤生二人展

高潤生 の相関図を読込中

審査員 高潤生 現代印作作家 書家 東方書道篆刻会会長 皇学館大学講師 View 審査員 中世古二生 「現代文字研究所」理事 「国際CANつぶし協会」副会長 「

スポンサードリンク