黒岩常祥の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • scientist:黒岩常祥

    氏名 黒岩常祥 (立教大学理学部生命理学科教授 東京大学名誉教授) name Tsuneyoshi Kuroiwa (写真=大西成明) 1941年 東京牛込生まれ 1966年 東京都立大学理学部生物学科 卒業 1971年 東京大学大学院理学系研究科 植物学専攻博士課程修了 1971年 東京都立アイソトープ総合 研究所 研究員 1973年 岡山大学理学部生物学科 講師 1974年 同助教授 1977年 岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 助教授 1983年 同教授 1987年 東京大学理学部生物学科 教授 1991年 東京大学理学部付属(小石川,日光)植物園園長 1992年 東京大学総長補佐 1993年 東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 教授 1997年 東京大学評議員 2003年 立教大学理学部生命理学科 教授
    引用元: scientist:黒岩常祥

  • 黒岩常祥 とは - コトバンク

    黒岩常祥 【くろいわ-つねよし】 1件の用語解説(黒岩常祥で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 黒岩常祥 くろいわ-つねよし &nbsp 1941- 昭和 後期 - 平成 時代 の 生物 科学 者。 昭和16年12月13日生まれ。 東京 都立 アイソトープ 総合 研究 所研究員などをへて,昭和49年岡山大 助教授 。58年 岡崎 国立 共同 研究 機構 教授 。62年東大教授。のち立大教授, 同大 極限 生命 情報 研究 センター 長。「 細胞 内小 器官 」の研究で世界的に知られる。平成15年 日本学術会議 会員 。20年米国 植物 科学会の チャールズ ・ リード ・ バーンズ 賞を 受賞 。22年「 ミトコンドリア と葉緑体の 分裂 ・ 遺伝 様式 に関する 基本 機構の 発見 」で学士院賞。 同年 学士院会員。東京都...
    引用元: 黒岩常祥 とは - コトバンク

  • 細胞生物学事典/石川統/編集 黒岩常祥/編集 永田和宏/編集 本 ...

    細胞生物学事典 石川統/編集 黒岩常祥/編集 永田和宏/編集 出版社名 : 朝倉書店 出版年月 : 2005年2月 ISBNコード : 978-4-254-17118-1 ( 4-254-17118-8 ) 税込価格 : 16,800円 頁数・縦 : 464P 22cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します 著者紹介 石川 統(イシカワ ハジメ) 1940年東京都に生まれる。1968年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。放送大学教養学部教授、東京大学名誉教授、理学博士 黒岩 常祥(クロイワ ツネヨシ) 1941年東京都に生まれる。1971年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。立教大学理学部教授、東京大学名誉教授、理学博士 永田 和宏(ナガタ カズヒロ) 1947年滋賀県に生まれる。1971年京都大学理学部卒業。京都...
    引用元: 細胞生物学事典/石川統/編集 黒岩常祥/編集 永田和宏/編集 本 ...

  • 黒岩 常祥

    氏名 くろいわ つねよし 黒岩 常祥 所属 立教大学 理学部 生命理学科 教授 所属先住所 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 研究職歴 立教大学理学部生命理学科 教授 東京大学大学院理学系研究科生物 東京大学理学部生物学科 教授 岡崎国立共同研究機構基礎生物学 岡山大学 生物科学総合研究機構 委員 日本植物学会 会長 日本メンデル協会 会長 所属学会・団体 日本植物学会 日本メンデル協会 International Society of Sexual Plant 民間企業との共同研究の実績 産学に関わる競争的研究資金獲得の実績 主な公開特許 保有する主な研究設備、測定機器・装置 NEDO、経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ 産学連携への思いや産業界へのひとこと 著書・共著など ...
    引用元: 黒岩 常祥

  • 会員個人情報 | 日本学士院

    会員個人情報 氏名 黒岩常祥 (くろいわ つねよし) 所属部・分科 第2部第4分科 選定年月日 平成22年12月13日 専攻学科目 生物科学 現職等 立教大学大学院理学研究科特任教授・ 極限生命情報研究センター長 東京大学名誉教授 受賞等 国内 みどりの学術賞 (平成22年) 日本学士院賞 (平成22年) 海外 アメリカ植物科学会バーンズ賞(2008年) 外国アカデミー会員等 アメリカ植物科学会終身会員 主要な学術上の業績 黒岩常祥氏は、生命活動に必須な細胞内のエネルギー変換器官であるミトコンドリアと葉緑体の増殖機構を研究し、これらが、多重リング構造から成る独自の装置を使って分裂増殖することを発見しました。さらに、それらの構成成分を明らかにするなど、謎に包まれていた細胞小器官の分裂・増殖の基本機構を解明しました。この...
    引用元: 会員個人情報 | 日本学士院

  • 第4回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    黒岩 常祥 くろいわ・つねよし 立教大学大学院理学研究科特任教授、東京大学名誉教授 昭和16年12月13日、東京都生まれ。 昭和41年、東京都立大学理学部卒。 昭和46年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。 昭和46年、東京都立アイソトープ総合研究所研究員。 昭和48年、岡山大学理学部講師、助教授。 昭和52年、生物科学総合研究機構基礎生物学研究所助教授。 昭和58年、岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所教授。 昭和62年、東京大学理学部教授。 昭和63年、東京大学理学部附属(小石川・日光)植物園園長(併任)。 平成4年、東京大学総長補佐(併任)。 平成5年、東京大学大学院理学系研究科教授。 平成9年、東京大学評議員(併任)。 平成15年、立教大学理学部教授。 平成15年、東京大学名誉教授。 平成19年、立教大学理学研究科特任教授。 平成13年、日本植物学会会長(平成16...
    引用元: 第4回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • ミトコンドリアはどこからきたか (単行本) | 黒岩常祥 | イーブックオフ

    生命40億年を遡る NHKブックス 黒岩常祥 日本放送出版協会発行年月:2000年06月 ページ数:301p サイズ:全集・双書 ISBN:9784140018873 第1章 分子から生命へ/第2章 ミトコンドリアの祖先の誕生/第3章 宿主真核生物は何か/第4章 原生生物細胞へ入り込んだエネルギー発電所/第5章 植物のミトコンドリアからの手紙/第6章 菌類へ侵入したミトコンドリア/第7章 ミトコンドリアで辿る動物細胞の進化 私たちの細胞の中で身体をつくり、エネルギーを生み出すミトコンドリアは、真核生物と別の生物が助け合う、共生によって生まれたものとされてきた。しかし、近年の研究成果によって、宿主真核生物が遺伝子の90%を奪い取り、強いものが弱いものを支配するという“収奪的共生”によって誕生したことがわかった。分裂を制御する“リング”の発見、二次・三次共生における細胞内小器官の消失、母性遺伝...
    引用元: ミトコンドリアはどこからきたか (単行本) | 黒岩常祥 | イーブックオフ

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    東京大学大学院理学系研究科発生生物学研究室、黒岩常祥教授の研究を紹介。黒岩教授の研究は、電子顕微鏡の先に見える現象を発見し、その機能を調べること。40億年前、生まれた生命が、どこから生まれ、どう生きてきたのか、生命の根源そのものを知るため、ミクロの世界を観察し続けてきた。もともとは、生命活動を維持する生命の基本単位である細胞が、どのように分裂し、増殖していくかを調べていた黒岩教授だったが、たまたま、細胞の中で、生きる為のエネルギーを作ってくれる1器官、ミトコンドリアの中にも、細胞核を発見し、ミトコンドリアがもともとは別の生物で、数億年前に他の生物の細胞の中に寄生したと推測した。黒岩教授は、細胞の中ニ住む生物ミトコンドリアを知ることで生命のしくみが分かるのではないかと、ミトコンドリアに興味を示して行く。 理学博士 黒岩常祥 東京大学大学院理学系研究科 中尾みち雄(ナレーター...
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 理学研究科黒岩常祥特任教授が日本学士院新会員に選定されました(黒岩教授の ...

    ニュース 理学研究科黒岩常祥特任教授が日本学士院新会員に選定されました(黒岩教授のコメントを追加しました:12月16日) 2010.12.14 保護者向けニュース , 卒業生向けニュース , 受験生向けニュース , 在学生向けニュース , 教職員向けニュース 12月13日(月)、理学研究科黒岩常祥特任教授が日本学士院新会員に選定されました。 日本学士院は文部科学省の特別機関で、学術の発達に寄与するために必要な事業を行うことを目的としています。会員は、学術上功績顕著な科学者から選定されます。 黒岩教授は、細胞小器官における分裂・増殖の基本機構の解明、真核生物のゲノム配列の解読、ミトコンドリアと葉緑体の遺伝様式を特徴づける「母性遺伝」の分子機構の解明など、数々の研究業績を重ねてきました。これらの研究業績に対して、これまで紫綬褒章、米国植物科学賞(バーンズ賞)、日本植物学会大...
    引用元: 理学研究科黒岩常祥特任教授が日本学士院新会員に選定されました(黒岩教授の ...

  • オンライン書店ビーケーワン:ミトコンドリアはどこからきたか 生命40億年 ...

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 黒岩 常祥著 税込価格: ¥1,260(本体 : ¥1,200) bk1ポイント倶楽部 : 12 ポイント(1%進呈) 出版:日本放送出版協会 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 19cm / 301p 4-14-001887-9 2000.6 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 1 バイオ実験イラストレイテッド 1 分子生物学実験の基礎 ダーウィン以来 個体発生と系統発生 この機能について Powerd by TEAM☆LAB Inc. 内容説明 ミトコンドリアはいかにして誕生したか。分裂を制御するリングの発見、共生における細胞内小器官の消失など...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:ミトコンドリアはどこからきたか 生命40億年 ...

  • scientist

    生物の進化の歴史に重ねた個人的研究史 氏名 黒岩 常祥 name Tsuneyoshi Kuroiwa e-mail なし。 住所1 東京大学大学院理学系研究科 住所2 なし。 telephone 000-0000-0000 facsimile 000-0000-0000 住所3 くろいわ・つねよし/高校時代に結核を患い、柔道家への夢は崩れた。長い闘病生活の末、絵描きか生物学者になろうか迷った。しかし結局子供の頃からの昆虫採集や顕微鏡観察が続けられる生物学者の道を選んだ。生物の基本原理(細胞分裂)の...
    引用元: scientist

  • 現代生物科学入門 10/浅島誠/編 黒岩常祥/編 小原雄治/編本 ...

    現代生物科学入門 10 極限環境生物学 浅島誠/編 黒岩常祥/編 小原雄治/編 黒岩常祥/著 山岸明彦/著 長沼毅/著 高見英人/著 馬場昭次/著 山下雅道/著 出版社名 : 岩波書店 出版年月 : 2010年10月 ISBNコード : 978-4-00-006970-0 ( 4-00-006970-5 ) 税込価格 : 3,360円 頁数・縦 : 225P 22cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています 宇宙に終わりはあるのか? 素粒子が解き明かす宇宙の歴史 村山斉/著 1,890円 海洋底掘削の基礎と応用 日本船舶海洋工学会海中技術研究委員会/編 2,940円 深海のとっても変わった生きもの 藤原義弘/著 1,365円 先端巨大科学で探る地...
    引用元: 現代生物科学入門 10/浅島誠/編 黒岩常祥/編 小原雄治/編本 ...

  • Symposium

    講師と講演内容の紹介 招待講演3 講演題目:生命・細胞はどのように誕生したか −“シゾン” ゲノムの完全解読から解く− 講師: 黒岩常祥(立教大学教授) 講演要旨:わたしたちの細胞、真核細胞はどのように誕生したのか。その謎を、全生物の「基」となる生物“シゾン”の全設計図(ゲノム)の完全解読を基盤に解く。 講師略歴: 昭和 46 年 3 月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了 ( 理学博士 ) 昭和 46 年 4 月 東京都立アイソトープ総合研究所研究員 昭和 48 年 4 月 岡山大学 理学部 生物学科 講師 昭和 49 年 2 月 同 助教授 昭和 52 年 11 月 岡崎国立共同研究機構・基礎生物学研究所 助教授 昭和 58 年 1 月 同 教授 (この間、培養育成施設長兼任) 昭和 62 年 4 月 東京大学理学部・理学系研究科 教授 (この間、...
    引用元: Symposium

  • 送料無料|本|細胞はどのように生まれたか|黒岩常祥 ...

    本 > 人文・社会 > 理学 > 生命科学 > 細胞学 高校生に贈る生物学 5 細胞はどのように生まれたか 著者 : 黒岩常祥 (著) 出版社名 : 岩波書店 発行年月 : 1999年 01月 ISBNコード : 9784000066358 ページ数 : 164P 定価 : ¥2,100(税込) boox storeポイント : 60 pt 発送可能日 : 品切れ ( 発送可能日について ) 現在品切れとなっておりますが、入荷お知らせに追加いただくと 商品入荷次第お知らせのメールをお送りいたします。 入荷お知らせについて 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について ユーザーレビュー...
    引用元: 送料無料|本|細胞はどのように生まれたか|黒岩常祥 ...

  • 詳細情報 (図書)

    タイトル ミトコンドリア ワ ドコカラ キタカ ミトコンドリアはどこからきたか セイメイ ヨンジュウオクネン オ サカノボル 生命40億年を遡る エヌエイチケー ブックス NHKブックス 人名 クロイワ,ツネヨシ 黒岩 常祥/著 出版者 ニッポンホウソウシュッパンキョウカイ 東京:日本放送出版協会 出版年月 2000年06月 ページ数,サイズ,価格 301p,19cm,¥1200 ISBN 4-14-001887-9 分類(NDC) 463.3 件名 ミトコンドリア 注記等 内容細目: 文献:p286〜294 内容紹介: ミトコンドリアはいかにして誕生したか。分裂を制御するリングの発見、共生における細胞内小器官の消失など数々の証拠から大胆に推論・検証。細胞に刻まれた生命の不思議、進...
    引用元: 詳細情報 (図書)

  • CiNii Article - 新任教官紹介

    新任教官紹介 黒岩 常祥 松尾 泰 本文を読む/探す 機関リポジトリ本文(無料) Webcat Plus刊行物・所蔵情報 抄録 評議員に就任して/着任にあたって 収録刊行物 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 東京大学大学院理学系研究科・理学部廣報 29(2), 4-5, 1997-09 東京大学大学院理学系研究科・理学部,物理学専攻 各種コード NII論文ID(NAID): 120001630219 NII書誌ID(NCID): AA11686565 本文言語コード: JPN 資料種別: Departmental Bulletin Paper 収録DB: IR 書き出し
    引用元: CiNii Article - 新任教官紹介

  • 読本「命のリング」 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    文・漆原次郎 黒岩 常祥 くろいわ・つねひさ 昭和16年(1941年)12月13日生まれ。細胞(さいぼう)が分裂(ぶんれつ)するときに細胞の中で繰(く)り広(ひろ)げられる現象(げんしょう)を観察(かんさつ)してきた。中でも、他の研究者がほとんど注目してこなかった葉緑体(ようりょくたい)(色素体(しきそたい))やミトコンドリアの分裂(ぶんれつ)や遺伝(いでん)に目を向け、そのしくみを明らかにする研究(けんきゆう)をしてきた。研究を進めるために、みずから顕微鏡(けんびきょう)を作ることもある。いまは、これらのしくみを分子レベルで解くために、植物の全設計図(せつけいず)であるゲノム(DNA)の全遺伝情報(じょうほう)を読み解く研究もしている。 植物や動物には、生き物として共通する基本的(きほんてき)なしくみがあるはずだ。黒岩常祥さんは、すべての植物のみどりのもとである葉緑体が分裂・増殖(ぞうし...
    引用元: 読本「命のリング」 黒岩 常祥:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • 報道発表資料:平成22年(第4回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

    添付資料 資料1(1)−平成22年(第4回)みどりの学術賞受賞者 (PDF ファイル64KB) 資料1(2)−受賞者紹介(黒岩常祥) (PDF ファイル144KB) 資料1(3)−受賞者紹介(鈴木和夫) (PDF ファイル140KB) 資料2−第4回みどりの学術賞選考委員会委員名簿 (PDF ファイル52KB) 資料3−第4回みどりの学術賞選考委員会委員長コメント (PDF ファイル60KB) 資料4−「みどりの月間」及び「みどりの学術賞」の創設について (PDF ファイル60KB) お問い合わせ先 国土交通省都市・地域整備局 公園緑地・景観課 大石 TEL:(03)5253-8111(内線32972) 直通 (03)5253-8420(夜間直通)
    引用元: 報道発表資料:平成22年(第4回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

  • 東京大学-学術俯瞰講義

    黒岩 常祥 先生「ゲノムから見た生命科学」 第1回:細胞社会を支配する「リング」の正体(2007.01.15) 細胞内小器官(ミトコンドリアと葉緑体)は、原始的な真核細胞に別の生物が共生した結果生まれたと考えられる。そのため細胞内小器官は核とは別に、独自のゲノムを持ち、分裂しながら増殖する(細胞三核説)。このような細胞内共生において、核による遺伝子収奪、そして分裂リングによる分裂の制御が重要である。 細胞内小器官の分裂装置を明らかにするために、1細胞にミトコンドリアと葉緑体を1つずつ持つ始原的な生物である Cyanidioschyzon merolae を用いて研究を行っている。そして現在、分裂リングの構造や構成する蛋白質などが明らかとなりつつある。 このような研究を通して、最適な材料を選択すること、そして新しい技術を開発することが独創的な研究に非常に重要であると言える...
    引用元: 東京大学-学術俯瞰講義

  • 黒岩常祥特任教授(理学研究科)が「2009年度生研センター研究成果発表会 ...

    黒岩常祥特任教授(理学研究科)が「2009年度生研センター研究成果発表会」で研究成果を発表 3月17 日に内幸町ホールで行われました「2009年度生研センター研究成果報告会」にて、黒岩教授が「極限環境生物が継承する生存戦略のオミクス解析に基づく耐酸性・耐高温植物の作出」というテーマで研究成果を発表致しました。 研究の内容及び主要成果 ①シゾンゲノムの塩基配列を真核生物としてはじめて100%解読し、マイクロアレイに よる全遺伝子のトランスクリプトーム解析、MALDI TOF-MS によるプロテオーム解析による指標遺伝子の超高率同定に成功。またシゾンの遺伝子破壊技術を開発した。 ②①の情報を駆使して、比較ゲノム解析、EST解析、さらに疑似環境変動実験を行い、酸性耐性、高温耐性、高アルミニウムイオン耐性、塩・Ca耐性に関わる29候補遺伝子を同定した。 ③②に記載の候補遺伝子を高等植物...
    引用元: 黒岩常祥特任教授(理学研究科)が「2009年度生研センター研究成果発表会 ...

黒岩常祥 の相関図を読込中

氏名 黒岩常祥 (立教大学理学部生命理学科教授 東京大学名誉教授) name Tsuneyoshi Kuroiwa (写真=大西成明) 1941年 東京牛込生まれ 1966年 東京都立大学理学部生

スポンサードリンク