高瀬毅の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 高瀬毅 - Wikipedia

    高瀬 毅(たかせ つよし、1955年 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、ラジオパーソナリティー。
    引用元: 高瀬毅 - Wikipedia

  • ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」/高瀬毅/著本 : オンライン書店 ...

    高瀬 毅(タカセ ツヨシ) 1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、ニッポン放送入社。記者、ディレクター。82年ラジオドキュメンタリー『通り魔の恐怖』で日本民間放送連盟賞最優秀賞、放送文化基金賞奨励賞。89年よりフリー。高齢社会、家族、都市問題などを中心に取材、雑誌「AERA」の「現代の肖像」で10年にわたって人物ルポを発表する一方、ラジオ、テレビでコメンテーターやナビゲーターなども務めてきた。放送批評懇談会「ギャラクシー賞」ラジオ部門委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」/高瀬毅/著本 : オンライン書店 ...

  • ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」: 紀伊國屋書店BookWeb

    高瀬毅 [タカセツヨシ] 1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、ニッポン放送入社。記者、ディレクター。82年ラジオドキュメンタリー『通り魔の恐怖』で日本民間放送連盟賞最優秀賞、放送文化基金賞奨励賞。89年よりフリー。高齢社会、家族、都市問題などを中心に取材、雑誌「AERA」の「現代の肖像」で10年にわたって人物ルポを発表する一方、ラジオ、テレビでコメンテーターやナビゲーターなども務めてきた。放送批評懇談会「ギャラクシー賞」ラジオ部門委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる―高齢者がいきいき学ぶ、老人介護 ...

    高瀬 毅 (たかせ つよし、1955年 - )は、長崎県出身のジャーナリスト、ラジオDJ。 来歴 明治大学政治経済学部を卒業後、ニッポン放送に入社、報道、編成、制作各部所で活躍したのち、情報センター出版局編集者を経てジャーナリストとなり現在に至る。 1982年 ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放送連盟賞最優秀賞。放送文化基金賞奨励賞。 現在・これまでの出演番組 Jam the WORLD (J-WAVE、金曜担当ニュースアンカー) 同番組、木曜日ナビゲーター ニッポン放送「上柳昌彦のごごばん」コメンテーター NHK・BS「週刊ブックレビュー」書評担当 テレビ朝日「やじうまプラス」コメンテーター 文化放送「走れ!やじうまん」レポーター 文化放送「チャレンジ!梶原放送局」木曜コメンテーター 長崎放送ラジオ「塚田恵子のシャキッとモーニング」コメンテータ...
    引用元: 「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる―高齢者がいきいき学ぶ、老人介護 ...

  • 高瀬毅:マピオン大百科

    高瀬 毅 (たかせ つよし、 1955年 - )は、 長崎県 出身の ジャーナリスト 、 ラジオDJ 。 目次 1 来歴 2 現在・これまでの出演番組 3 著作 4 新聞・雑誌 5 その他 .......... 来歴 明治大学 政治経済学部 を卒業後、 ニッポン放送 に入社、 報道 、 編成 、 制作 各部所で活躍したのち、情報センター出版局編集者を経て ジャーナリスト となり現在に至る。 1982年 ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放送連盟賞最優秀賞。放送文化基金賞奨励賞。 現在・これまでの出演番組 Jam the WORLD ( J-WAVE 、 金曜 担当ニュースアンカー) 同番組、木曜日ナビゲーター ニッポン放送「上柳昌彦のごごばん」コメンテーター NHK・BS「週刊ブックレビュー」書評担当 テレビ朝日「やじうまプラス」コメン...
    引用元: 高瀬毅:マピオン大百科

  • 高瀬毅 - Wikipedia

    高瀬毅 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 高瀬 毅 (たかせ つよし、 1955年 - )は、 長崎県 出身の ジャーナリスト 、 ラジオDJ 。 目次 1 来歴 2 現在・これまでの出演番組 3 著作 4 新聞・雑誌 5 その他 [ 編集 ] 来歴 明治大学 政治経済学部 を卒業後、 ニッポン放送 に入社、 報道 、 編成 、 制作 各部所で活躍したのち、 情報センター出版局編集者 を経て ジャーナリスト となり現在に至る。 1982年 ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放送連盟賞最優秀賞。放送文化基金賞奨励賞。 [ 編集 ] 現在・これまでの出演番組 Jam the WORLD ( J-WAVE 、 金曜 担当ニュースアンカー) 同番組、木曜日ナビゲーター ニッポン放送「上柳昌彦のごごば...
    引用元: 高瀬毅 - Wikipedia

  • 高瀬毅 - 百科事典ディスマス

    高瀬 毅 (たかせ つよし、 1955年 - )は、 長崎県 出身の ジャーナリスト 、 ラジオDJ 。 目次 1 来歴 2 現在・これまでの出演番組 3 著作 4 新聞・雑誌 5 その他 来歴 明治大学 政治経済学部 を卒業後、 ニッポン放送 に入社、 報道 、 編成 、 制作 各部所で活躍したのち、情報センター出版局編集者を経て ジャーナリスト となり現在に至る。 1982年 ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放送連盟賞最優秀賞。放送文化基金賞奨励賞。 現在・これまでの出演番組 Jam the WORLD ( J-WAVE 、 金曜 担当ニュースアンカー) 同番組、木曜日ナビゲーター ニッポン放送「上柳昌彦のごごばん」コメンテーター NHK・BS「週刊ブックレビュー」書評担当 テレビ朝日「やじうまプラス」コメンテーター 文化放送...
    引用元: 高瀬毅 - 百科事典ディスマス

  • 高瀬毅 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 高瀬 毅(たかせ つよし、1955年 - )は、長崎県出身のジャーナリスト、ラジオDJ。来歴 明治大学政治経済学部を卒業後、ニッポン放送に入社、報道、編成、制作各部所で活躍したのち、情報センター出版局編集者を経てジャーナリストとなり現在に至る。1982年 ラジオ... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 高瀬毅 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる: 紀伊國屋書店BookWeb

    高瀬毅 [タカセツヨシ] 1955年(昭和30年)、長崎市生まれ。明治大学政治経済学部を卒業後、ニッポン放送記者・ディレクター、出版社編集者を経て、89年よりフリージャーナリスト。現在、単行本の著作、「AERA」(朝日新聞社)などの雑誌でルポ執筆を手がけるとともに、ラジオにもレギュラーで出演。以前から、高齢社会の問題について積極的に取り組んでいる。明治大学マスコミ研究室講師、秋草学園短期大学非常勤講師
    引用元: 「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 今日の平凡社: 高瀬毅『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』

    高瀬毅さんの 『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』 が発売されました。 まずは帯より。 「原爆都市・ナガサキはなぜ“明るい”のか。 その謎をえぐり抜いた執念の探求」 半藤一利氏推薦! 浦上天主堂の廃墟が戦後13年目に取り壊された裏に何があった? 長崎原爆の隠された真実に迫る、渾身のノンフィクション。 次は目次より。 追憶 第一章 昔、そこに天主堂の廃墟があった 第二章 弾圧を耐え抜いた浦上の丘 第三章 原爆投下――浦上えの道 第四章 浦上の聖者と米国の影 第五章 仕組まれた提携 第六章 二十世紀の十字架 第七章 傷跡は消し去れ 第八章 アメリカ 第九章 USIA 第十章 天主等廃墟を取り払いしものは あとがき 関連年表/主な参考図書・資料 浦上天主堂は長崎原爆で廃墟となりました。 その後、廃墟を保存しようという市民運動が起こり、 長崎市議会でも保存が決議されたものの、 1958年に...
    引用元: 今日の平凡社: 高瀬毅『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』

  • 今日の平凡社: 高瀬毅さんインタビュー

    高瀬毅さんインタビュー 『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』 の著者・高瀬毅さんの インタビューが、7月26日(日)の北海道新聞読書面に掲載されました。 以下、インタビュー記事からの抜粋です。 高瀬さんは1955年、長崎市生まれ。 浦上地区の高校に通い、近くには再建された天主堂があった。 「撤去された廃墟は広島の原爆ドームに匹敵するものでした。 現存していたら、ものすごいメッセージを持っていた。 今、長崎には原爆の悲惨さを想像させるモニュメントが ほとんど残ってなく、撤去の影響は計り知れない」と強調する。 インタビューした記者の方が書いていらっしゃるとおり、 「まるでミステリーを解くように」執筆されたドキュメントです。 8月を前に、ぜひご一読ください。 投稿者 平凡社営業部 時刻: 7/31/2009 ラベル: 単行本 , 書評&メディア 0コメント: コメントを投稿
    引用元: 今日の平凡社: 高瀬毅さんインタビュー

  • 詳細情報

    タイトル ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」 人名 高瀬 毅/著 出版者 東京:平凡社 出版年月 2009年07月 ページ数,サイズ,価格 271p,20cm,¥1600 ISBN 978-4-582-824 分類 219.3 件名 長崎市−歴史 原子爆弾−被害 日本−対外関係−アメリカ合衆国−歴史 注記等 内容細目: 関連年表:p264〜266 文献:p267〜271 内容紹介: 被爆した浦上天主堂の廃墟は保存を前提に残されていたが、戦後13年目に突然取り壊された。その裏には何があったのか? 長崎原爆の隠された真実に迫る。 著者紹介: 〈高瀬毅〉1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。ニッポン放送記者、ディレクターを経てフリー。ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放...
    引用元: 詳細情報

  • 詳細情報

    タイトル ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」 人名 高瀬 毅/著 出版者 東京:平凡社 出版年月 2009年07月 ページ数,サイズ,価格 271p,20cm,¥1600 ISBN 4-582-82453-7 分類 219.3 件名 長崎市−歴史 原子爆弾−被害 日本−対外関係−アメリカ合衆国−歴史 注記等 内容細目: 関連年表:p264〜266 文献:p267〜271 内容紹介: 被爆した浦上天主堂の廃墟は保存を前提に残されていたが、戦後13年目に突然取り壊された。その裏には何があったのか? 長崎原爆の隠された真実に迫る。 著者紹介: 〈高瀬毅〉1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。ニッポン放送記者、ディレクターを経てフリー。ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放...
    引用元: 詳細情報

  • 東京コンフィデンシャル いままで語られなかった、都市の光と影/高瀬毅/著 ...

    著者情報 高瀬 毅 1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒。ニッポン放送、出版社を経てフリー。少子高齢社会、家族問題、人物評伝などを中心に取材活動を行う。ラジオ、テレビのコメンテーターを務めるかたわら、雑誌『AERA』で人物ルポを随時発表。大学でも、メディア表現に関する講義を行うなど、表現の場は広い(本データは・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」 高瀬毅/著 平凡社 「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる 高齢者がいきいき学ぶ、老人介護施設「永寿園」の挑戦 高瀬毅/著 くもん出版 このジャンルの本 池上彰の学べるニュース 5 池上彰/〔著〕 「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」ス... アースダイバー 中沢新一/著 ...
    引用元: 東京コンフィデンシャル いままで語られなかった、都市の光と影/高瀬毅/著 ...

  • オンライン書店ビーケーワン:東京コンフィデンシャル いままで ...

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、手配できない場合がございます 高瀬 毅著 税込価格: ¥1,575(本体 : ¥1,500) bk1ポイント倶楽部 : 15 ポイント(1%進呈) 国内送料無料 出版:枻出版社 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 19cm / 304p 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について 内容説明 変り続ける東京の知られざる町を歩く。東京グリーンパークスタジアム、旧国立予防衛生研究所、八幡山明大グラウンド、拘置所の町・小菅…34のストーリー。 著者紹介 〈高瀬毅〉1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。ニッポン放送、出版社を経て、フリー。著書に「この国で老いる覚悟」など。 書評  内容紹介 えい出版社 20...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:東京コンフィデンシャル いままで ...

  • sometimes I wonder : 団 地

    今度の「週間ブックレビュー」(NHK-BS2他)で、書評ゲストの高瀬 毅さんが3冊目の合評本として、この本をご紹介をご紹介になるようですが、やっぱり、ホントに面白い本でした。 僕は都心部に旧い家の生まれてで「団地」という世界を知らない。 けれど なぜか、一戸建ての住宅がならぶ郊外型の住宅地よりのように「怖さ」を感じない部分もあるといういうか,親しみを感じる部分もある… ただし,それもエレベータがついて高層化するまでの「団地」かな… いや、ああいうのは最早「団地」とは呼ばないのかな… 「団地」っていったい何? と思っていたら、 原武史さんの「滝山コミューン 一九七四」が出た… そして、有難いことに,この本はそこを踏まえてつつ、著者と優秀な聞き手がいて「かたり口調」で「団地」というものの存在感を、過去に、そして未来に平明に解説してくださっているような… ああ、やっぱりそうだったのかと思うところ...
    引用元: sometimes I wonder : 団 地

  • sometimes I wonder:BOOKS &

    今度の「週間ブックレビュー」(NHK-BS2他)で、書評ゲストの高瀬 毅さんが3冊目の合評本として、この本をご紹介をご紹介になるようですが、やっぱり、ホントに面白い本でした。 僕は都心部に旧い家の生まれてで「団地」という世界を知らない。 けれど なぜか、一戸建ての住宅がならぶ郊外型の住宅地よりのように「怖さ」を感じない部分もあるといういうか,親しみを感じる部分もある… ただし,それもエレベータがついて高層化するまでの「団地」かな… いや、ああいうのは最早「団地」とは呼ばないのかな… 「団地」っていったい何? と思っていたら、 原武史さんの「滝山コミューン 一九七四」が出た… そして、有難いことに,この本はそこを踏まえてつつ、著者と優秀な聞き手がいて「かたり口調」で「団地」というものの存在感を、過去に、そして未来に平明に解説してくださっているような… ああ、やっぱりそうだったのかと思うところ...
    引用元: sometimes I wonder:BOOKS &

  • sometimes I wonder / political : 団 地

    今度の「週間ブックレビュー」(NHK-BS2他)で、書評ゲストの高瀬 毅さんが3冊目の合評本として、この本をご紹介をご紹介になるようですが、やっぱり、ホントに面白い本でした。 僕は都心部に旧い家の生まれてで「団地」という世界を知らない。 けれど なぜか、一戸建ての住宅がならぶ郊外型の住宅地よりのように「怖さ」を感じない部分もあるといういうか,親しみを感じる部分もある… ただし,それもエレベータがついて高層化するまでの「団地」かな… いや、ああいうのは最早「団地」とは呼ばないのかな… 「団地」っていったい何? と思っていたら、 原武史さんの「滝山コミューン 一九七四」が出た… そして、有難いことに,この本はそこを踏まえてつつ、著者と優秀な聞き手がいて「かたり口調」で「団地」というものの存在感を、過去に、そして未来に平明に解説してくださっているような… ああ、やっぱりそうだったのかと思うところ...
    引用元: sometimes I wonder / political : 団 地

  • 即決x「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる高瀬毅 - Yahoo! ...

    即決x◆「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる◆高瀬毅 商品説明 ■内容(「BOOK」データベースより) “読み”“書き”“計算”の学習により、痴呆性高齢者の脳機能の改善を図る「学習療法」。その研究・実践の舞台である、福岡県大川市の特別養護老人ホーム「永寿園」では、平均年齢八二・六歳の高齢者が、日々、学習に取りくんでいる。半身不随の不自由な体で黙々と鉛筆を動かす人、順番が待ちきれずに、車いすから立ちあがってでも学習席に向かおうとする人、九九歳になったのを機に生まれてはじめて英語を学ぶ人…。高齢者たちのこの学習意欲は、いったいどこからきているのか?いま、どんな研究がおこなわれ、なにが起きようとしているのか?高齢者問題に積極的に取りくむジャーナリスト・高瀬毅が、綿密な取材を通して、「永寿園」の挑戦を描く。 もくじ 第1章 驚きの連続で始まった取材(高齢者が「読み・書き・計算」に挑戦 ...
    引用元: 即決x「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる高瀬毅 - Yahoo! ...

  • オンライン書店ビーケーワン:ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」

    〈高瀬毅〉1955年長崎市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。ニッポン放送記者、ディレクターを経てフリー。ラジオドキュメンタリー「通り魔の恐怖」で日本民間放送連盟賞最優秀賞など受賞。
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」

  • 価格.com - 「スーパーモーニング」2009年8月14日(金)放送 ...

    長崎県出身のジャーナリスト、高瀬毅の著書。 広島には原爆ドームなどの原爆を象徴するものがあるのに、なぜ長崎にはないのかという疑問の元に取材された内容が書かれているとのこと。 番組レギュラー出演者のジャーナリストが長崎の原爆投下で被爆したマリア像の行方を追った特集で、 「この本を元に取材を開始し、その結果アメリカのある思惑が見えてきた」 と語られていた。 著者名:高瀬毅 出版社名:平凡社 本のタイプ:書籍 ・ スーパーモーニング 2009年8月14日(金)08:00〜09:55 テレビ朝日
    引用元: 価格.com - 「スーパーモーニング」2009年8月14日(金)放送 ...

  • 2009年8月 - 「九条自由広場」

    本の紹介・・・・高瀬毅著「ナガサキ消えたもう一つの原爆ドーム」 2009-08-09 12:35:39 | Weblog ★長崎に原爆の遺構のないのが不思議でした。何年か前、長崎を旅した時に新しい浦上天主堂の記念館に被爆した鮮烈な巨大被爆遺構の写真をみて衝撃を受けるとともに残されていないのを非常に残念で不思議に感じていた。 ところが、今日の中日新聞の読書特集に高瀬毅著「ナガサキ消えたもう一つの原爆ドーム」という本の紹介があり興味を引いた。 著者によれば浦上天主堂の廃墟は原子爆弾を告発する第一級の被爆遺構になるはずであったという。被爆から13年後に天主堂は二度目の破壊で消滅した。 この本はその謎に満ちた経緯を追跡したノンヒィクションである。 当初保存を考えていた田川市長が米国のセントポール市との日本初の姉妹都市提携で渡米しそれを支援した「アメリカ広報文化庁」との折衝の中で態度が変容し...
    引用元: 2009年8月 - 「九条自由広場」

  • 81.3 FM J-WAVE : J-WAVEニュースルームblog ...

    我が J-WAVE ニュースルームの高瀬毅デスクが このたび本を出版される事になりました。 タイトルは『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』。 簡単に内容をご紹介しますと・・・ 〜 今から51年前、 長崎の原爆によって破壊された浦上天主堂廃墟の保存計画が、 長崎市長の渡米をきっかけに撤回されて、 廃墟は取り壊されました。 もし現存すれば、 広島の原爆ドームに匹敵する「世界遺産」となった可能性があります。 浦上天主堂廃墟取り壊しの裏には、 実は米国の戦後対日心理戦略があったのです・・・。 高瀬デスクは米国へ飛び、現地取材もおりまぜてその真相に迫ります。 高瀬デスクといえば、ラジオ局で報道を担当された経験もおありで、 (実は私の大先輩なんです!) 雑誌『AERA』などにも出稿されるジャーナリスト。 地道に取材を重ねる姿が印象的です。 長崎といえば高瀬デスクの故郷。 かつてその土地で起きた...
    引用元: 81.3 FM J-WAVE : J-WAVEニュースルームblog ...

  • 【レビュー・書評】ナガサキ—消えたもう一つの「原爆ドーム」 [著]高瀬毅 ...

    ナガサキ―消えたもう一つの「原爆ドーム」 [著]高瀬毅 [掲載]2009年9月13日 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家) ■被爆の痕跡消す信仰と対日工作 「いまの長崎には、爆心地やその周辺に、被爆のシンボルとなるような遺構はほとんどない」と著者は書く。なぜなのか。そのことを丹念に追い続けて書きあげた報告書、それが本書である。広島の原爆ドームは歴史を視覚化しているが、長崎はその痕跡を歴史の中に埋めこもうとしているといえるだろう。 本書によると、長崎では二つの側面で痕跡を残すまいとの動きがあったという。ひとつは「信仰」であり、もうひとつは「アメリカによる対日工作」である。この捉(とら)え方に読む側は新鮮な驚きをもつが、本書は確かに多くの証言や資料をもとに記述しているので納得させられる。 浦上天主堂は原爆落下の中心地から北東に五百メートルの地にあった。二十五メートルの高さを誇る東洋一の...
    引用元: 【レビュー・書評】ナガサキ—消えたもう一つの「原爆ドーム」 [著]高瀬毅 ...

  • 平和・協同ジャーナリスト基金」(PEACE and ...

    ◆奨励賞(4点) ★ノンフィクションライター、高瀬毅氏の「ナガサキ消えたもうひとつの『原爆ドーム』」(平凡社) ★中京テレビ放送制作の「法服の枷沈黙を破った裁判官たち」(NNNドキュメント’09 で放映) ★前全国被爆二世団体連絡協議会会長・平野伸人、長崎新聞記者・高比良由紀、共同通信記者・野崎亮3氏の「海の向こうの被爆者たち」(八月書館) ★沖縄タイムス・屋良朝博論説委員の「砂上の同盟――米軍再編が明かすウソ――」(沖縄タイムス社) ◆映像部門審査委員大賞(1点) 川本昭人氏(広島市)監督・撮影の「妻の貌」 ◆荒井なみ子賞(1点) 介護福祉士、白崎朝子さんの「介護派遣労働の現場から」(「世界」08 年9月号)など介護労働に関する一連の執筆活動
    引用元: 平和・協同ジャーナリスト基金」(PEACE and ...

  • Photo Stepup School 写真ステップアップスクール

    『東京コンフィデンシャル』で高瀬毅は東京を語ろうとするとき、かたくなに記号で語ることを避けようとする。その語り口はまるで70年代のフォークソングの歌詞のようにせつなく、わたくし的である。 ここで語られるのは著者の東京、への旅である。それは記憶のかなたに向かって手探りで歩くようなものであり、引っ掛かり、躓き、立ち止まる。その逡巡のしかたはとてもかすかで気づかれないようにはじまり、そして終わる、そこがとても興味深い。しかしそんな同道の旅もあっけなく、そして意外な短さで終わってしまったりする。もう少し知りたいことがあったのだが、しかし彼はそのまわりをぐるっと回るだけで深追いはしない。 そういった点で彼の文章は写真的というより、テレビのドキュメンタリーの映像である。それは決してネガティブな意味ではないが、なぜだかそれはあまりに今日的すぎる、とかんじるのはわたしだけだろうか。 東京を触媒として...
    引用元: Photo Stepup School 写真ステップアップスクール

  • 読書日記「ナガサキ 消えたもう一つの『原爆ドーム』」(高瀬毅著、平凡社 ...

    読書日記「ナガサキ 消えたもう一つの『原爆ドーム』」(高瀬毅著、平凡社)、そして「信州・無言館」 ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」 posted with amazlet at 09.10.19 高瀬 毅 平凡社 売り上げランキング: 5311 おすすめ度の平均: ナガサキの「苦悩」は、長崎だけのものではない ミステリーを読むように一気に読めます 日本人として知っておくべき事実 アメリカはどうしても... Amazon.co.jp で詳細を見る 数か月前だっただろうか。ふと手にした週刊誌のグラビア欄に、戦後すぐに撮られたらしい 長崎・浦上天主堂 の廃墟の写真が載っていた。 今年の初めに浦上天主堂を訪ねたが、正面に首が取れたり、黒こげになった聖人像やレンガ壁の一部が残されている。教会内には 焼けただれた「マリア像」 も保管されており、爆心地から500メートルしか離れていなかった教会が...
    引用元: 読書日記「ナガサキ 消えたもう一つの『原爆ドーム』」(高瀬毅著、平凡社 ...

  • 編集者・四釜裕子の書評ブログ : 『ラジオ深夜便 母を語る』聞き手・遠藤 ...

    « 『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」 』高瀬毅 (平凡社 ) | メイン | 『ただいま おかえりなさい』作・戌井昭人 絵・多田玲子 (ヴィレッジブックス) » 2010年04月18日 『ラジオ深夜便 母を語る』聞き手・遠藤ふき子(NHKサービスセンター) →bookwebで購入 「すべての「母」に贈りたい」 NHKラジオの「ラジオ深夜便」は今年で20年をむかえたそうである。昭和天皇のご容体報道に備えてはじめた深夜の放送が、緊急報道を第一にして今も毎晩静かに流れており、人気のコーナーがいくつもある。なかで「母を語る」というおよそ1時間のインタビューは1995年から遠藤ふき子アンカー(隔週で番組を担当するアナウンサーをこの番組では「アンカー」と呼ぶ)が聞き手をつとめ、現在も月1回の放送が続く。これをまとめた3冊目の本が『ラジオ深夜便 母を語る』で、刊行時(2009年9月)までに放送...
    引用元: 編集者・四釜裕子の書評ブログ : 『ラジオ深夜便 母を語る』聞き手・遠藤 ...

  • 関連書籍 − 学習療法研究会

    『「読み」「書き」「計算」で脳がよみがえる― 高齢者がいきいき学ぶ、老人介護施設「永寿園」の挑戦』 著:高瀬 毅 くもん出版 195P 1,365円(税込) 【内容紹介】 "読み" "書き" "計算"の学習により、認知症高齢者の脳機能の改善を図る「学習療法」。その研究・実践の舞台である、福岡県大川市の特別養護老人ホーム「永寿園」では、平均年齢八二・六歳の高齢者が、日々、学習に取りくんでいる。半身不随の不自由な体で黙々と鉛筆を動かす人、順番が待ちきれずに、車いすから立ちあがってでも学習席に向かおうとする人、九九歳になったのを機に生まれてはじめて英語を学ぶ人・・・。 高齢者たちのこの学習意欲は、いったいどこからきているのか?いま、どんな研究がおこなわれ、なにが起きようとしているのか?高齢者問題に積極的に取りくむジャーナリスト・高瀬毅が、綿密な取材を通して、「永寿...
    引用元: 関連書籍 − 学習療法研究会

  • オンライン書店ビーケーワン:ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」「歴史 ...

    高瀬 毅著 税込価格:¥1,680(本体 : ¥1,600) bk1ポイント倶楽部 : 16 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : 平凡社 サイズ : 20cm / 271p ISBN : 978-4-582-82453-7 発行年月 : 2009.7 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、 手配できない場合がございます 内容説明 【平和・協同ジャーナリスト基金賞(第15回)】被爆した浦上天主堂の廃墟は保存を前提に残されていたが、戦後13年目に突然取り壊された。その裏には何があったのか? 長崎原爆の隠された真実に迫る。 ソーシャルブックマーク JavaScriptがオフ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」「歴史 ...

高瀬毅 の相関図を読込中

高瀬 毅(たかせ つよし、1955年 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、ラジオパーソナリティー。

スポンサードリンク